寺岡 行雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/29 16:24
 
アバター
研究者氏名
寺岡 行雄
 
テラオカ ユキオ
URL
http://ace1.agri.kagoshima-u.ac.jp/agri0044/
所属
鹿児島大学
部署
農学部 生物環境学科
職名
教授
学位
博士(農学)(九州大学)
その他の所属
鹿児島大学産学・共創センター

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 教授
 
2013年2月
 - 
2015年3月
鹿児島大学 農学部 教授
 
2001年
   
 
- 鹿児島大学 助教授
 
1997年
 - 
2000年
鹿児島大学 講師 農学部
 
1994年
 - 
1996年
九州大学 助手 農学部附属演習林
 

学歴

 
 
 - 
1994年
九州大学 農学研究科 林業学
 
 
 - 
1989年
九州大学 農学部 林学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
鹿児島県森林審議会  委員
 
2018年3月
 - 
現在
木質バイオマス利用研究会  会長
 
2017年12月
 - 
現在
日本森林学会  代議員
 
2017年4月
 - 
現在
鹿児島県再生可能エネルギー推進委員会  常任委員
 
2011年6月
 - 
現在
鹿児島県二酸化炭素削減・吸収量認証審査会  委員長
 

受賞

 
2005年
黒岩菊郎記念研究奨励賞「スギ・ヒノキ不成績造林地におけるシカ被害と生育モニタリング」(森林計画学会) 
 

論文

 
UAVを用いた海岸マツ林のマツ枯れ被害木の把握
福永寛之, 加治佐剛, 寺岡行雄
九州森林研究   70 57-60   2017年3月   [査読有り]
伐期に達したスギ精英樹の総合評価-高隈演習林六演習林スギ品種第Ⅴ試験地の結果から-
寺岡 行雄
九州森林研究   68 31-34   2015年3月   [査読有り]
寺岡 行雄・合志 知浩
日本森林学会誌   93 262-269   2011年   [査読有り]

Misc

 
多様形地位指数曲線の作成-曲線形に関するパラメータを変化させるモデル-
九州大学農学部演習林報告   (72) 135-142   1995年
スギ,ヒノキ二段林の成長について
九州大学農学部演習林報告   (72) 33-43   1995年
森林経営とモニタリングのための森林情報収集システム
IUFROシンポジウムプロシーディング   270-277   1993年
林分相対幹曲線式に基づくクヌギしいたけ原木の径級別生産予測-九州大学宮崎演習林14年生初代林分を対象として-(共著)
九州大学農学部演習林報告   (77) 25-34   1997年
南九州老齢照葉樹林における林分構造と樹種組成の時系列変化について(共著)
鹿児島大学農学部学術報告   (49) 7-18   1999年

書籍等出版物

 
森林バイオマス利用
森林資源管理の社会化(堺 正絋編著)   2003年   

講演・口頭発表等

 
九州における林業・木材産業の展開と技術者養成 [招待有り]
寺岡 行雄
第2回日独林業シンポジウム   2017年11月7日   
林業もスマート化-ICTの活用で林業は変われるか?- [招待有り]
寺岡 行雄
長崎県林業コンサルタンツ50周年記念   2017年10月20日   
新しい林業の展開について
寺岡 行雄
造士館講座 夏期集中講座   2017年8月26日   
鹿児島における二酸化炭素排出量削減への森林・木材の貢献 [招待有り]
寺岡 行雄
きゅうでん環境セミナー2017   2017年6月5日   
林業の課題とスマート林業の取り組み [招待有り]
寺岡 行雄
内閣府宇宙戦略室S-NET第1回分科会   2016年12月21日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
バイオマスエネルギー導入コストへの市民意識調査
2000年
奄美群島木質バイオマス利用推進調査
2004年 - 2006年