小玉 哲也

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/07 13:50
 
アバター
研究者氏名
小玉 哲也
 
コダマ テツヤ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0439e1975b16d53cc7fb7b6209c8aafb.html
所属
東北大学
部署
大学院医工学研究科 医工学専攻 治療医工学講座 腫瘍医工学分野
職名
教授
学位
博士(医学)(東北大学), 博士(工学)(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
東北大学 大学院医工学研究科 教授
 
2004年
   
 
東北大学 先進医工学研究機構 助教授
 
2002年
   
 
ロンドン大学 インペリアル・カレッジ医学部画像科学科 研究員
 
2000年
   
 
ハーバード大学医学部循環器内科 ブレガム・ウィメンズ病院 研究員
 
1998年
   
 
ハーバード大学医学部皮膚科 マサチューセッツ総合病院 講師
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
Nature Reviews Materials  校閲委員
 
2015年4月
 - 
現在
Scientific Reports  校閲委員
 
2014年10月
 - 
現在
日本超音波医学会  工学フェロー
 
2014年8月
 - 
現在
日本DDS学会  評議員
 
2014年4月
 - 
現在
PlosONE  学術雑誌校閲員
 
2014年1月
 - 
現在
日本癌学会  評議員
 
2012年4月
 - 
現在
日本生体医工学会専門別研究会「分子デリバリー研究会」  幹事
 
2012年4月
 - 
現在
事業管理支援法人 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社  外部資金申請書審査員
 
2010年11月
 - 
現在
National Research Foundation, South Africa  外部資金申請書審査員
 
2009年4月
 - 
現在
日本超音波医学会 東北地方会 運営委員会  運営委員
 
2009年1月
 - 
現在
IEEE Transactions on Biomedical Engineering  委員
 
2009年1月
 - 
現在
International Journal of Emerging Multidisciplinary Fluid Sciences  校閲委員
 
2005年4月
 - 
現在
日本生体医工学会専門別研究会「分子デリバリーのME研究会」  幹事
 
2005年4月
 - 
現在
Applied Physics Letters  学術雑誌校閲員
 
2005年4月
 - 
現在
Circulation  学術雑誌校閲員
 
2005年4月
 - 
現在
Experimental Thermal and Fluid Science  学術雑誌校閲員
 
2005年4月
 - 
現在
Journal of Applied Physics  学術雑誌校閲員
 
2005年4月
 - 
現在
Journal of Controlled Release  学術雑誌校閲員
 
2005年4月
 - 
現在
Journal of Fluid Mechanics  学術雑誌校閲員
 
2005年4月
 - 
現在
Journal of Japan Society of Mechanical Engineers  学術雑誌校閲員
 

受賞

 
2017年8月
3rd Annual Data Science in Life Science and Engineering Collaboration and Symposium Oral Presentation 1st Place New insights on Lymph node metastasis : the benefit of using our mouse model in cancer metastasis
受賞者: 武田 航
 
2017年4月
第76回日本医学放射線学会総会 CyPos賞 Silver medal Quantitative analysis of contrast-enhanced ultrasound for diagnosis of early lymph node metastasis of breast cancer.
 
2016年10月
第67回仙萩会総会 学術奨励賞 Direct Delivery of a Cytotoxic Anticancer Agent into the Metastatic Lymph Node Using Nano/Microbubbles and Ultrasound.
 
