緒方 広明

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/19 11:09
 
アバター
研究者氏名
緒方 広明
 
オガタ ヒロアキ
URL
https://sites.google.com/site/hiroakiogata/
所属
京都大学
部署
学術情報メディアセンター
職名
教授
学位
博士(工学)(徳島大学), 修士(工学)(徳島大学)
その他の所属
香港教育大学台湾アジア大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
京都大学 学術情報メディアセンター/大学院情報学研究科 教授
 
2016年2月
 - 
2017年3月
九州大学 ラーニングアナリティクスセンター センター長・主幹教授
 
2013年10月
 - 
2017年3月
九州大学 基幹教育院 教授
 
2011年4月
 - 
2013年9月
徳島大学 大学院・ソシオテクノサイエンス研究部 准教授
 
2001年4月
 - 
2013年9月
- 徳島大学工学部・知能情報工学科 助教授
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
徳島大学 工学研究科 知能情報工学専攻
 
1988年4月
 - 
1992年3月
徳島大学 工学部 知能情報工学科
 

委員歴

 
2015年1月
 - 
現在
IEEE Transaction on Learning Technologies  Associate Editor
 
2015年
 - 
現在
RPTEL(Research and Practice in Technology Enhanced Learning Journal)  Associate Editor
 
2008年1月
 - 
現在
APSCE  Eexcutive Committee
 
2012年1月
 - 
2014年12月
SOLAR(Society for Learning Analytics and Research)  Eexcutive Committee
 
2009年1月
 - 
2012年12月
International Association for Mobile Learning)  Eexcutive Committee
 

受賞

 
2016年10月
IMS Japan 第1回IMS Japan 最優秀賞/第13回日本e-Learning大賞 教育ビッグデータ特別部門賞
受賞者: 緒方 広明(九州大学ラーニングアナリティクスセンター)
 
