福田 昇

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 03:38
 
アバター
研究者氏名
福田 昇
 
フクダ ノボル
eメール
fukuda.noborunihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
総合科学研究所
職名
教授(研究所)
学位
博士(医学)(日本大学)
その他の所属
日本大学
科研費研究者番号
40267050

研究分野

 

経歴

 
1991年7月
 - 
1992年1月
Clinical Research Institute of Montreal 研究員
 
1992年2月
 - 
1993年10月
モントリオール大学 附属研究所 研究員
 
1994年6月
 - 
2003年2月
日本大学医学部 内科学講座内科2部門 助手
 
1999年11月
   
 
中国福建医科大学 客員教授
 
2003年2月
 - 
2005年3月
日本大学医学部 内科学講座腎臓内分泌内科部門 専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1981年
日本大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1999年
   
 
日本内分泌学会  代議員
 
2007年4月
   
 
日本腎臓学会  評議員
 
2002年
   
 
日本心脈管作動性物質学会  編集委員
 
2002年
   
 
日本循環器学会  代表委員
 
2000年
   
 
日本動脈硬化学会  評議員
 

受賞

 
2005年11月
第6回バイオビジネスコンペJAPAN奨励賞
 
2000年
日本心血管内分泌学会会長奨励賞
 
2000年
SHR学会大賞
 
2000年
地域医学研究基金財団 研究優秀賞
 
1999年
地域医学研究基金財団 研究奨励賞
 

論文

 
Negishi E, Fukuda N, Otsuki T, Katakawa M, Komatsu K, Chen L, Tanaka S, Kobayashi H, Hatanaka Y, Ueno T, Endo M, Mashimo T, Nishiyama A, Abe M
Am J Physiol Renal Physiol   315 F1747-F1758   2018年9月   [査読有り]
Tanaka S, Ueno T, Tsunemi A, Nakamura Y, Kobayashi H, Hatanaka Y, Haketa A, Fukuda N, Soma M, Abe M
Intern Med   in press    2018年9月   [査読有り]
Higuchi T, Moriyama M, Fukushima A, Matsumura H, Matsuoka S, Kanda T, Sugitani M, Tsunemi A, Ueno T, Fukuda N.
Oncotarget   9(40) 26183-26194   2018年5月   [査読有り]
NRP1 knockdown promotes the migration and invasion of human neuroblastoma-derived SK-N-AS cells
via the activation of β1 integrin expression.
Ishizuka Y, Koshinaga I, Hirano T, Nagasaki-Maeoka E, Watanabe Y, Hoshi R, Yoshizawa S, Sugito K, Kawashima H, Uekusa S, Fukuda N, Soma M, Fujiwara K.
International Journal Oncology   53 159-166.   2018年4月   [査読有り]
Marked alteration of glycemic profile surrounding lanreotide administration in acromegaly: a case report.
Tanaka S, Haketa A, Yamamuro S, Suzuki T, Kobayashi H, Hatanaka Y, Ueno T, Fukuda N, Abe M, Yoshino A, Soma M.
J Diabetes Investig   9 223-225   2018年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Moderate Low Temperature Preserves the Stemness of Neural Stem Cells (Methods).
SaitoK, Fukuda N, Hayashi N. (担当:共著, 範囲:137-145)
Stem Cells and Cancer Stem Cells   2013年3月   
Pyrrole-Imidazole Polyamides for Gene Therapy: Bioanalytical Methods and Pharmacokinetics
Tomonori Kamei, Takahiko Aoyama, Takahiro Ueno, Noboru Fukuda, Hiroki Nagase, Yoshiaki Matsumoto (担当:共著, 範囲:679-696)
InTec   2011年11月   
アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬. 高血圧ナビゲーター 第3版
福田 昇 (担当:共著, 範囲:248-249)
メディカルレビュー社   2011年4月   
ANCA関連腎炎、特集腎疾患の病態と治療
松本紘一、遠藤守人、福家吉伸、伊藤謙、清水千枝、梶原麻実子、丸山高史、井下篤司、阿部雅紀、岡田一義、藤田宜是、福田昇、相馬正義 (担当:共著, 範囲:319-325)
医学と薬学、自然科学社   2011年3月   
エビデンスに基づく降圧薬の併用 –合剤の有用な使い分け方—
Pharma Medica   2010年12月   

講演・口頭発表等

 
Activation of tissue RA system of mesenchymal organs in the pathogenesis of hypertension
Fukuda N.
18th International SHR Symposium   2018年9月18日   
Role of TWIST1 on the increased expression of complement 3 in mesenchymal tissues from SHR
Otsuki T, Fukuda N, Tsunemi A, Negishi E, Moriuchi M, Abe M.
18th International SHR Symposium   2018年9月18日   
Comiplement 3 is involved in the salt-sensitive hypertension by induction of dedifferentiation of mesenchymal tissues with activation of renal renin-angiotensin system in SHR.
Negishi E, Fukuda N, Komatsu K, Katakawa M, Tsunemi A, Abe M.
18th International SHR Symposium   2018年9月18日   
Preclinical study of effects of PI polyamides targeting human TGF-β1 on nephropathy in primate common marmoset
Moriuchi M, Fukuda N, Inoue T, Mineshige T, Endo M, Abe M
18th International SHR Symposium   2018年9月18日   
Complement 3 induces the dedifferentiation and enhances the tissue RA systems in VSMCs from SHR
Chen L, Fukuda N, Tsunemi A, Katakawa M, Matsumoto T, Abe M.
18th International SHR Symposium   2018年9月18日   

特許

 
2007-151480 : 細胞培養装置
WO2007/060860 : ピロールイミダゾールポリアミドの固相自動合成
WO2005/023248 : TGF-β遺伝子発現抑制剤
2005-231051 : コロナウィルスの遺伝子を切断するリボザイム
WO2006/115279 : 血管内皮温存化組成物

その他

 
2006年
PIポリアミドによる癌の分子イメージング
2006年
ZbTb7に対するピロール・イミダゾールポリアミドの開発
2005年
高効率低浸襲血管新生細胞再生遺伝子治療の開発
2005年
心血管病に対する保存的再生医療の確立
2005年
脱分化成熟脂肪細胞からの血管新生療法の開発