宮園 浩平

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/22 00:43
 
アバター
研究者氏名
宮園 浩平
 
ミヤゾノ コウヘイ
URL
http://beta-lab.umin.ac.jp
所属
東京大学
部署
大学院医学系研究科 病因・病理学専攻 分子病理学
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
東京大学 理事・副学長
 
2000年8月
 - 
現在
東京大学大学院 医学系研究科 教授
 
2011年4月
 - 
2019年3月
東京大学 大学院医学系研究科 研究科長・医学部長
 
1995年4月
 - 
2000年7月
財団法人癌研究会 癌研究所生化学部 部長
 
1990年2月
 - 
1995年3月
スウェーデン王国ウプサラ大学 ルードヴィヒ癌研究所 研究員
 
1988年7月
 - 
1990年1月
東京大学 医学部第三内科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2018年
日本学士院 会員選定
 
2018年
日本癌学会 吉田富三賞
 
2012年
AAAS (American Association for the Advancement of Science) Fellow
 
2011年
日本学士院賞
 
2010年
藤原賞
 
2009年
紫綬褒章
 
2008年
武田医学賞
 
2005年
井上学術賞
 
2000年
高松宮妃癌研究基金学術賞
 
1999年
スウェーデンウプサラ大学 Honorary Doctor of Medicine
 
1997年
ベルツ賞
 

論文

 
Tyrosine kinase Eph receptor A6 sensitizes glioma-initiating cells towards bone morphogenetic protein-induced apoptosis.
Raja E, Morikawa M, Nishida J, Tanabe R, Takahashi K, Seeherman HJ, Saito N, Todo T, Miyazono K.
Cancer Sci.      2019年7月   [査読有り]
Taguchi L, Miyakuni K, Morishita Y, Morikawa T, Fukayama M, Miyazono K, Ehata S.
Cancer Sci.   110(6) 2063-2074   2019年6月   [査読有り]
Akatsu Y, Takahashi N, Yoshimatsu Y, Kimuro S, Muramatsu T, Katsura A, Maishi N, Suzuki HI, Inazawa J, Hida K, Miyazono K, Watabe T.
Mol Oncol.      2019年5月   [査読有り]
Kohsaka S, Tatsuno K, Ueno T, Nagano M, Shinozaki-Ushiku A, Ushiku T, Takai D, Ikegami M, Kobayashi H, Kage H, Ando M, Hata K, Ueda H, Yamamoto S, Kojima S, Oseto K, Akaike K, Suehara Y, Hayashi T, Saito T, Takahashi F, Takahashi K, Takamochi K, Suzuki K, Nagayama S, Oda Y, Mimori K, Ishihara S, Yatomi Y, Nagase T, Nakajima J, Tanaka S, Fukayama M, Oda K, Nangaku M, Miyazono K, Miyagawa K, Aburatani H, Mano H
Cancer Sci.   110(4) 1464-1479   2019年4月   [査読有り]
Harada M, Morikawa M, Ozawa T, Kobayashi M, Tamura Y, Takahashi K, Tanabe M, Tada K, Seto Y, Miyazono K, Koinuma D.
Cancer Sci.   110(1) 209-220   2019年1月   [査読有り]
Katsuno Y, Meyer DS, Zhang Z, Shokat KM, Akhurst RJ, Miyazono K, Derynck R.
Sci Signal.   12(570) eaau8544   2019年2月   [査読有り]
Miyazono K, Katsuno Y, Koinuma D, Ehata S, Morikawa M.
Front Med.   12(4) 387-411   2018年8月   [査読有り]
Kawasaki N, Miwa T, Hokari S, Sakurai T, Ohmori K, Miyauchi K, Miyazono K, Koinuma D.
Cancer Sci.   109(7) 2211-2220   2018年7月   [査読有り]
Tainaka K, Murakami TC, Susaki EA, Shimizu C, Saito R, Takahashi K, Hayashi-Takagi A, Sekiya H, Arima Y, Nojima S, Ikemura M, Ushiku T, Shimizu Y, Murakami M, Tanaka KF, Iino M, Kasai H, Sasaoka T, Kobayashi K, Miyazono K, Morii E, Isa T, Fukayama M, Kakita A, Ueda HR
Cell Rep.   24(8) 2196-2210.e9   2018年8月   [査読有り]
Takahashi K, Ehata S, Koinuma D, Morishita Y, Soda M, Mano H, Miyazono K.
Oncogene.   37(21) 2757-2772   2018年5月   [査読有り]
Komuro A, Raja E, Iwata C, Soda M, Isogaya K, Yuki K, Ino Y, Morikawa M, Todo T, Aburatani H, Suzuki H, Ranjit M, Natsume A, Mukasa A, Saito N, Okada H, Mano H, Miyazono K, Koinuma D.
Int J Cancer.   142(8) 1627-1639   2018年4月   [査読有り]
Kawasaki N, Isogaya K, Dan S, Yamori T, Takano H, Yao R, Morishita Y, Taguchi L, Morikawa M, Heldin CH, Noda T, Ehata S, Miyazono K, Koinuma D.
Cell Discov.   4 1   2018年1月   [査読有り]
Katsura A, Tamura Y, Hokari S, Harada M, Morikawa M, Sakurai T, Takahashi K, Mizutani A, Nishida J, Yokoyama Y, Morishita Y, Murakami T, Ehata S, Miyazono K, Koinuma D.
Mol Oncol.   11(9) 1241-1262   2017年9月   [査読有り]
Bone morphogenetic protein signaling mediated by ALK-2 and DLX2 regulates apoptosis in glioma-initiating cells.
Raja E, Komuro A, Tanabe R, Sakai S, Ino Y, Saito N, Todo T, Morikawa M, Aburatani H, Koinuma D, Iwata C, Miyazono K.
