安藤 朝夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/04 16:44
 
アバター
研究者氏名
安藤 朝夫
 
アンドウ アサオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b69219620de96059512f9c7004ee8ab2.html
学位
博士(工学)(京都大学), 学術博士(ペンシルベニア大学), 工学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 大学院情報科学研究科 人間社会情報科学専攻 社会経済情報学講座 地域計量システム分析分野 教授,人間社会情報科学専攻長
 
1983年
 - 
1984年
熊本大学工学部 講師
 
1984年
 - 
1994年
熊本大学工学部 助教授
 
1985年
   
 
京都大学工学部 流動研究員(学術振興会)
 
1992年
 - 
1993年
ペンシルベニア大学 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1983年
京都大学 工学研究科 交通土木工学
 
 
 - 
1981年
ペンシルベニア大学大学院 文理学研究科 地域科学
 
 
 - 
1976年
京都大学 工学研究科 交通土木工学
 
 
 - 
1974年
京都大学 工学部 交通土木工学
 

委員歴

 
2015年
 - 
2016年
応用地域学会  副会長
 
1996年
 - 
2014年
応用地域学会  運営委員
 
2006年
 - 
2014年
応用地域学研究  編集委員
 
1995年
 - 
2000年
日本不動産学会  学術委員
 
1996年
 - 
1997年
土木学会  論文集編集委員
 

受賞

 
1993年
交通工学研究会論文賞
 

Misc

 
大規模住宅団地は住民の年齢構成を偏らせるか?-東京都小地域コホート分析の応用
宅間文夫,安藤朝夫
応用地域学研究   (20) 37-49   2016年
A Unified Framework of Trade in Value Added; Physical, Monetary, Exchange Rates, and GHG Emissions
Asao Ando, Bo Meng
IDE Discussion Papers   (563) 1-15   2016年
Spatial Price Equilibrium and the Transport Sector: A Trade-Consistent SCGE Model
Asao Ando, Bo Meng
IDE Discussion Papers   (447) 1-26   2014年
鈴木一輝,安藤朝夫
都市計画論文集   48(3) 339-344   2013年

書籍等出版物

 
不動産学事典
住宅新報社   2002年   
Regional Science; Perspectives for the Future
St. Martin's Press   1997年   
都市と土地の経済学
日本評論社   1995年   
図説都市計画:手法と基礎知識
丸善   1992年   
土木工学ハンドブック
技報堂   1989年   

講演・口頭発表等

 
A Monocentric City with Part-time Farmers
63rd North American Meeting, Regional Science Association   2016年   
A Statistical Approach to Comparative Statics; An Example of Transport Improvement and Taxation (Revised)
6th Asian Seminar in Regional Science   2016年   
A Statistical Approach to Comparative Statics; An Example of Transport Improvement and Taxation
62nd North American Meeting, Regional Science Association   2015年   
Spatial Price Equilibrium and the Transport Sector; An Inference from an SCGE Model for China
8th Japan-China Joint Seminar on Sustainable Management of Cities and Regions under Disaster and Environmental Risks   2015年   
A Unified Framework of Trade in Value Added; Physical, Monetary, Exchange Rates, and GHG Emissions
23rd International Input-Output Conference   2015年   

競争的資金等の研究課題

 
空間応用一般均衡モデルによる経済評価
研究期間: 1993年 - 1995年
大都市圏の地価形成とその時空間的波及
研究期間: 1997年 - 1999年
付加価値貿易と均衡成長経路に関する多国間経済分析
研究期間: 2007年   
人口減少問題への応用都市経済学アプローチ
研究期間: 2014年