WERNER Angelika Ingeborg

J-GLOBALへ         更新日: 09/10/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
WERNER Angelika Ingeborg
 
ヴェルナ- アンゲリカ
所属
獨協大学
部署
外国語学部 ドイツ語学科
職名
助教授
学位
学術博士(SIEGEN ドイツ), 学術修士(Bonn大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
   
 
-  獨協大学外国語学部助教授
 
1997年
 - 
2000年
佐賀大学文化教育学部 講師
 
1994年
 - 
1997年
大阪学院大学外国語部 講師
 
1993年
 - 
1994年
日本文化センター, D(]E88DB[)sseldorf, ドイツ
 

学歴

 
 
 - 
1978年
BONN 文学部 言語学
 

Misc

 
ヨーロッパ言語における品詞の歴史と展開
大阪学院大学外国語論集   (32) 18-31   1995年
品詞の分類についてー日本語とドイツ語の比較
阪神ドイツ語学研究会会誌   (7) 85-98   1995年
Ueber Modalpartikeln im Deutschen
阪神ドイツ語学研究会      1996年
品詞分類の標準について
大阪学院大学外国語学論集第   (34)    1996年
ドイツ語Modalpartikelの翻訳をめぐって"
Jacet関西支部談話分析研究会      1996年

書籍等出版物

 
ドイツ会話の入門+カセットテープ 付60分
白水社   1980年   
Weinsberg
朝日  教科書   1998年   
Modalpartikeln im Japanischen. Ein Vergleich mit deutschen Modalpartikeln
UniVerSi Universitaetsverlag Siegen (ドイツ)   2002年   
Die Stadt Weinsberg
朝日  教科書   2003年   
Computerはcomputerはコンピューター   日本語の国際語について
Niemeyer (ドイツ)   2003年   

Works

 
日本語およびドイツ語における話者の心的態度を表わす表現形式の対照研究-副用語とりわけ、いわゆるムード副詞を中心として-
1996年 - 1997年

競争的資金等の研究課題

 
品詞文類
研究期間: 1996年 - 1999年
対照言語学
外国人のためのドイツ語
ドイツ語文法
研究期間: 2002年 - 2004年