2015年7月
IEEE ICALT 2015 Best Paper Award
 
2014年12月
APSCE APSCE Distigished Researcher Award
 
2014年11月
APSCE Distinguished Researcher Award
 
2012年3月
IEEE WMUTE2012 Best Student Paper Award
 
2011年1月
情報処理学会グループウェアとネットワークサービス研究会優秀発表賞
 
2010年11月
ICCE2010 Best Technology Design Paper Award
 
2010年2月
第9回徳島大学エンジニアリングフェスティバル優秀賞
 
2009年12月
APSCE Young Leading Researcher Award
 
2009年11月
徳島大学 徳島大学若手研究者学長表彰
 
2009年10月
mLearn 2009 Best Paper Award
 
2009年7月
ICIE 2009 Best Paper Award
 
2008年11月
ICCE2008 ICCE2008 Best Paper Runner-Up Award
 
2008年8月
CollabTech2008 CollabTech2008 Best Paper Award
 
2007年11月
MULE2007 Best Paper Award
 
2006年7月
IEEE ICALT2006 IEEE ICALT2006 Best Paper Award
 
2005年6月
ISLS CSCL2005 Contribution Award
 
2004年10月
情報処理学会研究会推薦論文賞
 
1999年
Web Net99 Top Paper Award
 
1998年
教育システム情報学会 論文賞
 
1994年
三木康楽会,研究奨励賞
 
1992年
電気学会四国支部,電子情報通信学会四国支部,情報処理学会四国支部, 奨励賞
 

論文

 
Learning Analytics Infrastructure for Seamless Learning
Companion Proceedings of LAK 2018   443-449   2018年   [査読有り]
Learning false friends across contexts
Companion Proceedings of LAK 2018   274-384   2018年   [査読有り]
Kousuke Mouri,Noriko Uosaki,Hiroaki Ogata
Educational Technology & Society   21(2) 150-163   2018年   [査読有り]
Owen H. T. Lu,Anna Y. Q. Huang,Jeff C. H. Huang,Albert J. Q. Lin,Hiroaki Ogata,Stephen J. H. Yang
Educational Technology & Society   21(2) 220-232   2018年   [査読有り]
Stephen J. H. Yang,Owen H. T. Lu,Anna Y. Q. Huang,Jeff C. H. Huang,Hiroaki Ogata,Albert J. Q. Lin
JIP   26    2018年   [査読有り]
Patrick Ocheja,Brendan Flanagan,Hiroaki Ogata
Proceedings of the 8th International Conference on Learning Analytics and Knowledge, LAK 2018, Sydney, NSW, Australia, March 07-09, 2018   265-269   2018年   [査読有り]
Atsushi Shimada,Yuta Taniguchi,Fumiya Okubo,Shin'ichi Konomi,Hiroaki Ogata
Proceedings of the 8th International Conference on Learning Analytics and Knowledge, LAK 2018, Sydney, NSW, Australia, March 07-09, 2018   446-450   2018年   [査読有り]
大学教育におけるラーニングアナリティクスの導入と研究
緒方 広明
日本教育工学会論文誌   41(3) 221-231   2018年   [査読有り]
Enhancing Seamless Learning Using Learning Log System
Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education (ICCE2017)   529-538   2017年12月   [査読有り]
A Multi-model SVR Approach to Estimating the CEFR Proficiency Level of Grammar Item Features
Brendan Flanagan、廣川 佐千男 、 緒方 広明
LTLE2017      2017年7月   [査読有り]
Semi-automatic construction of ontology based on data mining technique
Jingyyun Wang, Brendan Flanagan, 緒方 広明
LTLE2017      2017年7月   [査読有り]
A meaningful discovery learning environment for e-book learners
島田 敬士、緒方 広明、Jingyun Wang
EDUCON 2017   1158-1165   2017年4月   [査読有り]
Learning Analytics in a Seamless Learning Environment
LAK2017   348-357   2017年3月   [査読有り]
Real-time Learning Analytics For Programming Language Courses
Xinyu Fu、島田 敦士、緒方 広明、谷口 雄太、末廣 大貴
Cross-LAK2017   280-288   2017年3月   [査読有り]
A neural network approach for students' performance prediction
大久保 文哉、山下 隆義、島田 敦士、緒方 広明
LAK 2017   598-599   2017年3月   [査読有り]
2nd Cross-LAK:Learning Analytics Across Physical and Digital Spaces
Roberto Martinez-Maldonado, Davinia Hernandez-Leo, Abelardo Pardo, 緒方 広明
LAK2017   510-511   2017年3月   [査読有り]
Learning Analytics and Policy (LAP) - international aspirations, achievements and constraints
Megan Bowe, Weiqin Chen, Dai Griffiths, Tore Hoel, Jaeho Lee, 緒方 広明, Griff Richards, Li Yuan, Jingjing Zhang
LAK2017   516-517   2017年3月   [査読有り]
M2B System: A Digital Learning Platform for Traditional Classrooms in University
緒方 広明、谷口 雄太、末廣 大貴、島田 敦士、大井 京、大久保 文哉、山田 政寛、小島 健太郎
Cross-LAK2017   155-162   2017年3月   [査読有り]
Reproducibility of Findings from Educational big Date:A Preliminary Study
大井 京、山田 政寛、大久保 文哉、島田 敦士、緒方 広明
Cross-LAK2017   536-537   2017年3月   [査読有り]
M. Yamada, A. Shimada, F. Okubo, M. Oi, K. Kojima, & H. Ogata
Journal of Research and Practice on Technology Enhanced Learning (RPTEL)   12:13    2017年   [査読有り]
Chengjiu Yin,Jane Yin-Kim Yau,Gwo-Jen Hwang,Array
Multimedia Tools Appl.   76(9) 11531-11545   2017年   [査読有り]
Atsushi Shimada,Hiroaki Ogata,Jingyun Wang
2017 IEEE Global Engineering Education Conference, EDUCON 2017, Athens, Greece, April 25-28, 2017   1158-1165   2017年   [査読有り]
Daiki Suehiro,Yuta Taniguchi,Atsushi Shimada,Hiroaki Ogata
17th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies, ICALT 2017, Timisoara, Romania, July 3-7, 2017   267-268   2017年7月   [査読有り]
Atsushi Shimada,Kousuke Mouri,Hiroaki Ogata
17th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies, ICALT 2017, Timisoara, Romania, July 3-7, 2017   274-275   2017年7月   [査読有り]
Yuta Taniguchi,Daiki Suehiro,Atsushi Shimada,Hiroaki Ogata
17th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies, ICALT 2017, Timisoara, Romania, July 3-7, 2017   298-300   2017年   [査読有り]
Misato Oi,Masanori Yamada,Fumiya Okubo,Atsushi Shimada,Hiroaki Ogata
Joint Proceedings of the Sixth Multimodal Learning Analytics (MMLA) Workshop and the Second Cross-LAK Workshop co-located with 7th International Learning Analytics and Knowledge Conference (LAK 2017), Vancouver, Canada, March 14, 2017.   15-22   2017年   [査読有り]
大学教育におけるラーニングアナリティクスのための情報基盤システムの構築
緒方広明、藤村直美
情報処理学会論文誌 教育とコンピュータ   3(2) 1-7   2017年   [査読有り][招待有り]
Automatic Summarization of Lecture Slides for Enhanced Student Preview.
A. Shimada, F. Okubo, C. Yin and H. Ogata
IEEE Transaction on Learning Technologies   14(8)    2017年   [査読有り]
AETEL: Supporting Seamless Learning and Learning Log Recording with e-Book System
Mahiro KIYOTA, Kousuke MOURI, Noriko UOSAKI, & Hiroaki OGATA
Proceedings of the 24th International Conference on Computers in Education(ICCE2016)   380-385   2016年11月   [査読有り]
Learning Analytics in Ubiquitous Learning Environments: Self-Regulated Learning Perspective
Proceedings of the 24th International Conference on Computers in Education (ICCE2016)   306-314   2016年11月   [査読有り]
