坂上 学

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/19 02:40
 
アバター
研究者氏名
坂上 学
 
サカウエ マナブ
URL
http://www.sakauelab.org/
所属
法政大学
部署
経営学部経営学科
職名
教授
学位
博士(経営学)(大阪市立大学), 商学修士(早稲田大学)
科研費研究者番号
50264792

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
1995年3月
大阪市立大学 商学部 助手
 
1995年4月
 - 
1997年3月
大阪市立大学 商学部 講師
 
1997年4月
 - 
2002年3月
大阪市立大学   商学部 助教授
 
2002年4月
 - 
2007年3月
大阪市立大学 大学院経営学研究科 助教授
 
2003年4月
 - 
2009年3月
大阪市立大学 大学教育研究センター 兼任研究員
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1988年3月
早稲田大学 社会科学部 社会科学科
 
1992年4月
 - 
1994年3月
早稲田大学 商学研究科 会計学
 

委員歴

 
2014年5月
   
 
日本経営分析学会  常任理事
 
2013年4月
   
 
Accounting, Auditing, and Accountability Journal  Advisory Board メンバー
 
2012年8月
   
 
日本会計研究学会  評議員
 
2011年11月
 - 
2014年5月
日本経営分析学会  理事
 
2010年11月
   
 
日本社会関連会計学会  理事
 

受賞

 
2008年8月
日本簿記学会 2008年度日本簿記学会賞
 
分担執筆(中野常男編著『複式簿記の構造と機能-過去・現在・未来-』同文舘, 2007年11月20日発行)

論文

 
坂上 学
會計   189(4) 395-405   2016年4月   [招待有り]
坂上 学
企業会計   67(2) 296-299   2015年2月
Bai Zhenyang, Sakaue Manabu, Takeda Fumiko
The Japanese Accounting Review   4(2014) 49-74   2014年   [査読有り]
This article investigates whether and how the Japanese Financial Services Agency's mandatory use of XBRL affects investors in assessing financial information. Although regulators expect the introduction of XBRL to enhance the transparency and qual...
冪乗則と非線形モデルへの展開
會計   185(3) 309-321   2014年3月

Misc

 
監査データ標準(ADS)をめぐる動向について -XBRL GL技術の監査への応用-
会計監査ジャーナル   (716) 117-124   2015年3月

書籍等出版物

 
事象アプローチによる会計ディスクロージャーの拡張
坂上 学
中央経済社   2016年3月   ISBN:978-4502182716
中小企業の会計制度
河﨑照行
中央経済社   2015年3月   ISBN:978-4502138416
2009年に中小企業版IFRSが公表されたことをうけて、各国で中小企業会計に関する議論が活発化している。本書はその影響を通じて、日本・諸外国の制度的実態を究明したものである。
体系現代会計学第6巻 財務報告のフロンティア
中央経済社   2012年9月   
RIETI IFRS時代の最適開示制度-日本の国際的競争力と持続的成長に資する情報開示制度とは
千倉書房   2011年10月   ISBN:978-4805109762
新版 会計人のためのXBRL入門
同文舘出版   2011年9月   ISBN:978-4495189327

講演・口頭発表等

 
冪乗則と非線形モデルへの展開(統一論題『会計学のイノベーション』第3会場「監査・会計研究のイノベーション」第2報告)
日本会計研究学会第72回   2013年9月5日   中部大学
Discussant Comments for Prof. Sangho Do's Paper and Prof. Jungmin Kim's Paper
Accounting Research Forum in East Asia 2011   2011年11月26日   Kinki University
日本における社会関連会計研究の態様
大下勇二・坂上学・東健太郎・池田享誉・久持英司・村井秀樹・廣橋祥
日本社会関連会計学会第24 回全国大会   2011年10月1日   日本大学
The Current State and Issues of the Introduction of IFRS Taxonomy into EDINET
Korean Association of International Accounting   2011年4月23日   Namuseoul University
XBRLの概要と監査・セキュリティ上の課題(講演)
2010年度システム監査学会第24回研究大会   2010年6月4日   システム監査学会

競争的資金等の研究課題

 
機械学習を応用した財務諸表の不正発見(研究代表者:坂上学・法政大学, 課題番号:18K01923)
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月    代表者: 坂上学