清島 保

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/17 21:36
 
アバター
研究者氏名
清島 保
 
キヨシマ タモツ
所属
九州大学
部署
大学院歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座
職名
教授
学位
博士(歯学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
九州大学大学院歯学研究院 教授
 
2012年10月
 - 
2014年3月
九州大学大学院歯学研究院 准教授
 
2010年10月
 - 
2012年9月
- 九州大学大学院歯学研究院 講師
 
2007年
   
 
- 九州大学大学院歯学研究院 助教
 
1994年
 - 
2000年
九州大学歯学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1994年
九州大学 歯学研究科 歯学臨床系(口腔外科学)
 
 
 - 
1990年
九州大学 歯学部 歯学科
 

Misc

 
Honda JY, Kobayashi I, Kiyoshima T, Nagata K, Wada H, Ookuma Y, Fujiwara H, Shiotsuka M, Takahashi I, Sakai H
Journal of molecular histology   42(1) 83-90   2011年2月   [査読有り]
Takahashi KF, Kiyoshima T, Kobayashi I, Xie M, Yamaza H, Fujiwara H, Ookuma Y, Nagata K, Wada H, Sakai T, Terada Y, Sakai H
BMC developmental biology   10 115   2010年11月   [査読有り]
Akhter M, Kobayashi I, Kiyoshima T, Nagata K, Wada H, Ookuma Y, Fujiwara H, Honda JY, Sakai H
Journal of molecular histology   41(4-5) 185-191   2010年10月   [査読有り]
Xie M, Kobayashi I, Kiyoshima T, Nagata K, Ookuma Y, Fujiwara H, Sakai H
Journal of molecular histology   40 361-367   2009年10月   [査読有り]
Glycolytic enzyme Pgk1 is strongly expressed in the developing tooth germ of the mouse lower first molar.
Honda JY, Kobayashi I, Kiyoshima T, Yamaza H, Xie M, Takahashi K, Enoki N, Nagata K, Nakashima A, Sakai H
Histol Histopathol.   23(4) 423-32.   2008年

競争的資金等の研究課題

 
ヒト固形腫瘍における浸潤・転移メカニズムの解明
研究期間: 1995年   
遺伝子導入による癌細胞の浸潤・転移能の変化についての研究
研究期間: 1995年   
歯牙発生過程における細胞応答の変化と各種因子のシグナル伝達経路の研究
研究期間: 1996年