小林 邦和

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/09 08:19
 
アバター
研究者氏名
小林 邦和
 
コバヤシ クニカズ
eメール
kobayashiist.aichi-pu.ac.jp
URL
http://www.ist.aichi-pu.ac.jp/~koba/
所属
愛知県立大学
部署
情報科学部 情報科学科
職名
大学院担当教授
学位
博士(工学)(山口大学), 工学修士(山口大学)

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
愛知県立大学 情報科学部 教授
 
2012年4月
 - 
2017年3月
愛知県立大学 情報科学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
山口大学 大学院理工学研究科 情報・デザイン工学系学域 助教
 
2010年3月
 - 
2010年11月
ヒューストン大学 工学部医用生体工学科 客員研究員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
山口大学 大学院理工学研究科 情報・デザイン工学系学域 助手
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1993年3月
山口大学 大学院工学研究科 知能情報システム工学専攻
 
1987年4月
 - 
1991年3月
山口大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
電気学会  システム技術委員会(C部門) 1号委員
 
2017年4月
 - 
現在
電気学会  実社会システムの高度な実社会システムの高度なAI化を目指した機械学習技術応用協同研究委員会(C部門システム技術委員会) 委員
 
2016年7月
 - 
2017年9月
ロボカップ日本委員会  ロボカップ2017名古屋世界大会競技専門部会 委員
 
2016年4月
 - 
現在
中部経済連合会  Next30産学フォーラム コアメンバー
 
2016年4月
 - 
現在
電気学会  エージェントとの共創的な相互作用のモデル化に向けた機械学習技術協同研究委員会(C部門システム技術委員会) 委員
 

受賞

 
2017年7月
ロボカップ国際委員会 ロボカップ2017 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL) チャレンジシールド部門優勝
 
2017年5月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2017 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)準優勝
 
2016年9月
電気学会 平成28年度電子・情報・システム部門大会 企画賞
 
2016年3月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2016 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)準優勝
 
