滝田 禎亮

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/01 13:41
 
アバター
研究者氏名
滝田 禎亮
 
タキタ テイスケ
所属
京都大学
部署
大学院農学研究科 食品生物科学専攻
職名
助手
学位
農学修士(京都大学), 博士(農学)(京都大学)
科研費研究者番号
70263126

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
2003年
 京都大学農学研究科助手
 

学歴

 
 
 - 
1993年
京都大学 農学研究科 食品工学
 
 
 - 
1988年
神戸大学 農学部 農芸化学
 

論文

 
Lysyl-tRNA synthetase from Bacillus stearothermophilus. Purification, and fluorometric and kinetic analysis of the binding of substrates, L-lysine and ATP
T. Takita; Y. Ohkubo; H. Shima; T. Muto; N. Shimizu; T. Sukata; H. Ito; Y. Saito; K. Inouye; K. Hiromi; B. Tonomura
Journal of Biochemistry   119(4) 680-689   1996年4月   [査読有り]
Lysyl-tRNA synthetase from Bacillus stearothermophilus. Formation and isolation of an enzyme·lysyladenylate complex and its analogue
T. Takita; S. Hashimoto; Y. Ohkubo; T. Muto; N. Shimizu; T. Sukata; K. Inouye; K. Hiromi; B. Tonomura
Journal of Biochemistry   121(2) 244-250   1997年2月   [査読有り]
T. Takita; S. Hashimoto; K. Inouye; B. Tonomura
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   61(4) 726-728   1997年4月   [査読有り]
Lysyl-tRNA synthetase from Bacillus stearothermophilus. Stopped-flow kinetic analysis of enzyme-lysyladenylate formation
T. Takita; E. Akita; K. Inouye; B. Tonomura
Journal of Biochemistry   124(1) 45-50   1998年7月   [査読有り]
T. Takita; N. Shimizu; T. Sukata; S. Hashimoto; E. Akita; T. Yokota; N. Esaki; K. Soda; K. Inouye; B. Tonomura
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   64(2) 432-437   2000年2月   [査読有り]
K. Inouye; M. Shiihara; T. Uno; T. Takita
Journal of Agricultural and Food Chemistry   50(6) 1652-1658   2002年   [査読有り]
K. Inouye; K. Nagai; T. Takita
Journal of Agricultural and Food Chemistry   50(5) 1237-1242   2002年2月   [査読有り]
T. Sakaki; R. Shinkyo; T. Takita; M. Ohta; K. Inouye
Archives of Biochemistry and Biophysics   401(1) 91-98   2002年5月   [査読有り]
T. Takita; K. Inouye
Journal of Biological Chemistry   277(32) 29275-29282   2002年8月   [査読有り]
K. Inouye; R. Shinkyo; T. Takita; M. Ohta; T. Sakaki
Journal of Agricultural and Food Chemistry   50(19) 5496-5502   2002年9月   [査読有り]
R. Shinkyo; T. Sakaki; T. Takita; M. Ohta; K. Inouye
Biochemical and Biophysical Research Communications   308(3) 511-517   2003年8月   [査読有り]
K. Inouye; M. Minoda; T. Takita; H. Sakurama; Y. Hashida; M. Kusano; K. Yasukawa
Protein Expression and Purification   46(2) 248-255   2006年4月   [査読有り]
T. Takita; T. Aono; H. Sakurama; T. Itoh; T. Wada; M. Minoda; K. Yasukawa; K. Inouye
Biochimica et Biophysica Acta - Proteins and Proteomics   1784(3) 481-488   2008年3月   [査読有り]
Y. Saruwatari; T. Wada; T. Takita; K. Inouye
Biochimica et Biophysica Acta - Proteins and Proteomics   1784(11) 1633-1640   2008年11月   [査読有り]
Expression of moloney murine leukemia virus reverse transcriptase in a cell-free protein expression system
Y. Katano, T. Hisayoshi, I. Kuze, H. Okano, M. Ito, K. Nishigaki, T. Takita, and K. Yasukawa
Biotechnol. Lett.   38 1203-1211   2016年   [査読有り]
Kinetic Analysis of the Digestion of Bovine Type I Collagen Telopeptides with Porcine Pepsin
J. Qian, Y. Okada, T. Ogura, K. Tanaka, S. Hattori, S. Ito, J. Satoh, T. Takita, and K. Yasukawa
J. Food Sci.   81 C27-34   2016年   [査読有り]
Sequential hydroxylation of vitamin D2 by a genetically engineered CYP105A1
K. Hayashi, K. Yasuda, Y. Yogo, T. Takita, K. Yasukawa, M. Ohta, M. Kamakura, S. Ikushiro, and T. Sakaki
Biochem. Biophys. Res. Commun.   473 853-858   2016年   [査読有り]
Development of immersion vaccine for bacterial cold-water disease in ayu Plecoglossus altivelis
