平田 和穂

J-GLOBALへ         更新日: 09/09/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
平田 和穂
 
ヒラタ カズホ
URL
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/anat1/
所属
九州大学
部署
大学院医学研究院 系統解剖学分野
職名
講師
学位
農学修士(九州大学), 医学博士(九州大学)

研究分野

 
 

Misc

 
Hirata K, Zhou C, Nakamura K, Kawabuchi M
J Neurocytol :   26 799-809   1997年
Shariful Islam ATM, Nakamura K, Seki T, Kuraoka A, Hirata K, Emson PC, Kawabuchi M
Dev Brain Res   107(2) 191-205   1998年
Zhou C, Kawabuchi M, He J-W, Kuraoka A, Hirata K, Wang S-G, Nada O
Arch Histol Cytol   62(3) 261-272   1999年
Hirata K, Mitoma H, Ueno N, He J-W, Kawabuchi M
J Neurocytol.   28 685-695   1999年
He J, Hirata K, Kuraoka A, Kawabuchi M
Brain Res Protocols   5 223-230   2000年

講演・口頭発表等

 
Expression of SDF1 in reactive astrocytes of the rat
第32回日本神経科学大会Neuroscience 2009   2009年   

Works

 
NDRG1の神経系における発現機序 
2001年 - 2003年
軸索傷害型GBSの抗神経毒素療法の開発
2004年 - 2005年
新規蛍光物質Fluolidの生体分子標識へのアプリケーション開発
2006年

競争的資金等の研究課題

 
末梢神経再生機構
末梢神経損傷モデルを用いてその再生に係る細胞および分子機構について解析する
蛍光SEMと新規蛍光試薬の開発
先導的技術実用化促進のための研究
研究期間: 2006年   
SEMに蛍光顕微鏡を組み込んだ蛍光SEMの開発改良を行なう。一方、この装置用の生物試料の作成技術を改良する。とりわけ物理安定性の高い蛍光物質Fluolidはその標識プローブとして有用でありその改良をも行う。
嗅覚系ニューロン再生機構 
研究期間: 2005年   
嗅上皮内の第一次嗅覚ニューロンは成体においても絶えず新生が行われている。その新生機構(とりわけ二次嗅覚ニューロンとのシナプス再形成機構)におけるグリア細胞の関与について主として形態学的に解析を行う