小林 邦和

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/15 10:44
 
アバター
研究者氏名
小林 邦和
 
コバヤシ クニカズ
eメール
kobayashiist.aichi-pu.ac.jp
URL
http://www.ist.aichi-pu.ac.jp/~koba/
所属
愛知県立大学
部署
情報科学部 情報科学科
職名
大学院担当教授
学位
博士(工学)(山口大学), 工学修士(山口大学), 工学士(山口大学)
その他の所属
愛知県立大学 次世代ロボット研究所

プロフィール

専門は知能情報学,ソフトコンピューティング,知能ロボティクスの3分野,主な研究テーマは下記3つです.
1) マルチエージェントシステムにおける他者の行動予測・意図推定機構のモデル化
2) 分人モデルを用いた次世代型ヒューマン‐ロボットインタラクションシステムの開発
3) 人工知能型クラウドネットワークを用いた脳情報処理模倣型統合システムの開発
また世界的に著名なロボカップのプロジェクトへ参加し,ロボット工学と人工知能の融合に関する実践的な研究も推進しています.
さらに一般向けの各種イベントにおいてロボット出展を行うことにより,一般の方々に研究内容の理解を深めてもらうアウトリーチ活動や,一般向けのプログラミング講習会を通した社会貢献も積極的に行っています.

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
愛知県立大学 情報科学部 教授
 
2017年4月
 - 
現在
愛知県立大学 次世代ロボット研究所 副所長
 
2012年4月
 - 
2017年3月
愛知県立大学 情報科学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
山口大学 大学院理工学研究科 情報・デザイン工学系学域 助教
 
2010年3月
 - 
2010年11月
ヒューストン大学 工学部医用生体工学科 客員研究員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
山口大学 大学院理工学研究科 情報・デザイン工学系学域 助手
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1993年3月
山口大学 大学院工学研究科 博士前期課程 知能情報システム工学専攻
 
1987年4月
 - 
1991年3月
山口大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
電気学会  システム技術委員会(C部門) 1号委員
 
2017年4月
 - 
現在
電気学会  実社会システムの高度な実社会システムの高度なAI化を目指した機械学習技術応用協同研究委員会(C部門システム技術委員会) 委員
 
2015年1月
 - 
現在
ロボカップ日本委員会  RoboCupジャパン・オープン サッカーSPL実行委員
 
2014年6月
 - 
現在
JRNAL  Journal of Robotics, Networking and Artificial Life 編集委員
 
2014年2月
 - 
現在
電気学会  論文誌特集号編修小委員会 委員
 
2014年1月
 - 
現在
ICAROB  International Program Committee Member
 
2017年9月
 - 
2017年12月
RoboCup Federation  Soccer SPL Organizing Committee Member of RoboCup Asia-Pacific 2017 (RCAP2017)
 
2016年7月
 - 
2017年9月
ロボカップ日本委員会  ロボカップ2017名古屋世界大会競技専門部会 委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
中部経済連合会  Next30産学フォーラム コアメンバー
 
2016年4月
 - 
2018年3月
電気学会  エージェントとの共創的な相互作用のモデル化に向けた機械学習技術協同研究委員会(C部門システム技術委員会) 委員
 

受賞

 
2018年6月
ロボカップ国際委員会 ロボカップ2017 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL) チャレンジシールド部門第3位
 
2018年5月
人工知能学会 人工知能学会賞
 
2018年5月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2018 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)テクニカルチャレンジ優勝
 
2018年5月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2018 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)優勝
 
2017年7月
ロボカップ国際委員会 ロボカップ2017 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL) チャレンジシールド部門優勝
 
2017年5月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2017 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)準優勝
 
2016年9月
電気学会 平成28年度電子・情報・システム部門大会 企画賞
 
2016年3月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2016 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)準優勝
 
2015年5月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2015 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)テクニカルチャレンジ第1位
 
2015年5月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2015 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)優勝
 

