岡野 友彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/02 13:48
 
アバター
研究者氏名
岡野 友彦
 
オカノ トモヒコ
所属
皇學館大学
学位
博士(歴史学)(國學院大學)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
皇學館大学 文学部 国史学科 文学部 国史学科 教授
 
2014年
   
 
皇學館大学 文学部 教授
 
1988年
 - 
1991年
(財)東京都文化振興会江戸東京博物館資料収集室主事
 
1991年
 - 
1995年
(財)東京都歴史文化財団主事(江戸東京博物館学芸員)
 
1995年
 - 
1999年
皇學館大学文学部専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1989年
國學院大學 文学研究科 日本史学
 
 
 - 
1984年
國學院大學 文学部 史学
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本古文書学会  評議員
 
1995年
 - 
現在
皇學館大學史學會  評議員
 
1984年
   
 
國史學會  委員
 

論文

 
官位・官職・家職・家格のもつ力
井原今朝男編
富裕と貧困(生活と文化の歴史学3)   65-82   2013年5月
延徳密奏事件と戦国期の神宮
皇學館大学編
神宮と日本文化   225-244   2012年4月
修理職領から禁裏領へ
坂田聡編
禁裏領山国荘   21-42   2009年12月
岡野 友彦
史料   (218) 25-29   2008年12月
伊勢中世都市の歴史的位置づけ
伊藤裕偉・藤田達生編
中世都市研究(都市をつなぐ)   (13) 17-32   2007年9月
神宮神官の苗字に見る権門都市宇治・山田
岡野 友彦
Mie history   (18) 1-11   2006年8月
家康生涯三度の源氏公称・改姓
二木謙一編
戦国織豊期の社会と儀礼   69-87   2006年4月
源師房ー摂関家出身の源氏長者ー
元木泰雄編
王朝の変容と武者(古代の人物6)   249-264   2005年6月

Misc

 
岡野 友彦, 深津 睦夫, 坂口 太郎
皇學館大学神道研究所紀要 = Bulletin of Shintō Institute   30 110-125   2014年3月
岡野 友彦
別冊太陽 : 日本のこころ   (208) 46-57   2013年5月
岡野 友彦, 松島 周一, 山田 邦明
年報中世史研究   (38) 105-118   2013年
岡野 友彦
皇学館史学   (27) 70-73,図巻頭1枚   2012年3月

書籍等出版物

 
岡野 友彦
吉川弘文館   2015年5月   ISBN:4642058036
佐藤 弘夫, 山本 陽子, 本郷 和人, 赤坂 憲雄, 岩田 重則, 小松 和彦, 小島 毅, 島薗 進, 片山 杜秀, 藤井 淳, 大谷 栄一, 岡野 友彦 (担当:共著)
岩波書店   2014年1月   ISBN:4000113186
岡野 友彦
PHP研究所   2013年2月   ISBN:4569810659
伊勢市史 第二巻 中世編
伊勢市 (担当:共著, 範囲:部会長、第二章、第三章第一節・第二節)
伊勢市   2011年3月   
岡野 友彦
ミネルヴァ書房   2009年10月   ISBN:4623055647

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 岡野 友彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 坂田 聡
1.本研究の概要、意義、重要性本研究においては、京都府の大堰川上・中流域、具体的には丹波・山城国境の広河原(京都市左京区)から黒田・山国・周山(以上京都市右京区)、日吉・園部・八木(以上南丹市)、さらには亀岡市域にかけての地域をフィールドにとり、16世紀~19世紀という長いスパンでの通時代的な考察を試みることによって、当該地域社会の内部における個別の村どうしの関係の実態及びその変容、当該地域社会の内部における個別の村々の共通点と差異及びその変容、個別の村レベルを超えた当該地域社会全体の構造...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 岡野 友彦
本研究は「古文書学の再構築―文字列情報と非文字列情報の融合―」と題し、古文書上に書かれ、多くの場合活字化されて歴史学の「史料」として活用されている文字列情報と、和紙としての古文書そのものが本来有する非文字列情報とを融合した、新たなる古文書学を提唱するために、古文書学とアーカイブス学(文書保存学)との対話の可能性を探ることを目的とする。上記の目的を達成するため、平成24年度はまず5月に、USBカメラとミクロメータースコープを組み合わせた顕微鏡デジタルカメラを購入し、これを用いて6月3日と9月...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 坂田 聡
本研究では、(1)民衆にとって、天皇とはどのような存在であったか、(2)民衆は天皇の権威をいかなる形で利用し、地域社会の秩序を構築したか、という二つの課題について、中世・近世を通じて天皇家との結びつきが強かった丹波国山国地域をフィールドにとり、室町期から明治維新期に至る500年間にわたって通時的に考察した。具体的には、(ア)「由緒書」と家伝承、(イ)「口宣案」と官途成り、(ウ)公事、(エ)名主役、(オ)山国隊、という五つのテーマを検討した上で、その研究成果を統合し、(1)と(2)に対する回...
中世久我家と久我家領荘園
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2002年10月       代表者: 岡野 友彦