菅野 均志

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/04 12:54
 
アバター
研究者氏名
菅野 均志
 
カンノ ヒトシ
eメール
hkannobios.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f9faf1ea2fbedead154fa90891af0703.html
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻 植物生産科学講座 土壌立地学分野
職名
准教授
学位
博士(農学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北大学大学院農学研究科 准教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
東北大学大学院農学研究科 助教
 
1995年4月
 - 
2007年3月
東北大学大学院農学研究科 助手
 
1992年10月
 - 
1995年3月
東北大学大学院農学研究科 教務職員
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本土壌肥料学会  理事
 
2017年4月
 - 
2018年3月
JARQ誌 論文審査  論文審査1件
 
2017年4月
 - 
2018年3月
Soil Science and Plant Nutrition 論文審査  論文審査1件
 
2016年4月
 - 
2017年3月
Catena誌 論文審査  論文審査1件
 
2016年4月
 - 
2017年3月
日本土壌肥料学雑誌 論文審査  論文審査2件
 

受賞

 
2016年9月
日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会運営委員会 日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会ポスター賞 黒ボク土類縁土壌に含まれる火山ガラスの起源推定と断面内分布
受賞者: 齋藤穂高・菅野均志・宮本毅・広井良美・高橋正・南條正巳
 
2015年9月
日本粘土学会 日本粘土学会論文賞 Vertical distribution of radiocesium in side bar deposits of the Utsushi and Agano rivers, Japan
受賞者: Masami Nanzyo, Hitoshi Kanno, Akira Takeda
 
2012年3月
日本ペドロジー学会 日本ペドロジー学会2012年度大会ポスター賞 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震津波の宮城県沿岸部農地への影響−広域土壌調査による農地344地点の被害状況−
受賞者: 菅野均志,伊藤豊彰,高橋正,南條正巳,島秀之,小野寺和英,金澤由紀恵,稲生栄子,森谷和幸,今野知佐子
 

