甲斐 昌一

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/25 20:52
 
アバター
研究者氏名
甲斐 昌一
 
カイ ショウイチ
eメール
skaiathena.ap.kyushu-u.ac.jp
所属
九州大学
職名
名誉教授

研究分野

 
 

経歴

 
1977年
 - 
1979年
九州大学 助手
 
1979年
 - 
1982年
スタンフォード大学 博士研究員
 
1982年
 - 
1987年
九州工業大学 助教授
 
1987年
 - 
1994年
九州工業大学 教授
 
1995年
 - 
2012年
- 九州大学 教授
 
2012年
 - 
2013年
九州大学特命教授
 
2014年
 - 
2016年
山口大学時間学研究所長
 

委員歴

 
2011年
 - 
2014年
形の科学会  編集委員長
 
1985年
 - 
現在
形の科学会  運営委員
 
2008年4月
 - 
現在
日本医工学会  九州支部理事
 
2006年
 - 
2012年
総務省戦略的情報通信研究開発推進制度  専門評価委員
 
2002年
 - 
2012年
Physica D  編集委員
 
2009年9月
 - 
2010年8月
日本物理学会  領域11若手奨励賞選考委員長
 
2009年
   
 
日本物理学会  論文賞選考委員
 
2007年11月
 - 
2008年10月
科学技術振興事業団  ERATO選考委員
 
2006年1月
 - 
2007年12月
日本物理学会  領域運営委員会委員
 
2002年
 - 
2003年
宇宙開発事業団  宇宙環境利用検討委員会基礎科学WG委員
 
1999年
 - 
2000年
日本液晶学会  理事
 
1998年
 - 
2000年
応用物理学会  編集委員
 
1997年
 - 
1998年
新技術事業団  新領域探索プログラム委員
 
1987年4月
 - 
1988年3月
電気学会  本部評議員
 
1986年4月
 - 
1987年3月
電気学会  九州支部幹事
 

受賞

 
2004年5月
形の科学会 論文賞
 
2006年12月
ロシア国立モスクワ工業大学 名誉博士
 
2007年9月
日本液晶学会 日本液晶学会業績賞
 
2012年
ロシア国立モスクワ工業大学 名誉教授
 

論文

 
Polar Liquid Crystal Elastomers Cross Linked Far from Thermodynamic Phase Transitions: Dislocation Loops in Smectic Clusters
甲斐 昌一
Advances in Condensed Matter Physics   2013    2013年   [査読有り]
パターン形成の物理
甲斐 昌一
物性研究   97(6) 1243-1272   2012年3月   [招待有り]
クーロンブロッケイド・ネットワークモデルでの閾値分布における活性的ブラウン運動
甲斐 昌一
フィジカルレビユー   84 0511371-0511375   2011年11月   [査読有り]