H. Nakayama, M. Mori, T. Takita, K. Yasukawa, K. Tanaka, S. Hattori, H. Aikawa, O. Hasegawa, T. Okamura, K. Takegami, S. Motokawa, M. Kuwahara, and K. Amano
Biosci. Biotechnol. Biochem.   81 608-613   2017年   [査読有り]
Generation of thermostable Moloney murine leukemia virus reverse transcriptase variants using site saturation mutagenesis library and cell-free protein expression system
Y. Katano, T. Li, M. Baba, M. Nakamura, M. Ito, K. Kojima, T. Takita, and K. Yasukawa
Biosci. Biotechnol. Biochem.   81 2339-2345   2017年   [査読有り]
Further increase in thermostability of Moloney murine leukemia virus reverse transcriptase by mutational combination
M. Baba, R. Kakue, C. Leucht, P. Rasor, H. Walch, D. Ladiges, C. Bell,
Protein Eng. Des. Sel.   30 551-557   2017年   [査読有り]
Next-generation sequencing-based analysis of reverse transcriptase fidelity
K. Yasukawa, K. Iida, H. Okano, R. Hidese, M. Baba, I. Yanagihara, K. Kojima, T. Takita, and S. Fujiwara
Biochem. Biophys. Res. Commun.   492 147-153   2017年   [査読有り]
Effects of neutral salts and pH on the activity and stability of human RNase H2
M. Baba, K. Kojima, R. Nakase, S. Imai, T. Yamasaki, T. Takita, R. J. Crouch, and K. Yasukawa
J. Biochem.   162 211-219   2017年   [査読有り]
High sensitive one-step RT-PCR using MMLV reverse transcriptase, DNA polymerase with reverse transcriptase activity, and DNA/RNA helicase
H. Okano, M. Baba, T. Yamasaki, R. Hidese, S. Fujiwara, I. Yanagihara, T. Ujiiye, T. Hayashi, K. Kojima, T. Takita, and K. Yasukawa
Biochem. Biophys. Res. Commun.   487 128-133   2017年   [査読有り]
Enhanced detection of RNA by MMLV reverse transcriptase coupled with thermostable DNA polymerase and DNA/RNA helicase
H. Okano, Y. Katano, M. Baba, A. Fujiwara, R. Hidese, S. Fujiwara, I. Yanagihara, T. Hayashi, K. Kojima, T. Takita, and K. Yasukawa
Enzyme Microb. Technol.   96 111-120   2017年   [査読有り]
The cleavage site preference of the porcine pepsin on the N-terminal α1 chain of bovine type I collagen: a focal analysis with mass spectrometry
J. Qian, S. Ito, J. Satoh, H. Geng, K. Tanaka, S. Hattori, K. Kojima, T. Takita, and K. Yasukawa
Biosci. Biotechnol. Biochem.   81 514-522   2017年   [査読有り]
Protein engineering of CYP105s for their industrial uses
K. Yasuda, H. Sugimoto, K. Hayashi,
Biochim Biophys Acta   S1570-9639 30120-30126   2017年   [査読有り]
Production of an active form of vitamin D2 by genetically engineered CYP105A1
K. Yasuda, Y. Yogo, H. Sugimoto, H. Mano, T. Takita, M. Ohta, M. Kamakura, S. Ikushiro, K. Yasukawa, Y. Shiro, and T. Sakaki
Biochem. Biophys. Res. Commun.   486 336-341   2017年   [査読有り]
Accurate fidelity analysis of the reverse transcriptase by a modified next-generation sequencing
H. Okano, M. Baba, R. Hidese, K. Iida, T. Li, K. Kojima, T. Takita, I. Yanagihara, S. Fujiwara, and K. Yasukawa
Enzyme Microb Technol.   115 81-85   2018年   [査読有り]
Comparative studies on the activities of collagenases from Grimontia hollisae and Clostridium hystoliticum in the hydrolysis of synthetic substrates
T. Takita, J. Qian, H. Geng, Z. He, S. Nemoto, M. Mori, K. Tanaka, S. Hattori, K. Kojima, and K. Yasukawa
J. Biochem.   163 425-431   2018年   [査読有り]
High sensitive RNA detection by one-step RT-PCR using the genetically engineered variant of DNA polymerase with reverse transcriptase activity from hyperthermophilies
H. Okano, M. Baba, K. Kawato, R. Hidese, I. Yanagihara, K. Kojima, T. Takita, S. Fujiwara, and K. Yasukawa
J. Biosci. Bioeng.   S1389-1723 30809-30815   2018年   [査読有り]

