延原 尊美

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 02:40
 
アバター
研究者氏名
延原 尊美
 
ノブハラ タカミ
所属
静岡大学
部署
教育学部 - 教科教育学専攻
職名
教授
学位
博士(理学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1993年
 日本学術振興会特別研究員DC2
 
1993年
 - 
1994年
 日本学術振興会特別研究員PD
 
1994年
 - 
2000年
 名古屋大学理学部助手
 
2000年
 - 
2006年
 静岡大学教育学部助教授
 
2007年
 - 
2010年
 静岡大学教育学部准教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
名古屋大学 理学研究科 地球科学
 
 
 - 
1988年
名古屋大学 理学部 地球科学
 

委員歴

 
2016年7月
   
 
伊豆半島ジオパーク推進協議会学術部会委員
 
2009年8月
 - 
2010年7月
日本学術振興会  評価委員(日本学術振興会)
 
2007年1月
   
 
地球惑星科学連合大会プログラム委員
 
2006年4月
   
 
日本地質学会
 
2004年1月
 - 
2004年12月
日本学術振興会
 

受賞

 
2011年7月
日本古生物学会 日本古生物学会学術賞 新生代軟体動物の古生態学的研究
 
1995年2月
日本古生物学会 日本古生物学会論文賞  Mollucan faunas of the Kakegawa Group
 

論文

 
東海沖深海底の貝類およびサンゴ遺骸のAM14C年代
[責任著者]延原尊美[共著者]大高歩美・徳田悠希・池原 研
静岡大学地球科学研究報告   (45) 16-22   2018年7月   [査読有り]
[責任著者]小南陽亮 [共著者]本多和仁,加藤英明,延原尊美,雪田聡
静岡大学教育実践総合センター紀要   (28) 117-120   2018年2月   [査読有り]
里山の自然史に関する意識調査 〜袋井市における小学校5・6年生の児童を対象に〜
[責任著者]延原 尊美 [共著者]永田聖大
教科開発学論集   (vol)(5) 153-160   2017年3月   [査読有り]
Taxonomic reexamination of three vesicomyid species (Bivalvia) from the middle Miocene Bssho Formation in Nagano Prefecture, central Japan, with notes on vesicomyid diversity
[責任著者]Miyajima, Y. [共著者]延原 尊美,Koike, H,
Nautilus   13(1) 1-16   2017年3月   [査読有り]
Mass occurrence of the enigmatic gastropod Elmira in the Late Cretaceous Sada Limestone seep deposit in soutwestern Shikoku, Japan
[責任著者]Nobuhara, Takamia [共著者]Onda, Daigaku,Sato, Takuya,Aosawa, Hidemi,Ishimura, Toyoho,and others
Paläontologisch Zeitscrift   90(4) 701-722   2016年9月   [査読有り]
[責任著者]Hanagata, S. [共著者]延原 尊美,Nobuhara, T.
Palaeontologica Electrica   (vol)18((num)1) 1-140   2015年1月   [査読有り]
KYTシートを使った中学生と教員養成系大学生の教科活動におけるリスク特定・評価スキルの実態調査
[責任著者]村越 真 [共著者]紅林 秀治,延原 尊美,岡端 隆
教科開発学論集   (1) 65-80   2013年6月   [査読有り]
富士川谷新第三系,いわゆる静川層群の層序と軟体動物化石群集
[責任著者]柴正博 [共著者]廣瀬祐市,延原 尊美,高木克将,安田美輪,富士幸祐
地球科学   67(1) 1-19   2013年1月   [査読有り]
静岡県掛川市下俣の掛川層群最上部より産する前期更新世の軟体動物化石
[責任著者]延原尊美 [共著者]北村孔志
東海自然誌(静岡県自然史研究報告)   (5) 45-50   2012年5月   [査読有り]
長野県中部中新統別所層に挟在する穴沢石灰岩の地質年代と堆積環境
[責任著者]加藤進 [共著者]平松力,三輪美智子,延原尊美
瑞浪市化石博物館研究報告   (37) 135-147   2011年1月   [査読有り]