Visualization for Analyzing Learning Logs in the Seamless Learning Environment
毛利 考佑、緒方 広明、清田 麻寛、魚崎 紀子
Proceedings of the 24th International Conference on Computers in Education (ICCE2016)   315-324   2016年11月   [査読有り]
Automatic Summarization System of Lecture Slides
Sébastien ANDRÉ, Atsushi SHIMADA, Hiroaki OGATA
The International Workshop on Learning Analytics and Educational Data Mining (LAEDM 2016)      2016年9月   [査読有り]
Bayesian Network for predicting students’ final grade using e-book Logs in University Education
IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies(ICALT2016)   85-89   2016年7月   [査読有り]
Browsing-Pattern Mining from e-Book Logs with Non-Negative Matrix Factorization
Atsushi Shimada, Fumiya Okubo, Hiroaki Ogata
the 9th International Conference on Educational Data Mining   636-637   2016年6月   [査読有り]
教育ビッグデータの利活用に向けた学習ログの蓄積と分析
(75) 緒方広明, 殷成久, 毛利考佑, 大井京, 島田敬士, 大久保文哉, 山田政寛, 小島健太郎
教育システム情報学会誌   33(2) 58-66   2016年4月   [査読有り]
Profiling High-achieving Students using E-book-based Logs
Kousuke Mouri, Chengjiu Yin, Fumiya Okubo, Atsushi Shimada, Hiroaki Ogata
Cross-LAK2016      2016年4月   [査読有り]
Automatic Generation of Personalized Review Materials Based on Across-Learning-System Analysis
Cross-LAK2016      2016年4月   [査読有り]
Learning Activity Features of High Performance Students
Fumiya Okubo, Sachio Hirokawa, Misato Oi, Chengjiu Yin, Atsushi Shimada, Kojima Kentaro, Masanori Yamada, Hiroaki Ogata
Cross-LAK2016      2016年4月   [査読有り]
Web-based Interactive and Visual Data Analysis for Ubiquitous Learning Analytics
Benjamin Weyers, Christian Nowke, Torsten W. Kuhlen, Kousuke Mouri, Hiroaki Ogata
Cross-LAK2016      2016年4月   [査読有り]
Onomatopoeia Learning Support for Japanese Learners Using Learning Log System with eBook
Noriko Uosaki, Mahiro, Kiyota, Kousuke Mouri, Hiroaki Ogata, Mahdi, Choyekh,
The 16th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies (ICALT 2016)   347-348   2016年   [査読有り]
Dashboard for analyzing ubiquitous learning log
International Journal of Distance Education Technologies, IGI journal   14(3) 1-20   2016年   [査読有り]
Erdenesaikhan Lkhagvasuren, Context-aware and Personalization Method based on Ubiquitous Learning Analytics
Journal of Universal Computer Science   1380-1397   2016年   [査読有り]
Let’s Learn Business Japanese with Learning Log System and e-Book
Noriko Uosaki, Mahiro Kiyota, Kousuke Mouri, Hiroaki Ogata and Chengjiu Yin
mLearn 2016   265-272   2016年   [査読有り]
Supporting Foreign Students’ Job Search Process in Japan with SCROLL & AETEL
Workshop of the Eighth International Conference on Collaboration Technologies (Collabtech 2016      2016年   [査読有り]
Let's Find Suitable Word Using LAD
Proceedings of the 11th Internationl Conference on Knowledge Management (ICKM 2015)   7-8   2015年   [査読有り]
LOCH:留学生のためのモバイル日本語学習支援システムの開発
緒方広明,和田誠,上田崇仁, 大石寧子,矢野米雄
電子情報通信学会論文誌   J91-D(2) 220-228   2008年8月   [査読有り]
Hiroaki Ogata, Gan Li Hui, Chengjiu Yin, Takahito Ueda, Yasuko Oishi and Yoneo Yano
International Journal of Mobile Learning and Organisation   2(3) 271-282   2008年4月   [査読有り]
Supporting Classroom Activities with the BSUL System
Hiroaki Ogata, Nobuji Saito, Rosa Paredes, Gerardo Ayala, and Yoneo Yano
Educational Technology and Society Journal   11(1) 1-16   2008年1月   [査読有り]
A Framework for Capturing, Sharing, Retrieving and Comparing Learning Experiences in a Ubiquitous Learning Environment
Hiroaki Ogata, Toru Misumi, Yoshiki Matsuka, Moushir M. El-Bishouty and Yoneo Yano
International Journal of Research and Practice on Technology Enhanced Learning (RPTEL)   3(3) 297-312   2008年   [査読有り]
JAMIOLAS: センサを用いた擬態語・擬音語学習支援環境の試作
緒方広明, 近藤智央, 殷成久,劉玉琴,矢野米雄
教育システム情報学会論文誌   24(4) 333-342   2007年10月   [査読有り]
Personalized Knowledge Awareness Map in Computer Supported Ubiquitous Learning
Moushir M. El-Bishouty, 緒方広明, 矢野米雄
Educational Technology and Society Journal   10(3) 122-134   2007年8月   [査読有り]
Participatory Simulation Framework to Support Learning Computer Science
Chengjiu Yin, 緒方広明, 矢野米雄
International Journal of Mobile Learning and Organisation   1(3) 288-304   2007年8月   [査読有り]
Yanlin Zheng, Luyi Li, 緒方広明, 矢野米雄
International Journal of Continuous Engineering Education and Lifelong Learning   17(2-3) 160-177   2007年4月   [査読有り]
Luyi Li, Yanlin Zheng, 緒方 広明, 矢野 米雄
International Journal of Pervasive Computing and Communication   1(3) 207-215   2005年8月   [査読有り]
Providing Interoperability Services in the Ubiquitous Digital Library Project
Raul Morales Salcedo, 緒方広明, 矢野米雄
International Journal of Advanced Technology for Learning   1(2) 107-114   2005年6月   [査読有り]
光原弘幸,能瀬高明,三好康夫,緒方広明,矢野米雄,松浦健二,金西計英,森川富昭
日本教育工学会論文誌   29(3) 425-434   2005年4月   [査読有り]
A Framework of Context-awareness Support for Collaboration Recommendation in e-Learning Environments
Yanlin Zheng, 緒方広明, 矢野米雄
Journal of Information and Systems in Education   3(1) 40-48   2005年1月   [査読有り]
JAPELAS: Supporting Japanese Polite Expressions Learning Using PDA towards Ubiquitous Learning
Chengjiu Yin, 緒方広明, 矢野米雄
Journal of Information and Systems in Education   3(1) 33-39   2005年1月   [査読有り]
緒方広明,矢野米雄
International Journal of Continuous Engineering Education and Lifelong Learning   14(4-5) 435-449   2005年1月   [査読有り]
(35) 緒方広明,赤松亮,矢野米雄
教育システム情報学会誌   22(1) 30-35   2005年1月   [査読有り]
CLUE:語学学習を対象としたユビキタスラーニング環境の試作と実験
緒方広明,矢野米雄
情報処理学会論文誌   45(10) 2354-2363   2004年10月   [査読有り]
HYZONE: Diversifying Resources in Learning Spaces via Personalized Interface
Raul Morales Salcedo, 緒方 広明, 矢野 米雄
International Journal of Advanced Technology for Learning   1(2) 107-114   2004年6月   [査読有り]
Usage of Dynamic Metadata for Learning Objects in a Digital Library
Raul Morales Salcedo, 緒方 広明, 矢野 米雄
International Journal of Information and Systems in Education   2(1) 42-51   2003年8月   [査読有り]
Supporting Awareness in a CSCL Environment
緒方 広明, 松浦 健二, 矢野 米雄
