SAKANOUE Nao

J-GLOBAL         Last updated: Sep 10, 2019 at 14:38
 
Avatar
Name
SAKANOUE Nao
Affiliation
Kyoto University
Section
Field Science Education and Research Center
Degree
Master of Agriculture(Kyoto University), Doctor of Agriculture(Kyoto University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1995
Graduate School, Division of Agriculture, Kyoto University
 
 
 - 
1990
Faculty of Agriculture, Kyoto University
 

Published Papers

 
Saito Yukie, Yamamoto Atsushi, Ohta Masamitsu, Arima Takanori, Utsumi Yasuhiro, Koga Shinya, Kadomatsu Masahiko, Sakanoue Nao, Yamamoto Hirokazu
Mokuzai Gakkaishi   61(1) 25-32   2015   [Refereed]
Taking Hiwada bark for roof plates from Japanese cypress, (Hinoki, Chamaecyparis obtusa), is sustainable because the cambium zone is carefully left without damage by traditional technicians (Motokawa-shi). This study aimed to clarify whether bark ...
門松 昌彦, 山本 博一, 坂野上 なお, 古賀 信也
北海道大学演習林研究報告   68(1) 39-46   Mar 2012   [Refereed]
国指定の重要文化財の中には、屋根にヒノキの樹皮である檜皮を葺いている木造建造物は多い。しかし、檜皮剥皮がヒノキの成長や材質に及ぼす影響については、ほとんど報告されていなかった。そこで、檜皮採取がヒノキの直径成長に与える影響を調べた。剥皮された個体の胸高直径は早くて剥皮後2年で剥皮前の胸高直径までに回復し、剥皮後6年で8割の剥皮木の胸高直径が剥皮前の胸高直径以上になった。剥皮後9年間で、剥皮木の胸高直径の成長量と非剥皮木の成長量とに有意な違いは認められなかった。したがって、熟練者が檜皮採取を...
SAKANOUE Nao
林業経済研究   57(1) 19-26   Mar 2011   [Refereed][Invited]
To identify the trend in the demand for timber in the 2010s, I reviewed studies of the demand for lumber for construction published in the 2000s. Some studies showed that the quality of lumber was regarded as more important than before the 1990s; ...
Y. Utsumi; S. Koga; N. Tashiro; A. Yamamoto; Y. Saito; T. Arima; H. Yamamoto; M. Kadomatsu; N. Sakanoue
Journal of Wood Science   52(6) 477-482   2006   [Refereed]

Misc

 
A study on the guided tours in University Forests - A case study in Kyoto University Ashiu Forest -
SAKANOUE Nao
127(0) 674-674   Mar 2016
SAKANOUE Nao, YAMAMOTO Hirokazu
The Japanese Forest Society Congress   124(0)    Mar 2013
檜皮剥皮木が伐採されて木材市場に出荷された場合、丸太としていかなる評価を受けるのか、京都府の木材市場において検討した。同じ日同じ市に出荷された、特定の檜皮剥皮木林分のヒノキと、剥皮されていないその他のヒノキとの価格分布の違いを比較したところ、30センチを超える径級においては、むしろ他のヒノキ材より高価格を形成していた。またヒノキ材の購入者に、節の有無や曲りの有無といった材質の基本的な評価基準に加えて、「剥皮されていること」をどの程度マイナスに評価するか尋ねた。フリッチや和室造作などの品目を...
SAKIMOTO Michinori, SAKANOUE Nao
The Japanese Forest Society Congress   124(0)    Mar 2013
高台寺山国有林(京都大阪森林管理事務所管内)の清水山にある人工林とも天然生林ともされてきている高齢ヒノキ林において、その成立と更新に関する情報を得ることを目的に、尾根の平坦地に調査区(60m×50m)を設置し、サイズ、齢、空間分布の各構造を調べた。その結果、ヒノキ(胸高直径5㎝以上)の生木は一山型の直径分布を、枯死木を併せたものは二山型(10~15㎝と40~50㎝程にモード)の直径分布を示した。また、成長錐の採取から、胸高直径30㎝程を境界にして、80~160年程の樹齢からなる異齢木集団と...
SAKANOUE NAO, YAMAMOTO HIROKAZU
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   123rd ROMBUNNO.C02   Mar 2012
SAITO YUKIE, KAHO KOSUKE, SATO MASATOSHI, UTSUMI YASUHIRO, KOGA SHIN'YA, YAMAMOTO HIROKAZU, KADOMATSU MASAHIKO, SAKANOUE NAO
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   62nd ROMBUNNO.Q15-P-PM10   Mar 2012

Research Grants & Projects

 
Study on Production System of Wooden Houses and Wooden Supply