福地 龍郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 01:28
 
アバター
研究者氏名
福地 龍郎
 
フクチ タツロウ
URL
http://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~tfukuchi/index
所属
山梨大学
部署
大学院総合研究部教育学域 人間科学系(科学文化教育講座)
職名
大学院担当教授
学位
理学博士(筑波大学), 理学修士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
2003年3月
山口大学講師(教養部、理学部、大学院理学研究科)
 
2003年4月
 - 
2012年8月
山口大学助教授(准教授)(大学院理工学研究科)
 
2012年9月
 - 
2015年9月
山梨大学教授(大学院教育学研究科)
 
2015年10月
 - 
現在
山梨大学教授(大学院総合研究部教育人間科学域、現教育学域)
 
2018年4月
 - 
現在
山梨大学教育学部附属小学校校長
 

学歴

 
 
 - 
1989年
筑波大学 地球科学研究科 地質学
 
 
 - 
1984年
筑波大学 第一学群 地球科学
 

Misc

 
福地龍郎・溝口一生・嶋本利彦・林 愛明:ESR解析による断層摩擦発熱温度の推定―野島断層と高速剪断実験結果を例として―
月刊地球   号外No.36, p.82-89 
福地龍郎:高エネルギー粒子線照射により生成される石英格子欠陥中心のESR研究.
原研施設利用共同研究成果報告書(平成12年度)   通巻40号,p.68-71 

書籍等出版物

 
Tatsuro Fukuchi, Noboru Imai & Koichi Shimokawa: Dating of the fault movement by various ESR signals in quartz - cases of the faults in the South Fossa Magna, Japan.
ESR Dating AND Dosimetry, IONICS, Tokyo   1985年   
福地龍郎:断層粘土を利用した断層年代測定法及び活動性評価法の研究・開発
平成8・9年度科学研究費補助金[基盤研究(C)(2)]研究成果報告書   1998年   
Tatsuro Fukuchi: The Fault Dating Method and the Assessment of Fault Activity Using Fault Gouge
Report of Grant-in-Aid for Scientific Research(C)(1996-1997)   1998年   
福地龍郎:ESR及びICP質量分析による断層最終活動年代測定法の確立と応用研究
平成10〜11年度文部省科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書   2000年   
Tatsuro Fukuchi: ESR/ICP-MS dating method of the latest fault movement
Report of Grant-in-Aid for Scientific Research(c)(1998-2000)   2000年   

講演・口頭発表等

 
野島断層シュードタキライトのESR解析:断層発熱の新しい指標
2001年地球惑星科学関連学会合同大会講演要旨,Sm-006   2001年   
石英格子欠陥中心のUV照射による減衰特性:堆積年代測定のための基礎
2001年地球惑星科学関連学会合同大会講演要旨,Qm-008   2001年   
ESR解析による断層摩擦発熱温度の推定―野島断層と高速剪断実験結果を例として―
沈み込み帯地震発生帯の物質科学と深海掘削ワークショップ(海洋科学技術センター横浜研究所)   2001年   
Decay characteristics of vacancy-associated ESR centers in quartz by UV irradiation: A physical basis for absolute dating of planetary sediments
International Symposium on New Prospects of ESR Dosimetry and Dating, Advances in ESR Applications   2001年   
Assessment of fault activity by ESR dating of fault gouge using surface E' center in quartz produced with clay mineralization: The case of the Atotsugawa Fault in Japan
International Symposium on New Prospects of ESR Dosimetry and Dating, Advances in ESR Applications   2001年   

Works

 
山口県防災会議震災対策専門部会委員
Joint Research on Absolute Dating Method using Fault Gouge
山口県地域活断層調査委員会委員
Research on the Assessment of Fault Activity in Yamaguchi Prefecture
断層粘土を利用した断層年代測定法の共同研究

競争的資金等の研究課題

 
断層破砕岩中の変形石英に形成される格子欠陥の電子スピン共鳴とルミネッセンスによる検出及び同定
山口県及び周辺地域における活断層の地震地質学的研究
断層ガウジの形成年代測定と断層活動性評価に関する研究
1.断層摩擦溶融により生成するシュードタキライトの物性研究と地震発生予測への取り組み 2.二次元ESRイメージングシステムの開発と応用 3.放射線照射による鉱物中の格子欠陥生成と地球年代学への応用
1.地震活動時の断層摩擦発熱により生成するシュードタキライトが磁化する過程を実験的に再現することにより,地震発生時に観測される電磁気異常現象を解明し,地震発生予測を実現することを目指す。<br>2.二次元的に計測できるESR装置を開発する。<br>3.地殻を構成する花崗岩の主要造岩鉱物である石英や長石等を実験試料として、γ線や中性子線等の放射線を照射し、結晶内部に生成される空孔や格子間原子、不純物イオンに捕獲された不対電子中心の性質をESR装置やルミネッセンス検出器により調べ、地球年代測定...
1.放射線照射による鉱物中の格子欠陥生成と地球年代学への応用 2.活断層の活動性評価と地震発生予測のための基礎研究 3.石英格子欠陥中心の紫外線照射効果の解明と地球環境科学への応用
1.地殻を構成する花崗岩の主要造岩鉱物である石英や長石等を実験試料として、γ線や中性子線等の放射線を照射し、結晶内部に生成される空孔や格子間原子、不純物イオンに捕獲された不対電子中心の性質をESR装置やルミネッセンス検出器により調べ、地球年代測定に応用する。<br>2.地表露頭や地下深部掘削により採取された断層破砕物質中の石英や粘土鉱物から不対電子中心を検出し、内陸型地震を引き起こす活断層の活動性評価や地震発生時における自然宏観現象の解明に応用すると共に、将来の地震予測に役立てる。<br>...