高橋 薫

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/01 17:56
 
アバター
研究者氏名
高橋 薫
 
タカハシ カオル
eメール
kaoruariake-nct.ac.jp
所属
有明工業高等専門学校
職名
校長
学位
博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
独立行政法人国立高等専門学校機構 有明工業高等専門学校 校長
 
2014年
 - 
2016年
国立高等専門学校機構 研究・産学連携推進室 教授・室長(仙台高等専門学校・教授)
 
2013年
 - 
2014年
国立高等専門学校機構 地域イノベーション推進本部 産学連携・知的財産推進室 教授・室長(仙台高等専門学校・教授)
 
2009年
 - 
2013年
仙台高等専門学校 情報システム工学科 教授
 
1999年
 - 
2009年
仙台電波工業高等専門学校 情報通信工学科 教授
 
1995年
 - 
1999年
仙台電波工業高等専門学校 情報通信工学科 助教授
 
1993年
 - 
1995年
高度通信システム研究所 客員研究員
 
1992年
 - 
1993年
東北大学 電気通信研究所 助手
 
1974年
 - 
1992年
東北大学 電気通信研究所 文部技官
 
1972年
 - 
1974年
日本ユニバック SE
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
九州工学教育協会  理事
 
1987年
 - 
現在
情報企画調査会  FDT-SWG小委員会委員(現在オブザーバ)
 
1985年
 - 
現在
電子情報通信学会  論文誌査読委員
 
1985年
 - 
現在
情報処理学会  論文誌査読委員
 
 
 - 
現在
多数の国際会議・シンポジウム  プログラム委員・運営委員等
 
2012年
 - 
2012年
ISTS2012国際シンポジウム  プログラム委員長
 
2000年
 - 
2001年
JICA  技術協力員
 
1997年
 - 
1999年
情報処理学会  東北支部評議員
 

受賞

 
2012年
国立高等専門学校 教員顕彰理事長賞
 
1997年
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞
 
1991年
電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)
 