2016年5月
日本超音波医学会第89回学術集会 第17回奨励賞 乳癌における造影超音波を用いた血管密度定量法
受賞者: 森菜緒子
 
2016年5月
日本超音波医学会 第5回新人賞 ソノポレーションを利用したVasohibin-1 遺伝子導入による抗腫瘍効果の評価
受賞者: 堀江佐知子
 

論文

 
Kato S, Shirai Y, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Scientific Reports   9(1) 13242   2019年9月   [査読有り]
Izumiyama T, Mori Y, Mori S, Mori N, Kodama T, Itoi E.
BMC Musculoskeletal Disorders   20(286)    2019年6月   [査読有り]
Fujii H, Horie S, Sukhbaatar A, Mishra R, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Cancer Medicine   8(5) 2241-2251   2019年5月   [査読有り]
Iwamura R, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Molecular Imaging and Biology   21(5) 825-834   2019年1月   [査読有り]
Sukhbaatar A, Mori S, Saiki Y, Takahashi T, Horii Akira H, Kodama T
Cancer Science   110(2) 509-518   2019年2月   [査読有り]
Ouchi T, Sukhbaatar A, Horie S, Sakamoto M, Shiga K, Mori S, Kodama T
Ultrasound in medicine & biology   44(8) 1818-1827   2018年8月   [査読有り]
Fujii H, Horie S, Takeda K, Mori S, Kodama T
Journal of biophotonics   11(8) e201700401   2018年8月   [査読有り]
Zheng J, Jia L, Mori S, Kodama T
BMC cancer   18(1) 608   2018年5月   [査読有り]
Jadhav M, Kalhapure RS, Rambharose S, Mocktar C, Singh S, Kodama T, Govender T.
Chemistry and Physics of Lipids   212 12-25   2018年   [査読有り]
Ncapayi V, Parani S, Songca SP, Kodama T, Oluwafemi OS.
Materilas Letters   209 299-302   2017年12月   [査読有り]
Asuka Tada, Sachiko Horie, Shiro Mori, and Tetsuya Kodama
Cancer Science   108(11) 2115-2121   2017年9月   [査読有り]
Matsuki D, Oladipo A, Horie S, Okajima J, Komiya A, Oluwafemi O, Maruyama S, Mori S, Kodama T
Journal of Biophotonics      2017年4月   [査読有り]
A novel treatment for metastatic lymph nodes using lymphatic delivery and photothermal therapy
Oladipo AO, Oluwafemi OS, Songca SP, Sukhbaatar A, Mori S, Okajima J, Komiya A, Maruyama S, Kodama T
Sci Rep   7 45459   2017年4月   [査読有り]
Mori N, Mugikura S, Takahashi S, Ito K, Takasawa C, Li L, Miyashita M, ko Kasajima A, Mori Y, Ishida T, Kodama T, Takase K.
Ultrasound Med Biol.   43(3) 607-614   2017年3月   [査読有り]
Ncapayi V, Sundararajan P, Songca SP, Kodama T, Oluwafemi OS.
Materials Letters.   189 168-171   2017年   [査読有り]
Sato T, Takemura T, Ouchi T, Mori S, Sakamoto M, Arai Y, Kodama T
Journal of Cancer   8(5) 704-715   2017年   [査読有り]
Mikada M, Sukhbaatar, A, Miura Y, Horie S, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Cancer Sci   108(5) 846-852   2017年   [査読有り]
Takeda K, Mori S, Kodama T
Journal of Immunological Methods   445 1-9   2017年   [査読有り]
Kodama T, Matsuki D, Tada A, Takeda K, Mori S.
Scientific Reports   6(32506)    2016年9月   [査読有り]
Horie S, Suzuki Y, Kobayashi M, Kadonosono T, Kondoh S, Kodama T, Sato Y.
Cancer Gene Therapy   23 133-141   2016年4月   [査読有り]
Miura Y, Mikada M, Ouchi T, Horie S, Takeda K, Yamaki T, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Cancer Sci   107(3) 224-232   2016年3月   [査読有り]
Mori N, Mugikura S, Takasawa C, Miyashita M, Shimauchi A, Ota H, Ishida T, Kasajima A, Takase K, Kodama T, Takahashi S.
Eur Radiol.   26(2) 331-339   2016年2月   [査読有り]
リンパ行性薬剤送達法の開発
多田明日香, 堀江佐知子, 森士朗, 小玉哲也
リンパ学   39(2) 133-135   2016年   [査読有り][招待有り]
Fujikawa T, Egarashi R, Fujikawa S, Takeda K, Kodama T.
Journal of Fluid Scinec and Technology   11(3) 1-12   2016年   [査読有り]
Ito K, Noro K, Yanagisawa Y,Sakamoto M, Mori S, Shiga K, Kodama T, Aoki T
Ultrasound in Medicine and Biology   41(12) 3120-3130   2015年12月   [査読有り]