Misc

 
Takayuki Narumi, Fahrudin Nugroho, Junichi Yoshitani, Yoshiki Hidaka, Masaru Suzuki, Shoichi Kai
   2012年11月
Soft-mode turbulence (SMT) is the spatiotemporal chaos observed in
homeotropically aligned nematic liquid crystals, where non-thermal fluctuations
are induced by nonlinear coupling between the Nambu-Goldstone and convective
modes. The net and moda...
Takayuki Narumi, Junichi Yoshitani, Masaru Suzuki, Yoshiki Hidaka, Fahrudin Nugroho, Tomoyuki Nagaya, Shoichi Kai
Phys. Rev. E 87, 012505 (2013)      2012年10月
Modal relaxation dynamics has been observed experimentally to clarify
statistical-physical properties of soft-mode turbulence, the spatiotemporal
chaos observed in homeotropically aligned nematic liquid crystals. We found a
dual structure, dynamic...
甲斐 昌一
プラズマ・核融合学会誌   88(7) 368-373   2012年7月
本章では生体における非線形力学の話題を提供する.植生パターンのような空間パターン形成などについては,すでにいくつかの論文や解説等で取り上げたので,ここではリズムに関する話題に絞り,植物の発芽にともなう概日リズムの形成過程と雑音の効果を述べる.そこではリズムの誘導同期,いわゆる確率同期現象が観測される.この現象を植物生理や構造の詳細に立ち入らずに,専門外の方々にも理解できるように図を多用しながら紹介する.
Fahrudin Nugroho, Takayuki Narumi, Yoshiki Hidaka, Junichi Yoshitani, Masaru Suzuki, Shoichi Kai
Phys. Rev. E 85, 030701(R) (2012)      2012年2月
The autocorrelation function of pattern fluctuation is used to study
soft-mode turbulence (SMT), a spatiotemporal chaos observed in homeotropic
nematics. We show that relaxation near the electroconvection threshold deviates
from the exponential. T...
Takayuki Narumi, Masaru Suzuki, Yoshiki Hidaka, Shoichi Kai
J. Phys. Soc. Jpn. 80, 114704 (2011)      2011年9月
We theoretically investigate the current-voltage (I-V) property of
two-dimensional Coulomb blockade (CB) arrays by conducting Monte Carlo
simulations. The I-V property can be divided into three regions and we report
the dependence of the aspect ra...
Takayuki Narumi, Masaru Suzuki, Yoshiki Hidaka, Tetsuya Asai, Shoichi Kai
Phys. Rev. E 84, 051137 (2011)      2011年6月
Randomly-distributed offset charges affect the nonlinear current-voltage
property via the fluctuation of the threshold voltage of Coulomb blockade
arrays. We analytically derive the distribution of the threshold voltage for a
model of one-dimensio...
甲斐 昌一
液晶 : 日本液晶学会誌 = Ekisho   15(2) 61-62   2011年4月
橋口 愛, 日高 芳樹, 鳴海 孝之, 甲斐 昌一
物性研究   96(1) 75-76   2011年4月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
吉谷 淳一, 日高 芳樹, 長屋 智之, 鳴海 孝之, 鈴木 将, 甲斐 昌一
物性研究   96(1) 79-80   2011年4月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
植木 達博, Nugroho Fahrudin, Anugraha Rinto, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
物性研究   96(1) 81-82   2011年4月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
鈴木 将, 柳田 剛, Klamchuen Annop, 金井 真樹, 日高 芳樹, 川合 知二, 甲斐 昌一
物性研究   96(1) 99-100   2011年4月
主に結晶ナノワイヤー形成に用いられる気液固(VLS)成長法について、メカニズム解明のために単純な化合物結晶モデルを用いた分子動力学シミュレーションを行った。シミュレーションの解析より、溶媒液滴による触媒効果の本質は結晶表面成長における臨界核サイズの低減によることを見出し、実験からもこれを指示する結果を得た。またナノワイヤー形成全過程を当モデルにおいて再現した。
鳴海 孝之, 日高 芳樹, 鈴木 将, 甲斐 昌一
物性研究   96(1) 167-168   2011年4月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
日高 芳樹, 細川 雄作, 鈴木 将, 甲斐 昌一
物性研究   96(1) 175-176   2011年4月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
吉谷 淳一, 日高 芳樹, 長屋 智之, 鳴海 孝之, 鈴木 将, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   66(1)    2011年3月
鈴木 将, 柳田 剛, 金井 真樹, 日高 芳樹, 川合 知二, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   65(2)    2010年8月
鳴海 孝之, 日高 芳樹, 及川 典子, 鈴木 将, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   65(2)    2010年8月
日高 芳樹, 甲斐 昌一
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   25(1) 85-86   2010年6月
日高 芳樹, 吉谷 淳一, 長屋 智之, Anugraha Rinto, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   65(1)    2010年3月
植木 達博, Anugraha Rinto, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   65(1)    2010年3月
鈴木 将, 柳田 剛, 金井 真樹, 日高 芳樹, 川合 知二, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   65(1)    2010年3月
日高 芳樹, 甲斐 昌一
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   24(2) 171-172   2009年11月