Oncogene.   36(35) 4963-4974   2017年8月   [査読有り]
Yokoyama Y, Watanabe T, Tamura Y, Hashizume Y, Miyazono K, Ehata S.
Cancer Res.   77(15) 4026-4038   2017年8月   [査読有り]
Kubota SI, Takahashi K, Nishida J, Morishita Y, Ehata S, Tainaka K, Miyazono K, Ueda HR.
Cell Rep.   20(1) 236-250   2017年7月   [査読有り]
Suzuki HI, Katsura A, Mihira H, Horie M, Saito A, Miyazono K.
J Biochem.   161(5) 417-420   2017年5月   [査読有り]
Arase M, Tamura Y, Kawasaki N, Isogaya K, Nakaki R, Mizutani A, Tsutsumi S, Aburatani H, Miyazono K, Koinuma D.
Sci Rep.   7(1) 1166   2017年4月   [査読有り]
Miyazawa, K., Miyazono, K.
Cold Spring Harb Perspect Biol.   9(3) a022095   2017年3月   [査読有り][招待有り]
Akatsu Y, Yoshimatsu Y, Tomizawa T, Takahashi K, Katsura A, Miyazono K, Watabe T
Cancer Sci.   108(1) 151-155   2017年1月   [査読有り]
Vasilaki E, Morikawa M, Koinuma D, Mizutani A, Hirano Y, Ehata S, Sundqvist A, Kawasaki N, Cedervall J, Olsson AK, Aburatani H, Moustakas A, Miyazono K, Heldin CH.
Sci Signal.   9(442) ra84   2016年8月   [査読有り]
RNA-binding motif protein 47 inhibits Nrf2 activity to suppress tumor growth in lung adenocarcinoma.
Sakurai T, Isogaya K, Sakai S, Morikawa M, Morishita Y, Ehata S, Miyazono K, Koinuma D.
Oncogene.   35(38) 5000-5009   2016年9月   [査読有り]
The Arkadia-ESRP2 axis suppresses tumor progression: analyses in clear-cell renal cell carcinoma.
Mizutani A, Koinuma D, Seimiya H, Miyazono K.
Oncogene.   35(27) 3514-3523   2016年7月   [査読有り]
Davis H, Raja E, Miyazono K, Tsubakihara Y, Moustakas A.
Cytokine Growth Factor Rev.   27 81-92   2016年2月   [査読有り]
Sakai S, Iwata C, Tanaka HY, Cabral H, Morishita Y, Miyazono K, Kano MR
J Control Release.   230 109-115   2016年5月   [査読有り]
Morikawa M, Derynck R, Miyazono K.
Cold Spring Harb Perspect Biol.   8(5) a021873   2016年5月   [招待有り]
Hosoya H, Dobroff AS, Driessen WH, Cristini V, Brinker LM, Staquicini FI, Cardó-Vila M, D'Angelo S, Ferrara F, Proneth B, Lin YS, Dunphy DR, Dogra P, Melancon MP, Stafford RJ, Miyazono K, Gelovani JG, Kataoka K, Brinker CJ, Sidman RL, Arap W, Pasqualini R
Proc Natl Acad Sci USA.   113(7) 1877-1882   2016年2月   [査読有り]
Morikawa M, Koinuma D, Mizutani A, Kawasaki N, Holmborn K, Sundqvist A, Tsutsumi S, Watabe T, Aburatani H, Heldin CH, Miyazono K
Stem Cell Reports.   6(1) 64-73   2016年1月   [査読有り]
Katsura A, Suzuki HI, Ueno T, Mihira H, Yamazaki T, Yasuda T, Watabe T, Mano H, Yamada Y, Miyazono K.
Genes Cells.   21(1) 99-116   2016年1月   [査読有り]
EZH2 promotes progression of small cell lung cancer by suppressing the TGF-β-Smad-ASCL1 pathway.
Murai F, Koinuma D, Shinozaki-Ushiku A, Fukayama M, Miyaozono K, Ehata S.
Cell Discov.   1 15026   2015年9月   [査読有り]
Suzuki HI, Katsura A, Miyazono K
Cancer Sci.   106(9) 1174-1181   2015年9月   [査読有り]
Suzuki HI, Katsura A, Yasuda T, Ueno T, Mano H, Sugimoto K, Miyazono K.
Nat Struct Mol Biol.   22(7) 512-521   2015年7月   [査読有り]
MicroRNA regulons in tumor microenvironment.
Suzuki HI, Katsura A, Matsuyama H, Miyazono K.
Oncogene.   34(24) 3085-3094   2015年6月   [査読有り]
Hoshino Y, Nishida J, Katsuno Y, Koinuma D, Aoki T, Kokudo N, Miyazono K, Ehata S
Am J Pathol.   185(5) 1457-1470   2015年5月   [査読有り]
Miyazaki H, Yoshimatsu Y, Akatsu Y, Mishima K, Fukayama M, Watabe T, Miyazono K
Cancer Sci.   105(9) 1116-1123   2014年9月   [査読有り]
Arase M, Horiguchi K, Ehata S, Morikawa M, Tsutsumi S, Aburatani H, Miyazono K, Koinuma D
Cancer Sci.   105(8) 974-982   2014年8月   [査読有り]
Itoh F, Watabe T, Miyazono K
Semin Cell Dev Biol.   32 98-106   2014年8月   [査読有り]
Isogaya K, Koinuma D, Tsutsumi S, Saito RA, Miyazawa K, Aburatani H, Miyazono K
Cell Res.   24(8) 994-1008   2014年8月   [査読有り]