Sugiura T, Matsuki D, Okajima J, Komiya A, Mori S, Maruyama S, Kodama T
Nano Research   8(12) 3842-3852   2015年12月   [査読有り]
Kato S, Mori S, Kodama T
J Cancer   6(12) 1284-1294   2015年10月   [査読有り]
10.1016/j.jim.2015.05.007
J Immunol Methods.      2015年5月   [査読有り]
Shao L, Ouchi T, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Biochem Biophys Res Commun.      2015年5月   [査読有り]
Kato S, Shirai Y, Kanzaki H, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Ultrasound Med Biol.      2015年5月   [査読有り]
10.1371/journal.pone.0123619
PLoS One.      2015年4月   [査読有り]
Sakata N, Sax N, Yoshimatsu G, Tsuchiya H, Kato S, Aoki T, Ishida M, Katayose Y, Egawa S, Kodama T, Unno M.
American Journal of Transplantation.      2015年1月   [査読有り]
Kodama T, Hatakeyama Y, Kato S, Mori S.
Biomedical Optics Expres   6(1) 124-134   2015年   [査読有り]
Sato T,Mori S, Arai Y, Kodama T.
Ultrasound in Medicine and Biology   40(6) 1237-1249   2014年6月   [査読有り]
Kochi T, Imai Y, Takeda A, Watanabe Y, Mori S, Tachi M, Kodama T.
PLoS One   8(12) e84047   2013年12月   [査読有り]
Sakata N, Yoshimatsu G, Tsuchiya H, Aoki T, Mizuma M, Motou F, Katayose Y, Kodama T, Unnno M
Islets   5(5)    2013年11月   [査読有り]
Sax N. Kodama T.
Pharmaceutical Research   30 218-224   2013年   [査読有り]
Li L, Mori S, Sakamoto M, Takahashi S, Kodama T.
PloS ONE   8(2) e55797   2013年   [査読有り]
Shao L, Mori S, Yagishita Y, Okuno T, Hatakeyama Y, Sato T, Kodama T.
Journal of Immunological Methods   389 69-78   2013年   [査読有り]
Li L, Mori S, Kodama M, Sakamoto M, Takahashi S, Kodama T.
Cancer Res   73(7) 2082-2092   2013年   [査読有り]
Horie S, Chen R, Li L, Mori S, Kodama T.
Cancer Letters      2013年   [査読有り]
Kanzaki H, Shinohara F, Kajiya M, Kodama T.
J Biol Chem      2013年   [査読有り]
Okuno T, Kato S, Hatakeyama Y, Okajima J, Maruyama S, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
J Control Release   172(3) 879-884   2013年   [査読有り]
Kodama T, Tomita N, Yagishita Y, Horie S, Funamoto K, Hayase T, Sakamoto M, Mori S.
Cancer Research.   71(22) 6957-6964   2012年   [査読有り]
Kodama T, Tomita N, Yagishita Y, Horie S, Funamoto K, Hayase T, Sakamoto M, Mori S.
Cancer Research   71(22) 6957-6964   2011年10月   [査読有り]
du Toit LC, Govender T, Pillay V, Choonara YE, Kodama T.
Pharmaceutical Research   28 494-504   2011年1月   [査読有り]
Sakata N, Kodama T, Chen R, Yoshimatsu G, Goto M, Egawa S, Unno M.
Islets   3(5)    2011年   [査読有り]
Kobayashi K, Kodama T, Takahita H.
Physics in Medicine and Biology   56 6421-6440   2011年   [査読有り]
Horie S, Watanabe Y, Ono M, Shiro Mori, Kodama T.
Cancer Science   102 2082-2089   2011年   [査読有り]
冨田幸雄, 打越亮介, 稲葉拓也, 小玉哲也
混相流   24(2) 162-168   2010年6月   [査読有り]
Horie S, Watanabe Y,Chen R,Mori S, Matsumura Y, Kodama T.
Ultrasound in Medicine and Biology   36(11) 1867-1875   2010年1月   [査読有り]
Fujisawa S, Arakawa H, Suzuki R, Kazuo M, Kodama T,Yasunaga M, Koga Y,Matsumura Y
Therapeutic Delivery   1(2) 237-245   2010年   [査読有り]
Koshiyama K, Yano T, Kodama T.
Physical Review Letters   105(1) 018105-1-018105-5   2010年   [査読有り]
Kodama T, Aoi A,Watanabe Y, Horie S, Kodama M,Li L, Chen R, Teramoto N, Morikawa H, Mori S, Fukumoto M.
Ultrasound in Medicine and Biology   36(7) 1196-1205   2010年   [査読有り]
Kodama T, Tomita Y, Watanabe Y, Koshiyama K, Yano T, Fujikawa S.
Journal of Biomechanical Science and Engineering   4 124-140   2009年   [査読有り]
Suzuki R,Oda Y,Utoguchi N,Namai E,Taira Y,Okada N,Kadowaki N,Kodama T,Tachibana K,Maruyama K.
Journal of Controlled Release.   133 198-205   2009年   [査読有り]