細川 雄作, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   23(2) 184-185   2008年11月
日高 芳樹, 細川 雄作, 及川 典子, Anugraha RINTO, 田村 公洋, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   63(1)    2008年2月
甲斐 昌一
工学教育   55(3) 8-10   2007年5月
On substance of graduate school education it is an important factor to clarify the difference between an academic degree and professional degree in engineering fields, as well as the difference between master and doctor degree, and the ability tha...
日高 芳樹, 及川 典子, 甲斐 昌一
液晶 : 日本液晶学会誌 = Ekisho   10(1) 82-94   2006年1月
森村 宏紀, 福田 弘和, 甲斐 昌一
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   20(1)    2005年6月
川畑 龍三, 三池 徹, 上船 雅義, 岡部 弘高, 高木 正見, 甲斐 昌一
日本応用動物昆虫学会誌   48(4) 289-296   2004年11月
本研究では、インゲンマメの葉がカンザワハダニによる食害を受けると、そのフォトン放射強度が増加することが明らかになった。その放射強度は経日的に増加し、ハダニが最もよく集まる葉脈付近で強い発光を示した。食害を受けた葉からの発光は、二つの異なったプロセスから成り立っており、おのおの傷害直後に起こる一過性の反応による発光過程と、食害によって誘導された防衛反応に起因する発光過程と考えられた。また、その放射スペクトルから、長波長(500-700nm)側では食害に伴う物理的損傷に対するストレス反応に起因...
Huh Jong-Hoon, Akasako Yoichi, Kai Shoichi
Journal of the Physical Society of Japan   73(11) 2975-2978   2004年11月
We report electroconvection in a cholesteric liquid crystal with negative dielectric anisotropy, that is, a mixture of p-methoxy benzilidene p-n-butylaniline (MBBA) with a small amount of a cholesteric dopant cholesteryl nonanoate (CN). By changin...
趙 動旭, Yusuf Yusril, Cladis P. E., Finkelmann Heino, 甲斐 昌一
日本液晶学会討論会講演予稿集   (2004) 80-81   2004年9月
We experimentally investigated the volume changes of V-shaped cross-linking liquid crystal elastomers (LCEs) with different concentration of cross-linking agents as a function of temperature. We found that there is cross-linking concentrations dep...
Yusuf Yusril, Cladis P. E., Brand Helmut R., Finkelmann Heino, 甲斐 昌一
日本液晶学会討論会講演予稿集   (2004) 84-85   2004年9月
This paper presents the novel results on low voltage-driven electromechanical effects of swollen liquid crystal elastomers (LCEs). Thin film LCEs were embedded in a low molecular weight liquid crystal (LMWLC), 4-n-pentyl-4-cyanobiphenyl (5CB), and...
松尾 亮平, 田村 公洋, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   59(2)    2004年8月
及川 典子, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   59(2)    2004年8月
及川 典子, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   59(1)    2004年3月
日高 芳樹, 郡司 智博, 及川 典子, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   59(1)    2004年3月
Sakurai Tatsunari, Inomoto Osamu, Miike Hidetoshi, KAI Shoichi
Journal of the Physical Society of Japan   73(2) 485-490   2004年2月
A surface deformation wave coupled with an oscillatory hydrodynamic flow is observed in a thin solution layer of the Belousov-Zhabotinsky reaction. The observation is carried out with a Mach-Zehnder interferometric system under the excitation of c...
Yusuf Yusril, Cladis P. E., Brand Helmuth R., Finkelmann Heino, 甲斐 昌一
物性研究   81(2) 218-219   2003年11月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
許 宗〓, 甲斐 昌一
日本液晶学会討論会講演予稿集   (2003) 355-356   2003年10月
Electro-mechanical effects for a swelling liquid crystalline elastomer have been investigated. Due to the director reorientation, its deformation has been directly observed in unconstrained elastomer gel states. By using an optical image analysis,...
福田 弘和, 森村 宏紀, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   58(2)    2003年8月
Fukuda Hirokazu, Nagano Hikaru, Kai Shoichi
Journal of the Physical Society of Japan   72(3) 487-490   2003年3月
Noise-induced synchroni/ution was investigated in a large number of chemical oscillators coupled to each other in the photosensitive Belousov-Zhabotinsky (BZ) reaction system. The oscillator consisted of an ionic bead for absorbing catalyst ions a...
田村 公洋, 松尾 亮平, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   58(1)    2003年3月
川畑 龍三, 三池 徹, 岡部 弘高, 甲斐 昌一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2003(1)    2003年3月
