ENDOH Tetsuo

J-GLOBAL         Last updated: Feb 16, 2018 at 19:42
 
Avatar
Name
ENDOH Tetsuo
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/7bfd1a761b9b29b63a19132e6e26c725.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Electrical Engineering Energy Device Engineering Green Power Electronics
Job title
Professor
Degree
博士(工学)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2012
 - 
Today
教授, GP-SPIN
 
Oct 2012
 - 
Today
部門長、 教授, CSRN
 
Oct 2012
 - 
Today
センター長、 教授, Center for Innovative Integrated Electronic Systems Tohoku University
 
Apr 2012
 - 
Today
教授 教授, 東北大学 大学院 工学研究科
 
Mar 2010
 - 
Today
副センター長・教授 副センター長・教授, Center for Spintronics Integrated Systems
 

Education

 
 
 - 
Mar 1987
物理学科表面物性, Faculty of Science, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
May 2016
 - 
Today
International Technology Roadmap for Device and System  Emerging Research Materials/Emerging Research Devices&System 委員
 
Jun 2010
 - 
Today
仙台市  仙台市国際産学連携フェロー
 
Jun 2010
 - 
Today
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構  省エネデバイス技術委員会委員(民生部門:副委員長)
 
May 2010
 - 
Today
International Technology Roadmap for Semiconductors  Emerging Research Materials/Emerging Research Devices (ITRS ERM/ERD) 委員
 
Apr 2010
 - 
Today
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構  パワーエレクトロニクス技術委員会委員
 

Awards & Honors

 
Jun 2017
ボディーチャネル型MOSFETによる3次元集積化メモリー高度化の発明, 平成 29 年度全国発明表彰「21 世紀発明奨励賞」, 公益社団法人発明協会
Winner: 遠藤哲郎・国際集積エレクトロニクス研究開発センター センター長工学研究科 教授
 
Aug 2016
高性能不揮発性メモリとその評価・製造装置の開発、及び、国際産学連携集積エレクトロニクス研究開発拠点の構築, 第14回産学官連携功労者表彰「内閣総理大臣賞」, 内閣府
Winner: 遠藤哲郎・国際集積エレクトロニクス研究開発センター センター長工学研究科 教授
 
Sep 2012
Studies on Static Noise Margin and Scalability for Low-Power and High-Density Nonvolatile SRAM using Spin-Transfer-Torque (STT) MTJsに対する論文賞, 2012 SSDM Paper Award, 応用物理学会、IEEE
 
Sep 2012
不揮発性メモリの実用研究と立体構造メモリ・ロジックの先導研究, 第6回応用物理学会フェロー, 応用物理学会
 
Sep 2011
Raman-Scattering Spectroscopy of Epitaxial Graphene Formed on SiC Film on Si Substrateに対する論文賞, 平成23年度日本表面科学会論文賞, 日本表面科学会
Winner: Yu Miyamoto, Hiroyuki Handa, Eiji Saito, Atsushi Konno, Yuzuru Narita, Maki Suemitsu, Hirokazu Fukidome, Takashi Ito, Kanji Yasui, Hideki Nakazawa and Tetsuo Endoh
 

Published Papers

 
Tetsuo Endoh, Kazushi Kinoshita, Takuji Tanigami, Yoshihisa Wada, Kota Sato, Kazuya Yamada, Takashi Yokoyama, Noboru Takeuchi, Kenichi Tanaka, Nobuyoshi Awaya, Keizou Sakiyama, and Fujio Masuoka
IEEE Transactions on Electron Devices   Vol.50(No.4) 945-951   Apr 2003   [Refereed]
Tetsuo Endoh, Kazuhisa Sunaga, Hiroshi Sakuraba, and Fujio Masuoka
IEEE JOURNAL OF SOLID-STATE CIRCUITS   36(1) 34-39   Jan 2001   [Refereed]
Tetsuo Endoh and Kousuke Tanaka
Japanese Journal of Applied Physics   Vol. 46(No. 5B) 3189-3192   Apr 2007   [Refereed]
High Performance STT-MRAM and 3D NAND Memory with Vertical MOSFET Technology
Tetsuo Endoh
Communications Microsystems Optoelectronics Sensors Emerging Technologies Research 2017 (CMOSETR2017)      May 2017   [Invited]
Innovative Integrated Systems for IoT/AI
Tetsuo Endoh
Indiana University-Purdue University Indianapolis Nanotechnology Workshop      May 2017   [Invited]

Misc

 
遠藤 哲郎
科学技術振興機構(JST)「サイエンスポータル」コラムインタビュー記事      Dec 2017
遠藤 哲郎
日刊工業新聞1面      Nov 2017
遠藤 哲郎
日経エレクトロニクス 2016年12月号      Nov 2017
遠藤 哲郎
科学技術振興機構(JST)「サイエンスポータル」コラムインタビュー記事      Jan 2017