Misc

 
全アミノ酸スキャニング変異導入法によるBacillus sp. 41M-1株由来キシラナーゼの耐熱化
中谷滉太、片野裕太、兒島憲二、滝田禎亮、八波利恵、中村聡、保川清
日本農芸化学会関西支部例会第502回講演会      2018年
逆転写活性を有する耐熱型DNAポリメラーゼによる高感度なone-step RT-PCR
岡野啓志、馬場美聡、川戸克展、秀瀬涼太、柳原格、兒島憲二、滝田禎亮、藤原伸介、保川清
日本農芸化学会関西支部例会第502回講演会      2018年
Geobacillus stearothermophilus 由来トランスグルタミナーゼに関する研究:発現精製および変異体の性状解析
京逸如,保川清,滝田禎亮
日本農芸化学会関西支部例会第503回講演会      2018年
リボヌクレアーゼH2を欠損したNIH3T3細胞株の樹立とその性状解析
月足元希,馬場美聡,兒島憲二,滝田禎亮,保川清
日本農芸化学会関西支部例会第503回講演会      2018年
Grimontia hollisae コラゲナーゼの合成基質分解活性とコラーゲン分解活性への緩衝液、. CaCl2 および NaCl ... CaCl2 および NaCl の影響と、触媒残基の推定
何澤剣、滝田禎亮、銭鈞、耿紅敏、森真璃子、根本翔、田中啓友、服部俊治、保川清
日本生物高分子学会2017年度大会      2017年
Preparation and characterization of electron transfer proteins for efficient production of active forms of vitamin D by actinomycete CYP105A1
Somaye Nilouyal, Teisuke Takita, Kaori Yasuda, Keiko Hayashi, Shinichi Ikushiro, Toshiyuki. Sakaki, Kiyoshi Yasukawa
日本生物高分子学会2017年度大会      2017年
MMLV逆転写酵素、耐熱型DNAポリメラーゼおよびDNA/RNAヘリカーゼの組み合わせによる高感度なone-step RT-PCR
岡野啓志、馬場美聡、山崎朋美、秀瀬涼太、藤原伸介、柳原格、林司、宇治家武史、兒島憲二、滝田禎亮、保川清
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)      2017年
ヒトリボヌクレアーゼ H2の基質特異性の改変
兒島憲二、馬場美聡、杉浦拓也、西村拓人、滝田禎亮、上原了、Robert Crouch、保川清
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)      2017年
全アミノ酸スキャニング変異導入法によるBacillus sp. TAR-1株キシラナーゼの耐熱化
片野裕太、中谷滉太、兒島憲二、滝田禎亮、八波利恵、中村聡、保川清
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)      2017年
マウス線維芽細胞株NIH3T3 RNase H2遺伝子欠損株の作製
月足元希、兒島憲二、馬場美聡、滝田禎亮、保川清
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)      2017年
Geobacillus stearothermophilus由来トランスグルタミナーゼの発現精製と性状解析
京逸如、保川清、滝田禎亮
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)      2017年
冷水病に罹患したアユから単離されたFlavobacterium psychrophilum 由来コラゲナーゼの大腸菌での分泌発現
森真璃子、森下諒、落合菜摘、中山仁志、田中啓友、服部俊治、滝田禎亮、保川清
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)      2017年
Grimontia hollisae コラゲナーゼの合成基質分解活性とコラーゲン分解活性への緩衝液、CaCl2およびNaClの影響と、反応機構に関する洞察
何澤剣、滝田禎亮、銭鈞、耿紅敏、森真璃子、根本翔、田中啓友、服部俊治、保川清
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)      2017年
MMLV逆転写酵素、耐熱型ポリメラーゼおよびDNA/RNAヘリカーゼの組み合わせによる高感度名one-step RT-PCR
岡野啓志、馬場美聡、山崎朋美、秀瀬涼太、藤原伸介、柳原格、宇治家武史、林司、兒島憲二、滝田禎亮、保川清
日本生物工学会29年度大会      2017年
Grimontia hollisaeコラゲナーゼの合成基質分解活性とコラーゲン分解活性への緩衝液、CaCl2、NaClの影響と、触媒残基の推定