及川 典子, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1305 111-121   2003年2月
日高 芳樹, Yusuf Yusril, Huh Jong-Hoon, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1305 122-130   2003年2月
田村 公洋, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1305 131-138   2003年2月
Yusuf Yusril, 尾野 孝忠, 角崎 雄介, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1305 139-148   2003年2月
長野 陽, 福田 弘和, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1305 149-156   2003年2月
川畑 龍三, 大矢 智幸, 岡部 弘高, 甲斐 昌一
生体・生理工学シンポジウム論文集   17 411-412   2002年9月
Ohya Tomoyuki, Yoshida Satoshi, Kawabata Ryuzou, OKABE Hirotaka, KAI Shoichi
Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes   41(7) 4766-4771   2002年7月
We study biophoton emission from red beans (Vigna angularis) during germination and seedling stages under drought stress. Strong photon emission is observed at the root apex when the beans are subjected to the dry condition. The spatial distributi...
森 敏生, 甲斐 昌一
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   85(6) 1093-1100   2002年6月
本論文では人の脳の確率共鳴現象の存在を,脳波の雑音効果から研究した.ここではα波周波数(f_α)に見られる引込み現象を利用し,α波に近い周期刺激では引込み現象が被験者の感情や体調などの影響を受けやすいので,その影響の少ない倍周期引込みを対象とした.実験は,中枢神経系・脳内部で確率共鳴現象が起こることを明確に示すために,周期光刺激を右眼に雑音光を左眼に印加した.この際,右眼の弱い光刺激のみではα波の引込みを起こさない.この状態で左眼の雑音光強度を可変にすると,ある適度な強度で脳波は引込みを起...
福田 弘和, 甲斐 昌一
九州大学工学集報   75(2) 107-113   2002年3月
田村 公洋, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1244 40-46   2002年1月
福田 弘和, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1244 113-118   2002年1月
森 敏生, 山崎 秀樹, 甲斐 昌一
医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌 = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME   39(4) 284-291   2001年12月
森 敏生, 山〓 秀樹, 甲斐 昌一
九州大学工学集報   74(5) 571-577   2001年9月
森 敏生, 甲斐 昌一
九州大学工学集報   74(5) 579-585   2001年9月
田村 公洋, 日高 芳樹, Yusuf Yusril, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   56(1)    2001年3月
福田 弘和, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   56(1)    2001年3月
日高 芳樹, 甲斐 昌一
液晶 : 日本液晶学会誌 = Ekisho   4(3) 219-234   2000年7月
Ohya Tomoyuki, Kurashige Hideaki, Okabe Hirotaka, KAI Shoichi
Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes   39(6) 3696-3700   2000年6月
The optical detection of the stress damage to plants by NaCl solutions was attempted during germaination of a seed and growth of root. We compared the photon intensity of red beans before and after NaCl treatment and found that the photon intensit...
Osamu Inomoto, Shoichi Kai, Boris Malomed
   2000年6月
We study motion of a phase transition front at a constant temperature between
stable and metastable states in fluids with the universal Van der Waals
equation of state (which is valid sufficiently close to the fluid's critical
point). We focus on ...
OKABE Hirotaka, KUBOYAMA Keiichi, HARA Kazuhiro, KAI Shoichi
Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes   39(5) 2952-2953   2000年5月
Recently, some researchers have revealed the coexistence of capillary and Rayleigh waves on gel. ne coexistence of some waves having the same frequency but different velocities can be confirmed by cepstrum analysis. Therefore, we examined the appl...
Kawaguchi Satoshi, Mimura Masayasu, Ohya Tomoyuki, OKABE Hirotaka, KAI Shoichi
Journal of the Physical Society of Japan   69(4) 1234-1244   2000年4月
In the germination of seeds, there often observes cluster-formation of well-grown roots and the edge effect phenomenon. During germination and growth before starting photosynthesis, direct interaction such as competition for nutrition among hosts ...
FUJII Kazuyuki, HAYASHI Daisuke, INOMOTO Osamu, KAI Shoichi
Forma   15(3) 219-225   2000年
INOMOTO Osamu, OHYA Tomoyuki, KAI Shoichi
Forma   15(3) 213-218   2000年
岡部 弘高, 久保山 敬一, 原 一広, 甲斐 昌一
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演予稿集   (20) 117-118   1999年11月
瀧 正二, 小林 弘明, 甲斐 昌一
日本液晶学会討論会講演予稿集   (1999) 2-3   1999年9月
