磯崎 典世

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/10 21:18
 
アバター
研究者氏名
磯崎 典世
 
イソザキ ノリヨ
所属
学習院大学
部署
法学部 政治学科
職名
教授
学位
修士(学術)(東京大学), Master(The University of Tokyo), 学術修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
1998年
:東京大学教養学部助手
 
1998年
 - 
1999年
:学習院大学法学部助教授
 
1999年
   
 
-:学習院大学法学部教授
 
2004年
 - 
2006年
:アメリカ合衆国UC Berkeley, Center for Korean Studies 客員研究員
 

委員歴

 
2019年10月
 - 
現在
日本政治学会  理事
 
2018年6月
 - 
現在
日本国際政治学会  理事
 
2013年6月
 - 
現在
アジア政経学会  理事
 
2012年12月
 - 
現在
現代韓国朝鮮学会  理事
 
2010年6月
 - 
2018年6月
日本比較政治学会  理事
 

論文

 
磯崎 典世
Keiichi Tsunekawa and Yasuyuki Todo eds. Emerging States at Crossroads.      2019年   [査読有り]
韓国におけるエネルギー政策転換と「民意」ー新古里5・6号機建設に対する討議型世論調査を事例に
磯崎 典世
調査報告書 大塚健司編『複雑化する東アジア持続可能性課題への対応』日本貿易振興機構/アジア経済研究所    76-95   2018年3月
Mutual Perceptions in Japanese and Korean Civic Society
磯崎 典世
Japan Digital Library Japan and World Series   35-55   2017年3月   [査読有り]
日韓市民社会における相互認識
磯崎 典世
磯崎典世・李鍾久編『日韓関係史1965-2015Ⅲ社会・文化』東京大学出版会   29-60   2015年10月
市民社会から組み立てる安全保障-東アジアの「現実」と日韓市民社会の取り組みを中心に
磯崎 典世
木宮正史編『シリーズ日本の安全保障6 朝鮮半島と東アジア』   209-242   2015年6月
ネット社会の選挙と民主主義-韓国の大統領選挙における世代対立を軸に
磯崎 典世
地域研究   15(1) 159-177   2015年4月   [査読有り]
グローバル化時代の成長と福祉をめぐる韓国政治
磯崎 典世
東洋文化研究   (17) 426-391   2015年3月   [査読有り]
「韓国選挙管理委員会の準司法機能-選挙法違反取り締まりと民主主義」
磯崎 典世
『選挙管理の政治学-日本の選挙管理と「韓国モデル」の比較研究』   203-229   2013年
「韓国における選挙管理機関の立法への影響力」
磯崎 典世・大西裕
『選挙管理の政治学-日本の選挙管理と「韓国モデル」の比較研究』   153-178   2013年
韓国における党支部廃止の政治過程-非党派性の制度化と選挙管理委員会
磯崎 典世・大西裕
年報政治学2011-Ⅱ   2011(Ⅱ) 178-205   2011年12月
韓国におけるFTA戦略の変遷-多国間主義の推進と挫折
磯﨑 典世
大矢根聡編著『東アジアの国際関係-多国間主義の地平』有信堂   141-164   2009年
韓国労働運動の展開と限界-民主化とグローバリゼーションのはざまで-
磯﨑 典世
新川敏光・篠田徹編著『労働と福祉国家』ミネルヴァ書房   52-80   2009年
体制移行の政治
磯﨑 典世
新川敏光・大西裕編著『日本・韓国』ミネルヴァ書房   173-199   2008年
日韓NGOのネットワーク:リージョナルな秩序形成の観点から
磯﨑 典世
現代日本学会編『21世紀日韓関係と北東アジアのビジョンⅠ』Paju:Hanul   513-539   2007年
日韓自由貿易協定をめぐる論議の展開
磯﨑 典世
小此木政夫・張達重編『戦後日韓関係の展開』慶應義塾大学出版会   195-225   2005年
金大中政権の対北朝鮮政策と国内政治-冷戦構造解体の方向性と国内対立軸の変化-
磯﨑 典世
東洋文化研究   (7) 177-212   2005年   [査読有り]
体制変動と市民社会のネットワーク
磯﨑 典世
辻中豊・廉載鎬編『現代韓国の市民社会・利益団体-日韓比較による体制移行の研究』木鐸社   52-83   2004年
韓国の市民社会と政治参加-2002年大統領選挙過程を軸に-
磯﨑 典世
『現代韓国朝鮮研究』   第3号、pp.19-29(3) 19-29   2003年   [招待有り]
South Korea: Advocacy for Democratization
磯﨑 典世, Shinchi Shigetomi ed.
Shinichi Shigetomi(ed.)The State and NGOs: Perspective feom Asia.(Institute of Southeast Asian Studies)   288-310   2002年
韓国-アドボカシー中心の民主化団体-
磯﨑 典世
重冨真一編著『アジアの国家とNGO-15カ国の比較研究』明石書店   354-379   2001年
開発によるアイデンティティと価値観の変容-韓国の「上からの開発」の進展と社会意識の変化-
磯﨑 典世
『岩波講座開発と文化4開発と民族問題』岩波書店   257-282   1998年
韓国ジャーナリズムの日本像
磯﨑 典世
山内昌之・古田元夫 編 『日本イメージの交錯-アジア太平洋のトポス』東京大学出版会   22-44   1997年
韓国の権威主義体制における国家と企業-構造調整過程における葛藤を中心に-
磯﨑 典世
東京大学教養学部教養学科『教養学科紀要』   (28) 31-71   1996年
韓国:「経済開発」への道-朴政権の確立と初期経済政策-
磯﨑 典世
地域文化研究   (2) 95   1991年
朴政権の確立と動揺-1960年代末まで
磯﨑 典世
林謙一・川上忠雄編『法政大学比較経済研究所・研究シリーズ7、韓国の経済開発と労使関係-計画と政策』法政大学出版局   62-80   1991年