Chen R,Chiba M,Mori S,Fukumoto M,KodamaT.
Journal of Dental Research   88 1008-1013   2009年   [査読有り]
Kodama T,Tomita N, Horie S,Sax N,Iwasaki H,Suzuki R,Maruyama K,Mori S,Fukumoto M.
Jounal of Electron Microscope      2009年   [査読有り]
Local gene delivery system of nano/microbubbles-enhanced ultrasound aimed for treatment of gingival tumor
Chen R, Chiba M, Watanabe Y, Horie S, Tomita N, Fukumoto M, Nori S, Kodama T.
2008 International Conference on Frontiers of Dental and Craniofacial Research      2008年11月
Production of "no carrier added” iodine-124 from a reusable enriched tellurium-124 dioxide target and its application to an ultra-high resolution animal PET study
Yamazaki H, Ishii K, Funaki Y, Kanai Y, Y, Kikuchi Y, Watanabe Y, Kodama T, Hatazawa J, Matsuyama S, Sabet H, Terakawa A.
The 16th Pacific Basin Nuclear Conference   P16P1299    2008年10月   [査読有り]
Peeling off effect and damage pit formation by ultrasonic cavitation
Tomita Y, Inaba T, Uchikoshi R, Kodama T.
The International Conference on Hydraulic Machinery and Equipments      2008年10月
Aoi A, Watanabe Y, Konno K, Mori S, Vassaux G, Kodama T.
Ultrasound in Medicine and Biology   34(3) 425-434   2008年   [査読有り]
Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S.
Biochimica et Biophysica Acta (BBA):Biomembranes   1778(6) 1423-1428   2008年   [査読有り]
Watanabe Y, Aoi A, Horie S, Tomita N, Mori S, Morikawa H, Matsumura Y, Vassaux G, Kodama T.
Cancer Science   99(12) 2525-2531   2008年   [査読有り]
Interaction of shock waves generated by cavitation bubbles with cell membranes during sonoporation.
Kodama T, Tomita Y, Aoi A, Koshiyama K, Yano T, Fujikawa S.
The 1st International Colloquium on Dynamics, Physics and Chemistry of Bubbles and Gas-Liquid Boundaries   7   2007年9月   [査読有り]
Molecular mechanisms of cavitation-induced cell membrane permeabilization
Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S.
The 1st International Colloquium on Dynamics, Physics and Chemistry of Bubbles and Gas-Liquid Boundaries   8   2007年9月   [査読有り]
Takahashi M,Kido K, Aoi A,Furukawa H,Ono M,Kodama T.
Journal of Controlled Release   117(2) 267-272   2007年   [査読有り]
Kodama T, Koshiyama K, Tomita Y, Suzuki M, HYano T, Fujikawa S.
AIP (American Institute of Physics) Conference Proceedings, 829: 34-38      2006年3月   [査読有り]
Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S.
AIP (American Institute of Physics) Conference Proceedings   829 583-587   2006年   [査読有り]
Kodama T,Tomita Y,Koshiyama K,Blomley MJK.
Ultrasound in Medicine and Biology   32(6) 905-914   2006年   [査読有り]
Koshiyama K,Kodama T,Yano T,Fujikawa S.
Biophysical Journal   91(6) 2198-2205   2006年   [査読有り]
Kodama T, Aoi A, Vassaux G,Koshiyaka K,Yano T,Fujikawa S,Tomita Y.
Minimally Invasive Theraoy and Allied Technologies   15(4) 226-229   2006年   [査読有り]
Kodama T, Tan PH, Offiah I, George AJT, Partridge T, Cook T, Blomley MJK.
Ultrasound in Medicine and Biology   31(12) 1683-1691   2005年4月   [査読有り]
Koshiyama K, Kodama T, Hamblin MR, Doukas AG, Yano T, Fujikawa S.
AIP (American Institute of Physics) Conference Proceedings.   754 104-106   2005年3月   [査読有り]
Suzuki M, Koshiyama K, Shinohara F, Mori M, Ono M, Tomita Y, Yano T, Fujikawa S, Vassaux G, Kodama T.
International Congress Series.   1284 338-339   2005年2月   [査読有り]
Ultrasound mediated gene expression using microbubbles
Kodama T, Tomita Y, Koshiyama, Blomley M.