ビーチのヤドカリに利用される深海性巻貝の化石
延原尊美
ちりぼたん   40(2) 95-97   2010年3月   [査読有り]
A Miocene chemosynthetic community from the Ogaya Formation in Joetsu: Evidence for depth-related ecologic contral among fossil seep communities in the Japan Sea back-arc basin.
[責任著者]Amano, Kazutaka [共著者]Jenkins, R. G.,Aikawa, M.,Nobuhara, T.
PALAEOGEOGRAPHY PALAEOCLIMATOLOGY PALAEOECOLOGY   286 164-170   2010年1月   [査読有り]
長野県の中部中新統下部別所層に挟在するメタン湧水性石灰岩(穴沢石灰岩)のボーリングコア試料の岩相記載
[責任著者]延原尊美 [共著者]大捕由貴
静岡大学地球科学研究報告   (36) 9-26   2009年10月   [査読有り]
高知県四万十市の上部白亜系佐田石灰岩の岩相と化石群集.
[責任著者]延原尊美 [共著者]恩田大学,菊池直樹,近藤康生,松原啓,天野和孝,ジュンキンズ ロバート,疋田吉識,間嶋隆一
化石   (84) 47-60   2008年10月   [査読有り]
静岡県牧ノ原台地の更新統古谷層の貝化石群集と堆積環境
[責任著者]恩田大学 [共著者]延原尊美,柴正博,山下真
海・人・自然(東海大学博物館研究報告)   (9) 19-44   2008年3月   [査読有り]
Decapoda and Isopoda (Crustacea) from the Pliocene Shimajiri Group in the Miyako-jima Island, Ryukyus. Japan.
[責任著者]Karasawa [共著者]Nobuhara, T.
瑞浪市化石博物館研究報告   (34) 23-30   2008年1月   [査読有り]
危険予知訓練シートの調査から読み取る大学生の危険意識の傾向ー理科(化学・地学)の場合ー.
延原尊美
静岡大学教育実践総合センター紀要   (14) 29-38   2007年12月   [査読有り]
First post-Miocene Argonauta from Japan, and its palaeontological significance
[責任著者]Tomida [共著者]Shiba, Masahiro,Nobuhara, Takami
Cainozoic Research   4(1-2) 19-25   2006年2月   [査読有り]
Review of fossil chemosynthetic assemblages in Japan
[責任著者]Majima, Ryuichi [共著者]Nobuhara, Takami,Kitazaki, Tomomi
PALAEOGEOGRAPHY PALAEOCLIMATOLOGY PALAEOECOLOGY   227 86-123   2005年10月   [査読有り]
駿河湾の貝類遺骸群集と堆積場の特性
[責任著者]延原尊美 [共著者]高山春果,松本英二,木下泰正
静岡大学地球科学研究報告   (32) 31-66   2005年7月   [査読有り]
駿河湾における絶滅危惧海産貝類の採集記録(1975-2000)ー相模湾との比較研究ー.
[責任著者]延原尊美 [共著者]藤森麻紀,寺田 徹
静岡大学地球科学研究報告   (31) 41-64   2004年7月   [査読有り]
相良掛川地域の鮮新世前弧海盆の陸棚斜面泥質相から産する含アケビガイ化石冷湧水性炭酸塩岩体
NOBUHARA, Takami
Paleontological Research   7(4) 313-328   2003年12月   [査読有り]
静岡県の上部鮮新統大日層から産出したハイエナイモガイの新亜種
[責任著者]延原 尊美 [共著者]田中貴也
貝類学雑誌Venus   58(3) 129-143   1999年1月   [査読有り]
宮崎県青島地域に分布する上部中新統一下部鮮新統宮崎層群の層序と軟体動物化石群(共著)
[責任著者]中村羊大 [共著者]小澤智生,延原 尊美
地質学雑誌   105(1) 45-60   1999年1月   [査読有り]
静岡県西部の鮮新統堀之内層から産出したシロウリガイ類化石。(共著)
[責任著者]延原 尊美 [共著者]高取亮一
地質学雑誌   105(2) 140-150   1999年1月   [査読有り]
釧路沖より採集されたヒラセギンエビス.
延原 尊美
ちりぼたん   30(3.65-67) 65-67   1999年1月   [査読有り]