1985年
情報処理学会創立25周年記念論文賞
 

論文

 
Proposal of IEEE 802.11 Wake-Up Control Method Using IEEE 802.15.4 for Low Energy Consumption
H. Kobayashi, S. Izumi and K. Takahashi
Proc. 2018 5th International Conference on Business and Industrial Reaseach (ICBIR2018)      2018年5月   [査読有り]
Verification of RBAC Model Using the Model Checker NuSMV
D.Suzuki, H.Kobayashi, K.Okamoto and K.Takahashi
Proc. 2nd International Symposium on Technology for Sustainability - ISTS2012   00029    2012年   [査読有り]
A Method of Environment Recognition using Wireless Network
H.Kobayashi, K.Takahashi and A.Sugiura
Proc. 1st International Symposium on Technology for Sustainability - ISTS2011   003    2012年   [査読有り]
An Access Control for Personal and Group Information based on a Role Ontology
J.Ito, S.Sato, H.Kobayashi and K.Takahashi
Proc. 1st International Symposium on Technology for Sustainability - ISTS2011   CIT-011    2012年   [査読有り]
Application of Ontology to Hydroponics
A.Phutthisathian, N.Pantasen, N.Maneerat, R.Varakulsiripunth, K.Takahashi and Y.Kato
Proc. 1st International Symposium on Technology for Sustainability - ISTS2011   CIT-018    2012年   [査読有り]
K.Homma, S.Izumi, K.Takahashi and A.Togashi
IEICE Transactions on Information and Systems   E94-D(5) 989-999   2011年   [査読有り]
K.Watanabe, T.Takahashi, T.Ando, K.Takahashi, Y.Sasaki and T.Funakoshi
Proc. 2010 International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2010)   346-350   2010年   [査読有り]
Modeling and Verification of Web Applications Using Formal Approach
K.Homma, S.Izumi, K.Takahashi and A.Togashi
International Journal of Computer and Information Science (IJCIS)   11(2)    2010年   [査読有り]
K.Homma, S.Izumi, Y.Abe, K.Takahashi and A.Togashi
Proc. the 2010 10th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2010)   137-140   2010年   [査読有り]
A Privacy-based Personal and Group Information Modeling in Semantic Web
K.Sato, S.Izumi, Y.Kato and K.Takahashi
Proc. the 13th IASTED International Conference on Internet and Multimedia Systems and Applications (IMSA 2009)   655-035    2009年   [査読有り]
Ontology-based E-health System with Thai Herb Recommendation
T.Kato, N.Maneerat, R.Varakulsiripunth, Y.Kato and K.Takahashi
Proc. the 6th International Joint Conference on Computer Science and Software Engineering (JCSSE2009)      2009年   [査読有り]
Viewing Ontologies with Spatial and Temporal Information
N.Yasuda, K.Sato, S.Izumi, Y.Kato, K.Takahashi and N.Shiratori
ASWC2008 Poster and Demo Proceedings   3-4   2009年   [査読有り]
オントロジを利用した健康支援システムの提案とその評価
和泉諭, 加藤靖, 高橋薫, 菅沼拓夫, 白鳥則郎
情報処理学会論文誌   49(2) 822-837   2008年   [査読有り]
An e-Health Advice System with Thai Herb and an Ontology
T.Nantiruj, N.Maneerat, R.Varakulsiripunth, S.Izumi, N.Shiratori, T.Kato, Y.Kato and K.Takahashi
Proc. the 3rd International Symposium on Biomedical Engineering (ISBME 2008)   315-319   2008年   [査読有り]
Design and Implementation of a Health Management Support System Using Ontology
D.Kuriyama, S.Izumi, G.Itabashi, S.Kimura, Y.Ebihara, K.Takahashi and Y.Kato
Proc. the International Conference on Engineering, Applied Sciences, and Technology (ICEAST 2007)      2007年   [査読有り]
A Health Advice Derivation System based on an Ontology
S.Izumi, N.Yasuda, G.Itabashi, Y.Kato, K.Takahashi, T.Suganuma and N.Shiratori
International Semantic Web Conference 2007 + Asian Semantic Web Conference 2007 Poster+Demo Proceedings, pp.35-36      2007年   [査読有り]
An Ontology-based Advice System for Health and Exercise
S.Izumi, D.Kuriyama, G.Itabashi, A.Togashi, Y.Kato and K.Takahashi
Proc. the 10th IASTED International Conference on Internet and Multimedia Systems and Applications (IMSA 2006)   535-029 95-100   2006年   [査読有り]
Y.Takahashi, T.Abiko, E.Negishi, G.Itabashi, Y.Kato, K.Takahashi and N.Shiratori
Proc. 19th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2005)   197-202   2005年   [査読有り]
G.Itabashi, K.Takahashi, Y.Kato, T.Suganuma and N.Shiratori
Proc. 19th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2005)   99-104   2005年   [査読有り]
Specification and Verification of Digital Logic and PLCs using an Automaton Model with Delays
S.Izumi, K.Yamanaka, Y.Kato and K.Takahashi