Proceedings of the fourth international symposium on advanced Fluid information and the first international symposium on transdisciplinary fluid integration   34-35   2004年11月
Molecular dynamics simulation of cell permeabilization induced by shock wave impulse
Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S.
Proceedings of the fourth international symposium on advanced Fluid information and the first international symposium on transdisciplinary fluid integration   36-37   2004年11月
Molecular delivery into a lipid bilayer with a single shock wave using molecular dynamics simulation
Koshiyama K, Kodama T, Hamblin MR, Doukas AG, Yano T, Fujikawa S.
The 4th International Symposium on Therapeutic Ultrasound, September 18-20, 2004, Kyoto, Japan      2004年9月
Hai-Dong Liang, Qi Long Lu, Shao-An Xue, Michael Halliwell, Tetsuya Kodama, David O. Cosgrove, Hans J. Stauss, Terence A. Partridge, Martin J.K. Blomley.
Optimisation of ultrasound-mediated gene transfer (sonoporation) in skeletal muscle cells   30(11) 1523-1529   2004年4月   [査読有り]
Tomita Y, Kodama T.
JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   94(5) 2809-2816   2003年4月   [査読有り]
Tetsuya Kodama, Apostolos G. Doukas, Michael R. Hamblin
Cancer Letters   189(1) 69-75   2003年4月   [査読有り]
Kodama T, Doukas AG, Hamblin MR
BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH   1542(1-3) 186-194   2002年4月   [査読有り]
Robinson PB, Blake JR, Kodama T, Shima A, Tomita Y.
JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   89(12) 8225-8237   2001年4月   [査読有り]
Tomita Y, Kodama T.
IUTAM Symposium on "Free Surface Flows"      2000年6月   [査読有り]
Kodama T, Tomita Y.
APPLIED PHYSICS B-LASERS AND OPTICS   70(1) 139-149   2000年4月   [査読有り]
S. Lee, D.J. McAuliffe, T. Kodama, Doukas AG.
Shock waves   10(5) 307-311   2000年4月   [査読有り]
Kodama T, Hamblin, MR, Doukas AG.
Biophysical Journal   79(4) 1821-1832   2000年4月   [査読有り]
Tetsuya Kodama, Masashi Tatsuno, Shinya Sugimoto, Hiroshi Uenohara, Takashi Yoshimoto, Kazuyoshi Takayama.
Ultrasound in Medicine and Biology   25(6) 977-983   1999年4月   [査読有り]
Tetsuya Kodama, Kazuyoshi Takayama.
Ultrasound in Medicine & Biology   24(5) 723-738   1998年4月   [査読有り]
Tetsuya Kodama, Hiroshi Uenohara, Kazuyoshi Takayama.
Ultrasound in Medicine and Biology   24(9) 1459-1466   1998年4月   [査読有り]
棚橋善克,豊田精一,喜屋武淳,坂井清英,太田章三,小玉哲也,高山和喜.
日レ医誌(JJSLSM)   19(1) 39-45   1998年   [査読有り]
Medical application of underwater shock waves
Takayama K, Kodama T.
Proceedings of 23rd International Pytotechnics Seminar      1997年9月
Tetsuya Kodama, Kazuyoshi Takayama, Hiroshi Uenohara.
Physics in Medicine and Biology   42(12) 2335-2367   1997年4月   [査読有り]
Research into Shock Wave revasculation Therapy of Acute cerebral embolism
Kodama T, Takayama K, Uenohara H.
Proceedings of International Conference on Fluid Engineering   97-203(2) 773-776   1997年4月   [査読有り]
Revascularization therapy for acute cerebral embolism by the impact of a liquid jet generated by the interaction of a gas bubble with an underwater shock wave
Kodama T, Takayama K, N. Nagayasu, Uenohara H, Takahashi N.
Proceedings of the 21st International Symposium on Shock Waves   (1) 183   1997年4月   [査読有り]
小玉哲也,高山和喜,永易伸生,上之原広司,吉田昌弘.
Neurosonology   10(2) 79-83   1997年   [査読有り]
T. Kodama, K. Takayama, N. Nagayasu.
Journal of Applied Physics   80(10) 5587-5592   1996年4月   [査読有り]
脳塞栓症血行再建術の基礎研究:円筒内での気泡崩壊にともなう液体ジェットの形成条件
永易伸生,小玉哲也,高山和喜,上之原広司.
火薬学会誌   57 263-270   1996年   [査読有り]