滝田禎亮、銭鈞、耿紅敏、何澤剣、森真璃子、根本翔、田中啓友、服部俊治、保川清
日本農芸化学会関西支部弟499会例会      2017年
新規3酵素の組み合わせによる高感度One-step RT-PCRの実現
岡野啓志、馬場美聡、山崎朋美、秀瀬涼太、藤原伸介、柳原格、宇治家武史、林司、兒島憲二、滝田禎亮、保川清
日本農芸化学会関西支部弟499会例会      2017年
ヒトRnaseH2の酵素活性と安定性に与える中性塩とpHの影響
馬場美聡、兒島憲二、 中瀬理保子、今井翔太、山崎朋美、Robert J. Crouch , 滝田禎亮, 保川清
第64回日本生化学会近畿支部例会      2017年
組換えFlavobacterium psychrophilumコラゲナーゼの発現
森下諒、森真璃子、中山仁志、田中啓友、服部俊治、滝田禎亮、保川清
日本農芸化学会2017年大会      2017年
全アミノ酸スキャニング変異導入法と無細胞タンパク質合成系を用いた耐熱化MMLV 逆転写酵素スクリーニング系の構築
李瞳陽, 片野裕太, 中村実世, 馬場美聡, 伊東昌章, 滝田禎亮, 保川
日本農芸化学会2017年大会      2017年
ビタミンD水酸化酵素CYP105A1とその変異体の精製と性状解析
佐久間宙、余語祐哉、滝田禎亮、安田佳織、生城真一、榊利之、保川清
農芸化学会関西支部第498回講演会      2017年
ヒトRNase H2の酵素化学的性質の解析
馬場美聡、兒島憲二、 中瀬理保子、今井翔太、山崎朋美、Robert J. Crouch , 滝田禎亮, 保川清
農芸化学関西支部第496回講演会      2016年
組換えFlavobacterium psychrophilum コラゲナーゼの発現とアユ冷水病ワクチンへの応用
森真璃子、中山仁志、田中啓友、服部俊治、本川祥吾、桑原正和、天野健一、滝田禎亮、保川清
農芸化学関西支部第496回講演会      2016年
MMLV逆転写酵素の無細胞タンパク質合成系による発現
片野 裕太、久好 哲郎、久世 郁美、岡野 啓志、伊東 昌章、西垣 功一、滝田 禎亮、保川 清
日本生物高分子学会2016      2016年
ヒトRNase H2の活性と安定性に対する塩の影響
兒島憲二,馬場美聡,中瀬理保子,今井翔太,山崎朋美,Robert J. Crouch,滝田禎亮,保川清
農芸化学会関西支部第495回講演会      2016年
MMLV逆転写酵素の無細胞タンパク質合成系の構築とマイクロアレイへの応用
片野 裕太、久好 哲郎、久世 郁美、岡野 啓志、伊東 昌章、西垣 功一、滝田 禎亮、保川 清
第63回日本生化学会近畿支部例会      2016年
冷水病に罹患したアユから単離されたFlavobacterium psychrophilum 由来コラゲナーゼの大腸菌での発現
森真璃子、中山仁志、田中啓友、服部俊治、滝田禎亮、保川清
日本農芸化学会2016年度大会      2016年
MMLV逆転写酵素の無細胞タンパク質合成系の構築とミクロアレイへの応用
片野裕太、久好哲郎、久世郁美、岡野啓志、伊東昌章、西垣功一、滝田禎亮、保川清
日本農芸化学会2016年度大会      2016年
Grimontia hollisae1706B由来コラゲナーゼの触媒機構に関与する活性解離基の熱力学的解析
耿紅敏、銭釣、銭均、田中啓友、服部俊治、滝田禎亮、保川清
日本農芸化学会2016年度大会      2016年
ペプシンによるウシI型コラーゲンテロペプチド分解反応の解析
銭鈞、伊藤慎二、佐藤淳子、田中啓友、服部俊治、滝田禎亮、保川清
2016日本農芸化学会関西支部第493回講演会      2016年
CYP105A1の立体構造に基づく機能改変と医薬品生産への応用
余語祐哉、安田佳織、滝田禎亮、杉本宏、城宜嗣、真野寛生、林恵子、鎌倉昌樹、太田美穂、生城真一、保川清, 榊利之
第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会      2015年
MMLV逆転写酵素の無細胞タンパク質合成系での発現
片野裕太、久好哲郎、久世郁美、岡野啓志、伊東昌章、西垣功一、滝田禎亮、保川清
第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会      2015年
酵素反応はどこまで正確か?
滝田 禎亮
京都大学 アカデミックデイ      2015年
放線菌由来CYP105A1の三重変異体(R73A/R84A/M239X)の大腸菌での発現とビタミンD2と7-メトキシクマリンに対する酵素活性
佐久間宙、余語祐哉、滝田禎亮、安田佳織、杉本宏、城宜嗣、真野寛生、
2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会      2015年
Flavobacterium psychrophilum 由来コラゲナーゼの大腸菌での発現と性状解析
森真璃子、中山仁志、田中啓友、服部俊治、滝田禎亮、保川清