2015年5月
ロボカップ日本委員会 ロボカップジャパンオープン2015 サッカー標準プラットフォームリーグ(SPL)テクニカルチャレンジ第1位
 

論文

 
河村 将範, 鈴木 拓央, 小林 邦和
電気学会論文誌. C   137(2) 288-293   2017年
<p>A Japanese novelist Keiichiro Hirano proposes a concept of dividual to explain interaction between humans. This paper models the dividual using three machine learning techniques and develops a new human-robot interaction system using the propos...
平田貴臣, 呉本尭, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気学会論文誌 C   136(3) 348-356   2016年
Since 1970s, linear models such as autoregressive (AR), moving average (MA), autoregressive integrated moving average (ARIMA), etc. have been popular for time series data analyze and prediction. Meanwhile, artificial neural networks (ANNs), inspir...
渡邊駿, 呉本尭, 小林邦和, 間普真吾, 大林正直
電気学会論文誌 C   135(4) 414-422   2015年
Various association memory models have been proposed with artificial neural networks. For example, an interconnected network model proposed by Hopfield is able to recall stored patterns stably, a chaotic neural network (CNN) proposed by Adachi et ...
椿本樹矢, 小林邦和
電気学会論文誌 C   135(1) 117-122   2015年
In the present paper, we propose a method that can acquire cooperative action to reach an appropriate goal without controlling reward by designers. To accomplish this, we introduce a new concept of reward interpretation. It is an idea that ...
綿田将悟, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和, 間普真吾
電気学会論文誌 C   134(1) 85-93   2014年
In this paper, we propose a new decision making system of autonomous mobile robots based on a Markovian emotional model. In the proposed method, it is possible to build a method of determining behavior along the task by optimizing system parameter...
内山祥吾, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和, 間普真吾
電気学会論文誌 C   134(7) 990-998   2014年
In this paper, we propose a control system based on auto-fusion cerebellar perceptron improved model using feedback error learning which imitates the human cerebellum, and it is applied to the consensus problem of a multi-agent system (MAS). It is...
内山 祥吾, 大林 正直, 呉本 尭, 小林 邦和
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   133(6) 1251-1258   2013年6月
In this paper, we propose a robust control system based on a cerebellar perceptron improved model. Using function of cerebellum, human can unconsciously and properly control the movement of the body to realize certain purposes. It is considered th...
呉本尭, 山野祐樹, FENG Liang‐Bing, 小林邦和, 大林正直
電気学会論文誌 C   133(5) 1076-1085   2013年5月
Individuals in the swarm intelligence systems are generally designed to be able to perform cooperative behaviors. However, those individual are usually with simple structures, i.e., there are few models of individuals with high cognitive functions...
内山 祥吾, 大林 正直, 呉本 尭, 小林 邦和
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   132(6) 1008-1015   2012年6月
Robust control theory generally guarantees robustness and stability of the closed-loop system. It however requires a mathematical model of the system to design the control system. It therefore can't often deal with nonlinear systems due to difficu...
内山祥吾, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気学会論文誌 C   132(6) 1008-1015   2012年6月
大林 正直, 内山 祥吾, 呉本 尭, 小林 邦和
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   131(8) 1467-1474   2011年8月