Proc. 2005 Fifth International Conference on Information, Communications and Signal Processing (ICICS 2005)   1421-1424   2005年   [査読有り]
A Support System for Home Care Service Based on Multi-agent System
G.Itabashi, M.Chiba, K.Takahashi and Y.Kato
Proc. 2005 Fifth International Conference on Information, Communications and Signal Processing (ICICS 2005)   1052-1056   2005年   [査読有り]
状態遅延と入力遅延を導入したオートマトンによるディジタル論理とPLCの仕様化
山中一宏, 和泉諭, 加藤靖, 高橋薫
電子情報通信学会論文誌   Vol.J88-D-I(No.11) 1718-1722   2005年   [査読有り]
Composition of Service and Protocol Specifications in Asynchronous Communication System
IEICE Transactions on Information and Systems   Vol. E87-D, No. 10, pp.2306-2317    2004年   [査読有り]
State Machine Specification with Reusability
G.Itabashi, K.Takahashi, Y.Kato, T.Suganuma and N.Shiratori
IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E87-A(No.11) 2885-2894   2004年   [査読有り]
Specification and Analysis of The Contract Net Protocol based on State Machine Model
IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E85-A, No.11, pp.2447-2452    2002年   [査読有り]
On Constructing n-Entities Communication Protocol and Service with Alternative and Concurrent Functions
IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E85-A, No.11, pp.2426-2435    2002年   [査読有り]
工学教育   50巻2号,pp.31-38    2002年   [査読有り]
命題論理に基づいた並行システムの制約付き仕様記述
電子情報通信学会論文誌   Vol.J85-D-I, No.1, pp.91-94    2002年   [査読有り]
Proc. 15th International Conference on Information Networking   pp.171-178    2001年   [査読有り]
Proc. 9th IEEE International Conference on Networks      2001年   [査読有り]
場と有限状態機械の概念に基づいたモバイル並行システムの仕様化手法とその適用
情報処理学会論文誌   第42巻,第12号,pp.3041-3053    2001年   [査読有り]
Specification of a Mobile System based on Finite State Model
Proc. 1st International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies   pp.209-214    2000年   [査読有り]
Proc. 11th International Workshop on Database and Expert Systems Applications   pp.15-19    2000年   [査読有り]
Computer Networks   Vol.32, pp.229-256    2000年   [査読有り]
Specification of a Concurrent System based on Propositional Logic
情報処理学会論文誌   第40巻,第1号,pp.322-332    1999年   [査読有り]
A Correctness Preserving Composition of Service and Protocol Specifications
Proc. 13th International Conference on Information Networking   pp.3D-3.1-3D-3.6    1999年   [査読有り]
Interdisciplinary Information Sciences   Vol.5, No.1, pp.87-98    1999年   [査読有り]
Maintenance of Ambiences for Mobile Systems
Proc. 1999 International Conference on Parallel Processing   pp.498-507    1999年   [査読有り]
A Compositional Approach for Constructing Communication Services and Protocols
IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E82-A, No.11, pp.2546-2557    1999年   [査読有り]
Specification and Validation of a Dynamically Reconfigurable System
IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E81-A, No.4, pp.556-565    1998年   [査読有り]
A Concurrent Calculus with Geographical Constraints
IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E81-A, No.4, pp.547-555    1998年   [査読有り]
Composition of Protocol Functions
IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E81-A, No.4, pp.586-595    1998年   [査読有り]
Making Changes in Formal Protocol Specifications
IEICE Trans. Communications   Vol.E80-B, No.6, pp.974-978    1997年   [査読有り]
On a Concurrency Calculus for Design of Mobile Telecommunication systems
Formal Description Techniques and Protocol Specification, Testing and Verification, FORTE X/PSTV XVII '97   pp.535-546    1997年   [査読有り]
A Flexible Verifier of Temporal Properties for LOTOS
IEICE Trans. Information and Systems   Vol.E79-D, No.1, pp.8-21    1996年   [査読有り]
Automatic Modification of a Protocol Specification based on Changes of a Service Specification
Proc. 1996 International Conference on Parallel and Distributed Systems   pp.129-134    1996年   [査読有り]
A Flexible Protocol Synthesis Method for Adopting Requirement Changes
Proc. 1996 International Conference on Parallel and Distributed Systems   pp.319-326    1996年   [査読有り]
A Topological Framework of Stepwise Specification for Concurrent Systems
IEICE Trans. Fundamentals   Vol.E79-A, No.11, pp.1760-1767    1996年   [査読有り]
An Integrated Environment for Communication Software Design
Proc. 7th International Workshop on Computer-Aided Software      1995年   [査読有り]

