中嶋 隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 02:41
 
アバター
研究者氏名
中嶋 隆
 
ナカジマ タカシ
eメール
nakajimawaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
教育・総合科学学術院 教育学部
職名
教授
学位
文学修士(早稲田大学), 博士(文学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
40155718

プロフィール

元禄期を中心とした江戸時代文藝を研究する。大谷女子大・横浜国立大学を経て、現在は早稲田大学に勤務するほか、NHK教育テレビ「古典への 招待」で、西鶴担当の講師をつとめる。北京外国語大学日本文化研究中心で客員教授、米国UCLAで訪問教授。西鶴作品や西村市郎右衛門など浮世草子研究に実績があ る。BS歴史館「井原西鶴」、謎解き江戸のススメ「西鶴」、にっぽんの芸能「西鶴五人女」などのテレビ番組にゲスト出演した。 研究書・注釈書 には『西鶴と元禄メディア』(NHKブックス) 『初期浮世草子の展開』(若草書房) 『西鶴と元禄文芸』(若草書房) 『都の錦集』(国書刊行会) 『世間子息気質・世間娘容気』(社会思想社) 『初期浮世草子集』(古典文庫) 『講座 日本文学と仏教』(共著 岩波書店) 『八文字屋本全集』(共編 汲古書院) 『浮世祝言揃』(太平書屋) 『好色日用食性』(太平書屋) 『好色春の明ぼの』(太平書屋)など多数。『廓の与右衛門控え帳』(小学館)で、第八回小学館文庫小説賞を受賞する。小説では、朝鮮人潜伏キリシタンを主人公とした『はぐれ雀』(小学館)で評価を得た。以下は、最近10年間の海外発表と国内講演会等である。2019年3月(予定)米国アジア研究協会(AAS)デンバー大会「西村市郎右衛門の好色本出版」。 2015年12月 UCLA「西川祐信春本の誕生ー「性」と出版文化」  2015年10月 ブリティシュ・コロンビア大学「西川祐信春本の誕生ー「性」と出版文化」 2014年3月  パリ・ディドロ大学「武士道の成立と男色の問題について」  2013年12月 西鶴研究会・浮世草子研究会・俳文学会東京例会共催「矢数俳諧」をめぐるシンポ「西鶴の俳諧と小説―『俳諧独吟百韻自注絵巻』をめぐっ て」  2013年10月 三重県朝日歴史記念館「俳諧師の旅」 2013年5月 東アジア日本学会(韓国・江原大学)「江戸初期文芸にみる『治癒』―旅・隠棲・共同体」 2012年5月 東京天理ギャラリー「西鶴の文人意識」  2011年12月 西川祐信研究会(国際日本文化研究センター)「挿絵画家としての西川祐信―書肆と浮世草子を中心に」 2011年11月 韓国・建国大学開催「日本古典文学」学会 「西鶴に学ぶ経済と人間」  2011年9月 日本近世文学会全国大会(韓国・高麗大学)「日韓文化」シンポジウムのコメンテータ  2011年9月 伊丹・柿衛文庫「矢数俳諧への道―西鶴とメディア」 2011年8月 EAJS(ヨーロッパ日本学研究協会)大会(エストニア・タリン大学)シンポジウム司会Ihara Saikaku’s katari or narration  2011年6月 日本文学協会研究大会(フェリス女子大)「西川祐信画春本の誕生」  2010年12月 立命館大学開催「春本・春画」シンポジウムでパネラー 2010年1月 国文学研究資料館開催「読本」研究会「読本としての西鶴本」  2008年12月 俳文学会東京例会シンポジウム「談林俳諧の再検討」のパネラー。  2008年6月 中世文学会シンポジウム「パロディと中世文学」のパネラー。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
大谷女子大学 日本文学科 専任講師
 