International Journal of Cognitive Processing, International Journal of Cognitive Processing   2-3 1-15   2003年8月   [査読有り]
Design and Implementation of an Asynchronous Virtual Classroom - Retrospective and Prospective View -
矢野 米雄, 松浦 健二, 緒方 広明
International Journal of Information and Systems in Education   2(1) 14-22   2003年8月   [査読有り]
Supporting Asynchronous Communication in an Agent-based Virtual Classroom
松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
International Journal of Continuing Engineering Education and Lifelong Learning   12(5/6) 433-447   2002年10月   [査読有り]
Video-based Language Learning Environment using an Online Video Editing System
葉田 善章, 緒方 広明, 矢野 米雄
Computer Assisted Language Learning   15(4) 387-408   2002年10月   [査読有り]
松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
情報処理学会論文誌   42(11) 2540-2549   2001年11月   [査読有り]
遠隔地から非同期的に参加する個人学習者を対象として, ビデオ映像を用いたオンデマンド教材をWEB上で公開する試みが数多く見られるようになった.本研究では, ビデオ映像を中心とした初期学習教材に加え, 学習者間で過去に行われたインタラクションを付加教材として用いる.後者をビデオの経過時刻に合わせて擬似的に同期提示し, そこに参加できる環境を提供することで, 多人数で受講しているような仮想教室環境の構築を目指す.これにより, 他の学習者との非同期インタラクション機会の増加を図る.ここで, この...
緒方 広明,Yuqin Liu,越智 洋司,矢野 米雄
Computers and Education   37(3-4) 225-240   2001年7月   [査読有り]
緒方 広明, 矢野 米雄, 古郡 延子, Qun Jin
Computer Supported Cooperative Work: The Journal of Collaborative Computing   10(2) 189-209   2001年7月   [査読有り]
葉田 善章, 緒方 広明, 矢野 米雄
情報処理学会論文誌   42(6) 1412-1423   2001年6月   [査読有り]
現在の外国語教育では, 主に書き言葉を中心とした学習が行われている.このため, コミュニケーション能力を習得することが困難である.一方で, 近年のネットワークやコンピュータ技術の向上により, ビデオ会議システムを用いて離れた教師と学習できるようになってきている.本論文では, 教師と学習者間の学習シーンに対し, 教師が添削を行った情報を用いて語学学習が行える語学学習支援システムViclle(Video-based Communicative Language Learning System)...
緒方 広明, 葉田 善章, 矢野 米雄
教育システム情報学会誌   18(1) 16-23   2001年4月   [査読有り]
Elsa Liliana Rodriguez,緒方 広明,矢野 米雄
Computers & Mathematics with Applications: An International Journal   41(1-2) 177-192   2001年1月   [査読有り]
越智 洋司,緒方 広明,劉 玉琴,矢野 米雄
教育システム情報学会誌   17(3) 285-294   2000年10月   [査読有り]
松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育システム情報学会誌   17(3) 319-328   2000年10月   [査読有り]
緒方 広明, 松浦 健二, 矢野 米雄
教育システム情報学会誌   17(3) 263-274   2000年10月   [査読有り]
緒方 広明, Chen Feng, 葉田 善章, 矢野 米雄
International Journal of Computers & Education   34(1) 51-66   2000年1月   [査読有り]
Combining Knowledge Awareness and Information Filtering in an Open-ended Collaborative Learning Environment
緒方 広明, 矢野 米雄
International Journal of Artificial Intelligence in Education   11 33-46   2000年1月   [査読有り]
Mark-up-based Writing-error Analysis Model in an Online Classroom
Chen Feng, 緒方 広明, 矢野 米雄
International Journal of Computer Assisted Language Learning   13(1) 79-97   2000年1月   [査読有り]
緒方 広明, 葉田 善章, 矢野 米雄
情報処理学会論文誌   40(11) 3924-3933   1999年11月   [査読有り]
近年のインターネットの普及により,電子メールを用いて文章を交換しながら,複数の人物と協同で文章を執筆することが容易になった.しかし,従来の紙メディアでの添削と比較して,電子メールでは,修正が分かりにくいという問題がある.そこで我々は,紙面上での添削記号を用いた添削と同様の環境をコンピュータ上に実現することを目指したCoCoAを構築した.CoCoAは,挿入,削除などの添削記号をSGMLに基づく通信添削用マークアップ言語CCMLで表現し,電子メールでの送受信による非同期の添削を可能とする.本論...
劉 玉琴, 緒方 広明, 越智 洋司, 矢野 米雄
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   82(10) 1645-1654   1999年10月   [査読有り]
近年,インターネットの普及により,時間・場所の制約を越えて,様々な国の人々がサイバースペース上で容易にコミュニケーションできるようになってきた.本論文では,ソフトウェアエージェントの介在により,サイバースペースでの言語学習を支援する学習環境Anckle (A__-gen__-t-based C__-ommunicative K__-anji L__-earning E__-nvironment) を提案する.Anckleは,コミュニカティブアプローチに基づき,サイバースペース内での母語話者...
緒方 広明, 矢野 米雄, 古郡 延子, 金 群
情報処理学会論文誌   40(2) 632-641   1999年2月   [査読有り]
本論文では, 人脈ネットワークの探索結果を用いて, 人脈探索を支援する手法を提案する. 我々は, 人脈を分散型人脈活用支援システムPeCo-Mediator-IIをすでに構築したが, 探索結果の利用は考慮されていなかった. 探索結果を利用することにより, 協力者, 仲介者などのユーザのタイプ分けを行い, 人脈探索の効率化をはかる. また, 協力可能な人物として準協力者の役割を設けることにより, 新たに協力者を育成し, 同じ協力者への依頼の集中を避ける. さらに, 協力者から得たノウハウを共...
脇田 里子, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育システム情報学会誌   15(4) 270-275   1999年1月   [査読有り]
Elsa Liliana Rodriguez, 緒方 広明, 矢野 米雄
Information Sciences Applications   114(1/4) 281-300   1999年1月   [査読有り]
An Access Mechanism for A Temporal Versioned Object-Oriented Database
Elsa Liliana Rodriguez, 緒方 広明, 矢野 米雄
IEICE Transaction on Information and Systems   E82-D(1) 128-135   1999年1月   [査読有り]
Knowledge Awareness: Bridging Learners in a Collaborative Learning Environment
緒方 広明, 矢野 米雄
International Journal of Edacational Telecommunications   4(2/3) 219-236   1998年6月   [査読有り]
CCML: Exchanging Marked-up Documents in a Networked Writing Classroom
緒方 広明,矢野 米雄,脇田 里子
Computer Assisted Language Learning   11(2) 201-214   1998年2月   [査読有り]
Sharlok: An Open Group Learning Support System Focusing on Awareness
緒方 広明, 矢野 米雄
Systems and Computers in Japan   28(12) 22-32   1997年12月   [査読有り]
矢野 米雄, 緒方 広明, 榊原 理恵, 脇田 里子
教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education   14(3) 21-28   1997年8月   [査読有り]
緒方 広明, 古郡 延子, 金 群, 矢野 米雄
電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-コンピュータ   80(7) 551-560   1997年7月   [査読有り]
本論文では, 通信ネットワークを利用して, 組織内のインフォーマルな人的ネットワーク(人脈)の有効利用を支援することを目的とした分散型人脈活用支援システムPeCo-Mediator-IIについて述べる. PeCo-Mediator-IIは, 名刺交換をもとにした人脈の共有活用を支援するシステムPeCo-Mediatorをネットワーク環境に拡張したものである. PeCo-Mediator-IIは, 電子メールの交換による人脈を個人ごとに蓄積し, ネットワークを介して人脈をたどり, 協力者を探...
緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理   80(4) 874-883   1997年4月   [査読有り]
本論文では, ネットワークを利用した開放型グループ学習支援システムにおいて, 協調学習の誘発を支援する Knowledge Awareness (KA) を提案し, その試作システムであるSharlok (<Shar>_____-ing, L__-inking, and Lo__-oking-for K__-nowledge) について述べる. Sharlokは, ネットワークで結ばれた各学習者が, 知識を蓄積しあい, それに関して討論が行えるオープンな学習環境である. KAは, "知識に...
Collocations in Language Learning: Corpus-based Automatic Compilation of Collocations and Bilingual Collocation Concordancer
北 研二, 緒方 広明
Computer Assisted Language Learning   10(3) 229-238   1997年3月   [査読有り]
緒方 広明, 矢野 米雄, 古郡 延子, 金 群
情報処理学会論文誌   36(6) 1299-1309   1995年6月   [査読有り]
人脈(Personal Connection : PeCo)は,仕事を進める上で他者の協力が必要な場合に役立つ.我々は,グループの各個人が持つ人脈の共有活用により,グループ活動の支援を目的としたシステム"PeCo-Mediator"を構築した.利用者は,共有する人物情報と人脈情報を利用して,問題解決能力をもつ人物を探し,その人物への人脈を辿り,幅広い分野の人物から協力を得ることができる.本論分では,人物探索を支援する柔軟なデータベースの枠組と人脈探索を支援する環境について述べる.柔軟なデー...