2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会      2015年
放線菌由来CYP105A1変異体を用いたビタミンD水酸化体および医薬品代謝物の生産
安田佳織、余語祐哉、滝田禎亮、保川清、杉本宏、城宜嗣、真野寛生、太田美穂、生城真一、榊利之
2015年度日本ビタミン学会第67回大会      2015年
Protein engineering of CYP105A1 to produce active forms of vitamin D and drug metabolites
Yuya Yogo, Kaori Yasuda, Teisuke Takita, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Hiroki Mano, Keiko Hayashi, Masaki Kamakura, Miho Ohta, Shinichi lkushiro, Kiyoshi Yasukawa, Toshiyuki Sakaki
第19回シトクロムP450国際会議      2015年
ペプシンによるコラーゲン分解反応の解析
銭均、岡田夕佳里、小倉孝之、田中啓友、服部俊治、滝田禎亮、保川清
日本農芸化学会2015年度大会      2015年
CYP105A1三重変異体発現Rhodococcus属放線菌を用いたビタミンD水酸化体の生産
余語祐哉、安田佳織、真野寛生、林恵子、杉本宏、滝田禎亮、保川 清、安武義晃、田村具博、太田美穂、鎌倉昌樹、生城真一、榊利之
日本農芸化学会2015年度大会      2015年
紫外吸収分光法とX線結晶構造解析によるリジル-tRNA合成酵素とL-リジンの結合の解析およびその誘導適合機構に対する洞察
滝田禎亮、三上文三、井上國世
日本農芸化学会2015年度大会      2015年
CYP105A1変異体発現Rhodococcus属放線菌を用いたビタミンD水酸化体の生産
余語祐哉、安田佳織、林恵子、杉本宏、滝田禎亮、保川清、安宅義晃、田村具博、太田美穂、鎌倉昌樹、生城真一、榊利之
第87回日本生化学会大会      2014年
紫外吸収分光法によるリジル-tRNA合成酵素とL-リジンの結合の解析およびその誘導適合機構に対する洞察
滝田 禎亮、井上 國世
第87回日本生化学会大会      2014年
Protein engineering of actinomycete CYP105A1 to produce the active form of vitamin D2
Teisuke Takita, Kaori Yasuda, Yuya Yogo, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Keiko Hayashi, Hiroki Mano, Masaki Kamakura, Miho Ohta, Shinichi Ilkushiro, Kiyoshi Yasukawa, Toshiyuki Sakaki
第12回シトクロムP450国際シンポジウム      2014年
ペプシンによるコラーゲン分解反応の速度論的解析
岡田夕佳里、銭均、小倉孝之、田中啓友、服部俊治、滝田禎亮、保川清
日本農芸化学会創立90周年•関西支部創立80周年記念大会      2014年
アミノアシル-tRNA合成酵素のATPトリリン酸部位とピロリン酸認識におけるクラス間差異に関する洞察
滝田 禎亮、大山 創平、和田 工、平井 伸博、井上 國世
日本農芸化学会2014年度大会      2014年
リジル-tRNA合成酵素のtRNA非依存的校正機構の解析
滝田 禎亮
日本農芸化学会関西•中四国•西日本支部合同大会      2013年
リジル-tRNA合成酵素のリジン活性化反応におけるリジンアナログに対する校正機構の解析
滝田 禎亮
第86回日本生化学会大会      2013年
ズブチリシン.カールスベルグによるダイズタンパク質凝集反応の分光学的解析
永井宏平;滝田禎亮;井上国世
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   75 271   2001年3月   [査読有り]
B.stearothermophilus 由来リジルtRUA合成酵素(LRS)の基質L-lysのα-カルボキシル基認識に関与するアミノ酸残基の役割
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   75 179   2001年   [査読有り]
サーモライシンのタンパク質工学による改変と活性発現への効果
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   75 293   2001年   [査読有り]
B.stearothermophilus由来リジルtRNA合成酵素のLーリジン結合部位に存在するTyr271の役割