論文

 
よい土とは何か?:エチオピア中央高原における有畜農耕の有機物移動に着目して
八下田佳恵・田中利和・菅野均志
生態人類学会ニュースレター   24 38-41   2018年12月   [招待有り]
澤田恵美,木村勝彦,八塚槙也,中村俊夫,宮本毅,中川光弘,長瀬敏郎,菅野均志,金旭,奥野充
福岡大学理学集報   48(2) 43-48   2018年9月
Yumika Takahashi, Randy A. Dahlgren, Hitoshi Kanno, Masami Nanzyo & Tadashi Takahashi
Soil Science and Plant Nutrition   64(1) 90-99   2018年2月   [査読有り]
Hitoshi Kanno
The 2011 Japan Earthquake and Tsunami: Reconstruction and Restoration (Springer International Publishing)   341-354   2017年7月   [査読有り][招待有り]
Advances in Natural and Technological Hazards Research 47
Kazuki Togami, Kenzo Miura, Kumiko Ito, Hitoshi Kanno, Tadashi Takahashi & Masami Nanzyo*
Soil Science and Plant Nutrition   63(2) 101-109   2017年3月   [査読有り]
IF値 0.954
宮城県北西山麓域における後期旧石器文化の研究1-加美町砂坂遺跡第1次発掘調査-
鹿又喜隆*,藤原二郎,小野章太郎,柳田俊雄,菅野均志,吉田邦夫
東北大学総合学術博物館紀要   16 5-26   2017年3月   [査読有り]
東日本大震災による津波被災農地土壌データベース
稲生栄子・森谷和幸・今野知佐子・小野寺和英・佐々木次郎・島秀之・伊藤豊彰・菅野均志
宮城県農業園芸綜合研究所報告   85 42-50   2017年3月   [査読有り]
Inhibitory effect of amorphous aluminum hydroxide gels on organic carbon decomposition in non-allophanic Andosols
Takumi Matsui, Tadashi Takahashi*, Hitoshi Kanno, Masami Nanzyo
ペドロジスト   60(1) 4-13   2016年6月   [査読有り]
土壌学的分析
菅野均志
最上川流域の後期旧石器文化の研究3 高倉山遺跡(東北文化資料叢書第9集 考古学資料)   60-62   2016年3月
東北大学大学院文学研究科東北文化研究室
Ayako Kusunoki, Masami Nanzyo*, Hitoshi Kanno, Tadashi Takahashi
Soil Science and Plant Nutrition   61(6) 910-916   2015年12月   [査読有り]
IF値 0.954
土壌センサを用いたワイヤレス環境モニタリングシステム
大場義之・菅野均志・大村道明・菊池務
IT・エレクトロニクス×地域活性化百選   17-17   2015年11月
一般社団法人 電子情報技術産業協会
津波被災農地の実態調査 2. 宮城県の広域土壌調査おける津波被災農地の実態把握
菅野均志
日本土壌肥料学雑誌   86(5) 399-400   2015年10月   [査読有り][招待有り]
Akiro Nishiue, Masami Nanzyo, Hitoshi Kanno, Tadashi Takahashi
Soil Science and Plant Nutrition   60(6) 848-862   2014年12月   [査読有り]
Vertical distribution of radiocesium in side bar deposits of the Utsushi and Agano rivers, Japan
Masami Nanzyo, Hitoshi Kanno, Akira Takeda
Clay Science   18(2) 43-52   2014年11月   [査読有り]
2011年5月の広域土壌調査から明らかになった仙台平野の津波被災農地の実態
菅野均志
ペドロジスト   58(1) 44-50   2014年6月   [査読有り][招待有り]
Makoto Miyazawa, Tadashi Takahashi, Takashi Sato, Hitoshi Kanno & Masami Nanzyo
Biology and Fertility of Soils   49 929-938   2013年3月   [査読有り]
東日本大震災による津波堆積物の化学的性質(宮城県南部)
稲生栄子・上山啓一・森谷和幸・今野知佐子・小野寺和英 ・島秀之・伊藤豊彰・菅野均志
宮城県農業園芸綜合研究所報告   81 63-87   2013年3月   [査読有り]
農産物の「安全・安心」のための放射線量モニタリングに関する考察〜比較的安価な線量計の性能確認とその活用方法について〜
大村道明・丸谷聡・菅野均志
農業経済研究報告   44 85-97   2013年2月   [査読有り]
Masami Nanzyo, Hirotoshi Onodera, Eiichi Hasegawa, Kumiko Ito, Hitoshi Kanno
Soil Science Society of America Journal   77 1452-1459   2013年   [査読有り]
Use of controlled-release fertilizers (CRF) as part of a precise nutrient management for paddy rice and corn cultivation in northeastern Japan
Hioshi Kanno
Proceedings of the International Workshop on Soil Information System-oriented Nutrient Management for Major Asian Crops   180-192   2012年11月   [査読有り][招待有り]
大津波の農耕地土壌への影響と塩害対策
菅野均志
環境情報科学   41(2) 5-9   2012年7月   [査読有り][招待有り]