This study proposes a robust cooperated control method combining reinforcement learning with robust control to control the system. A remarkable characteristic of the reinforcement learning is that it doesn't require model formula, however, it does...
呉本尭, 渡邊駿, 小林邦和, 馮良炳, 大林正直
電気学会論文誌 C   131(8) 1475-1484   2011年8月
The interconnected recurrent neural networks are well-known with their abilities of associative memory of characteristic patterns. For example, the traditional Hopfield network (HN) can recall stored pattern stably, meanwhile, Aihara's chaotic neu...
大林正直, 内山祥吾, 呉本尭, 小林邦和
電気学会論文誌 C   131(8) 1467-1474   2011年
中野一宏, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気学会論文誌 C   130(11) 2090-2091   2010年11月
We propose a robust control system which has robustness for disturbance and can deal with a nonlinear system with partially unknown structure by fusing reinforcement learning and robust control theory. First, we solved an optimal control problem w...
牧野 吉宏, 大林 正直, 呉本 尭, 小林 邦和
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   130(10) 1882-1887   2010年10月
牧野吉宏, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気学会論文誌 C   130(10) 1882-1887   2010年
To obtain a high control performance of adaptive fuzzy control systems, the stability guarantee should be made stricter to reduce the approximation error of the system. Avoiding the system becomes complex, this study aims to design a kind of adapt...
溝上裕之, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
電気学会論文誌 C   129(9) 1730-1736   2009年9月
In general, meta-parameters in a reinforcement learning system such as learning rate are empirically determined and fixed during the learning. Therefore, when an external environment has changed, the sytem cannot adjust to the change. Meanwhile, i...
小林邦和, 大林正直, 呉本尭
電気学会論文誌 C   129(7) 1356-1362   2009年7月
In general, wavelet neural networks have a problem on the curse of dimensionality, i.e. hidden units to be required are exponentially increased with a high input dimension. To solve the above problem, the wavelet neural network incorporating local...
N. Kogawa & M. Obayashi & K. Kobayashi & T. Kuremoto
Artificial Life and Robotics   13(2) 538-542   2009年
M. Obayashi & N. Nakahara & K. Kobayashi & T. Kuremoto
Artificial Life and Robotics   13(2) 526-530   2009年
T. Kuremoto & T. Ohta & K. Kobayashi & M. Obayashi
Artificial Life and Robotics   13(2) 478-482   2009年
大林正直 & 成田顕一郎 & 小林邦和 & 呉本尭
電気学会論文誌   128(12) 1852-1858   2008年12月
When chaotic dynamics is given to the neurons that compose the associative memory model, it searches for stored patterns in a pattern space chaotically. However, it has the fault that the judgment for whether the stored pattern is recollected or n...
小林邦和 & 中野浩二 & 呉本尭 & 大林正直
電気学会論文誌   128(8) 1303-1311   2008年8月
The present paper proposes a new reinforcement learning (RL) system called a state predictor based RL system in order to solve the explosion of state space and create cooperative behaviors in multi-agent systems. The proposed system realizes a pre...
羽野ともえ, 呉本尭, 小林邦和, 大林正直
計測自動制御学会論文集   43(11) 1004-1006   2007年11月
羽野ともえ, 呉本尭, 小林邦和, 大林正直
計測自動制御学会論文集   43(11) 1004-1006   2007年11月
This paper presents a practical hand image instruction learning system for partner robots using an advanced selforganizing map"Transient-SOM". The construction of the proposal system is designed with 4 layers: a feature map to classify input image...
