長尾 悟

J-GLOBALへ         更新日: 07/03/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
長尾 悟
 
ナガオ サトル
所属
東洋学園大学
部署
人文学部 国際コミュニケーション学科
職名
教授
学位
行政学修士(国際基督教大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1979年
 - 
1981年
国際基督教大学社会科学研究所 非常勤助手
 
1980年
 - 
1985年
現代文化研究所(トヨタ自動車株式会社) 非常勤研究員
 
1985年
 - 
1989年
国際大学 助手 (日米関係研究所 研究員)
 
1989年
 - 
1991年
国際大学 専任講師 (日米関係研究所 研究員)
 
1991年
 - 
1994年
国際大学 助教授 (日米関係研究所 主任研究員)
 

学歴

 
 
 - 
1985年
国際基督教大学 行政学研究科 国際関係論
 
 
 - 
1977年
上智大学 文学部 新聞学科
 

Misc

 
日本経済外交の変容
国際政治   (93) 82-97   1990年
ウルグアイ・ラウンド農業交渉とEC
国際政治   (106) 105-121   1994年
補完性の原理とEU政策決定
日本EC学会年報   (14) 15-36   1994年
アメリカの貿易政策とアジア
アメリカ研究   (30) 39-56   1996年
国際政治学における政策決定アプローチの現状と課題-日本の外交政策決定研究に関する-試案-
公共政策研究   1,77-93    2001年

書籍等出版物

 
国家と地域、国家と超国家地域共同との間の権限の分配及び補完性-集中と分散-
地域化時代における地域の役割((財)かながわ学術研究交流財団)   1996年   
地域間の連合体の実情
地球化時代における地域の役割((財)かながわ学術研究交流財団)   1996年   
国際関係学講義(共著)
有斐閣   1996年   
国際政治経済学・入門(共著)
有斐閣   1996年   
国際経済秩序と自治体外交の役割
民際外交の研究   1997年   

Works

 
21世紀の日米関係における歴史認識の影響
2000年 - 2004年
EUの発展とアジア・太平洋
2000年 - 2002年
21世紀新時代の日米欧関係
1999年 - 2000年
APECと、関連する諸アクター
1998年 - 1999年
欧州連合(EU)の軌跡
1997年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
大統領補佐官制度の研究
その他の研究制度
研究期間: 1989年   
欧州連合(EU)の研究
その他の研究制度
研究期間: 2005年   
グローバリズムとリージョナリズム
その他の研究制度
研究期間: 1995年   
FTA/EPAの研究
その他の研究制度
研究期間: 2005年