東日本大震災による津波堆積物の化学的性質(県北部)
島秀之・小野寺和英 ・金澤由紀恵・佐藤一良・小野寺博稔 ・阿部倫則・若嶋惇子・稲生栄子 ・森谷和幸 ・今野知佐子 ・上山啓一 ・伊藤豊彰 ・菅野均志
宮城県古川農業試験場報告   10 33-42   2012年3月   [査読有り]
Ai Uozumi, Hiroki Ikeda, Masahiro Hiraga, Hitoshi Kanno, Masami Nanzyo, Manabu Nishiyama, Koki Kanahama, Yoshinori Kanayama
Scientia Horticulturae   138 1-6   2012年   [査読有り]
Contribution of soil components to adsorption of Pepper Mild Mottle Virus by Japanese soils
Ryota Yoshimoto, Hirotaka Sasaki, Tadashi Takahashi, Hitoshi Kanno, Masami Nanzyo
Soil Biology and Biochemistry   46 96-102   2011年12月   [査読有り]
黒ボク土の1M塩化カリウム抽出アルミニウムは何を測っているのか?
高橋正, 菅野均志, 辻村夏希, 南條正巳
日本土壌肥料学雑誌   82(1) 1-6   2011年2月   [査読有り]
Inhibitory effect of acid Andosols on plants - is aluminum toxicity true for allophanic Andosols?
Kohey Yamada, Kiyoshi Ito, Tadashi Takahashi, Hitoshi Kanno, Masami Nanzyo
Soil Science and Plant Nutrition   57 491-499   2011年   [査読有り]
Organic Carbon Accumulation in Andosols: (2) Contribution of Aluminum-humus Complexes to Carbon Accumulation in Non-allophanic Andosols
Tadashi Takahashi*, Kohei Yamada, Hitoshi Kanno, Masami Nanzyo
Journal of Integrated FIeld Science   7 69-72   2010年3月   [招待有り]
Organic Carbon Accumulation in Andosols: (3) Occurrence of Apatite and Biotite in Young and Matured Volcanic Ash Soils, and Discussions on Nutrient Supply for Ecosystems
Masami Nanzyo*, Hitoshi Kanno, Tadashi Takahashi
Journal of Integrated FIeld Science   7 73-77   2010年3月   [招待有り]
Organic Carbon Accumulation in Andosols: (1) Unaccounted Andosols in Japanese Forest Soil
Hitoshi Kanno*, Tadashi Takahashi, Masami Nanzyo
Journal of Integrated FIeld Science   7 65-67   2010年3月   [招待有り]
Identification of vivianite formed on the root of paddy rice grown in pots
Masami Nanzyo, Hidenori Yaginuma, Kana Sasaki, Kumiko Ito, Yoshio Aikawa, Hitoshi Kanno and Tadashi Takahashi
Soil Science and Plant Nutrition   56 376-381   2010年   [査読有り]
Research Topics on Volcanic Ash Soils -Properties, Genesis, Classification and Utilization
Masami Nanzyo*, Tadashi Takahashi, Hitoshi Kanno
Tohoku Journal of Agricultural Research   60(1-2) 33-37   2009年12月   [招待有り]
Use of soil database for pedological research as exemplified by volcanic ash soils
Masami Nanzyo*, Tadashi Takahashi, Hitoshi Kanno
Journal of Integrated Field Science   6 87-99   2009年3月
White Patchy Materials Formed in a Scoriacious Road-cut Profile on Miyake Island
Masami Nanzyo*, Taku Kato, Kenji Tamura, Teruo Higashi, Kumiko Ito, Hitoshi Kanno
Tohoku Journal of Agricultural Research   58(3-4) 53-63   2008年3月
Metal complexation of humus and horizon differentiation in Andisols and Spodosols
Masami Nanzyo*, Toyoaki Ito, Tadashi Takahashi, Hitoshi Kanno
Journal of Integrated Field Science   5 41-49   2008年3月
Uptake Process and Recovery of co-situs Applied Polyolefin-Coated Urea as Affected by Release Pattern on Corn (Zea mays L.) under Humid Climate in Northeastern Japan
Hitoshi Kanno