Misc

 
Lymph nodes targeted in novel cancer therapy
小玉 哲也
Research Outreach   105 22-25   2018年12月   [査読有り][依頼有り]
堀江佐知子, 小玉哲也, 佐藤靖史
放射線生物研究   52(1) 14-23   2017年
診断機器
小玉哲也
日本機械学会誌   118(456) 15-15   2015年
Sakata N, Yoshimatsu G, Tsuchiya H, Aoki T, Mizuma M, Motoi F, Katayose Y, Kodama T, Egawa S, Unno M.
Islets   5(5) 1-9   2013年
超音波を利用した遺伝子治療
超音波を利用した遺伝子治療
日本超音波医学会50周年記念誌      2013年

書籍等出版物

 
微細気泡の最新技術 vol.2 進展するマイクロ・ナノバブルの基礎研究と拡がる産業応用
小玉哲也 (担当:共著, 範囲:第3章(医療応用)156頁~162頁)
NTS   2014年8月   ISBN:978-4-86043-407-6

講演・口頭発表等

 
Effect of drug osmotic pressure on the therapeutic effect using a lymphatic drug delivery system
Fukumura R, Mishra R, Sukhbaatar A, Mori S, Kodama T
The 4th International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development(iLIM-4)   2019年10月3日   
Facile synthesis of amino acid functionalised CdTe/CdSe/ZnSe core-multi shell with improved cell viability for cellular imaging.
Ncapayi V, Songca SP, Kodama T, Oluwafemi SO.
The 4th International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development(iLIM-4)   2019年10月3日   AER 5F, 仙台
Effect of Osmotic Pressure of drug on treatment efficacy for a Lymphatic Drug Delivery System.
Mishra R, Sukhbaatar A, Mori S, Kodama T
The 4th International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development(iLIM-4)   2019年10月3日   
リンパ行性薬剤送達法における浸透圧の重要性
ラディカ ミシュラ,福村凌一,アリウンブヤン スフバートル,阪本真弥,森士朗,志賀清人,小玉哲也
第78回日本癌学会学術総会   2019年9月28日   
リンパ系薬物送達システムに必要な薬物の浸透圧と粘度の最適範囲
福村凌一,ラディカ ミシュラ,アリウンブヤン スフバートル,阪本真弥,森士朗,志賀清人,小玉哲也
第78回日本癌学会学術総会   2019年9月28日   

