大橋 俊朗

J-GLOBALへ         更新日: 09/08/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
大橋 俊朗
 
オオハシ トシロウ
URL
http://www.biomech.mech.tohoku.ac.jp/lab/index.shtml
所属
旧所属 東北大学 大学院工学研究科 バイオロボティクス専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
1997年
東北大学工学部 助手
 
1997年
 - 
2002年
東北大学大学院工学研究科 助手
 
2004年
 - 
2005年
Queen Mary University of London 客員研究員
 
2002年
 - 
2007年
東北大学大学院工学研究科 助教授
 
2007年
 - 
2007年
Royal Institute of Technology in Stockholm 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1994年
筑波大学 理工学研究科 理工学
 
 
 - 
1991年
筑波大学 第三学群 基礎工学類・変換工学専攻
 

委員歴

 
2007年
   
 
日本生体医工学会  平成19・20年度代議員
 
2005年
   
 
日本機械学会  論文集編集委員会校閲委員
 
2000年
   
 
日本エム・イー学会東北支部(現:日本生体医工学会)  役員(幹事)
 
2000年
 - 
2000年
日本機械学会第13回バイオエンジニアリング講演会実行委員会  委員
 
2002年
 - 
2003年
日本機械学会バイオエンジニアリング部門広報委員会  委員(第80, 81期)
 

受賞

 
2004年
2003年度日本機械学会バイオエンジニアリング部門第12回瀬口賞
 
2002年
日本エム・イー学会平成13年度科学新聞賞・研究奨励賞・阪本研究刊行助成賞・阿部賞
 
2001年
Award for Best Poster in the Category Cell and Molecular Mechanics
 
2000年
Outstanding paper award
 
2000年
日本機械学会賞(論文)
 

Misc

 
Finite Element Analysis of Local Deformation of Soft Tissues Aspirated by Pipette
Proceedings of the 2nd World Congress of Biomechanics      1994年
Local Mechanical Properties of Cholesterol-fed Rabbit Aortae Measured by the Pipette Aspiration Technique
Proceedings of the 2nd World Congress of Biomechanics      1994年
Application of the Pipette Aspiration Technique to the Measurement of Local Elastic Moduli of Cholesterol-fed Rabbit Aortas
Theoretical and Applied Mechanics   43 233-238   1994年
Local Elastic Moduli of Bovine and Porcine Aortic Walls Measured with Pipette Aspiration Technique
1995 Advances in Bioengineering      1995年
Local Mechanical Properties in Aortic Walls Measured by Pipette Technique
Proceedings of the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering      1997年

書籍等出版物

 
Data Book on Mechanical Properties of Living Cells, Tissues, and Organs
Springer-Verlag   1996年   
Human Biomechanics and Injury Prevention
Springer-Verlag   2000年   
Future Medical Engineering Based on Bionanotechnology
Imperial College Press   2007年   
Future Medical Engineering Based on Bionanotechnology
Imperial College Press   2007年   
Future Medical Engineering Based on Bionanotechnology
Imperial College Press   2007年   

Works

 
軟骨細胞の力学応答機構に関する研究
1998年
ヒト繊維芽細胞の力学特性に関する研究
2000年 - 2000年
Resiliometerを用いた皮膚力学特性の計測に関する有限要素法解析
2002年 - 2002年
ラミン欠損核の力学特性に関する研究
2002年 - 2002年
最適なステント設計のための有限要素法解析
2003年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
微細加工デバイスを用いた細胞機能の計測
研究期間: 1997年   
細胞の構造とメカノバイオロジーに関する研究
研究期間: 2000年   
細胞内力学伝達機構の解明
研究期間: 1998年   

特許

 
局所弾性率測定装置
特願平 11-185490