Misc

 
「韓国の市民社会と東アジア共同体-市民社会は国境を越えるか」
磯崎 典世
『東アジア共同体と日韓の知的交流』   75-94   2010年
崔章集「岐路に立つ韓国労働運動(上)」
磯崎 典世
『生活経済政策』   (126) 31-37   2007年
崔章集「岐路に立つ韓国労働運動(下)」
磯崎 典世
『生活経済政策』   (127) 30-37   2007年
「韓国における保守と進歩の葛藤:外交安保政策を軸に」
磯崎 典世
大韓民国高麗大学亜細亜問題研究所プロジェクト『韓国社会の対立研究』報告書      2007年
韓国/アドボカシー中心の民主化国体
磯崎 典世
アジ研ワールド・トレンド   6(8) 21-25   2000年

書籍等出版物

 
Emerging States at Crossroads.
ISOZAKI Noriyo (担当:共著, 範囲:“Education, Development, and Politics in South Korea”)
Springer Nature   2019年1月   
戦後日韓関係史
磯崎 典世 (担当:共著, 範囲:第4章「韓国民主化と市民社会交流」,  第5章「脱冷戦期の協力の模索と課題の噴出」)
有斐閣   2017年2月   
日韓関係史1965 - 2015Ⅲ社会・文化
磯﨑 典世 (担当:共編者, 範囲:序論・第二章)
東京大学出版会   2015年10月   
シリーズ日本の安全保障6 朝鮮半島と東アジア
磯﨑 典世 (担当:共著, 範囲:第8章「市民社会から組み立てる安全保障構想)
岩波書店   2015年6月   
『民主化以後の韓国民主主義-起源と危機』
崔章集 (担当:共訳)
岩波書店   2012年   
『世界政治叢書 日本・韓国』
新川敏光・大西裕編著 (担当:共著, 範囲:第8章「体制移行の政治」)
ミネルヴァ書房   2008年   
『戦後日韓関係の展開』
慶應義塾大学出版会   2005年   
『国際政治事典』
弘文堂   2005年   
韓国政治のダイナミズム
韓培浩 (担当:共訳)
法政大学出版局   2004年   
『現代韓国の市民社会・利益団体―日韓比較による体制移行の研究』
木鐸社   2004年   
“South Korea: Advocacy for Democratization,” in Shinichi Shigetomi ed. The State and NGOs : Perspective from Asia.
Institute of SouthEast Asian Studies   2002年   
『韓国学のすべて』(共著)
新書館   2002年   
『岩波小辞典 現代韓国・朝鮮』(共著)
岩波書店   2002年   
『岩波小事典 現代韓国・朝鮮』
岩波書店   2002年   
『韓国学のすべて』
新書館   2002年   

