畠中 正光

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 17:42
 
アバター
研究者氏名
畠中 正光
 
ハタケナカ マサミツ

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
現在
札幌医科大学 医学部 教授
 
2006年
 - 
2011年
九州大学病院准教授
 
2001年
 - 
2006年
九州大学病院講師
 
1995年
 - 
2001年
九州大学病院助手
 

学歴

 
1989年
 - 
1993年
九州大学大学院 医学研究科 分子薬理学
 
1979年
 - 
1985年
九州大学 医学部 医学
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
日本北欧放射線医学協会  幹事
 

受賞

 
2018年
日本医学放射線学会 査読感謝状
 
2017年
ヨーロッパ放射線学会 査読感謝状
 
2016年5月
ISMRM 特別査読者賞
 
2015年12月
北米放射線学会 Certificate of Merit
 

論文

 
Repeatability analysis of ADC histogram metrics of the uterus.
Onodera K, Hatakenaka M, Yama N, Onodera M, Saito T, Kwee TC, Takahara T.
Acta Radiol.      2018年1月   [査読有り]
Influence of the Different Primary Cancers and Different Types of Bone Metastasis on the Lesion-based Artificial Neural Network Value Calculated by a Computer-aided Diagnostic System, BONENAVI, on Bone Scintigraphy Images.
畠中 正光
Asia Ocean J Nucl Med Biol.   5(1) 49-55   2017年   [査読有り]
Nakayama T, Yoshiura T, Nishie A, Asayama Y, Ishigami K, Kakihara D, Takayama Y, Hatakenaka M, Obara M, Honda H.
Clin Radiol.   71(12) 1284-1288   2016年12月   [査読有り]
Mizuguchi T, Torigoe T, Satomi F, Shima H, Kutomi G, Ota S, Ishii M, Hayashi H, Asakura S, Hirohashi Y, Meguro M, Kimura Y, Nishidate T, Okita K, Ishino M, Miyamoto A, Hatakenaka M, Sato N, Hirata K
Surgery today   46(2) 139-148   2016年2月   [査読有り]
Onodera M, Yama N, Hashimoto M, Shonai T, Aratani K, Takashima H, Kamo KI, Nagahama H, Ohguro H, Hatakenaka M
European radiology      2015年11月   [査読有り]
Shima H, Kutomi G, Satomi F, Maeda H, Takamaru T, Kameshima H, Omura T, Mori M, Hatakenaka M, Hasegawa T, Hirata K
Experimental and therapeutic medicine   8(5) 1447-1452   2014年11月   [査読有り]
Yoshida S, Hatakenaka M
Radiology   272 302-303   2014年7月   [査読有り]
Yonezawa M, Nagata M, Kitagawa K, Kato S, Yoon Y, Nakajima H, Nakamori S, Sakuma H, Hatakenaka M, Honda H
Radiology   271 356-364   2014年5月   [査読有り]
Hatakenaka M, Nakamura K, Yabuuchi H, Shioyama Y, Matsuo Y, Kamitani T, Yonezawa M, Yoshiura T, Nakashima T, Mori M, Honda H
Japanese journal of radiology   32 80-89   2014年2月   [査読有り]
Kondo M, Hatakenaka M, Higuchi K, Fujioka T, Shirasaka T, Nakamura Y, Nakamura K, Yoshiura T, Honda H
Radiological physics and technology   6 287-292   2013年7月   [査読有り]
Shirase R, Sakurai Y, Nagahama H, Harada K, Takashima H, Nakanishi M, Harada K, Shishido H, Imamura R, Sakata M, Hatakenaka M
Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   69 529-534   2013年5月   [査読有り]
Ochi M, Kuroiwa T, Sunami S, Murakami J, Miyahara S, Nagaie T, Oya M, Yabuuchi H, Hatakenaka M
Breast cancer (Tokyo, Japan)   20 137-144   2013年4月   [査読有り]
Takayama Y, Hatakenaka M, Tsushima H, Okazaki K, Yoshiura T, Yonezawa M, Nishikawa K, Iwamoto Y, Honda H
