戸田 裕久

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/27 03:00
 
アバター
研究者氏名
戸田 裕久
 
トダ ヒロヒサ
所属
立正大学
部署
仏教学部仏教学科
職名
教授
学位
文学修士(東京大学大学院), 文学士(広島大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
1997年3月
財団法人 東方研究会 専任研究員
 
1997年7月
 - 
1999年3月
東京大学 東洋文化研究所 東洋文化研究所 研究機関研究員
 
2000年4月
 - 
2006年3月
立正大学 仏教学部 特任助教授(第Ⅱ種)
 
2000年4月
 - 
現在
立正大学 法華経文化研究所 所員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
財団法人 東方研究会 研究員
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1995年3月
東京大学大学院 人文科学研究科博士課程 印度哲学印度文学専攻
 
1987年4月
 - 
1990年3月
東京大学大学院 人文科学研究科 印度哲学印度文学専攻
 
1983年4月
 - 
1987年3月
広島大学 文学部 哲学科 インド哲学専攻
 
1980年4月
 - 
1983年3月
兵庫県立 西宮北高等学校  普通科
 
1977年4月
 - 
1980年3月
西宮市立 苦楽園中学校  
 

委員歴

 
 
 - 
現在
評議員・幹事
 
 
 - 
現在
評議員
 

論文

 
カシミール・シヴァ派における神秘体験の諸方法
法華文化研究   (41) 19-36   2015年
Two Types of the Transference of Merit (Ekō) and the Substituting for Suffering of Others (Daijuku)
大崎学報   (170)    2014年3月
廻向と代受苦 ―― 抜苦・受苦・忍苦の菩薩行に関する一考察 ――
法華文化研究   (36) 17-49   2010年3月
廻向と代受苦 ―― 『華厳経』 「十廻向品」 を中心に
佛教學   (51) 1-21   2009年12月
明知 (vidyā) と閃き (pratibhā) ―― 中世ヒンドゥー教における一切智
日本佛教学会年報   (73) 55-69   2008年7月

Misc

 
ヒンドゥー教
大法輪   76(11) 94-99   2009年10月
日本と世界の宗教・ミニ事典――日蓮宗
別冊歴史読本   (59) 290-291   2003年
仏教とヒンドゥー教の神々
日蓮宗新聞   (平成 13年1月20日号~12月20日号(12回))    2001年

書籍等出版物

 
伊藤瑞叡博士古稀記念論文集――法華仏教と関連諸文化の研究
伊藤瑞叡 (担当:共著, 範囲:法華経提婆達多品龍女成仏譚の一解釈)
山喜房佛書林   2013年3月   ISBN:978-4-7963-0229-6
仲澤浩祐博士古稀記念論集 インド仏教史仏教学論叢
山喜房佛書林   2011年2月   
坂輪宣敬博士古稀記念論集 仏教文化の諸相
山喜房佛書林   2008年2月   
梵語便覧 古典サンスクリット基礎文法篇
西宮大黒天 妙龍寺   2006年12月   
中世インドの学際的研究 平成14~16年度 科学研究費補助金(基盤研究 (A)(2))研究成果報告書
(編者)前田專学 (担当:共著, 範囲:一元論的シヴァ派の因果論 ―― Iśvarapratyabhijñāvimarśinī, 2.4: Kāryakāranatattva-nirupana, 1-10 試訳)
財団法人 東方研究会   2005年3月   

講演・口頭発表等

 
廻向の種別と代受苦について
第23回仏教主義学校連盟宗教教育研究協議会   2016年11月7日   
回向の二義
立正大学仏教学部 こころのオアシス   2013年6月5日   
苦 楽 中
立正大学仏教学部仏教文化公開講座   2013年6月1日   
実践哲学概論―神観・死生観と倫理
2013年1月   
実践哲学概論―神観・死生観と倫理
2012年2月   

競争的資金等の研究課題

 
『瑜伽師地論』原典研究
サンスクリット語文法学
中世ヒンドゥー教、特に一元論的シヴァ派の教理研究
宗教学
中世ヒンドゥー教(特に,カシミール・シヴァ派の哲学)