清水 朗

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/29 03:59
 
アバター
研究者氏名
清水 朗
所属
一橋大学
部署
法学研究科
職名
教授

経歴

 
1991年4月
 - 
1994年3月
名古屋工業大学 - 講師
 
1994年4月
 - 
1995年3月
名古屋工業大学 - 助教授
 
2000年4月
 - 
現在
一橋大学 法学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年3月
早稲田大学 政治経済学部 経済
 
 
 - 
1986年3月
東京大学 人文科学研究科 ドイツ語史、統語論
 

論文

 
Mhd.格体系についての一考察 -属格を伴う"lexikalische Fugungen"を中心として-
清水 朗
詩・言語   (28) 1-13   1986年4月
Mhd.動詞結合価と属格補足成分 -与格あるいは対格と共起する場合に関して-
清水 朗
詩・言語   (28) 14-31   1986年4月
Der arme truhsaeze -あるいはケイエ卿に捧げるオマージュ-
清水 朗
詩・言語   (35) 1-14   1990年4月
Mhd.とNhd.の「格」 -Gen.とDat.の用法の変化を中心として
清水 朗
日本独文学会 秋季研究発表会発表      1991年4月
清水 朗
Bulletin of Nagoya Institute of Technology   43 93-105   1992年4月

書籍等出版物

 
独検合格らくらく30日<4級> (共著)
清水 朗 (担当:共著)
郁文堂   1996年4月   
独検合格らくらく30日<3級> (共著)
清水 朗 (担当:共著)
郁文堂   1996年4月   

競争的資金等の研究課題

 
中高ドイツ語における「格」研究
研究期間: 1949年5月