講演・口頭発表等

 
21世紀の日韓関係:共同宣言後の変化と課題 [招待有り]
磯崎 典世
日韓共同宣言20周年記念シンポジウム「急変する東アジア情勢と新しい日韓関係」   2018年10月12日   
日韓市民交流-草の根交流から草の根協力へ [招待有り]
磯崎 典世
韓国国際交流財団・ソウル大学校日本研究所・東京大学韓国学研究センター主催『日韓市民100人未来対話』   2017年11月10日   
社会・文化領域の日韓関係をどう捉えるか
磯崎 典世
日韓国交正常化50周年と日本の韓国研究(東京大学グローバル地域研究機構韓国学研究部門開所記念シンポジウム)   2015年7月12日   
総合討論:日韓関係の過去を超えて未来に [招待有り]
磯崎 典世
2015日韓国交正常化50周年国際学術大会「日韓関係の過去を超えて未来を切り開く」   2015年6月19日   
都市ガバナンスと国際的な都市交流:日中韓三都市の交流・協議にむけて [招待有り]
磯崎 典世
ソウル市主催 東アジア知性クラブ座談会   2014年12月22日   
「第3回東アジア共同体フォーラム:東アジア国際秩序の形成・展開・未来構想」
2013年   
「希望か幻想か、ネット社会の政党と選挙:2012年韓国大統領選挙を中心に」
科研基盤研究(A)『広域アジアの市民社会構築とその国際政治的課題』・京都大学地域研究統合情報センター共催シンポジウム『アジアの市民社会と国家の間-民主主義は有効か』   2013年   
韓国-グローバル化への対応をめぐる国内政治-
日本政治学会研究大会   2012年   
「権威主義体制・民主化研究と韓国:同時代研究の意義と今後の課題」
『現代韓国朝鮮学会学術シンポジウム』現代韓国朝鮮学会第13回大会   2012年   
「韓国-グローバル化への対応をめぐる国内政治-」
日本政治学会研究大会報告   2012年   

Works

 
国家とNGO : 15ヵ国の比較研究
1999年 - 2000年
State and NGOs : Comparative Research of 15 Countries
1999年 - 2000年
日韓関係に関する共同研究
2000年 - 2002年
Joint Research of the Relations between Japan and South Korea.
2000年

競争的資金等の研究課題

 
新興国における経済社会変動と政治体制変動の相互作用の研究
科学研究費補助金: 新学術領域
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 恒川惠市
韓国政官関係の比較研究-大統領・政治任用官僚・職業公務員関係はいかに規定されるか
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 磯崎 典世
韓国の自由貿易協定をめぐる国内政治-社会経済政策と外交安保政策の交錯
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 磯崎典世
韓国の金大中・盧武鉉政権のもとで推進された自由貿易協定をめぐる国内政治に焦点をあて、10年間続いた「相対的に左派」の政権下での社会経済システムの変化、および対外戦略変化の過程を暁記にすることを目的とする。研究では、FTA政策を、①グローバリズムに対応する社会経済システムへの変化、②不安定な東アジア地域における外交安保政策の手段、という2つの側面をもつ政策として捉え、その政策過程および政策をめぐる国内対立を分析する。
韓国の民主制定着と市民参加:2002年地方選と大統領選を事例に
科学研究費補助金: 基盤研究(C)(2)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 磯崎 典世