植松 美彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/20 11:46
 
アバター
研究者氏名
植松 美彦
 
ウエマツ ヨシヒコ
eメール
yuematsugifu-u.ac.jp
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~fatigue/
所属
岐阜大学
部署
工学部 機械工学科 機械コース 設計力学講座
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学)
科研費研究者番号
80273580
ORCID ID
0000-0003-4161-3738

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
岐阜大学工学部機械工学科 教授
 
2010年8月
 - 
2012年7月
文部科学省 研究振興局 学術調査官
 
2004年10月
 - 
2011年3月
岐阜大学工学部機械システム工学科 准教授
 
2001年9月
 - 
2002年8月
デルフト工科大学(オランダ) 客員研究員
 
1995年4月
 - 
2004年9月
大阪大学工学研究科 助手
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1995年3月
京都大学 大学院工学研究科 物理工学専攻 博士後期課程
 
1990年4月
 - 
1992年3月
京都大学 大学院工学研究科 物理工学専攻 修士課程
 
1986年4月
 - 
1990年3月
京都大学 工学部 機械工学
 

受賞

 
2016年11月
日本ばね学会 論文賞 陽電子消滅法によるステンレス鋼SUS316の微小疲労き裂発生挙動評価,ばね論文集,第2016巻,第61号,pp.7–12 (2016-6).
受賞者: 植松美彦,柿内利文,服部兼久,上杉直也,仲尾文哉
 
2004年
2004年度(平成16年度)日本機械学会賞(論文) 日本機械学会論文集,A編,第70巻,第692号,pp. 588-595 (2004-4).
 
2001年
第25回疲労シンポジウム優秀研究発表賞 日本材料学会 第25回疲労シンポジウム講演論文集,pp. 55-58(2000).
 

論文

 
陽電子消滅法を用いたばね鋼SUP10の疲労損傷評価
柿内利文,服部兼久,上杉直也,錦織大幸,植松美彦
ばね論文集   2019(64) 89-94   2019年10月   [査読有り]
Prediction of fatigue limit in additively manufactured Ti-6Al-4V alloy at elevated temperature
Toshifumi Kakiuchi, Ryosei Kawaguchi, Masaki Nakajima, Masahiro Hojo, Koji Fujimoto, Yoshihiko Uematsu
International Journal of Fatigue   126 55-61   2019年9月   [査読有り]
Heterogeneous local straining behavior under monotonic and cyclic loadings in a friction stir welded aluminum alloy
Yasuko Besel, Michael Besel, Eric Dietrich, Janine Wischek, Ulises Alfaro Mercado, Toshifumi Kakiuchi, Yoshihiko Uematsu
International Journal of Fatigue   125 138-148   2019年8月   [査読有り]
亜鉛めっき鋼線溶接継手の十字引張および疲労挙動
秋田正之,柿内利文,中島正貴,川井孝生,椿井康司,植松美彦
溶接学会論文集   37(1) 35-43   2019年3月   [査読有り]
Nb含有フェライト系ステンレス鋼JFE429EX溶接継手の大気中および塩水中における疲労挙動に及ぼす溶接金属の影響
秋田正之,柿内利文,小山敦弘,中島正貴,高瀬 徹,縣 幸男,竹尾友佑,今里周平,杉本大志,植松美彦
溶接学会論文集   36(4) 238-246   2018年12月   [査読有り]
EBSD-assisted fractography of sub-surface fatigue crack initiation mechanism in the ultrasonic-shot-peened βeta-type titanium alloy
Yoshihiko Uematsu, Toshifumi Kakiuchi, Kanehisa Hattori
Fatigue and Fracture of Engineering Materials and Structures   41(11) 2239-2248   2018年11月   [査読有り]
Fatigue behavior of multi-directionally forged commercial purity grade 2 Ti plate in laboratory air and Ringer’s solution
Ilhamdi, Toshifumi Kakiuchi, Hiromi Miura, Tomohiko Fukihara, Yoshihiko Uematsu
Materials Transactions   59(8) 1296-1303   2018年8月   [査読有り]
摩擦撹拌により作製したAl/Steel異種金属テーラードブランクの強度特性と後熱処理の影響
小川大介,柿内利文,橋場圭吾,植松美彦
溶接学会論文集   36(3) 160-166   2018年7月   [査読有り]
Fatigue behavior of A5052 aluminum alloy with diamond-like carbon/electroless nickel plating hybrid coating
Yoshihiko Uematsu, Toshifumi Kakiuchi, Megumi Adachi
Mechanical Engineering Letters   4(18-00213)    2018年7月   [査読有り]
Joint microstructures, mechanical properties and fatigue behaviour of ferritic stainless steel SUS 430 welds with different filler metals
Masayuki Akita, Yoshihiko Uematsu, Toshifumi Kakicuhi, Masaki Nakajima, Yukio Agata, Kohei Takino
Welding International   32(6) 427-435   2018年6月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
3D積層造形による生体材料としての傾斜構造を有するβチタン合金の創製
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 植松 美彦
CFRPにおけるミクロ疲労損傷の陽電子消滅法による非破壊検出手法の創製
JSPS: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 植松 美彦
多軸鍛造Mg合金バルクナノメタルにおける疲労力学現象の解明と最適鍛造条件の提案
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域,公募研究)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 植松 美彦
固相窒素吸収により表面高窒化した生体適合型ステンレス鋼およびβ型チタン合金の創製
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 植松 美彦
厚膜DLCの複合皮膜化による高耐食性・生体適合性マグネシウム合金部材の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 植松美彦
FSSW用渦溝ツールの実用化と高強度Mg-Feスポット重ね継手の開発
科学技術振興機構: シーズ発掘試験A(発掘型)
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 植松美彦
細胞培養環境下疲労試験システムの構築と低弾性率生体適合性材料ゴムメタルの実用化
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 植松美彦
アルミ系ナノ結晶合金における高温疲労現象の解明とその耐疲労設計手法の提案
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 植松美彦
原子間力顕微鏡下その場観察とSSDA法画像処理によるナノスケールひずみ計測
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 植松美彦
先進熱可塑性樹脂基CFRPの超長期的信頼性評価方法に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月