森本幸生

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/17 13:44
 
アバター
研究者氏名
森本幸生
 
モリモト サチオ
ハンドル
handle0184603
eメール
morimotoiuhw.ac.jp
URL
https://orcid.org/0000-0001-9171-3636
所属
国際医療福祉大学
職名
教授
学位
理学博士(九州大学), 理学修士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 教授
 
2007年
   
 
九州大学大学院医学研究院臨床薬理学分野准教授
 
1997年
   
 
九州大学医学部臨床薬理学講座助教授
 
1996年
   
 
九州大学医学部臨床薬理学講座講師
 
1994年
   
 
九州大学医学部臨床薬理学講座助手
 

委員歴

 
 
   
 
科学技術振興機構  知財活用促進ハイウェイ外部専門委員
 
 
   
 
科学技術振興機構  震災対応「研究シーズ探索プログラム」外部評価委員
 
2008年
 - 
現在
Journal of Molecular and Cellular Cardiology  Editorial Board
 
2011年
 - 
現在
Journal of Geriatric Cardiology  Editorial Board
 
2018年8月
 - 
現在
Heliyon  Editorial Board
 

論文

 
Kengo Hayamizu, Sachio Morimoto, Miki Nonaka, Sumio Hoka, Toshiyuki Sasaguri
Archives of Biochemistry and Biophysics   637 40   2018年1月   [査読有り]
Takuro Arimura, Antoine Muchir, Masayoshi Kuwahara, Sachio Morimoto, Taisuke Ishikawa, Cheng-Kun Du, Dong-Yun Zhan, Shu Nakao, Noboru Machida, Ryo Tanaka, Yoshihisa Yamane, Takeharu Hayashi, Akinori Kimura
American Journal of Physiology-Heart and Circulatory Physiology   314(6) H1192   2018年6月   [査読有り]
Dong-Yun Zhan, Cheng-Kun Du, Tsuyoshi Akiyama, Sachio Morimoto, Shuji Shimizu, Toru Kawada, Mikiyasu Shirai, James T Pearson
Autonomic Neuroscience      2017年7月   [査読有り]
Shinichi Okuda, Yoko Sufu-Shimizu, Takayoshi Kato, Masakazu Fukuda, Shigehiko Nishimura, Tetsuro Oda, Shigeki Kobayashi, Takeshi Yamamoto, Sachio Morimoto, Masafumi Yano
Biochemical and Biophysical Research Communications   496(4) 1250   2018年2月   [査読有り]
Nishii K, Seki A, Kumai M, Morimoto S, Miwa T, Hagiwara N, Shibata Y, Kobayashi Y.
Mechanisms of Development   140 41-52   2016年   [査読有り]

Misc

 
血管平滑筋の収縮制御機構
森本幸生
Biomedica,北隆館   7 531-534   1992年
筋収縮のカルシウム調節
病態生理,永井書店   14(11) 951-959   1995年
骨格筋収縮・弛緩のCa2+制御
森本幸生、大槻磐男
蛋白質・核酸・酵素   43(10) 1112-1120   1998年
筋収縮と弛緩の分子生物学
森本幸生、大槻磐男
臨床神経科学   17(10) 1094-1098   1999年
遺伝子異常から肥大型心筋症形成へのメカニズム, 特集「心筋症-新しく見直された病態・治療」 
森本幸生
CARDIAC PRACTICE   17(1) 41-45   2006年

書籍等出版物

 
医科生化学
講談社   2000年   ISBN:4-06-153663-X
肥大型心筋症ハンドブック ― life long disease としてのマネジメント
日本医事新報社   2007年   ISBN:978-4-7849-5416-2
モデル動物の作製と維持
(株)エル・エス・シー   2004年   

講演・口頭発表等

 
A mouse knock-in model of DCM caused by ΔK210 mutation in cardiac troponin T and its molecular pathogenic mechanism (Invited Speaker) .
2nd World Congress of International Academy of Cardiovascular Science (7/14-16:Sapporo) Symposium “Molecular Biology of Heart Failure”: Morimoto, S.   2006年   
A knock-in mouse model for dilated cardiomyopathy caused by ΔK210 mutation in cardiac troponin T and its molecular pathogenic mechanism. (platform)
Biophysical Society 50th Annual Meeting (2/18-22:Salt Lake City, Utah, USA) Morimoto, S., Du, C.-K., Lu, Q.-W., Nishii, K., Minakami, R., Ohta, M., Oka, N., Tadano, N., Miyazaki, J., Yamamura, K., Ohtsuki, I.   2006年   
トロポニン異常による心筋症(招待講演)
第83回 日本生理学会大会(3/28-30:前橋) JPS発刊記念シンポジウム: 森本 幸生   2006年   
心筋トロポニンT遺伝子突然変異による拡張型心筋症マウスノックインモデルと薬物治療(招待講演)
第83回 日本生理学会大会(3/28-30:前橋) シンポジウム"不全心モデルの治療に向けての基礎的な試み": 森本 幸生   2006年   
Familial hypertrophic cardiomyopathy: A sarcomere disease (Invited Speaker)
Cardiovascular System Dynamics Society XVI International Conference (7/1-4:Banff, Alberta, Canada): Morimoto, S.   2004年   

Works

 
遺伝子改変体(マウス)を使ってのトロポニンの構造と機能の研究
2000年

競争的資金等の研究課題

 
拡張型心筋症における脳セロトニン合成律速酵素Tph2遺伝子機能的多型の役割
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 森本幸生
ノックインマウスを用いたヒト遺伝性心筋症の病態形成メカニズム解明と治療薬の検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 杜 成坤
環境ストレスで生じた遺伝子変異による難治疾患の発症解明-網羅的解析とゲノム編集-
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 水上洋一
心不全発症におけるGSK-3βを介した心肥大抑制メカニズムの役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 森本幸生
中枢神経を標的にした心不全致死病態の治療に関する基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 白井 幹康