Tohoku Journal of Agricultural Research   58(3-4) 65-75   2008年3月
非アロフェン質黒ボク土におけるスイートコーンへの定植前リン苗施用法の効果
柿坂雄一,菅野均志,南條正巳,渡邊和洋
日本土壌肥料学雑誌   78(4) 395-398   2007年8月   [査読有り]
Phosphorus Foraging Root Growth of Brassica Plants in Humus-Rich P-Deficient Soils
Masami Nanzyo*, Hitoshi Kanno, Tadashi Takahashi
18th World Congress of Soil Science   154-65   2006年7月
Properties and Classification of Volcanic Soils derived from the 10th Century Eruptive Deposits in Changbai Volcano Area, Northeast China
Hitoshi Kanno*, Tsuyoshi Miyamoto, Masami Nanzyo
18th World Congress of Soil Science   126-2   2006年7月
Morphological and Selected Chemical Characteristics of Tephra-derived Soils in Changbai Volcano Area, Northeast China
Hitoshi Kanno*, Tsuyoshi Miyamoto, Masami Nanzyo
Journal of Integrated Field Science   2 13-18   2005年3月   [招待有り]
Reaction of split-dressed phosphorus with volcanic ash soils -A study on efficiency of controlled release phosphorus fertilizer-
H. Kanno*, M. Nanzyo
Proceedings of the 6th International Symposium on Plant-Soil Interactions at Low pH   320-321   2004年8月
Phosphorus foraging root development of Brassica rapa nothovar. grown in a phosphorus-deficient nonallophanic Andisol
M. Nanzyo*, N. Wada, H. Kanno
Plant and Soil   265 325-333   2004年4月   [査読有り]
Apatite in the Pyroclastic Flow Deposit (1990-1995) of the Unzen Volcano, Japan, and its Utilization by Buckwheat
M. Nanzyo*, Y. Ebuchi, H. Kanno
Phosphorus Research Bulletin   16 1-16   2003年10月   [査読有り]
白頭山(長白山)の爆発的噴火史の再検討
宮本毅*, 中川光弘, 長瀬敏郎, 菅野均志, 大場司, 北村繁, 谷口宏充
東北アジア研究   7 93-110   2003年3月
Effects of controlled release urea on growth of dent corn and movement of inorganic N around the application site in a nonallophanic Andisol
H. Kanno*, F. Fukushima, S. Yamasaki
Fertilizers in the Third Millennium - Fertilizer, Food Security and Environmental Protection - Proceedings of 12th World Fertilizer Congress of CIEC   2 1049-1055   2003年1月
未耕地アロフェン質黒ボク土におけるリン酸一安の肥効に対する被覆の効果
南條正巳*, 大張靖幸, 菅野均志, 山崎慎一
日本土壌肥料学雑誌   72(1) 69-76   2001年1月   [査読有り]
窒素肥料供給様式が施肥部からの無機態窒素の移動とデントコーン生育に及ぼす影響
菅野均志*, 福島健一, 山崎慎一
川渡農場報告   16 53-59   2000年12月
Improvement of nitrogen fertilizer availability by co-situs placement using polyolefin-coated fertilizers in corn production
H. Kanno*, S. Shoji, S. Yamasaki
Plant nutrition - for sustainable food production and environment   643-644   1997年9月   [査読有り]
肥効調節リン肥料を利用した火山灰土壌におけるデントコーンへの効果的リン施肥法の検討
菅野均志*, 馬渡達也, 庄子貞雄
川渡農場報告   12 51-57   1996年11月
Response of Corn to co-situs Application Using Polyolefin Coated Fertilizers
H. Kanno*, S. Shoji, T. Ito
Agronomy Abstract   401-401   1994年11月
肥効調節肥料を用いたデントコーンへの効率的リン施肥法
菅野均志*, 庄子貞雄, 伊藤豊彰
川渡農場報告   10 7-11   1994年11月
Use of Polyolefin-coated Fertilizers for Increasing Fertilizer Efficiency and Reducing Nitrate Leaching and Nitrous Oxide Emissions
S. Shoji*, H. Kanno
Fertilizer Research   39 147-152   1994年1月   [査読有り]
肥効調節肥料を用いたデントコーンへの接触施肥法
菅野均志*, 庄子貞雄, 伊藤豊彰
川渡農場報告   9 23-29   1993年11月