小川長久, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会論文集   43(6) 525-527   2007年6月
In this paper, we focus on the immune system and propose a reinforcement learning method based on immune network which has features of the immune system. Then we reveal that the proposed method has the capability of dealing with a maze problem whi...
小川長久 & 大林正直 & 小林邦和 & 呉本尭
計測自動制御学会論文集   43(6) 525-527   2007年6月
大林正直, 大宮理恵, 呉本尭, 小林邦和
電気学会論文誌   126(11) 1401-1405   2006年11月
The purpose of this paper is to investigate the performance of the associative memory model using Aihara's chaotic neural network with different activation functions. Sigmoid function, a monotonous function, was used in Aihara's original model. Ho...
梅迫公輔, 大林正直, 小林邦和
電気学会論文誌   124(7) 1478-1483   2004年7月
In this paper, an evolutionary reinforcement learning system with time-varying parameters that can learn appropriate policy in dynamical POMDPs is proposed. The proposed system has time-varying parameters that can be adjusted by using reinforcemen...
大林正直, 夕田憲治, 大宮理恵
電気学会論文誌   123(9) 1631-1637   2003年9月
So far, in associative memory search problems chaotic neural networks have constant synaptic weights to store patterns. In this paper, we propose a chaotic neural network(CNN) which has function typed synaptic weights to store patterns in order to...
梅迫公輔, 大林正直, 小林邦和
計測自動制御学会論文集   39(7) 699-701   2003年7月
梅迫公輔, 大林正直, 小林邦和
計測自動制御学会論文集   39(7) 699-701   2003年7月
We propose a reinforcement learning system that is constructed autonomously according to the state of environment observed during trials and the efficient method of selecting action whose direction varies. Effectiveness is shown through mobile rob...
梅迫公輔, 大林正直, 小林邦和
電気学会論文誌 C   122-C(3) 374-380   2002年3月
梅迫公輔, 大林正直, 小林邦和
電気学会論文誌   122-C(3) 374-380   2002年3月
大林正直, 梅迫公輔, 小林邦和
電気学会論文誌 C   121-C(2) 385-391   2001年2月
大林正直, 渡辺賢治, 小林邦和
電気学会論文誌 C   120-C(10) 1441-1446   2000年10月
WU B‐Y, 小林邦和, 鳥岡豊士
電子情報通信学会論文誌 D-2   J80-D-2(9) 2573-2577   1997年9月
小脳皮質を抽象化した前向きの抑制接続を有する2層ランダム神経回路網は, 一定条件のもとで入力パターンをパターン間の重なり率に関係なく一様に分離する興味ある機能をもつ. これまでに層間のランダムな興奮性結合の本数Rを一定とした神経回路網のもつパターン分離機能について, 一般的な分離条件が与えられている. 本論文では, 生理学的知見により沿ったものとなる興奮性結合本数R=4の場合について, 発火率の異なる入力パターンをパターン間の重なり率に関係なく一様に分離する具体的条件を与える.
上田宣彰, 小林邦和, 鳥岡豊士
電子情報通信学会論文誌 D-2   80(2) 652-659   1997年2月
ウェーブレット解析法を用いたニューラルネットワークの構成法では, 最適な隠れ層のユニット数の決定が問題となる. 本論文ではユニット数の決定方法として遺伝的アルゴリズム (GA) を用いる. GAを用いることにより与えられたタスクを解くために必要な最小構成のニューラルネットワークが構成可能であることを示す. 計算機実験を通して, 提案法が小さなネットワーク規模で精度の高い近似を実現できることを示す.
層状神経回路網のパターン分離機能-層間の結合本数 R24の場合
呉本堯, 小林邦和, 鳥岡豊士
電子情報通信学会論文誌   J80-D-II(9) 2573-2577   1997年
小林 邦和, 鳥岡 豊士, 吉田 信夫
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   77(10) 2121-2129   1994年10月
ウェーブレットとニューラルネットワークを融合させた写像ネットワークを提案する.提案ネットは,ネットワークの自己形成,近似対象の部分的復元,および学習の効率化という三つの特徴をもつ.アルゴリズムは,ネットワーク形成過程と誤差最小化過程に大別される.前者では,与えられた近似対象に必要十分なネットワーク構造となるように,隠れユニットを逐次追加する.同時に,競合学習によりパラメータの更新を行う.後者では,構造決定がなされたネットワークに対して,局所化逆伝搬アルゴリズムを適用し所望の近似精度に到達す...
小林邦和, 原肇, 鳥岡豊士
電子情報通信学会論文誌   J77-D-II(3) 583-590   1994年3月
前向きの抑制接続を有する2層ランダム神経回路網は,一定の条件のもとで,発火率の等しい入力パターンをパターン間の重なり率に関係なく一様に分離する興味ある機能をもつ.本論文では,発火率の異なる入力パターンを重なり率に関係なく一様に分離する一般的な条件を与える.また,その条件のもとで,具体的な条件を与える.その結果として,発火率が異なる入力パターンにおいても,一定の条件のもとで,入力パターンを一様に分離する機能をもつことを明らかにする.同時に,パターン分離機能に与える第2層の発火率,入力パターン...
K. Kobayashi, T. Torioka, and N. Ikeda
Neural Networks   7(8) 1241-1252   1994年
ネットワーク最適化機能をもつウェーブレットニューラルネットワーク
小林邦和, 鳥岡豊士, 吉田信夫
電子情報通信学会論文誌   J77-D-II(10) 2121-2129   1994年

