南部 智憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 09:56
 
アバター
研究者氏名
南部 智憲
 
ナンブ トモノリ
通称等の別名
Nt004193
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
材料工学科
職名
教授
学位
工学(博士)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
   
 
-  鈴鹿工業高等専門学校 材料工学科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1994年
豊橋技術科学大学 工学研究科 生産システム工学
 
 
 - 
1992年
豊橋技術科学大学 工学部 生産システム工学課程
 

Misc

 
Suzuki A., Yukawa H., Nambu T., Matsumoto Y., Murata Y.
MATERIALS TRANSACTIONS   57(5) 695-702   2016年
The hydrogen permeability of Pd–Ag alloy membranes has been investigated over a wide temperature range between 100℃ and 500℃. The hydrogen permeation coefficient, Φ, for Pd–23mol%Ag decreases with decreasing temperature above 300℃, in good agreeme...
Morimoto S., Yukawa H., Nambu T., Murata Y.
MATERIALS TRANSACTIONS   57(3) 423-427   2016年
The possibility of a new ammonia synthesis process has been investigated by utilizing V-based alloy membrane under moderate temperature and pressure conditions. Three membrane samples with different coating conditions of Pd-Ag alloy on the outlet ...
Suzuki A., Yukawa H., Nambu T., Matsumoto Y., Murata Y.
MATERIALS TRANSACTIONS   0(0)    2016年
The hydrogen permeability of Pd–Ag alloy membranes has been investigated over a wide temperature range between 100℃ and 500℃. The hydrogen permeation coefficient, Φ, for Pd–23mol%Ag decreases with decreasing temperature above 300℃, in good agreeme...
Suzuki A., Yukawa H., Ijiri S., Nambu T., Matsumoto Y., Murata Y.
MATERIALS TRANSACTIONS   0(0)    2015年
The alloying effects of chromium, molybdenum, tungsten, iron and cobalt on the hydrogen solubility of vanadium have been investigated systematically. The addition of iron or cobalt into vanadium decreases the hydrogen solubility more significantly...
Suzuki A., Yukawa H., Ijiri S., Nambu T., Matsumoto Y., Murata Y.
MATERIALS TRANSACTIONS   56(10) 1688-1692   2015年
The alloying effects of chromium, molybdenum, tungsten, iron and cobalt on the hydrogen solubility of vanadium have been investigated systematically. The addition of iron or cobalt into vanadium decreases the hydrogen solubility more significantly...

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
非パラジウム系水素分透過膜合金の設計開発
研究期間: 2003年   
高い水素透過能と優れた耐水素脆性とを兼ね備えたニオブ系水素透過膜合金を設計開発する。
パラジウム系水素透過膜合金の設計開発
研究期間: 2007年   
耐久性に優れたパラジウム系水素透過膜合金を設計開発する。
希薄水素混合バイオガスの有効利用に向けた高効率水素分精製技術の開発
JST地域イノベーション創出総合支援事業
研究期間: 2008年   
バイオマスから生産される水素分圧が10%以下の希薄な混合ガスより、水素ガスを高効率に分離精製する技術を開発する。
リチウムイオン二次電池用電極材料の量子構造計算
研究期間: 2006年   
リチウムイオン二次電池用負極合金の電子状態を計算し、Li周囲の局所量子構造を明らかにする。得られた計算結果に基づき、Li吸蔵量の高い合金を設計開発する。