Misc

 
Connecting Decentralized Learning Records: A Blockchain-Based Learning Analytics
情報処理学会CLE研究会      2018年3月
Learning what students want to learn
情報処理学会CLE研究会      2018年3月
Version Control for The Continuity of Learning Footprints Across Versions within E-Book Reader
情報処理学会CLE研究会      2018年3月
高等学校におけるラーニングアナリティックスに基づいた授業の試行
山田政寛, 大久保文哉, 谷口雄太, 毛利考佑, 島田敬士, 大井京, 緒方広明, 井上功一, 木實新一
教育システム情報学会第42回全国大会講演予稿集   149-150   2017年8月
Extracting Teaching Activities from E-book Logs Using Time-Series Shapelets
第20回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017)      2017年8月
Behavioral Analysis and Visualization on Learning Logs from the CALL Course
2017年度 人工知能学会全国大会      2017年5月
緒方 広明, 殷 成久, 大井 京, 大久保 文哉, 島田 敬士, 小島 健太郎, 山田 政寛
基幹教育紀要 = Bulletin of kikan education   2 48-60   2016年
Since April 2013, Kyushu University has stated Kikan Education for cultivating "active learners" for first year students.They have to bring their own PC in their classroom and use the educational platform system called M2B system that consists of ...
小島 健太郎, 飯嶋 裕治, 内田 竜也, 緒方 広明, 川島 啓二, 斎藤 新悟, 佐合 紀親, 猿渡 悦子, 田中 岳, 田中 真理, 野瀬 健
基幹教育紀要 = Bulletin of kikan education   2 73-85   2016年
Based on a freshman attitude survey, learning outcomes of KUCAN education seminar are studied. KIKAN education seminar, which is a required subject for the first-year students, has newly started in April 2014 at Kyushu University. Main purpose of ...
ユビキタス学習ログの可視化・分析システム
毛利考佑, 緒方広明
日本教育工学学会第31回全国大会論文集      2016年
電子書籍に基づくシームレスラーニング
清田麻寛, 緒方広明, 毛利考佑
日本教育工学学会第31回全国大会論文集      2016年
ラーニングログ・システムとEPUBを活用した日本語学習者のオノマトペ学習サポート
魚崎 典子, 清田 麻寛, 毛利 考佑, 緒方 広明
日本教育工学学会第32回全国大会論文集      2016年
教育データのオープン化に向けて
末廣 貴, 毛利 考佑, 谷口 雄太, 大久保 文哉, 島田 敬士, 緒方 広明
信学技報 パターン認識・メディア理解(PRMU2016-105)   116(259) 79-84   2016年
廣川 佐千男, 殷 成久, 島田 敬士, 大久保 文哉, 緒方 広明
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(339) 31-35   2014年11月
九州大学では平成25 年4 月から、学生全員のPC 必携化を行っている。これによりe-Learning を含む教育の情報化が進み、教育に関する様々なデータが蓄積されている。本稿では、教育用デジタルコンテンツ配信プラットフォームBookLooper(注1) を利用した半期の講議について、コンテンツ配信・閲覧の利用ログに対してテキストマイニングを適用することで、学習項目や学生や利用ソフトウェアごとの学習活動の特徴と違いを抽出した。
ラーニングログシステムを用いた実践知の共有,活用支援におけるLearning Analyticsの役割:日本語学習と科学コミュニケーションを例として
緒方広明, 毛利考佑, 坊農真弓, 城綾実, 高梨克也, 大崎章弘, 落合裕美, 森田由子
日本教育工学学会第29回全国大会論文集   66-67   2014年9月
坊農 真弓, 緒方 広明, 高梨 克也, 大崎 章弘, 落合 裕美, 森田 由子
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2013(22) 1-6   2013年1月
日本科学未来館 (以下未来館) の科学コミュニケーター (以下 SC) は 「科学に関する知識伝達インタフェース」 のような役割を担っている.来館者は未来館で何を学び,体験するのであろうか.本研究の目的は,未来館の SC と来館者の 「展示物を媒介したインタラクション」 を分析し,さらにその一つ一つのインタラクションを客観的に評価するフレームワークを構築することである.本発表では, 2012 年 10 月から開始した本研究の枠組みを紹介し,会話分析的手法を用いた SC のインタラクション行...
酒田 信親, 石井 裕剛, 緒方 広明
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   16(4)    2011年12月
緒方 広明, 李 萌萌, 侯 斌, 魚崎 典子, 矢野 米雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011(1) "SS-22"-"SS-25"   2011年2月
緒方 広明, 李 萌萌, 侯 斌, 魚崎 典子, 矢野 米雄
情報処理学会研究報告. GN, [グループウェアとネットワークサービス]   2011(6) 1-7   2011年1月
本稿では、日常生活での学習の体験をラーニングログとして蓄積し、他の学習者と共有することで、知識やスキルの獲得を支援する、協調学習の情報基盤について述べる。特に、その場所や時間など学習者の周囲の状況に適した情報を学習者に知らせるための、個人適応の方法について論じる。また、大学の講義で評価を行った結果を示す。
殷 成久, 田畑 義之, 緒方 広明
ドイツ語情報処理研究   27-36   2011年
葉田 善章, 緒方 広明, 矢野 米雄
情報処理学会研究報告. GN, [グループウェアとネットワークサービス]   2010(16) 1-6   2010年1月
本稿では,筆者らが構築を進めているユビキタス学習支援システムの設計について述べる.本システムは,語学学習を対象としており,学生がモバイル端末等で実際の生活のなかで撮影した会話映像を用いた学習を支援する.これまでの教室で行わる授業では限られた時間・場所で行われるため,実際の生活に近いシチュエーションでの会話練習やノンバーバル情報の習得が困難である.そこで,本システムではモバイル端末等で撮影された日常生活での会話映像を,アノテーションを入れることで学習のためのフィードバックを実現する.このこと...
田畑 義之, 殷 成久, 緒方 広明
ドイツ語情報処理研究   15-22   2010年
田畑 義之, 殷 成久, 緒方 広明
言語科学   44 75-81   2009年3月
三角 徹, 松家 好希, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   108(470) 205-210   2009年2月
近年,YouTubeなど動画共有サイトにおいて,料理や工作などの日常の経験に関する映像がたくさんあげられるようになった.我々は,この日常の経験や体験の映像に注目し,その映像と周囲のオブジェクトをリンクすることによって,学習経験を共有,再利用することをサポートするLORAMSの開発を行ってきた.ここでいう映像とは,授業だけでなく日常の経験をも含んでいる.本稿ではこれまでの評価結果についてまとめる.
井上 智雄, 緒方 広明
情報処理学会論文誌   50(1)    2009年1月
田畑 義之, 殷 成久, 緒方 広明
情報教育研究集会講演論文集   2009 141-144   2009年
緒方 広明, 矢野 米雄
人工知能学会誌   23(2) 213-220   2008年3月
緒方 広明, 和田 誠, 上田 崇仁, 大石 寧子, 矢野 米雄
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(2) 220-228   2008年2月
本論文では,留学生を対象にした日本語学習を支援するプラットホームとして,モバイル日本語学習支援システム(LOCH: Language-learning Outside Classrooms with Handhelds)を提案する.具体的には,LOCHは,留学生がPDA, GPS, PHSカードを用いて,教室を出て,授業で習得した日本語を用いて日本人を相手に様々な会話をして街を探索する「まちたんツアー」という学習活動を支援する.また,その後も,その際に蓄積したコンテンツを共有・再利用し,日...
緒方 広明, 赤松 亮, 矢野 米雄
情報管理   51(5) 345-356   2008年
本論文では,ユビキタスコンピューティング環境において,RFIDタグを用いて情報提供の方法を柔軟に設定できる情報基盤システムを提案する。具体的には,周囲のモノにRFIDタグをつけ,そのタグをPDAに搭載されたRFIDリーダにより読み取ることをきっかけとし,さまざまな情報提供を行うためにWebブラウザを通じてECAルールを定義する。これにより,RFIDタグを用いたプログラムを開発する専門知識があまりないユーザでもRFIDタグを用いた情報提供が行えるというものである。本論文では,これらのシステム...
田畑 義之, 殷 成久, 緒方 広明
情報教育研究集会講演論文集   2008 407-410   2008年
金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄
工学・工業教育研究講演会講演論文集   19 684-685   2007年8月
池田 建司, 毛利 公美, 最上 義夫, 得重 仁, 辻 明典, 緒方 広明
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   46(1) 31-36   2007年1月
緒方 広明, 近藤 智央, 殷 成久
教育システム情報学会誌   24(4) 333-342   2007年
金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄
工学・工業教育研究講演会講演論文集   18 462-463   2006年7月
光原 弘幸, 金西 計英, 松浦 健二, 能瀬 高明, 森川 富昭, 三好 康夫, 緒方 広明, 矢野 米雄
鳴門教育大学情報教育ジャーナル   3 47-54   2006年3月
徳島大学におけるe-Learningは授業中心に展開され,学習を総合的に支援するものである。現在,(1)e-Learningで単位を認定する,(2)様々な学生が利用できる,(3)授業ビデオ教材をオンデマンド配信するといった方向性をもち,独自開発のWBT型e-Learningシステムで運用・実践されている。実践を通じて,e-Learningは対面授業に劣らない学習効果をもたらしていると判断できるデータを得た。