Reexamination of the Sagara Fauna -Middle Miocene molluscan assemblage from the Sugegaya Formation, Sagara Group, Shizuoka Prefecture, Central Japan-. (共著)
[責任著者]Inoue, Keisuke [共著者]Ozawa, Tomowo,延原 尊美,Tomida, Susumu
Paleontological Research   1(2) 110-125   1997年1月   [査読有り]
カワムラハデミナシ(イモガイ科)の消長と環境変動
[責任著者]吉葉繁雄 [共著者]延原 尊美
ちりぼたん(日本貝類学会研究連絡紙)   28(1) 1-7   1997年1月   [査読有り]
Stable isotope records of the Pliocene fossil Akebiconcha kawamurai(Bivalvia : Vesicomyidae)from the Tamari Formation, Central Japan : Indication of chemoautotrophic symbiosis (共著)
[責任著者]Khim, Boo-Keun [共著者]延原尊美,Krantz, David E.
Transactions and Proceedings of the Palaeontological Society of Japan, New Series.   (182) 448-453   1996年1月   [査読有り]
栃木県塩原地域の上部中新統鹿股沢層より産する暖流系軟体動物化石 ー塩原動物群の再検討に向けてー.
[責任著者]小澤智生 [共著者]延原 尊美,布村明
化石   (61) 32-39   1996年1月   [査読有り]
上部鮮新統掛川層群大日砂層からダイミョウイモガイの化石産出とその意義
[責任著者]田中貴也 [共著者]延原 尊美,小澤智生
貝類額雑誌 VENUS   53(4) 57-65   1995年1月   [査読有り]
掛川層群から産出したMizuhopecten yessoensis 種群の一種
[責任著者]天野和孝 [共著者]延原 尊美
瑞浪市化石博物館研究報告   (22) 103-108   1995年1月   [査読有り]
Palaeoecology of Akebiconcha kawamurai(Bivalvia : Vesicomyidae)from the Pliocene Tamari Formation in the Kakegawa area, central Japan. (共著)
[責任著者]延原 尊美 [共著者]Tanaka, Toshio
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   102 27-40   1993年1月   [査読有り]
The relationship between bathymetric depth and climate change and its effect on molluscan faunas of the Kakegawa Group, central Japan.
延原 尊美
Transaction and Proceedings of the Palaeontological Society of Japan, New Series.   (170) 159-185   1993年1月   [査読有り]
三河湾の貝類遺骸群集 第2部 巻貝類・角貝類.
[責任著者]延原 尊美 [共著者]窪田祐亨,糸魚川淳二,松岡敬二
貝類学雑誌Venus   51(1-2) 95-113   1992年1月   [査読有り]
Preliminary report on Pliocene radiolarians from the Nobori Formation, Tonohama Group, Shikoku, Southwest Japan. (共著)
[責任著者]Sugiyama, Kazuhiro [共著者]延原 尊美,Inoue, Keisuke
The Journal of Earth and Planetary Sciences Nogoya University   39 1-30   1992年1月   [査読有り]
掛川層群曾我累層の軟体動物化石群集の水平分布.-曾我凝灰岩層を鍵層として-.
延原 尊美
瑞浪市化石博物館研究報告   (17) 79-91   1990年1月   [査読有り]
瑞浪層群の貝化石の新産地.(共著)
[責任著者]糸魚川淳二 [共著者]西本博行,延原 尊美
瑞浪市化石博物館研究報告   (15) 57-64   1989年1月   [査読有り]