Misc

 
Suzuki HI, Yamagata K, Sugimoto K, Iwamoto T, Kato S, Miyazono K
Nature.   460(7254) 529-533   2009年7月   [査読有り]
Miyazono K, Kamiya Y, Morikawa M.
J Biochem.   147(1) 35-51   2009年1月   [査読有り]
TGF-β signalling from cell membrane to nucleus through SMAD proteins.
Heldin CH, Miyazono K, ten Dijke P.
Nature.   390(6659) 465-471   1997年12月   [査読有り]
Smad6 inhibits signalling by the TGF-β superfamily.
Imamura T, Takase M, Nishihara A, Oeda E, Hanai J, Kawabata M, Miyazono K.
Nature.   389(6651) 622-626   1997年10月   [査読有り]
Induction of apoptosis by ASK1, a mammalian MAPKKK that activates SAPK/JNK and p38 signaling pathways.
Ichijo H, Nishida E, Irie K, ten Dijke P, Saitoh M, Moriguchi T, Takagi M, Matsumoto K, Miyazono K, Gotoh Y.
Science.   275(5296) 90-94   1997年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
The Biology of the TGF-β Family
Derynck R, Miyazono K (担当:共著, 範囲:total 1164 pages)
Cold Spring Harbor Perspectives in Biology   2017年7月   
The TGF-β Family
Derynck R, Miyazono K (担当:共著, 範囲:total 1114 pages)
Cold Spring Harbor Laboratory Press   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
ゲノム医療の実装に資する臨床ゲノム情報統合データベースの整備と我が国の継続的なゲノム医療実施体制の構築
日本医療研究開発機構(AMED): 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 溝上 雅史
細胞社会ダイバーシティーの統合的解明と制御
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2017年6月 - 2022年3月    代表者: 藤田 直也
TGF-βファミリーによる細胞分化とダイバーシティー獲得の分子基盤
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2017年6月 - 2022年3月    代表者: 宮園 浩平
新規FOP治療薬の開発
日本医療研究開発機構(AMED): 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 宮園 浩平
TGF−βシグナルによる転写調節とがん悪性化機構
日本学術振興会: 基盤研究(S)
研究期間: 2015年6月 - 2020年3月    代表者: 宮園 浩平
大規模ゲノム医療体制の確立と知識データベースの構築
日本医療研究開発機構(AMED): 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業
研究期間: 2017年6月 - 2019年3月    代表者: 宮園 浩平
同所性移植で得られたヒト膵臓がん細胞由来の治療標的分子に関する研究
日本医療研究開発機構(AMED): 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 宮園 浩平
がん治療標的探索プロジェクト
日本医療研究開発機構(AMED): 革新的先端研究開発支援事業
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 間野 博行
未分化性維持におけるBMPシグナルの役割
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 宮園 浩平
TGF-βファミリーのがん微小環境に及ぼす作用とがん治療戦略
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 宮園 浩平
がん微小環境ネットワークの統合的研究
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 宮園 浩平
リンパ管新生の制御機構
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(A)
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 宮園 浩平
TGF−βシグナルを応用した制癌法の開発
文部科学省: 科学研究費特定領域研究
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月    代表者: 宮園 浩平
間葉-上皮細胞分化転換の分子機構
日本学術振興会: 科学研究費萌芽研究
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 宮園 浩平
血管内皮-壁細胞分化転換の分子機構
日本学術振興会: 科学研究費萌芽研究
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 宮園 浩平
セリン-スレオニンキナーゼ型レセプターの細胞生物学的作用の研究
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2002年4月 - 2006年3月    代表者: 宮園 浩平
TGF-βシグナルの分子機構とヒトがんにおける異常
文部科学省: 科学研究費特定領域研究
研究期間: 2000年4月 - 2005年3月    代表者: 宮園 浩平