光原 弘幸, 能瀬 高明, 三好 康夫, 緒方 広明, 矢野 米雄, 松浦 健二, 金西 計英, 森川 富昭
日本教育工学会論文誌   29(3) 425-434   2006年2月
徳島大学におけるe-Learningは授業中心に展開され,学習を総合的に支援するものである.現在,(1)e-Learningで単位を認定する,(2)様々な学生が利用できる,(3)授業ビデオ教材をオンデマンド配信するといった方向性をもち,独自開発のWBT型e-Learningシステムで運用・実践されている.実践を通じて,e-Learningは対面授業に劣らない学習効果をもたらしていると判断できるデータを得た.
緒方 広明
教育システム情報学会誌   23(2) 104-106   2006年
山根 直之, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄
情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術]   2005(101) 67-72   2005年10月
学会・全国大会などの大規模なイベントでは膨大な量のコンテンツが同時に進行するために, スケジュール全体を把握することは困難である. このようなことからイベント空間への情報支援の需要は高まってきている. そこで, 我々はイベントの運営・管理の効率化と参加者への動的な情報提示サービスを目指し, 「学会・大会支援システム」を提案・運用する. 本システムによってリアルタイムにイベントの動向を知ることができる.
矢野 米雄, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 金西 計英, 松浦 健二
工学・工業教育研究講演会講演論文集   17 416-417   2005年9月
赤松 亮, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   104(703) 165-170   2005年2月
近年, 携帯端末の小型化や通信機器の普及・発展により, 実世界のモノや人の活動をきっかけにして, コンピュータ情報を操作しようという, 実世界指向インタフェースのアプローチが多く行われ, ユビキタスコンピューティング(Ubiquitous Computing)環境が非常に注目されている. またこの分野では, 無電源・非接触で動作するRFID(Radio Frequency IDentification)タグを人やモノに貼り付けて, コンピュータ情報と連携させる試みが行われている. そこで本...
緒方広明
教育システム情報学会誌   22(3) 152-160   2005年
緒方 広明, 矢野 米雄
情報処理学会論文誌   45(10) 2354-2363   2004年10月
本論文では,ユビキタスコンピューティング環境において,学習者個人個人にあった形RTRPL(right time and right place learning)で,適応的に日常的な学びを支援するユビキタスラーニング環境を提案する.特に言語学習は,辞書やテキストを用いた学習だけでなく,日常生活で獲得される部分も大きいと考えられており,本論文では言語学習を対象としたユビキタス学習環境CLUEを提案する.具体的には,CLUEは3つのサブシステムからなる.1つ目は,学習者が日常生活の経験で得た知...
金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄
日本教育工学会大会講演論文集   20 145-148   2004年9月
緒方 広明, 矢野 米雄
日本教育工学会大会講演論文集   20 217-220   2004年9月
三木 雅史, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄
日本教育工学会大会講演論文集   20 939-940   2004年9月
赤松 亮, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   103(697) 29-34   2004年2月
近年,携帯端末の小型化や通信機器の普及・発展により,ユビキタスコンピューティング環境が注目されている.そこで,我々は,そのような環境において,学習者個人個人にあった形で,適応的に日常的な学びを支援する学習環境の研究を行っている.特に言語学習は,辞書やテキストを用いた学習だけでなく,日常生活で獲得される部分も大きいため,本研究ではユビキタス言語学習支援環境を構築している.そこで,モノや場所の識別や管理に用いられている,RFIDタグを用いて学習支援を行うことを提案する.RFIDタグをモノに貼る...
堀川 祐介, 牛田 貴之, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   103(697) 227-232   2004年2月
近年の携帯端末の普及・発展により,それらは我々にとって身近になった.それにともない学習者はいつでもどこでもインターネットにアクセスできるようになり,インターネットと携帯端末による,新たな学習の形態も現れはじめている.しかし,現状は個人学習に携帯端末を用いることにしか使われておらず,他の学習者と協調的に学習を進める,という形態は取られていない.そこで我々は,他の学習者と協力して学習を進めるためのワイヤレス・モバイル端末を用いたユビキタス協調学習環境を提案する.
緒方広明
日本教育工学会第20回全国大会, 2004      2004年
緒方 広明, 濱口 裕幸, 赤松 亮, 矢野 米雄
情報処理学会研究報告. GN, [グループウェアとネットワークサービス]   2003(106) 79-84   2003年10月
近年の携帯端末の小型化や通信機器の普及・発展により,ユビキタスコンピューティング環境が現実のものになりつつある.そこで我々は,そのような環境において,学習者個人個人にあった形で,適応的に日常的な学びを支援する学習環境の研究を行っている.つまり,本研究では,ATAPL(Any Time Any Place Learning)だけでなく,適切な時間に適切な場所で適切な情報を提供するRTRPL(Right Time Right Place Learning)を目指す.特に言語学習は,辞書やテキス...
坂口 卓也, 小東 伸行, 松浦 健二, 越智 洋司, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   102(697) 37-42   2003年2月
近年,コンピュータネットワークを利用した高度な遠隔講義支援が注目されている.実際に,いくつかの教育機関では,様々な形の遠隔教育が試みられている.その遠隔講義支援システムの一環として,我々は非同期参加型仮想教室環境AVC3を開発してきた.しかし,非同期環境下での学習は学習者間インタラクションの頻度も低下し,協調的な学習効果も比較的減退する.そこで,現実の環境にある同期・半同期の概念を取り入れた同期状態混在環境によって,より実用的な協調学習環境を実現する.本稿では,我々の目指す同期状態混在環境...
牛田 貴之, 折田 憲治, 松本 達也, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   102(697) 43-48   2003年2月
近年の携帯端末の普及・発展により,それらは我々にとって身近になった.それにともない学習者はいつでもどこでもインターネットにアクセスできるようになり,インターネットと携帯端末による,新たな学習の形態も現れはじめている.しかし,現状は個人学習に携帯端末を用いることにしか使われておらず,他の学習者と協調的に学習を進める,という形態は取られていない.そこで我々は,他の学習者と協力して学習を進めるためのワイヤレス・モバイル端末を用いたユビキタス協調学習環境を提案する.
緒方広明
教育システム情報学会第8回若手研究者フォーラム, 2003      2003年
緒方 広明, 矢野 米雄, 松浦 健
人工知能学会誌   17(6) 672-678   2002年11月
松本 達也, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   101(706) 151-156   2002年3月
近年のインターネットの普及により,外国人の日本語学習者が増加している.しかし,教師にとって電子文書は紙面上の添削と比べて添削しづらく,学習者にとっては添削結果が分かりにくいという問題点がある.そこで我々は,紙面上での添削作業と同様の環境をコンピュータ上で実現することを目的としたネットワーク型添削支援システムCoCoAを構築している.本稿では,CoCoAの添削文章を解析して得られる誤り事例を添削に利用し,添削における誤り検出と誤りに対応する訂正候補の添削者への提示を行う誤り訂正支援機構につい...
池田 和豊, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   101(706) 181-186   2002年3月
近年の情報通信技術の普及は,ネットワークを媒介としたサイバースペース内の出会いを促進し,多様なコミュニティの形成に貢献している.ネットワーク上でコミュニティに参加することにより,その中で様々な情報交換や知識交換が行われ,しばしば,ユーザにとって学びの場となる.そこで我々はWeb上の情報を個人とそのコミュニティに関連付け,各個人間でどのような繋がりや情報交換などがあるかという情報を探索し,ユーザが把握することを支援する社会的ネットワーク探索システムを提案する.
川口 博之, 越智 洋司, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育システム情報学会研究報告   2001(3) 57-62   2001年11月
矢野 謙典, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   100(682) 179-186   2001年3月
近年, 高度遠隔講義支援に関する研究やサイバースペース上での仮想教室の実現が注目を集めている. 我々は, "いつでも", "どこでも", "だれでも"参加できる講義・教室型の非同期仮想教室(AVC: Asynchronous Virtual Classroom)の提案を行ってきた. AVCは, ビデオ映像を中心としたマルチメディア教材と非同期コミュニケーション支援環境を併せ持つ. その特徴として, 非同期的に参加する他学習者・講師等をモデル化し, 凝人化エージェントとして学習空間に配置・行...
清水 直也, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
日本教育工学会大会講演論文集   16(1) 327-330   2000年10月
高木 秀典, 葉田 善章, 緒方 広明, 矢野 米雄
日本教育工学会大会講演論文集   16(1) 539-542   2000年10月
清水 直也, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育工学関連学協会連合全国大会講演論文集   6(1) 327-330   2000年10月
高木 秀典, 葉田 善章, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育工学関連学協会連合全国大会講演論文集   6(1) 539-542   2000年10月
川口 博之, 越智 洋司, 緒方 広明
知的教育システム研究会   30 13-18   2000年9月
森 隆志, 越智 洋司, 劉 玉琴, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育システム情報学会研究報告   1999(2) 36-41   1999年11月