Misc

 
実践報告 袋井市の小学校における里山自然史に関する授業実践
[責任著者]延原尊美[共著者]永田聖大
静岡大学教育実践総合センター紀要   (27) 78-82   2018年9月
北海道の始新統幌内層より産する深海性二枚貝類への捕食穿孔率 -冷湧水域とその周辺泥底域との比較-
[責任著者]延原 尊美 [共著者]人見進太郎,白鳥百合子
静岡大学地球科学研究報告   (vol)(43) 13-20   2016年8月
[責任著者]柴 正博 [共著者]延原 尊美,川田 健,宮澤市郎
海・人・自然(東海大学博物館研究報告)   (vol)(12) 7-29   2014年3月
駿河トラフ軸部の石花海ゴージ伊豆側斜面から採集された貝化石:「しんかい2000」第579潜航の追補報告
[責任著者]延原尊美 [共著者]小山真人
静岡大学地球科学研究報告   (39) 1-6   2012年7月
掛川市長谷の掛川層群土方層から産出した大型植物化石
[責任著者]北村孔志 [共著者]吉川博章,延原孝美
豊橋市自然史博物館研究報告   (20) 11-13   2010年3月
掛川市長谷の掛川層群土方層から産出した大型植物化石
[責任著者]北村孔志 [共著者]吉川博章,延原尊美
豊橋市自然史博物館研究報告   (20) 11-13   2010年3月
メタン湧水場の地下断面からシロウリガイ類繁栄の背景をさぐる
延原尊美
生物の科学 遺伝   64(14) 27-32   2010年1月
日本の化学合成生物群集研究の系譜―緒言にかえて
[責任著者]藤倉克則 [共著者]延原尊美
生物の科学 遺伝   64(1) 15-20   2010年1月
東海沖の貝類遺骸リスト
[責任著者]延原尊美 [共著者]林真美子,上出桂子,斉藤寛,池原研
静岡大学地球科学研究報告   (35) 65-128   2008年7月
序文:日本の化学合成化石群集に伴われる炭酸塩岩体
[責任著者]NOBUHARA, Takami [共著者]MAJIMA, Ryuichi,Hikida, Yoshinori,Kitazaki, Tomomi
Paleontological Research   7(4) 277   2003年12月
2003年静岡県地学会夏季巡検会報告 静岡県自然史ハイキング:遠州里山の自然史を歩こう.
[責任著者]川平裕昭 [共著者]延原尊美
静岡地学   (88) 57-60   2003年11月
家代の里に現れた約200万年前の陸棚斜面
延原尊美
静岡地学   (88) i-iii   2003年11月
第C班(掛川) 掛川地域の鮮新ム更新統前弧海盆堆積物の層序と化石相
[責任著者]延原 尊美 [共著者]茨木雅子
日本地質学会第110年学術大会(2003 静岡)見学旅行案内書   43-56   2003年9月
静岡県浜松市佐浜町のナウマンゾウ発掘調査地における中部更新統浜松層産貝化石.
延原尊美
静岡地学   (87) 41-51   2003年6月
日本列島の新生代化学合成化石群集の研究意義ー沖合・深海動物相の進化の観点からー.
延原尊美
月刊海洋   35(5) 355-363   2003年5月
相良ー掛川堆積盆におけるテクトニクス・堆積過程と軟体動物化石群集との関連
延原尊美
静岡地学   (85) 3-14   2002年6月
相良油田見学会報告
[責任著者]酒井美佳 [共著者]小澤見也子,延原尊美
静岡地学   (85) 21-24   2002年6月
(書評) 抄録 Bouchet, P. & Marshall, B. (編)2001: 熱帯域深海底生動物22巻.Mmoires du Musum national d'Histoire naturelle, 185: 407 pp. Publications Scientifiques du Musum, Paris
Takami Nobuhara
ユリヤガイ(山口貝類研究談話会会誌)   8(1) 37-43   2001年12月
名古屋地学会第238回例会報告 地学教材としての掛川層群 -沿岸域から深海域までの海底散策-
延原尊美
名古屋地学   (63) 32-37   2001年3月
静岡県相良地域の中新統女神層の海老江石灰岩体よりNipponopecten protomolitus(Nomura)の産出とその古生物地理学的意義 (共著)
[責任著者]小澤智生 [共著者]延原 尊美,田中利雄,蜂矢喜一郎
名古屋大学古川総合研究資料館報告   (12) 1-13   1996年1月
静岡県西部の鮮新統海老名礫岩層から産出したHartungia
[責任著者]延原 尊美 [共著者]高取亮一,田中貴也
名古屋大学古川総合研究資料館報告   (11) 35-40   1995年1月
掛川層群堀之内層からシロウリガイ類化石の発見.
[責任著者]延原 尊美 [共著者]高取亮一
名古屋大学古川総合研究資料館報告   (10) 45-51   1994年1月
Bathyal molluscan assemblages in the Plio-Pleistocene in the Kakegawa area, Shizuoka Prefecture, central Japan ; their relationships with water masses.
延原 尊美
Bulletin of the Mizunami Fossil Museum   (19) 515-528   1992年1月
Fossil and living species of the giant isopod genus Palaega Woodward, 1870 of Japan. (共著)
[責任著者]Karasawa, Hiroaki [共著者]延原 尊美,Matsuoka, Keiji
Science Report of the Toyohashi Museum of Natural History   (2) 1-12   1992年1月
オランダ国立自然史(旧地質学・鉱物学)博物館(ライデン)所蔵の東南アジア・日本産化石貝類の研究.(共著)
[責任著者]糸魚川淳二 [共著者]延原 尊美
地学雑誌   100 795-797   1991年1月
三河湾の貝類遺骸群集 第1部 二枚貝類遺骸群集
[責任著者]延原 尊美 [共著者]窪田祐亨,糸魚川淳二,松岡敬二
豊橋市自然史博物館研究報告   (1) 13-32   1991年1月