1989年4月
 - 
1996年3月
横浜国立大学 教育学部 専任講師・助教授
 
1996年4月
   
 
早稲田大学 教育・総合科学学術院 助教授 教授
 

学歴

 
1972年4月
 - 
1977年3月
早稲田大学 第一文学部 日本文学科
 
1978年4月
 - 
1991年3月
早稲田大学大学院 博士前期課程文学研究科 日本文学専攻
 
1991年4月
 - 
1994年3月
早稲田大学大学院 博士後期課程文学研究科 日本文学専攻
 

委員歴

 
1981年3月
   
 
日本近世文学会  委員
 
1994年3月
   
 
日本近世文学会  常任委員
 
1998年4月
 - 
2010年3月
日本文学教協会  委員
 

受賞

 
2007年3月
小学館文庫小説賞
 
1984年
窪田空穂賞
 

論文

 
『世渡りや』歌仙注解
中嶋隆ほか
近世文芸 研究と評論   (95) 31-47   2018年11月
(新出資料 早稲田大学所蔵)水間沾徳点・大村蘭台撰『置く扇子』歌仙注解
中嶋隆
近世文芸 研究と評論   53-70   2018年6月
(新出資料 早稲田大学所蔵)水間沾徳点・大村蘭台撰『残る蚊』五十韻注解
中嶋隆
近世文芸 研究と評論   (93) 45-61   2017年11月
(新出資料 早稲田大学所蔵)水間沾徳点・大村蘭台撰『稲はらむ』五十韻注解
中嶋隆
近世文芸 研究と評論   (92) 59-82   2017年6月
(新出資料 早稲田大学所蔵)水間沾徳点・大村蘭台撰『宇呂利』五十韻注解
中嶋 隆
近世文芸 研究と評論   (91) 80-100   2016年11月

書籍等出版物

 
浮世草子大事典
中嶋隆 他 (担当:共編者)
笠間書院   2017年10月   ISBN:9784305708472
古典文学の常識を疑う
佐伯孝弘ほか (担当:分担執筆)
勉誠出版   2017年5月   ISBN:9784585291473
西鶴浮世草子をどう読むべきか
ことばの魔術師西鶴ー矢数俳諧再考
篠原進 中嶋隆 (担当:共編者)
ひつじ書房   2016年11月   ISBN:9784894767850
もう一つの日本文学史
国文学研究資料館 (担当:分担執筆)
勉誠社   2016年3月   
その後の「世の介」-好色本・春本のセクシュアリティと趣向
シリーズ日本人と宗教 生と死 
中嶋 隆 (担当:共著)
春秋社   2015年1月   ISBN:9784393299432

講演・口頭発表等

 
西川祐信春本の誕生ー「性」と出版文化 [招待有り]
中嶋隆
カリフォルニア大学ロサンゼルス校講演会   2015年12月   カリフォルニア大学ロサンゼルス校
西川祐信春本の誕生ー「性」と出版文化 [招待有り]
中嶋隆
ブリティシュコロンビア大学講演会   2015年10月   ブリティシュコロンビア大学
武士道の成立と男色の問題について [招待有り]
中嶋隆
パリ ディドロ大学シンポジウム「武士道」   2014年3月   パリ ディドロ大学
その後の「世之介」-好色本・春本のセクシュアリティ [招待有り]
中嶋隆
国文学研究資料館国際シンポジウム   2014年1月26日   国文学研究資料館
西鶴の俳諧と小説―『俳諧独吟百韻自注絵巻』をめぐっ て [招待有り]
中嶋隆
「矢数俳諧」をめぐるシンポジウム   2013年12月   西鶴研究会・浮世草子研究会・俳文学会東京例会共催

競争的資金等の研究課題

 
独吟連句の分析による談林俳諧の新研究
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
本研究の目的は、談林俳諧を中心とした独吟連句のデータベースを作成して、俳文や散文作品への展開を視野に置きつつ、談林俳諧の表現方法や特徴について分析することにある。そのためには独吟連句の翻刻・テキスト化が必須の作業となるが、さらに俳諧師ごとの傾向や俳諧手法の解明、季節・季語・式目(「句数」等)・付合語・付筋などについて、データベースを基に分析する。前年度に引き続いて、独吟連句の諸本調査を行い、翻刻の備わるものは原本を確認したうえでデータベースを作成する作業を行っている。未翻刻の俳書については...

社会貢献活動

 
NHKBSプレミアム
【】  NHKBSプレミアム  2012年5月
BS歴史館「井原西鶴 大坂・笑いと反骨と人情と」
NHK教育テレビ
【】  NHK教育テレビ  2004年
古典への招待(西鶴担当)1998年から2004年