European journal of radiology   82 e192-8   2013年4月   [査読有り]
Kamitani T, Hatakenaka M, Yabuuchi H, Matsuo Y, Fujita N, Jinnouchi M, Nagao M, Shirahane K, Tokunaga E, Honda H
Clinical imaging   37 56-61   2013年1月   [査読有り]
Hyodoh H, Sato T, Onodera M, Washio H, Hasegawa T, Hatakenaka M
Japanese journal of radiology   30 840-845   2012年12月   [査読有り]
Tsushima H, Okazaki K, Takayama Y, Hatakenaka M, Honda H, Izawa T, Nakashima Y, Yamada H, Iwamoto Y
Rheumatology international   32 2867-2875   2012年9月   [査読有り]
Chikui T, Kitamoto E, Kawano S, Sugiura T, Obara M, Simonetti AW, Hatakenaka M, Matsuo Y, Koga S, Ohga M, Nakamura K, Yoshiura K
Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   36 589-597   2012年9月   [査読有り]
Hatakenaka M, Yonezawa M, Nonoshita T, Nakamura K, Yabuuchi H, Shioyama Y, Nagao M, Matsuo Y, Kamitani T, Higo T, Nishikawa K, Setoguchi T, Honda H
International journal of radiation oncology, biology, physics   83 e67-73   2012年5月   [査読有り]
Nagao M, Hatakenaka M, Matsuo Y, Kamitani T, Higuchi K, Shikata F, Nagashima M, Mochizuki T, Honda H
Journal of cardiovascular magnetic resonance : official journal of the Society for Cardiovascular Magnetic Resonance   14 14   2012年2月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 畠中 正光
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 畠中 正光
九州大学ではPhilips社の装置を使用していたが札幌医科大学ではGE社製の装置を使用することになったので基礎的データの収集を行った。前脛骨筋(TA)の計測結果はneutral position(NP)でλ1=2.28±0.22 x10-3 mm2/s,λ2=1.75±0.08, λ3=1.5±0.1、dorsiflexion(DF)でλ1=2.21±0.18 x10-3 mm2/s, λ2=1.83±0.15, λ3=1.57±0.1、plantar flexion(PF)でλ1=2.3...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 畠中 正光
左室心筋は収縮時には血流が少なく、逆に拡張時に血流が多くなることが知られている。この性質を利用して、black blood法によって血液の信号を抑制した状況下で、拡張期と収縮期の左室信号値を比較し、拡張期の信号値が低いことを示した。拡張期は組織の血液量が多いためblock blood法によって抑制される割合が大きく、信号が低下したものと推測される。左室虚血評価の新たなパラメータとしての発展が期待される。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 畠中 正光
臨床研究Steroid治療中の患者群と健常者の腓腹筋のT2緩和時間は、36.4±2.43ms/30.7±1.10msで、両者に有意差(p,.05)を認めた。ヒラメ筋のT2緩和時間は、36.8±2.47ms/33.5±1.66msで、両者に有意差を認めなかった動物研究Steroid剤の投与を行ったウサギでは、腓腹筋(速筋)のT2緩和時間は有意に増加したが(24.6±1.9ms/29.7±1.8ms)、ヒラメ筋(遅筋)では有意な変化は認められなかった(33.0±1.4ms/33.8±1.3ms...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 畠中 正光
22歳から76歳までの健康な59名(女性37名、男性22名)の被験者に対し、同意を得て、右下肢のgastrocnemius muscle(速筋)とsoleus muscle(遅筋)のT2緩和時間を調べた。gastrocnemius m.では、年齢とT2緩和時間との間に有意な相関(r=0.53,P<0.01)を認めた。soleus m.では両者に有意な相関はなかった。被験者を20代、30代、40代、50代、60歳以上の5グループに分類し、グループ間でT2緩和時間を比較すると、gastrocn...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 畠中 正光
実験動物はウサギを用い、ペントバルビタールにて麻酔下に実験を行った。MRI装置はGE社製Signa Advantage 1.5Tを用い、Extremity coilを使用した。目的とする筋肉の位置決め後、T1緩和時間の計測にはInversion Recovery系列を、T2緩和時間の計測にはSpin Echo系列を用いた。Inversion Recovery系列ではT1時間を6種類、Spin Echo系列ではTE時間を6種類変化させて得られたdata pointsからNon linear ...