競争的資金等の研究課題

 
リンパ節内圧測定によるリンパ節転移超早期診断とリンパ行性薬剤導入システム治療
文部科学省: 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2019年 - 2022年    代表者: 志賀 清人
超微小転移リンパ節の精密診断と新化学療法に関する総合的研究
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 阪本 真弥
超早期転移リンパ節治療システムの開発
文部科学省: 基盤研究(A)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 小玉 哲也
血管新生誘導作用を有するsiRNAとナノ薬物送達法による低侵襲性創傷修復法の創成
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 寺本 憲功
ミクロ・ナノ熱工学によるがんの早期診断と低侵襲治療
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 圓山 重直

特許

 
特願2017-167951 : リンパ行性薬剤送達法に有効な薬剤を含む溶液の適正な浸透圧域と粘度域
小玉 哲也
特願2016-197614 : リンパ行性薬剤投与法で有効な薬剤
小玉 哲也, 森 士朗
小玉 哲也, 永易 伸生, 高山 和喜

社会貢献活動

 
全く新しい抗がん剤の投入方法が開発される。副作用を軽減しながら、治療効果を最大化
【その他】  melipa  2016年9月8日
ヒトのリンパ節と同じ大きさである特殊なマウスを用いて、新しいガン化学療法を模索する共同研究がおこなわれました。 結果、従来の画像診断法では検出できないリンパ節(微小転移)の治療や予防を可能にする「新しい抗がん剤投与法」が提案されています。研究をおこなったのは東北大学 大学院 医工学らのチームです。
リンパ節転移治療に新抗癌剤投与法
【その他】  QLifePro  2016年9月7日
東北大学は8月31日、従来の画像診断法では検出できないリンパ節の微小転移の治療や予防を可能にする新しい抗がん剤投与法を発表した。この研究は、同大大学院医工学研究科の小玉哲也教授、松木大輔元大学院生、武田航大学院生、同大学院工学研究科の多田明日香大学院生、東北大学病院の森士朗講師らの研究グループによるもの。研究成果は「ScientificReports」に9月1日付けで掲載されている。がん患者における死因の9割は、転移に起因するといわれている。乳がんや頭頸部がんをはじめとする上皮系由来のがんの多く
東北大学、リンパネットワークを介した新しいがん化学療法
【その他】  日経バイオテク  2016年9月6日
小玉哲也(東北大学大学院医工学研究科教授、松木大輔(同大学院医工学研究科元大学院生)、多田明日香(同大学院工学研究科大学院生)、武田航(同大学院医工学研究科大学院生)、および森士朗(東北大学病院講師)らは、ヒトのリンパ節と同等の大きさを有する特殊なマウスを用いた共同研究から、従来の画像診断法では検出できないリンパ節の微小転移の治療や予防を可能にする、新しい抗がん剤投与法を提案しました。
リンパ節の微小転移の治療や予防を可能にする新たな抗がん剤投与法を発表-東北大
【その他】  医療NEWS  2016年9月6日
抗がん剤1滴ほどの量で治療可能に
東北大学は8月31日、従来の画像診断法では検出できないリンパ節の微小転移の治療や予防を可能にする新しい抗がん剤投与法を発表した。この研究は、同大大学院医工学研究科の小玉哲也教授、松木大輔元大学院生、武田航大学院生、同大学院工学研究科の多田明日香大学院生、東北大学病院の森士朗講師らの研究グループによるもの。研究成果は「Scientific Reports」に9月1日付けで掲載されている。大
自分の前に道はない, 自分の後ろに道ができる
【その他】  東北大学生協ニュース  2013年6月1日

その他

 
2012年10月   がんワクチン療法に関する研究
がんワクチン療法に関する研究
2012年4月   レーザー光を用いた外傷性脳損傷の治療に関する研究
レーザー光を用いた外傷性脳損傷の治療に関する研究
2011年1月   ナノ粒子を用いたドラッグデリバリー
ナノ粒子を用いたドラッグデリバリー
2009年3月   Inhibition of lymph node metastasis
リンパ節転移の抑制
2008年4月   ナノ粒子の解析
ナノ粒子の解析