今井 健二, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育システム情報学会研究報告   1999(2) 42-49   1999年11月
松浦 健二, 緒方 広明, 清水 直也, 矢野 米雄
全国大会講演論文集   24 37-38   1999年8月
高木 秀典, 馮 誠, 葉田 善章, 緒方 広明, 矢野 米雄
全国大会講演論文集   24 39-42   1999年8月
緒方 広明, 松浦 健二, 矢野 米雄
全国大会講演論文集   24 415-416   1999年8月
緒方 広明
教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education   16(2)    1999年7月
葉田 善章, 一宮 浩教, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   98(643) 95-102   1999年3月
CoCoAは電子メールを用いて文章を交換し, 文章の添削作業を支援するシステムである. 添削作業は執筆者と添削者が同一文章を改善していく作業であり, 複数の人が関与する. そこで, 添削過程の管理を支援するバージョン管理機構をCoCoA上に構築している. マージでは, 添削者の異なる文章を1つのバージョンにまとめるため, 機械的に行うと添削者の意図を無視した文章となる可能性がある. そこで添削記号に対し, その添削記号を一意に適用できるかを表した確信度を求め, それを元にした半自動マージ手...
今井 健二, 高橋 由起子, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   98(643) 111-118   1999年3月
我々は, WWW上に複数の学習者が知識を蓄積・探索する開放型グループ学習支援システムSharlokIIを構築している. SharlokIIでは, 学習者間で知識に対し討論を行い, 共有知識を洗練化できる. このような環境において, 学習者間の討論の仲介を行うMediator Agentを提案する. Mediator Agentは, 他の学習者の個人情報(行動履歴等)を利用して, 討論要求者と同じ興味を持っている学習者を討論相手として推薦する. 本稿では, SharlokIIにおける, Me...
高橋 由起子, 今井 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育システム情報学会研究報告   1998(3) 38-45   1998年11月
一宮 浩教, 葉田 善章, 緒方 広明, 矢野 米雄
教育システム情報学会研究報告   1998(3) 46-53   1998年11月
緒方 広明, 今井 健二, 高橋 由起子, 矢野 米雄
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   98(58) 249-256   1998年7月
我々は, 既に, 開放型グループ学習支援システムにおいて, 学習者間の討論の誘発を目的としたKnowledge Awareness(KA)という概念を提案した.このKA情報は, メッセージとして学習者に提示されるため, 自分が着目している知識と他者が着目している知識との関連性が分かりにくい, という問題点があった.そこで, 本稿では, 着目している知識の差異, 時間の差異を視覚化してKAを提示するKnowledge Awareness Mapを提案する.我々は, 開放型グループ学習支援シス...
緒方 広明
教育システム情報学会誌 = Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education   15(2) 102-104   1998年7月
金 群, 緒方 広明, 矢野 米雄
全国大会講演論文集   55(3) 298-299   1997年9月
通信技術のめざましい発展に伴い, 近年, インターネットを介した仮想コミュニティ, 仮想オフィス, 仮想クラスルームが次々と現われ, このような仮想空間に入り込んで, 仕事したり, 学習したりすることは単なる夢ではなく, 現実のものとなりつつある。MOO (Multi user dimension Object-Oriented)と呼ばれるマルチユーザシミュレーション環境が, こうした仮想空間を容易に実現できるシステムとして注目を集めている。我々はMOOをベースにした協調学習環境の構築を行...
松熊 倫子, 高橋 由起子, 三宮 毅, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   96(578) 1-8   1997年3月
我々は,各学習者の知識を共有し,その知識についての討論により協調学習が行える開放型グループ学習支援システムSharlok(Sharing, Linking, and Looking-up Knowledge)について研究を行なっている.本稿では,討論不参加者の討論への参加支援機構CorDis(Concurrent Discussion Participating Support)について述べる.CorDisは,Sharlokにおいて,討論不参加者に,コンカレントな討論への参加を促進する機構...
緒方 広明, 三宮 毅, 矢野 米雄
情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア]   96(61) 17-24   1996年7月
本稿では, 複数の学習者が知識を蓄積・探索する開放型グループ学習支援システムSharlok(SHARing, Linking and lOoking-up Knowledge)の評価について述べる. Sharlokは, 学習者が提供した知識について討論することによって, 学習を行う"learner-centered" な学習環境である. 我々は, このような環境において討論を誘発するAwarenessという概念に着目し, Knowledge Awareness (KA)を提案した. KAは...
緒方 広明, 三宮 毅, 矢野 米雄
ヒュ-マンインタフェ-スデザイン研究会   14-19   1996年7月
相曽 友宏, 郷司 敦史, 緒方 広明, 金 群, 矢野 米雄, 古郡 延子
電子情報通信学会技術研究報告. OFS, オフィスシステム   96(71) 31-36   1996年5月
近年のインターネットの普及により, 様々な専門分野の知識を持った人達の潜在的な知識ネットワークが形成されている. 我々は, 知識ネットワークとして人脈を活用し, 問題解決に役立てるためのシステムについて研究を行っている. 人脈を個々の知識を結びつけるネットワークと捉えることにより, 各個人が持つ知識を統合して, より大きな成果を得ることが期待できる. 本稿では, 各個人ごとに人脈の蓄積を行うデータベースPeCo-Collectorと, 人脈を辿り, 協力者を探索するソフトウェアエージェント...
川崎 桂司, 越智 洋司, アヤラ ヘラルド, 緒方 広明, 金 群, 矢野 米雄, 林 敏浩, 野村 千惠子, 河野 南代子
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   95(604) 33-40   1996年3月
本稿では状況.発音.意味.使い方.感覚等に着目した擬態語・擬音語辞書システムJAMIOSについて述べる.日本人は擬態語や擬音語を頻繁に用いる傾向がある.しかしこれらの語は,日本語独特の表現であり感覚的な語なので,日本語を学習する外国人にとって理解が困難である.そこでJAMIOSは,(1)使用する状況をマルチメディア情報を用いて提示し,その状況や発音形態を変化させることで検索が進められる,(2)擬態語・擬音語の特徴に沿った様々な知識や関連語を検索できる,(3)例文を利用して日本語中での使い方...
村田 利恵, 越智 洋司, アヤラ ヘラルド, 緒方 広明, 金 群, 矢野 米雄, 林 敏浩, 野村 千惠子, 河野 南代子
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   95(604) 41-48   1996年3月
日本語に慣れてきた外国人は,待遇表現の難しさに直面する。例えば日本人と外国人の対人関係の捉え方の違いにより,意思伝達における誤解を生む場合がある.これは待遇表現が,状況や対人関係によって複雑に変化するため,事例的に学習しただけでは対応しきれないことが原因である.我々は外国人が待遇表現を使用したときの問題点が特に,(1)相手が日本でどの対人関係に当たるかわからない.(2)対人関係と状況に適した待遇表現がわからないことにあると考える.本稿ではこれらを考慮した待遇表現学習支援システムの概要につい...
三宮 毅, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   95(604) 109-116   1996年3月
複数の学習者が知識を蓄積・探索する開放型グループ学習支援システム Sharlok を構築した. Sharlok では,各学習者が知識に関して討論でき,また討論結果を共有データベースにフィードバックできる.これにより学習者の知識と共有データベースは洗練化され成長する.このような環境において討論を誘発する Awareness という概念に着目し, Knowledge Awareness を採用する. Knowledge Awareness は,共有データベースにおける学習者の行動履歴を利用して...
緒方 広明, 森川 富昭, 矢野 米雄, 古郡 延子, 金 群
情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア]   93(95) 29-36   1993年10月
幅広い分野で,かつ多くの人脈を積極的に活用することにより,新しいプロジェクトが生まれたり,商談,企画などのグループ活動が成功したり効率が向上する場合が多い.そこで,本システムはグループ情報源である各個人が所有する人脈をグループで共有活用することを目的とする.本稿では,人脈のように動的で非定型,かつ個人的な情報を共有活用する環境である個人情報共有活用環境について述べる.この環境は,個人レベルでは,データベース,ユーザインタフェイス,検索法において利用者の自由度を高めることにより,個人的で非定...
緒方 広明, 森川 富昭, 林 敏浩, 矢野 米雄, 土定 正明, 古郡 延子, 金 群
情報処理学会研究報告. [グループウェア]   93(56) 57-64   1993年6月
グループの情報源は各個人である.分散オフィス化に伴い,各個人の情報を共有し,それを各分散オフィスで活用できる環境が必要となる.そこで我々は,各個人が人と人との出合によって生じた人脈という情報に着目し,それをグループで共有・活用することを目的とするシステムの構築を行う.これにより,グループ活動の生産性が上がり,組織力が向上すると考えられる.各個人の人脈をグループで活用する場合,各個人が人脈を評価する必要がある.そこで我々は人脈の定量化とその視覚化を行った.本報告では,人脈の考察,人脈の定量化...
緒方 広明, 林 敏浩, 矢野 米雄, 古郡 延子, 土定 正明
全国大会講演論文集   45(2) 163-164   1992年9月
一般のデータベースシステムでは,システム設計者と一般利用者が異なる場合が多い.この場合利用者はデータベースのデータの分布状態を完全に把握するのは難しい.よって利用者は試行錯誤に検索を行なう.つまり利用者は思い付いた検索条件から検索を開始し,利用者の意図する検索結果が得られない場合(検索失敗)は1段階前の検索状態に戻り,検索条件を変更して再び検索を実行するという方法をとる.我身は既にTRIASを用いて,AND,OR検索を基本としたこのような検索を実現している.ここで試行錯誤による検索の検索効...