Misc

 
高専教員について改めて考える
高橋 薫
日本高専学会誌   22(1) 1-1   2017年1月
それって何?「人工知能」
高橋 薫
有明新報      2016年11月
KOSENの窓「美しい有明地域とともに」
高橋 薫
有明新報      2016年6月
通信環境を考盧したIEEE802.15.4のAckとLQIを用いた動的バックオフ制御手法の提案
村上厚介,小林秀幸,高橋薫,杉浦彰彦
電子情報通信学会ソサイエティ大会      2015年
NetCommonsとReaD&Researchmapを利用した研究情報システムの構築
高橋薫, 関口佑佳, 永原篤, 新井紀子
情報処理学会全国大会      2014年3月
RBACモデルの検証支援ツール
佐藤友昭, 鈴木大輝, 小林秀幸, 岡本圭史, 高橋薫
電子情報通信学会総合大会      2013年
規格間干渉の可視化ツールの開発
小林祐貴, 岡本圭史, 高橋薫, 上原秀幸, 小林秀幸
情報処理学会第75回全国大会      2013年
ユーザコンテキストに基づいた個人・組織情報へのアクセス制御
伊藤仁, 小林秀幸, 岡本圭史, 青野雅樹, 高橋薫
電子情報通信学会総合大会      2013年
自学型習熟度別プログラミング教育の実践
笈口誠志, 菅原浩弥, 速水健一, 高橋薫
高専教育   (36) 109-114   2013年   [査読有り]
RBACモデルの形式検証
鈴木大輝, 小林秀幸, 岡本圭史, 高橋薫
FIT2012(第11回情報科学技術フォーラム)      2012年
ユーザコンテキストに基づいた個人・組織情報へのアクセス制御
伊藤仁, 小林秀幸, 岡本圭史, 青野雅樹, 高橋薫
信学技報      2012年
モデル検査器NuSMVを用いたオントロジーの検証
阿部雄貴, 和泉諭, 小林秀幸, 高橋薫
情報処理学会研究報告      2012年
ロールオントロジーに基づいた個人・組織情報への動的なアクセス制御
佐藤晋也, 伊藤仁, 三浦忠善, 和泉諭, 小林秀幸, 青野雅樹, 高橋薫
第6回情報処理学会東北支部研究会      2012年
地域に開かれた高専を目指した取組み
佐藤公男,小松京嗣,關成之,久保田佳克,高橋薫
高専教育   (35) 601-606   2012年   [査読有り]
モデル検査ツールNuSMVを用いたオントロジー検証
阿部雄貴, 鈴木大輝, 和泉諭, 小林秀幸, 高橋薫
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム)      2011年
ロールオントロジーに基づいた個人・組織情報への動的なアクセス制御
佐藤晋也, 伊藤仁, 和泉諭, 小林秀幸, 高橋薫
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム)      2011年
NuSMVを用いたオントロジ検証
阿部雄貴, 和泉諭, 本間圭, 富樫敦, 高橋薫
情報処理学会第72回全国大会      2010年
プライバシーを考慮した個人・組織情報検索システム
佐藤晋也,佐藤加奈, 加藤靖, 高橋薫
情報処理学会第72回全国大会      2010年
形式的手法と検査ツールによるモデル検査事例と考察
佐藤祐太, 本間圭, 高橋薫, 和泉諭, 阿部雄貴, 富樫敦
情報処理学会第72回全国大会      2010年
変数を用いたWebアプリケーションのモデル化と形式的手法による検査
本間圭, 高橋薫, 和泉諭, 阿部雄貴, 富樫敦
電子情報通信学会ソフトウェアインタプライズモデリング研究会, 信学技報      2009年
OWLによる個人・組織情報のモデル化とプライバシーの取扱い
佐藤加奈, 佐藤晋也, 加藤靖, 高橋薫
第8回情報科学技術フォーラム(FIT2009)      2009年
モデル検査を用いたオントロジの検証
和泉諭, 本間圭, 富樫敦, 高橋薫
第8回情報科学技術フォーラム(FIT2009)      2009年
形式的手法によるWebアプリケーションのモデル化と検証
本間圭, 高橋薫, 富樫敦
電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 信学技報      2009年
