熊谷 紫麻見

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:45
 
アバター
研究者氏名
熊谷 紫麻見
 
クマガイ シオミ
eメール
kumagaiphys.cst.nihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
理工学部物理学科
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号
20271520

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
1994年4月
 - 
1995年3月
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東京大学 理学部 天文学科
 
 
 - 
1992年
東京大学 大学院 理学系研究科 天文学
 

論文

 
Coronagraph experiment on dark-hole control by speckle area nulling method
M. Oya, J. Nishikawa, M. Horie, K. Sato, N. Murakami, T. Kotani, S. Kumagai, M. Tamura, Y. Tanaka, T. Kurokawa
Optical Review   22(5) 736-740   2015年   [査読有り]
A coronagraph system with unbalanced nulling interferometer: progress of optics and control method
J. Nishikawa, M. Oya, M. Horie, K. Sato, M. Fukase, N. Murakami, T. Kotani, S. Kumagai, M. Tamura, Y. Tanaka, T. Kurokawa
Proceedings of the SPIE   9143    2014年   [査読有り]
Unified 1-D Simulations of Gamma-Ray Line Emission from Type Ia Supernovae
P. A. Milne, A. L. Hungerford, C. L. Fryer, T. M. Evans, T. J. Urbatsch, S. E. Boggs, J. Isern, E. Bravo, A. Hirschmann, S. Kumagai, P. A. Pinto, L. -S. The
Astrophysical Journal   613 1101   2004年
Gamma-ray Signatures of Supernovae and Hypenovae
AIP Conference Proceedings   (587(1)) 487-497   2002年
Contribution of Supernova Gamma-Rays to the Gamma-Ray Background Emission
Publications of the Astronomical Society of Japan   (53) 669-674   2001年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
'High Energy Emission from Supernovae and Supernova Remnants, International Workshop Astronomy with Radioactivity'
Max-Planck Institute fur Extraterrestrische   1999年9月29日