論文

 
Enhancing EEG Signals Recognition Using ROC Curve
Kuremoto Takashi, Baba Yuki, Obayashi Masanao, Mabu Shingo, Kobayashi Kunikazu
JOURNAL OF ROBOTICS NETWORKING AND ARTIFICIAL LIFE   4(4) 283-286   2018年3月   [査読有り]
Forecasting Real Time Series Data using Deep Belief Net and Reinforcement Learning
Hirata Takaomi, Kuremoto Takashi, Obayashi Masanao, Mabu Shingo, Kobayashi Kunikazu
JOURNAL OF ROBOTICS NETWORKING AND ARTIFICIAL LIFE   4(4) 260-264   2018年3月   [査読有り]
Tsubakimoto Tatsuya, Kobayashi Kunikazu
ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   100(6) 3-10   2017年6月   [査読有り]
河村 将範, 鈴木 拓央, 小林 邦和
電気学会論文誌. C   137(2) 288-293   2017年
<p>A Japanese novelist Keiichiro Hirano proposes a concept of dividual to explain interaction between humans. This paper models the dividual using three machine learning techniques and develops a new human-robot interaction system using the propos...
Improvement of Multiple Robots' Self-localization by Using Perspective Positional Information
2017 56TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)   776-780   2017年   [査読有り]
Obayashi Masanao, Uto Shunsuke, Kuremoto Takashi, Mabu Shingo, Kobayashi Kunikazu
COMPUTATIONAL INTELLIGENCE, IJCCI 2015   669 423-443   2017年   [査読有り]
Takuo Suzuki,Marina Nakagawa,Kunikazu Kobayashi
2017 18TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED ROBOTICS (ICAR)   20-24   2017年   [査読有り]
Forecasting Real Time Series Data using Deep Belief Net and Reinforcement Learning
Hirata Takaomi, Kuremoto Takashi, Obayashi Masanao, Mabu Shingo, Kobayashi Kunikazu
ICAROB 2017: PROCEEDINGS OF THE 2017 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   P658-P661   2017年   [査読有り]
Improvement of Robot's Self-localization by Using Observer View Positional Information
Aizawa Yo, Suzuki Takuo, Kobayashi Kunikazu
ICAROB 2017: PROCEEDINGS OF THE 2017 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   P662-P665   2017年   [査読有り]
A Method of Feature Extraction for EEG Signals Recognition Using ROC Curve
Kuremoto Takashi, Baba Yuki, Obayashi Masanao, Mabu Shingo, Kobayashi Kunikazu I
ICAROB 2017: PROCEEDINGS OF THE 2017 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   P654-P657   2017年   [査読有り]
Hidaka Kenta, Suzuki Takuo, Kobayashi Kunikazu
JOURNAL OF ROBOTICS NETWORKING AND ARTIFICIAL LIFE   3(2) 132-135   2016年9月   [査読有り]
Kuremoto Takashi, Otani Takuhiro, Obayashi Masanao, Kobayashi Kunikazu, Mabu Shingo
NEUROCOMPUTING   188 31-41   2016年5月   [査読有り]
Uchiyama Shogo, Obayashi Masanao, Kuremoto Takashi, Kobayashi Kunikazu, Mabu Shingo
ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   99(5) 37-46   2016年5月   [査読有り]
平田貴臣, 呉本尭, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気学会論文誌 C   136(3) 348-356 (J-STAGE)-356   2016年
Since 1970s, linear models such as autoregressive (AR), moving average (MA), autoregressive integrated moving average (ARIMA), etc. have been popular for time series data analyze and prediction. Meanwhile, artificial neural networks (ANNs), inspir...
Improvement of Computational Efficiency of UPF by Automatic Adjustment of the Number of Particles
Hidaka Kenta, Suzuki Takuo, Kobayashi Kunikazu
PROCEEDINGS OF THE 2016 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS (ICAROB 2016)   463-466   2016年   [査読有り]
Array,Takuhiro Otani,Masanao Obayashi,Kunikazu Kobayashi,Shingo Mabu
Neurocomputing   188 31-41   2016年   [査読有り]
Kenta Hidaka,Takuo Suzuki,Kunikazu Kobayashi
JRNAL   3(2) 132-135   2016年   [査読有り]
Hirata Takaomi, Kuremoto Takashi, Obayashi Masanao, Mabu Shingo, Kobayashi Kunikazu
NEURAL INFORMATION PROCESSING, ICONIP 2016, PT III   9949 30-37   2016年   [査読有り]
Tanaka Toshiyuki, Kobayashi Kunikazu
JOURNAL OF ROBOTICS NETWORKING AND ARTIFICIAL LIFE   2(1) 34-39   2015年6月   [査読有り]
椿本樹矢, 小林邦和
電気学会論文誌 C   135(1) 117-122 (J-STAGE)-122   2015年
In the present paper, we propose a method that can acquire cooperative action to reach an appropriate goal without controlling reward by designers. To accomplish this, we introduce a new concept of reward interpretation. It is an idea that ...

Misc

 
高橋一帆, 鈴木拓央, 小林邦和
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   45th ROMBUNNO.B3‐3   2018年3月
森のどか, 鈴木拓央, 小林邦和
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   45th ROMBUNNO.C5‐2   2018年3月
上村 祥之, 鈴木 拓央, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2018(9) 33-38   2018年3月
上村祥之, 鈴木拓央, 小林邦和
電気学会研究会資料   (ST-18-009-014.016-018) 33‐38   2018年3月
二石佳南, 鈴木拓央, 小林邦和
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   18th ROMBUNNO.3D1‐10   2017年12月
會澤 要, 鈴木 拓央, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2017(74) 5-9   2017年12月
會澤要, 鈴木拓央, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-17(74-78) 5‐9   2017年12月
小林 邦和
中部圏研究 = Chubu research quarterly : 調査季報   (201) 2-13   2017年12月
日高憲太, 鈴木拓央, 小林邦和
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.SS09‐14   2017年11月
二石佳南, 鈴木拓央, 小林邦和
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th ROMBUNNO.3C3‐05   2017年9月
日高憲太, 鈴木拓央, 小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.TC5‐3   2017年9月
呉本 尭, 馬場 勇希, 大林 正直, 間普 真吾, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2017(13) 17-20   2017年6月
呉本尭, 馬場勇希, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-17(13-17) 17‐20   2017年6月
鈴木 拓央, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2017(1) 25-30   2017年6月
鈴木拓央, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-17(1-2.4-12) 25‐30   2017年6月
鈴木拓央, 中川真里菜, 小林邦和
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.1A1‐H04   2017年5月
野田五十樹, 南方英明, 小林邦和, 杉浦藤虎, 武村泰範, 秋山英久, 岡田浩之
知能と情報   29(1) 2‐13-13   2017年2月
河村将範, 鈴木拓央, 小林邦和
電気学会論文誌 C   137(2) 288‐293(J‐STAGE)   2017年
中川真里菜, 鈴木拓央, 小林邦和
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   17th ROMBUNNO.3O3‐4   2016年12月
熊谷賢弥, 鈴木拓央, 小林邦和
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   17th ROMBUNNO.1C4‐3   2016年12月