Misc

 
樹脂系被覆肥料を活用した施肥技術のあゆみ
菅野均志・西尾隆
日本土壌肥料学雑誌   86(1) 60-65   2015年2月
今後,土壌教育をどう進めるか
東照雄, 菅野均志, 瀧勝俊, 橋本均, 平井英明, 福田直, 田村憲司
日本土壌肥料学雑誌   84(2) 130-135   2013年4月
なぜ学校教科書や資料集の土壌分布図を改訂する必要があるのか
菅野均志
月刊 地理   55(3) 36-43   2010年2月
1/100万日本土壌図(1990)の読替えによる日本の統一的土壌分類体系-第二次案(2002)-の土壌大群名を図示単位とした日本土壌図
菅野均志, 平井英明, 高橋正, 南條正巳
ペドロジスト   52(2) 129-133   2008年12月
白頭山10世紀噴火の噴火推移
宮本毅*, 中川光弘, 大場司, 長瀬敏郎, 菅野均志, 谷口宏充
月刊 地球/号外   39 202-208   2002年12月

書籍等出版物

 
Inorganic Constituents in Soil - Basics and Visuals
Masami Nanzyo, Hitoshi Kanno (担当:共著)
Springer, Singapore   2018年10月   ISBN:978-981-13-1213-7
最新農業技術 土壌施肥 vol.4 −東日本大震災の農地汚染に挑む−
伊藤豊彰・菅野均志 (担当:共著, 範囲:津波,高潮による農地被害の原因と修復の考え方 9頁〜19頁)
農文協   2012年3月   
ロングとLPコートの開発その特性と施肥技術
菅野均志,巣立康博,山岡和美 (担当:共著, 範囲:第3章(ロングとLPコートの施肥技術)71頁〜127頁)
ジェイカムアグリ株式会社   2011年10月   
農業技術体系・土肥編追録第18号
菅野均志*
農山漁村文化協会   2007年3月   
新版 土をどう教えるか
福田正, 田村憲司, 平井英明, 田中治夫, 東照雄, 菅野均志 ほか(全13名) (担当:共編者, 範囲:7.3, 7.4, 7.5, 10.1, 10.2)
古今書院   2009年10月   ISBN:978-4-7722-5238-6
ページレイアウト担当

講演・口頭発表等

 
共によい土にする:エチオピア中央高原ウォリソにおける有畜農耕民の民族土壌学的研究
八下田佳恵*・田中利和・菅野均志
第27回日本ナイル・エチオピア学会   2018年4月22日   
よい土とは何か:エチオピア中央高原における有畜農業の有機物移動に着目して
八下田佳恵*・田中利和・菅野均志
第23回生態人類学会   2018年3月24日   
太白山東麓(仙台市太白区)にみられる黒ボク土類縁土壌の分布
生駒徳和*・菅野均志・高橋正・南條正巳
日本ペドロジー学会 2018年度大会   2018年3月2日   
ビビアナイト晶出による低地土水田作土からのリン回収
桜井萌々子*・南條正巳・菅野均志
日本土壌肥料学会 2017年度仙台大会   2017年9月7日   
ハロイサイトに富む土壌の高カリウムイオン選択性の機構解明-米国カリフォルニア州の火山灰土壌について-
高橋由美香・R. A. Dahlgren・菅野均志・南條正巳・高橋正*
日本土壌肥料学会 2017年度仙台大会   2017年9月7日   

競争的資金等の研究課題

 
褐色黒ぼく土の分布特性と地理情報システムによる空間解析
研究期間: 2008年4月 - 現在
水稲の硫黄欠乏発現にかかわる各種土壌因子の検討
研究期間: 2011年4月 - 現在
中国東北部長白山周辺地域の火山灰土壌の特性
研究期間: 2001年4月 - 2013年3月
短期的分施処理によるリン酸と土壌の反応性の変化 - 被覆リン酸肥料の肥効向上メカニズムの検討 -
研究期間: 1999年4月 - 2007年3月
中国・長白山10世紀噴火と周辺地域の生活・生産環境の変化に関する研究
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月