Misc

 
野田五十樹, 南方英明, 小林邦和, 杉浦藤虎, 武村泰範, 秋山英久, 岡田浩之
知能と情報   29(1) 2‐13-13   2017年2月
呉本尭, 椿和大, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.TC6‐7   2016年8月
河村将範, 鈴木拓央, 小林邦和
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   16th ROMBUNNO.3A3‐1   2015年12月
田中利幸, 鈴木拓央, 小林邦和
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   16th ROMBUNNO.3A3‐2   2015年12月
熊谷賢弥, 鈴木拓央, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-15(25-32) 37‐41   2015年12月
呉本尭, 平田貴臣, 孔恵子, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-15(25-32) 7‐10   2015年12月
熊谷 賢弥, 鈴木 拓央, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2015(25) 37-41   2015年12月
平田貴臣, 呉本尭, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.TC3-5   2015年8月
小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.TC3-1   2015年8月
小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-15(13-24) 1‐6   2015年6月
小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2015(13) 1-6   2015年6月
椿本樹矢, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-15(1-9) 33-38   2015年3月
松原弘晃, 小林邦和
電気学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.3-041   2015年3月
熊谷賢弥, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-14(26-28.30-34) 7-12   2014年12月
呉本尭, 大林正直, 小林邦和, 間普真吾
電気学会システム研究会資料   ST-14(26-28.30-34) 13-18   2014年12月
田中利幸, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-14(26-28.30-34) 1-5   2014年12月
呉本 尭, 大林 正直, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2014(26) 13-18   2014年12月
椿和大, 呉本尭, 大林正直, 小林邦和, 間普真吾
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   23rd 136-137   2014年11月
平田貴臣, 呉本尭, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   65th ROMBUNNO.25-5   2014年10月
小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.TC1-1   2014年9月
田中利幸, 小林邦和
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.N1-6   2014年9月
熊谷賢弥, 小林邦和
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.O1-3   2014年9月
本多令知, 小林邦和
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.L2-3   2014年9月
松原弘晃, 小林邦和
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.F1-3   2014年9月
小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-14(9-11.13-17) 25-30   2014年3月
森崎啓太, 呉本尭, 間普真吾, 小林邦和, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 210-211   2013年11月
岸達也, 大林正直, 呉本尭, 間普真吾, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 158-159   2013年11月
山根大樹, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和, 間普真吾
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 76-77   2013年11月
下司拓也, 大林正直, 呉本尭, 間普真吾, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 136-137   2013年11月
綿田将悟, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和, 間普真吾
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 46-47   2013年11月
徳田慎太郎, 呉本尭, 間普真吾, 小林邦和, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 212-213   2013年11月
石川幸平, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭, 間普真吾
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 166-167   2013年11月
宇都駿佑, 大林正直, 呉本尭, 間普真吾, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 90-91   2013年11月
椿和大, 呉本尭, 大林正直, 小林邦和, 間普真吾
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 84-85   2013年11月
平田貴臣, 呉本尭, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 208-209   2013年11月
渡邊駿, 呉本尭, 小林邦和, 間普真吾, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 86-87   2013年11月
大谷拓寛, 呉本尭, 小林邦和, 間普真吾, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   22nd 200-201   2013年11月
河村将範, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-13(116-124) 29-33   2013年11月
椿本樹矢, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-13(116-124) 41-45   2013年11月
椿本樹矢, 小林邦和
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.O4-8   2013年9月
河村将範, 小林邦和
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.N4-5   2013年9月
榊原純也, 小林邦和
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.O2-7   2013年9月
綿田将悟, 大林正直, 呉本尭, 間普真吾, 小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.TC9-3   2013年9月
小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.TC9-6   2013年9月
安井興太郎, 小林邦和, 村上和人, 成瀬正
人工知能学会AIチャレンジ研究会(Web)   37th B301-1 (WEB ONLY)   2013年
布目裕司, 村上和人, 小林邦和, 成瀬正
人工知能学会AIチャレンジ研究会(Web)   37th B301-4 (WEB ONLY)   2013年
上仮屋拓也, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   21st 88-89   2012年11月
森崎啓太, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   21st 90-91   2012年11月
綿田将悟, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   21st 116-117   2012年11月
内山祥吾, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   21st 92-93   2012年11月
大谷拓寛, 呉本尭, 小林邦和, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   21st 168-169   2012年11月
山根大樹, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   21st 94-95   2012年11月
内山祥吾, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.TC15-5   2012年9月
山根大樹, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM)   28th ROMBUNNO.TL2-2   2012年
綿田将悟, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM)   28th ROMBUNNO.FG3-1   2012年
渡邊駿, 呉本尭, 小林邦和, 大林正直
電気学会システム研究会資料   ST-11(25-32.34-35) 35-40   2011年12月
内山祥吾, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   ST-11(25-32.34-35) 1-6   2011年12月
宅野雄大, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   20th 220-221   2011年11月
大富康弘, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   20th 234-235   2011年11月
内山祥吾, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   62nd 373-374   2011年10月
渡邊駿, 呉本尭, 小林邦和, 大林正直
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   62nd 234-235   2011年10月
渡邊駿, 呉本尭, 小林邦和, 大林正直
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2011 ROMBUNNO.GS5-9   2011年9月
小林邦和, 呉本尭, 大林正直
電気学会システム研究会資料   ST-11(14-16.18-24) 5-10   2011年8月
大富康弘, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   19th 44-45   2010年11月
内山祥吾, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2010 ROMBUNNO.GS13-4   2010年
宅野雄大, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2010 ROMBUNNO.TC4-3   2010年
岡本隆志, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和, FENG Liang‐bing
ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.WE1-1   2010年
岡本 隆志, 大林 正直, 呉本 尭, 小林 邦和, 馮 良炳
日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   26(0) 262-262   2010年
 不確実性を伴う環境中でエージェントが適切な行動を取り続けるには、エージェント自身で自身の行動が引き起こす環境の変化が良いか悪いかを自ら判定する手段を持っていなければならない。一方で、神経生理学の分野では、生物の作り出す価値における研究について多く報告されており、著者らはそのような高度な知能を持つ生物のメカニズムに着目した。以上より、本研究では、立脚性を有するエージェントシステムの構築を目的とし、従来の強化学習システムにエージェントの内部評価機構となる価値システムを付加した新たな学習システ...
牧野吉宏, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   18th 70-71   2009年11月
岡本隆志, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   18th 22-23   2009年11月
西田朋広, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   18th 24-25   2009年11月
兼平龍, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   60th ROMBUNNO.24-4   2009年10月
松井裕之, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   17th 122-123   2008年11月
溝上裕之, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   17th 124-125   2008年11月
尾崎智香, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   17th 120-121   2008年11月
河村佳代子, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   17th 84-85   2008年11月
山田勝巳, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   17th 188-189   2008年11月
永田昌彦, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   17th 132-133   2008年11月
永田昌彦, 大林正直, 呉本尭, 小林邦和
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.GS12-4   2008年8月
小林邦和, 大林正直, 呉本尭
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.GS5-7   2008年8月
小林邦和, 大林正直, 呉本尭
日本神経回路学会全国大会講演論文集   18th 146-147   2008年9月
溝上裕之, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2008 ROMBUNNO.GS10-6   2008年8月
呉本尭, 大林正直, 小林邦和, 杉野元紀, 松崎洋一郎
電子情報通信学会大会講演論文集   2008 S.39-S.40   2008年3月
平田真一, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 74-75   2007年
溝上裕之, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 80-81   2007年
田邉朋子, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 234-235   2007年
河村佳代子, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 60-61   2007年
小田仁, 小林邦和, 呉本尭, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 70-71   2007年
尾崎智香, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 64-65   2007年
山田勝巳, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 184-185   2007年
大田智範, 呉本尭, 小林邦和, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 162-163   2007年
波多聡, 呉本尭, 小林邦和, 大林正直
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 66-67   2007年
矢野艶江, 大林正直, 小林邦和, 呉本尭
計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   16th 88-89   2007年