画面遷移を用いたWebアプリケーションのモデル化とSPINによる検証
本間圭, 高橋薫, 富樫敦
情報処理学会第71回全国大会      2009年
オントロジを利用した健康支援システムの設計と実装
和泉諭, 栗山大, 三浦祐太朗, 安田尚史, 四倉涼, 加藤靖, 高橋薫
電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会      2007年
健康状態を考慮した運動アドバイス提供システム―運動アドバイスの提示―
四倉涼, 和泉諭, 高橋薫, 加藤靖
情報処理学会第69回全国大会      2007年
健康状態を考慮した運動アドバイス提供システム―推論メカニズム―
安田尚史, 三浦祐太朗, 和泉諭, 加藤靖, 高橋薫
情報処理学会第69回全国大会      2007年
健康福祉のための先進的エージェント・ネットワークに関する研究
野口正一,富樫敦,高橋薫他
第3回戦略的情報通信研究開発推進制度 成果発表会      2007年
健康に関する領域オントロジの構築
和泉諭, 佐藤ひかり, 青木浩之, 結城啓, 大場俊輔, 板橋吾一, 加藤靖, 高橋薫, 富樫敦
情報処理学会第68回全国大会      2006年
健康に関するルール構築と健康アドバイスへの適用
板橋吾一, 和泉諭, 湯本純也, 高橋薫, 加藤靖, 富樫敦
情報処理学会第68回全国大会      2006年
オントロジに基づいた健康アドバイス導出システム
三浦祐太朗, 和泉諭, 栗山大, 富樫敦, 加藤靖, 高橋薫
第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)      2006年
健康アドバイス導出のための領域オントロジと推論ルール
和泉諭, 栗山大, 富樫敦, 加藤靖, 高橋薫
第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)      2006年
Bluetooth 通信を用いた生体情報監視システムの構築
栗山大, 和泉諭, 富樫敦, 高橋薫, 加藤靖
第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)      2006年
種々の手法によるディジタルロジックの仕様記述とそれらの比較
電子情報通信学会信学技報      2004年
状態マシンモデルに基づいたセキュリティプロトコルの仕様化
電子情報通信学会信学技報      2004年
オートマトンモデルに基づいたディジタルロジックの仕様化と検証
山中一宏, 和泉諭, 加藤靖, 高橋薫
電子情報通信学会技術研究報告      2004年
オントロジーに基づいた暗号学習用のe-Learningシステム
高橋圭仁, 安孫子友美, 根岸英梨子, 板橋吾一, 加藤靖, 高橋薫
電子情報通信学会技術研究報告      2004年
オブジェクト指向を導入した状態マシン記述
電子情報通信学会、信学技報      2003年

書籍等出版物

 
白鳥則郎・高橋薫 (担当:共著)
森北出版   2000年1月   ISBN:4627826516
白鳥 則郎, 神長 裕明, 高橋 薫 (担当:共著)
昭晃堂   1997年4月   ISBN:4785631031
高橋薫, 神長裕明 (担当:共著)
カットシステム   1994年4月   ISBN:4906391133

講演・口頭発表等

 
新産業人材育成・地域貢献・国際化の加速推進への有明高専の取組み [招待有り]
高橋 薫
荒尾経済倶楽部   2016年11月17日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
健康福祉のための先進的エージェント・ネットワークに関する研究
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 野口 正一 (分担者) 高橋 薫 他
ソフトウェア工学に関する研究
基礎科学研究
分散システムの設計法に関する研究
基礎科学研究
オントロジとその応用に関する研究
基礎科学研究