社会貢献活動

 
土のけしき・土のふしぎ
【その他】  2009年3月10日 - 2009年4月5日
企画展「東北大学総合学術博物館のすべて Ⅸ」
企画展「白頭山の謎」
【その他】  2008年10月7日 - 2008年10月26日
総合学術博物館主催の企画展「白頭山の謎」の開催協力(協力として大学院農学研究科がクレジットされている)
平成18年度高等学校理科実験研修会
【その他】  2006年10月24日
高等学校・特殊教育諸学校(高等部)理科実習教諭,実習講師,実習助手対象の研修会の講師として「土と向き合って〜土壌教育の重要性を考える〜」の講義および実習を実施した。
平成 27 年度東北復興支援シンポジウム
【その他】  2016年3月18日
津波被害を受けた農地土壌の概況とその対策について講演
第122回サイエンスカフェ 土を考える ~国際土壌年に寄せて~
【その他】  2015年11月27日
国際土壌年(2015年)を記念して南條教授が開催した東北大学サイエンスカフェでファシリテーターの一人として企画の実施をサポートした

その他

 
2017年8月   土壌センサを用いた土壌環境検証に係る共同研究
株式会社村田製作所との共同研究
研究目的
・基本的な数種の土性においてセンサの機能動作を検証し、常法との相関性の検証から有効性を導出するとともに、アルゴリズム開発によるセンサの高精能化を図る。
・新たに酸化還元センシング機能の検証を通じて、圃場における今後の検証指針を導出する。
研究内容
・サンド、シルト、クレイ等の基本的な土性における、VWC,EC測定値の土性依存性を調査する。方法は、上記の異なる土性サンプルの準備、基本的な数種の水分含有サンプルを用いた検量線の作成、常法との比較検証を実施する。
・酸化還元センサを用いた基本動作の検証、常法との比較検証、今後の実験計画の策定を実施する。
2016年6月   センサによる土壌環境検証及び状態モニタリングの共同研究
株式会社村田製作所との共同研究
研究目的
・土壌状態を定点観測し、イネ及びトマトの成長への影響を調査する。
・上記モニタリングを通じ、センサ機能動作の検証、及び最適設置方法の検討を行う。
研究内容
・グリーンハウスにおけるトマト栽培の灌漑システムによる管理データとセンサの
検出値を関連付け、さらに生育状態との関連を調査する。
 設置時期は定植後の7月中旬以降とし、モニタリングする。
・水田は前年同様、塩害耐性イネ系統の野外試験における土壌環境を検証するため、作土の塩分の状態をモニタリングする。設置時期は5月下旬の田植え以降とする。
2016年6月   センサによる土壌環境検証及び状態モニタリングの共同研究
株式会社村田製作所の開発したマルチモーダルセンサシステムを用いたワイヤレス土壌環境モニタリングシステムの実証試験を「塩害耐性イネ系統の野外試験地」および「トマトグリーンハウス」で行った。
2015年5月   センサによる土壌環境検証及び状態モニタリングの共同研究
株式会社村田製作所との共同研究
研究目的
・土壌状態を定点観測し、イネ及びトマトの成長への影響を調査する。
・上記モニタリングを通じ、センサ機能動作の検証、及び最適設置方法の検討を行う。
研究内容
・グリーンハウスにおけるトマト栽培の灌漑システムによる管理データとセンサの
検出値を関連付け、さらに生育状態との関連を調査する。
 設置時期は定植後の7月中旬以降とし、モニタリングする。
・水田は前年同様、塩害耐性イネ系統の野外試験における土壌環境を検証するため、作土の塩分の状態をモニタリングする。設置時期は5月下旬の田植え以降とする。
2014年5月   センサによる津波被災農地を対象とした土壌塩分状態モニタリング及び農業用地下水モニタリングの共同研究
株式会社村田製作所との共同研究
・畑に関しては転作ダイズの塩害及び湿害の状況を調査する。
 設置時期は種まき後の6月中旬以降とし、特に深さ方向の変化をモニタリングする。
・水田は前年同様、水田あたり3ヵ所、3深度で塩分の状況をモニタリングすることに加え、塩害耐性イネ系統の野外試験における土壌環境を検証するため、作土の塩分の状態をモニタリングする。設置時期は5月下旬の田植え以降とする。
・農業用地下水に関しては、適切な時期に設置方法も含め検討開始する。