Books etc

 
MEMS/NEMS工学大全
遠藤 哲郎 (Part:Joint Work, 半導体パラメトリック技術とその応用)
㈱テクノシステム   Oct 2008   
【最新】携帯電話 技術全集
遠藤 哲郎 (Part:Joint Work, 第5章 大容量化・高性能化に向けたメモリ)
May 2008   
フラッシュメモリ技術ハンドブック
遠藤哲郎 (Part:Editor)
Aug 1993   

Conference Activities & Talks

 
High Performance STT-MRAM and 3D NAND Memory with Vertical MOSFET Technology
Tetsuo Endoh
Communications Microsystems Optoelectronics Sensors Emerging Technologies Research 2017 (CMOSETR2017)   29 May 2017   
Innovative Integrated Systems for IoT/AI
Tetsuo Endoh
Indiana University-Purdue University Indianapolis Nanotechnology Workshop   9 May 2017   
Embedded Nonvolatile Memory with STT-MRAMs and its Application for Nonvolatile Brain-Inspired VLSIs
Tetsuo Endoh
2017 International Symposium on VLSI Technology, Systems and Applications (VLSI-TSA)   24 Apr 2017   
STT-MRAM and its Application for Nonvolatile Brain-Inspired VLSIs
Tetsuo Endoh
SEMICON CHINA   12 Mar 2017   
IoT/AIチップの革新的集積システム開発プラットフォーム
遠藤哲郎
CRDSシンポジウム   7 Mar 2017   

Research Grants & Projects

 
パワーデバイスを含む省エネ半導体デバイスに関する研究, 5.省エネのためのパワーマネージメント回路システムに関する研究
Cooperative Research
Project Year: Apr 2012 - Today
Study on nano Structure Material and it's application for LSI
Cooperative Research
Project Year: Apr 1995 - Today
Study on 3D-device and it's system for silicon base ULSI
International Joint Research Projects
Project Year: Apr 1995 - Today
Study on device and system for ULSI based on silicon.
Cooperative Research
Project Year: Apr 1995 - Today

Social Contribution

 
第4回 集積エレクトロニクス技術・事業化検討会 「産学連携による集積エレクトロニクス及び次世代カーエレクトロニクスの事業化展望」
[Others]  27 Feb 2017
遠藤がセンター長を務める国際集積エレクトロニクス研究開発センタ-(CIES)として、次世代カーエレクトロニクスに関する最新技術動向及び事業化に関する検討会を主催した。
経済産業省東北経済産業局 ものづくりイノベーションセミナー「IoTに求められる革新的エレクトロニクス技術~オープンイノベーション型産学地域連携の重要性~」
[Others]  20 Dec 2016
遠藤がセンター長を務める国際集積エレクトロニクス研究開発センタ-(CIES)として、経済産業省東北経済産業局が主催したモノづくりイノベーションセミナーにおいて、基調講演を行った。
SEMICON Japan 2016「国際産学共同研究による革新的省エネルギー集積エレクトロニクスの創出~材料・デバイスから回路・システムまで~」
[Others]  14 Dec 2016 - 16 Dec 2016
遠藤がセンター長を務める国際集積エレクトロニクス研究開発センタ-(CIES)として、SEMICON Japan 2016に出展した。
投資家向けセミナー「スピントロニクスがもたらす可能性」
[Others]  24 Nov 2016
投資家向けセミナーにおいてスピントロニクスがもたらす可能性について講演を行った
産学パートナーシップ創造展「高性能不揮発性メモリとその評価・製造装置の開発、及び、国際産学連携集積エレクトロニクス研究開発拠点の構築」
[Others]  26 Aug 2016
遠藤がセンター長を務める国際集積エレクトロニクス研究開発センタ-(CIES)として、東京ビックサイトで開催された産学パートナーシップ創造展に出展した。

Others

 
Oct 2016   半導体集積デバイス向け二次元電子・スピン材料研究拠点
東北大学をハブ機関として、日本からは東京大学と筑波大学、英国からはケンブリッジ大学、フランスからはパリ南大学が参画し、二次元電子ガス中のスピン現象などの研究を推進し、将来の二次元電子やスピントロニクスの新規材料の探査研究を行う。
Oct 2016   世界の知を呼び込むIT/輸送システム分野融合型エレクトロニクス技術の創出
IT分野の基盤技術とAIとパワーデバイスなどの技術を融合させて輸送システム領域へと展開を図る産学共同研究プログラム。
Oct 2015   無充電で長時間使用できる究極のエコIT機器の実現
全ての階層で、不揮発性をベースとする最先端のスピントロニクス物理を駆使して、IT機器の電力使用量を劇的に減らし、充電ストレスのないエコ社会を実現する。
Apr 2014   GaN双方向電力変換機器の研究開発「
GaNベースのパワーデバイスを用いて、双方向電力変換機器を開発する。
Apr 2014   縦型BC-MOSFET による三次元集積工学と応用展開
CRESTで開発縦型トランジスターが持つ特徴を最大限生かし、ワーキングメモリーを中心にさまざまな集積回路への応用に向けた研究開発を行います。