書籍等出版物

 
200万年前の地層と化石が見える宇刈里山公園
延原尊美
袋井市   2015年4月   
しずおか自然史
延原尊美 (担当:分担執筆)
静岡新聞社   2010年10月   
古生物学事典 第2版
延原尊美 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2010年6月   
古生物学事典 第2版
延原尊美,島本昌憲 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2010年6月   
ビジュアルワイド理科資料集別冊 静岡県の自然
丹沢哲郎・延原尊美ほか (担当:共著)
東京書籍   2006年3月   

講演・口頭発表等

 
What dose Calyptogena. sp move looking for? ~Behavior observation of Calyptogena.sp in rearing tank~
Sugimura, M., Koyano, Y., Suzuki, Y., Ota, M., Nobuhara, T., Nagai, Y. and Toyofuku, T.
15th Deep-Sea Biology Symposium, Monterey Conference Center   2018年9月   
化石湧水サイトの地下断面についての事例研究 海底泥火山周辺の湧水場との比較にむけて [招待有り]
延原尊美
日本地球惑星科学連合2018年大会予稿集SGL29-01   2018年5月   
冷湧水性群集の内外でタマガイ類による捕食頻度に差はあるか 〜北海道の始新統幌内層における検証〜
延原 尊美,人見進太郎,白鳥百合子
日本古生物学会2017年年会   2017年6月   
Paleoecology of serpulid worm tubes in the Late Cretaceous Sada Limestone seep deposits in southwestern Shikoku, Japan.
延原 尊美,松村佳代子,近藤康生,石村豊穂,井尻暁ほか
Japan Geoscience Union Meeting 2017   2017年5月   
Locomotion and move tracking of "Calyptogena" clams in situ and in patented H2S cotrolling tanks
Ohta, M., Nobuhara, T., Doi, Y., Hayase, M., Sugimura, M., Nagai, T., Toyofuku, T., and Iwase, R.
Japan Geoscience Union Meeting 2017   2017年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
変動帯における底生動物生態系の詳細マッピング -プレート運動がうみだす生物多様性
基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2018年1月
メタン湧水場の地下断面を復元する~化学合成群集が指標する湧水のさまざまな活動様式
基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
白亜紀以降に起きた化学合成群集の進化の解明ーメタン湧水場の地下構造に照らして
基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2010年3月
東アジア前弧域における深海生物化石相の多様性 ー新生代における物質循環との関係
奨励研究(A)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月