書籍等出版物

 
Smart Sensors at the IoT Frontier
Springer   2018年   
Supporting Seamless Learning Using Ubiquitous Learning Log System
Springer   2015年9月   
Hoppe Heinrich Ulrich, 緒方 広明, Soller A. (Amy)
Springer   2007年6月   ISBN:9780387711355

講演・口頭発表等

 
ラーニングアナリティクスを実践するには? [招待有り]
緒方 広明
教育システム情報学会ラーニングアナリティクス研究部会シンポジウム、 教育システム情報学会シンポジウム   2018年3月21日   
教育・学習データの利活用による大学教育の未来像 [招待有り]
緒方 広明
大学教育研究フォーラム   2018年3月20日   
Strategies for Introducing Learning Analytics in Classrooms: Top-down, bottom-up and more approaches [招待有り]
緒方 広明
International Symposium on Learning Analytics And Adaptive Aids for Active Adults At All Ages (LA9)   2018年3月15日   
ラーニングアナリティクスの活用による大学教育の未来像 [招待有り]
緒方 広明
名古屋大学高等教育研究センターセミナー   2018年2月22日   
ラーニングアナリティクスの活用による大学教育の未来像 [招待有り]
緒方 広明
大学生協新たな教育学修支援研究会   2018年1月24日   
ラーニングアナリティクスの研究動向と期待 [招待有り]
緒方 広明
国公立大学情報システム研究会   2018年1月22日   
ラーニングアナリティクスの研究動向 [招待有り]
緒方 広明
CIOフォーラム   2017年12月15日   
教育データの分析に基づく学習支援・教育改善 [招待有り]
緒方 広明
第15回 SDフォーラム AI時代の大学職員   2017年10月22日   
大学教育とラーニングアナリティクス基盤 [招待有り]
緒方 広明
FIT2017   2017年9月13日   
Learning Analytics in Higher Education for the Improvement of Teaching and Learning [招待有り]
緒方 広明
LASI-Asia 2017   2017年8月26日   
ラーニングアナリティクスによる教育改革 [招待有り]
緒方 広明
メディア教育シンポジウム   2017年7月22日   
ラーニングアナリティクスによる教育改善 [招待有り]
緒方 広明
NEW EDUCATION EXPO 2017   2017年6月16日   
ラーニングアナリティクスによる教育改善 [招待有り]
緒方 広明
NEW EDUCATION EXPO 2017   2017年6月1日   
教育データ分析の現状と課題 [招待有り]
緒方 広明
法政大学情報メディア教育研究センターシンポジウム 2017   2017年3月1日   
大学におけるラーニングアナリティクスの現状と課題 [招待有り]
緒方 広明
第3回実践的IT教育シンポジウムrePiT2017 in 大阪   2017年1月26日   
九州大学における教育ビッグデータの分析 [招待有り]
緒方 広明
四国におけるe-Knowledgeを基盤とした大学間連携による大学教育の共同実施事業「事業シンポジウム2016」   2017年1月23日   
九州大学におけるLAの取り組み [招待有り]
緒方 広明
第3回九州大学基幹教育シンポジウム   2016年11月23日   
九州大学教育ビッグデータプロジェクト~ラーニングアナリティクス(LA)の活用~ [招待有り]
緒方 広明
JEPAセミナー   2016年11月22日   
Mobile Learning Analytics in the University Education [招待有り]
緒方 広明
Education University of Hong Kong   2016年11月11日   
Research on Effective Practice on Mobile Learning [招待有り]
緒方 広明
Open University of Hong Kong   2016年11月10日   
AWS を用いたラーニングアナリティクスの未来 [招待有り]
緒方 広明
AWS Cloud Roadshow 2016   2016年10月7日   
多様なメディアを高度に利用する授業形態の高度化 [招待有り]
緒方 広明
2016PCカンファレンス   2016年8月10日   
教育データ科学による教育改革 [招待有り]
緒方 広明
富士通第8回情報戦略フォーラム   2016年8月9日   
九州大学におけるラーニングアナリティクスの取り組み [招待有り]
緒方 広明
国立情報学研究所(NII)学術情報基盤オープンフォーラム2016   2016年5月26日   
デジタル教科書の活用と教育ビッグデータへの取組み~基幹教育院から全学での活用へ~ [招待有り]
緒方 広明
第7回教育ITソリューションEXPO   2016年5月19日   
協調学習とアウェアネス [招待有り]
緒方 広明
CSCL研究会   2001年8月   

競争的資金等の研究課題

 
教育ビッグデータを用いた教育・学習支援のためのクラウド情報基盤の研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2016年5月 - 2021年3月    代表者: 緒方 広明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 緒方 広明
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 緒方 広明
我々は、実世界アバタ(遠隔操作可能な自作ロボット)を教室に用いて、遠隔講義を支援するシステムを開発した。これによって、遠隔で講義を受講中の学習者の行動(例えば、挙手やうなずきなど)を、教師が把握することができる。また、複数の学習者が1つの実世界アバタを共有するシステムや、身振り手振りといった身体運動を用いて、アバタを操作するシステムなどを開発した。最後に評価実験を行い、システムの有用性を確かめた。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 殷 成久
本研究は日常的な学びを支援する「SNSを用いた知識アウェアネスユビキタス協調学習環境」をデザインし、実際に外国語学習を支援するためのシステムを開発した。本システムを利用して、質問者は直接的な面識の有無に関わらずSNSのメンバーであれば誰からでも回答を貰え、問題を解決することができる。また本研究を行うことで、適切な回答者を探す方法や回答の依頼ルートを推薦する方法が分かった。更に依頼する際の特徴的なパターンをいくつか見つけた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 田村 恭久
協調学習(CSCL)発言の自動参照支援を目的とし、自然言語処理および人手による参照情報付加を行うシステムを開発した。まず、単文中のSVO情報(主語-述語-目的語)を付加する機能を実現した。既存の自然言語処理結果を補完するため、発言者にSVO情報を提示し、それを修正するインタフェースを開発した。次に、複数文の意味関係を顕在化させるため、修辞構造理論に基づいた文間関係候補を提示し、発言者が修正する機能を開発した。

特許

 
特願2017-042856 : 情報表示装置、学習管理システム、情報表示方法及び情報表示プログラム
島田敬士、毛利孝佑、清田麻光、緒方広明
特願62/212,608 : METHOD FOR ARRANGING SUMMARY SLIDE SET
島田 敬士、緒方 広明
特願2016-83102 : スライド要約装置,スライド選択方法及びプログラム
島田 敬士、緒方 広明