書籍等出版物

 
Human-Robot Interaction - Theory and Application
Kuremoto, T., Obayashi, M., Mabu, S., and Kobayashi, K. (担当:共著, 範囲:pp.65-78)
InTech Publishing   2018年7月   
Computational Intelligence
Obayashi, M., Uto, S., Kuremoto, T., Mabu, S., and Kobayashi, K. (担当:共著, 範囲:pp.423-443)
Springer International Publishing AG   2016年11月   
機械学習のサービス指向システムへの応用
小林 邦和 (担当:共著, 範囲:pp.17-23)
電気学会   2016年5月   
Horizons in Computer Science Research
Kuremoto, T., Obayashi, M., and Kobayashi, K. (担当:共著, 範囲:pp.67-90)
Nova Science Publishers, Inc.   2013年3月   
Advances in Robotics: Modeling, Control and Applications
Kuremoto, T., Kobayashi, K., and Obayashi, M. (担当:共著, 範囲:pp.197-214)
iConcept Press   2013年3月   
機械学習技術の基礎と応用
小林 邦和 (担当:共著, 範囲:pp.15-19)
電気学会   2013年1月   
Insights into the Amygdala: Structure, Functions and Implications for Disorders
Kuremoto, T., Obayashi, M., and Kobayashi, K. (担当:共著, 範囲:pp.229-254)
Nova Science Publishers, Inc.   2012年12月   
Petri Nets - Manufacturing and Computer Science
Feng, L., Obayashi, M., Kuremoto, T., and Kobayashi, K. (担当:共著, 範囲:pp.143-176)
InTech Publishing   2012年8月   
Robust Control, Theory and Applications
Obayashi, M., Nakahara, N., Yamada, K., Kuremoto, T., Kobayashi, K., and Feng, L. (担当:共著, 範囲:pp.197-214)
InTech Publishing   2011年4月   
Advances in Reinforcement Learning
Obayashi, M., Narita, K., Okamoto, Y., Kuremoto, T., Kobayashi, K., and Feng, L. (担当:共著, 範囲:pp.189-208)
InTech Publishing   2011年1月   

講演・口頭発表等

 
椿本樹矢, 鈴木拓夫, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   2016年12月2日   
呉本尭, 平田貴臣, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   2016年12月2日   
田中利幸, 鈴木拓央, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   2016年12月2日   
椿本 樹矢, 鈴木 拓夫, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2016年12月2日   
田中 利幸, 鈴木 拓央, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2016年12月2日   
呉本 尭, 平田 貴臣, 大林 正直, 間普 真吾, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2016年12月2日   
會澤要, 鈴木拓央, 小林邦和
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月1日   
小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2016年8月31日   
階差時系列を用いたニューラルネットワークによる時系列予測
第21回自律分散システム・シンポジウム予稿集   2009年   
Transient-SOM の改良及び音声命令学習への応用
第21回自律分散システム・シンポジウム予稿集   2009年   

担当経験のある科目

 

Works

 
脳の高次機能の解明に向けたニューラルネットワークのモデル化
2010年

競争的資金等の研究課題

 
マルチモーダルインタフェースを備えた知能発達型知的システムとその応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 呉本 尭
扁桃体モデルを核とする脳情報処理模倣型自律行動モデル開発とその応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 大林 正直
自己・他者学習機能を有す脳情報処理模倣型統合システムとその応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 小林 邦和
大脳情報処理模倣型強化学習システム
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 小林 邦和
脳の記憶系及び学習理論との連携を考慮した嗅覚システム数理モデルとその応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 大林 正直
情動の評価・誘因と動的記憶の融合による大脳辺縁系の数理モデル及びその応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 呉本 尭
動的連想記憶システムの構築に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 小林 邦和
内部モデル連想記憶型自律システム
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 大林 正直
制御理論と学習ネットワークの融合による非線形複雑系のモデル化と制御に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 大林 正直
分人型ヒューマン-ロボットインタラクションシステムの開発と次世代サービスロボットへの応用
日比科学技術振興財団: 研究開発助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 小林 邦和