NAKAMOTO DAI

J-GLOBAL         Last updated: Dec 8, 2018 at 03:14
 
Avatar
Name
NAKAMOTO DAI
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Letters, Japanese Literature Program
Job title
Professor
Degree
Master of Arts, Doctor of Arts
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1988
Japanese Literature, Faculty of Literature, Osaka University
 
 
 - 
1994
Japanese Literature , Graduate School, Division of Letters, Osaka University
 

Published Papers

 
書評 渡瀬淳子著『室町の知的基盤と言説形成 : 仮名本『曾我物語』とその周辺』
中本 大
国文学研究 早稲田大学国文学会   183 66-70   Oct 2017
「室町時代五山禅林は歌壇・連歌壇に何をもたらしたか―漢語「濫觴」の受容における五山禅林文壇の影響―」
中本 大
『禅からみた日本中世の文化と社会』      Mar 2016
「十雪詩」のゆくえ
中本 大
論究日本文学   (100)    May 2014
『聯珠詩格』は『新選集』の典拠かー『連集良材』所収、戴復古「子陵釣台」詩を端緒にー
中本 大
立命館文学   630    Mar 2013
菊隠慧叢について―『名庸集』研究序説 (特集 五山文学)
岩波書店『文学』   12(5) 91-101   Sep 2011

Books etc

 
宋人文集の編纂と伝承
東英寿・内山精也・浅見洋二・萩原正樹
中国書店   Feb 2018   ISBN:9784903316604
『名庸集 影印と解題』
思文閣出版   Sep 2013   
立命館京都文化講座「京都に学ぶ」ブックレット第1期4.京の生活(くらし)『兼好法師の京都 -「徒然草」の東西-』
白川書院   May 2009   
立命館京都文化講座「京都に学ぶ」ブックレット第1期2.京の乱『権力者と京の文化 -戦国覇者の文化戦略-』
白川書院   May 2009   
絵画情報集積・発信拠点としての五山禅林-「画題」研究序説
至文堂『国文学解釈と鑑賞』   Oct 2008   

Teaching Experience

 

Works

 
月例「京都」京都に学ぶ
The Others   Apr 2009