n-CB系液晶の基板上の配列に対する我々のモデルをより正確に実証する為に、MoS_2基板上の7〜10OCBまでのSTM観察を行った。我々の今回の観察では,7OCBhaは二列構造,80OCBは一列構造となり、配列はアルキル鎖の炭素数の偶奇性に依存した構造を示し、それらはモデルから予想されるように、n-CB系列の液晶とは逆の関係となった。この結果、我々の提案したモデルが正当であることが明らかとなった。
猪本 修, 安部 浩司, 雨宮 隆, 山口 智彦, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   54(2)    1999年9月
日高 芳樹, 森 信彰, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   54(2)    1999年9月
Huh Jong-Hoon, Hidaka Yoshiki, Kai Shoichi
Journal of the Physical Society of Japan   68(5) 1567-1577   1999年5月
We report novel scenarios for the transitions from a stationary periodic state to spatio-temporalchaos (STC) for electroconvection in homeotropically aligned nemaries. in which a constantmagnetic field H is applied perpendicularly to an electric f...
Taki Seiji, Kadotani Tsutomu, Kai Shoichi
Journal of the Physical Society of Japan   68(4) 1286-1291   1999年4月
Systetnatic observations are c?rr'ried otrt ['or taaolectrlar alignrnents of' rnonolayers of' homologousseries itu cyanobiphenyle (CB) liquid crystals strcla as 6CB to l2CB on l?iglaly oriented pyrolyticgrapluite (HOPG) stmbstr?ttes trsirug a scan...
Taki Seiji, Sagara Kazuyoshi, Kadotani Tsutomu, KAI Shoichi
Journal of the Physical Society of Japan   68(3) 709-711   1999年3月
Systematic observations are carried out on the molecular alignment in monolayers of mixturesof n-cyanobiphenyl (nCB) liquid crystals strch as n :7CB to 12CB on a molybdenum disulfidesubstrate (MOSS) using a scanning ttrnneling rnicroscope. Several...
HUH Jong-Hoon, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   54(1)    1999年3月
猪本 修, 甲斐 昌一, 安部 浩司, 雨宮 隆, 山口 智彦
数理解析研究所講究録   1081 79-83   1999年2月
日高 芳樹, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1081 1-9   1999年2月
Huh Jong-Hoon, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1081 10-18   1999年2月
森 信彰, 日高 芳樹, Huh Jong-Hoon, 甲斐 昌一
数理解析研究所講究録   1081 19-29   1999年2月
藤井 一幸, 猪本 修, 甲斐 昌一
九州大学工学集報   72(1) 39-43   1999年1月
大矢 智幸, 倉重 秀昭, 甲斐 昌一
九州大学工学集報   71(6) 575-581   1998年11月
大石 雅明, 瀧 正二, 岡部 弘高, 甲斐 昌一
日本液晶学会討論会講演予稿集   (1998) 398-399   1998年10月
We observed the monolayer alignments of cyanobiphenyl liquid crystal molecules (nCB: n = 6 to 12) on highly oriented pyrolyric graphite (HOPG) substrates using a scanning tunneling microscope (STM).The specific alignments were clasified into two t...
日高 芳樹, 森 信彰, 藤村 剛, 甲斐 昌一
日本液晶学会討論会講演予稿集   (1998) 472-473   1998年10月
An experimental study on pattern formation processes under spatially-periodic external force in the electro-convection system is reported. The formation processes of periodic pattern in electroconvection of a nematic liquid crystal beyond the thre...
HUH Jong-Hoon, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   53(2)    1998年9月
猪野 泰紀, 日高 芳樹, HUH Jong-Hoon, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   53(2)    1998年9月
森 信彰, 日高 芳樹, 藤村 剛, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   53(2)    1998年9月
大矢 智幸, 倉重 秀昭, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   53(2)    1998年9月
藤井 一幸, 猪本 修, 甲斐 昌一
日本物理学会講演概要集   53(2)    1998年9月
森 信彰, 日高 芳樹, 甲斐 昌一
九州大学工学集報   71(4) 297-302   1998年7月
Huh Jong-Hoon, Hidaka Yoshiki, Kai Shoichi
Journal of the Physical Society of Japan   67(6) 1948-1954   1998年6月
The experirnental study on transition processes of the spatio-ternporal chaos (STC) as well asperiodic patterns in horneotropically aligraed netaaatic liquid crystals is reported trnder superitn-posing rnagnetic fields with electric fields. The st...
大矢 智幸, 倉重 秀昭, 甲斐 昌一
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   13(1) 30-31   1998年6月
Okabe Hirotaka, Kuboyama Keiichi, Hara Kazuhiro, KAI Shoich
Japanese journal of applied physics. Pt. 1, Regular papers & short notes   37(5) 2815-2817   1998年5月
We studied the properties of surface waves during the gelation process of tungstic acid gel and gelatin. The experimental results agreed qualitatively with the known theoretical results of the viscoelastic model in an equilibrium system except in ...

