TODA Seinosuke

J-GLOBAL         Last updated: Sep 3, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
TODA Seinosuke
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of Information Science
Job title
Professor
Research funding number
90172163

Research Areas

 

Education

 
 
 - 
1984
Department of Computer Science, Graduate School, Division of Electro Communications, The University of Electro-Communications
 

Awards & Honors

 
2003
電子情報通信学会論文賞
 
2003
船井財団・情報科学振興賞(グループ受賞)
 
1998
日本IBM科学賞
 
1998
ACM-SIGACT/EATCS ゲ-デル賞
 

Published Papers

 
PP is as hard as the polynomial-time hierarchy
SIAM Journal on Computing   20(5) 865-877   1991
Σ2SPACE(n) is closed under complement
Journal of Computer and System Sciences   35(2) 145-152   1987
Classes of arithmetic circuits capturing the complexity of computing the determinant
Transactions of the IEICE   E75-D(1) 116-124   1992
Simple characterizations of P(#P) and complete problems
Journal of Computer and System Sciences   49(1) 1-17   1994
Computing Automorphism Groups of Chordal Graphs Whose Simplicial Components Are of Small Size
Seinosuke Toda
IEICE Transactions on Information Systems   89-D(8) 2388-2401   Aug 2006   [Refereed]

Books etc

 
21世紀の学問的方法論
戸田誠之助
日本大学文理学部(冨山房インターナショナル)   Apr 2013   ISBN:978-4-905194-51-4
情報科学の基礎理論分野の中核をなしている計算量理論(計算複雑さの理論)が現在のような研究方法を獲得した経緯を,計算複雑さの概念が研究課題として意識され始めた1960年前後から現在の研究方法論がほぼ完全に確立されたと思われる1970年代末までの研究活動を紐解きながら解説する。
グラフ同型性判定問題
戸田誠之助
日本大学文理学部(冨山房)   Nov 2001   ISBN:4-572-99998-8
グラフ同型性判定問題の計算複雑さについて包括的に解説するとともに,著者自身による研究成果も解説している。
情報科学のための論理分析テクニック
戸田誠之助
培風館   Jun 2007   
計算の理論
笠井琢美,戸田誠之助 (Part:Joint Work)
共立出版   Jun 1993   ISBN:4-320-02654-3
計算理論ならびに計算量理論について学部3年次学生を対象に解説する。本書は,特に,並列計算の計算量クラス,確率的計算の計算量クラス,近似的計算の計算量クラスの基礎事項を解説している。

Association Memberships