日本蛋白質科学会   1 350   2001年
B. Stearothermophilus由来リジルtRNA合成酵素のL-リジン結合部位に存在するTyr271の解析
滝田 禎亮
生化学   72(8) 860   2000年   [査読有り]
プロテアーゼによるダイズタンパク質の凝集反応の解析
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   74 57   2000年   [査読有り]
B. stearothermophilus 由来リジルtRNA合成酵素のL-リジン結合部位に存在する芳香族アシノ酸残基の解析
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   74 249   2000年   [査読有り]
サーモライシン分子表面電荷の改変
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   74 245   2000年   [査読有り]
B.stearothevmophilus由来リジルーtRUA合成酵素の基質Lーリジンのα-カルボキシル基と相立作用する残基の解析
滝田 禎亮
生化学   72(8) 1087   2000年   [査読有り]
B.stearothevmophilus由来リジルtRUA合成酵素のLーリジン結合部位に存在する芳香族アミノ酸残基の関与
滝田 禎亮
生物物理   (40) S32   2000年   [査読有り]
大豆タンパク質の物理化学的脱臭法の検討
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   73 121   1999年   [査読有り]
B. stearothermophilus 由来リジルtRNA合成酵素の2つのTrp残基の存在状態の解析
滝田 禎亮
生化学   71(8) 1085   1999年   [査読有り]
B. stearothermophilus 由来リジルtRNA合成酵素のタンパク質工学による断片化:N-末端ドメインとC-末端ドメインの発現、精製及び性質
滝田 禎亮
生化学   71(8) 1086   1999年   [査読有り]
大豆タンパク質の物理化学的脱臭法の検討
滝田 禎亮
日本食品科学工学会大会講演集   45 158   1998年
B.stearothermophilus由来リジルtRNA合成酵素のリジン活性化反応で観測される蛋白質蛍光変化の由来
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   72 334   1998年
B.stearothermophilus由来リジルtRNA合成酵素のリジン活性化反応における無機ピロリン酸の効果
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   72 334   1998年   [査読有り]
B.stearothermophilus由来リジル-tRNA合成酵素のリジン活性化反応の際に観察される蛋白質蛍光変化の因のTrp残基
滝田 禎亮
生化学   70(8) 1027   1998年   [査読有り]
Bacillus stearothermophilus由来リジルtRNA合成酵素の大量発現系の構築と諸性質
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌(臨時増刊号)   71 164   1997年   [査読有り]
Bacillus stearothermophilus由来リジルtRNA合成酵素のリジン活性化の熱力学量
生化学   69(7) 680   1997年
Bacillus stearothermophilus由来リジルtRNA合成酵素のリジン活性化反応の遷移相の速度論的同定の討み
滝田 禎亮
生化学   68(7) 647   1996年   [査読有り]
中等度好熱菌Bacillus stearothermophilus由来リジル-tRNA合成酵素によるリジンアナログの認識機構
日本農芸化学会誌   68(3) 326   1994年
Bacillus stearothermophilus由来リジル-tRNA合成酵素の1次構造の推定
滝田 禎亮
生化学   65(8) 725   1993年   [査読有り]
中等度好熱菌Bacillus stearothermophilus由来リジル-tRNA合成酵素によるリジル-tRNAの生成におけるNaClの効果
滝田 禎亮
日本農芸化学会誌   67(3) 344   1993年   [査読有り]

書籍等出版物

 
初めての酵素化学
井上國世 (担当:分担執筆)
シーエムシー出版   2016年12月   

競争的資金等の研究課題

 
アミノアシル-tRNA合成酵素に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1989年 - 2010年