書籍等出版物

 
日高 芳樹, 甲斐 昌一, 松川 宏(理学)
培風館   2009年   ISBN:9784563023447
Plants Signal Us Environmental Disruption Using Spontaneous Luminescence 植物は環境悪化を光で知らせる
Encyclopedia of Science on Form, pp.193-194, August, 2004 形の科学百科事典   2004年   
Forests Grow through Information Exchanges among Plants! 植物は情報を交換して森をつくる
Encyclopedia of Science on Form, pp.195-197, August, 2004 形の科学百科事典   2004年8月   
Surface Waves on Gels ゲルの表面に生まれる波
  Encyclopedia of Science on Form, pp.355-356, August, 2004   形の科学百科事典   2004年8月   

所属学協会

 
 

Works

 
光学的手法による電力測定法
1986年 - 1988年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 甲斐 昌一
これまでの散逸パターンの研究は非線形動力学的観点から行われてきたが、散逸パターンが形成されることによって非平衡開放系がどのような性質をもつようになるかを知るためには、熱統計物理学的観点からの研究が必要である。特に、平衡系近傍の熱揺らぎに代わって、非平衡開放系ではマクロ非線形揺動(時空カオス)が重要な役割を果たす。そこで本研究では、ソフトモード乱流(SMT)をはじめとした多様な時空カオスを呈する液晶電気対流を対象として、マクロパターンの揺動とそれに基づく輸送現象などを統計力学的な観点から研究...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 甲斐 昌一
(1)VLSプロセスによるナノ構造形成と(2)クーロンブロッケイド系での電流電圧特性という二つのテーマに関して、メカニズム解明のための理論研究を行った。(1)基板上におかれた金属触媒液滴により結晶成長を促進することで、ナノワイヤ上の単結晶構造を形成するVapor-liquid-solid(VLS)法は実験的に広く用いられており、これまで主に計算機シミュレーションを用いてその普遍的メカニズムの解明に取り組んできた。これにより液滴による結晶促進効果の本質が液-固界面での界面張力低減による臨界核...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 甲斐 昌一
液晶エラストマーの物性は、液晶分子の構造やクロスリンキング物質の構造と濃度に大きく依存する。本年度はサイドチェーン型の液晶エラストマー(LCE)とメインチェーン形液晶エラストマーの研究を行った。今回とくに新しいメインチェーン型液晶エラストマーを合成し、その膨潤物性ならびに弾性特性を測定した。その結果、ドライ状態のメインチェーン型LCEでは電気力学効果は全く観測されないが、5CBで膨潤された場合には大きな電気力学効果が観測され、同時に電界誘起のポリドメイン-モノドメイン(PM)転移が誘起され...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 甲斐 昌一
脳における情報処理過程、特に知覚や認知といった脳の高次機能にも確率共鳴同様のノイズ効果があると予想されるが、実験系の確立が困難であるために、高次機能におけるノイズの役割はほとんど分かっていない。それを明らかにするのが本研究の目的である。そのため本研究では、平成19年度に引き続き、知覚・認知における確率同期の存在を明確にするとともに、そのまとめを行った。平成19年度に確立された位相ロック値(PLV)の定義、ならびにパターン相似度の定義を使って、脳波を国際10-20法によるα波ならびにγ波に焦...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 甲斐 昌一
散逸構造の代表例である液晶電気対流系における時空カオス「ソフトモード乱流」について, 非平衡開放系のマクロ揺動とみなし, そのさまざまな性質を統計力学的な観点から明らかにした. その結果, 時空カオスを生じる非線形相互作用における対称性の違いによって秩序-無秩序転移が起こること, 時空カオスによる物質拡散において揺動定理が成立すること, その揺動を定量化するために温度が用いられることなどが明らかとなった.

特許

 
超高圧走査型トンネル顕微鏡装置
特願平11-251056
非同期光賦活による脳波測定方法とそれを用いた視覚障害判定法、およびそのための脳波測定装置
特願2001-342982