書籍等出版物

 
Self-Organizing Wavelet-Based Neural Networks (Time-Frequency and Wavelets in Biomedical Signal Processing)(共著)
IEEE Press   1997年   
情報工学実験および演習IIテキスト(共著)
山口大学工学部知能情報システム工学科   2006年   
A Hippocampus-Neocortex Model for Chaotic Association(共著)
Springer   2006年   
Reinforcement Learning, Theory and Application(共著)
Advanced Robotic Systems   2007年   
Reinforcement Learning, Theory and Application
I-Tech Education and Publishing   2008年   

講演・口頭発表等

 
呉本 尭, 平田 貴臣, 大林 正直, 間普 真吾, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2016年12月2日   
田中 利幸, 鈴木 拓央, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2016年12月2日   
椿本 樹矢, 鈴木 拓夫, 小林 邦和
電気学会研究会資料. ST   2016年12月2日   
田中利幸, 鈴木拓央, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   2016年12月2日   
呉本尭, 平田貴臣, 大林正直, 間普真吾, 小林邦和
電気学会システム研究会資料   2016年12月2日   

Works

 
脳の高次機能の解明に向けたニューラルネットワークのモデル化
2010年

競争的資金等の研究課題

 
Wavelet Analysis
1. 組み合わせ最適化問題の解法 2. 動的連想記憶システムの構築
1. 大規模な巡回セールスマン問題の効率的な解法を構築すること.<br> <br>2. ヒトのような柔軟な連想記憶を行なえるシステムを構築すること.
動的連想記憶システムの構築
ヒトのような柔軟な連想記憶を行なえるシステムを構築すること.
1.動的連想記憶システムの構築 2.ウェーブレット理論を用いたニューラルネットワークの設計
1.ヒトのような柔軟な連想記憶を行なえるシステムを構築すること<br> <br>2.ニューラルネットワークの構造と自由パラメータを決定する手法を開発すること
ウェーブレット理論を用いたニューラルネットワークの設計
ニューラルネットワークの構造と自由パラメータを決定する手法を開発すること