北出 幸夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/02 02:42
 
アバター
研究者氏名
北出 幸夫
 
キタデ ユキオ
所属
岐阜大学
部署
工学部
学位
薬学博士(岐阜薬科大学), 薬学修士(岐阜薬科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2014年
岐阜大学 工学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 工学部 生命工学科 生体反応工学講座 教授
 
1980年
 - 
1994年
岐阜薬科大学 助手
 
1994年
 - 
2001年
岐阜大学 助教授
 
2001年
   
 
- 岐阜大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
岐阜薬科大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1978年
岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学
 

委員歴

 
2002年
 - 
2003年
日本化学会  代議員
 

受賞

 
1990年
日本薬学会東海支部学術奨励賞
 

Misc

 
Yoshio Kusakabe, Masaaki Ishihara, Tomonobu Umeda, Daisuke Kuroda, Masayuki Nakanishi, Yukio Kitade, Hiroaki Gouda, Kazuo T. Nakamura, Nobutada Tanaka
Scientific Reports   5    2015年11月
© 2015, Nature Publishing Group. All rights reserved. S-adenosyl-L-homocysteine hydrolase (SAH hydrolase or SAHH) is a highly conserved enzyme that catalyses the reversible hydrolysis of SAH to L-homocysteine (HCY) and adenosine (ADO). High-resolu...
Yuki Nagaya, Yoshiaki Kitamura, Yoshiaki Kitamura, Remi Nakashima, Aya Shibata, Aya Shibata, Masato Ikeda, Masato Ikeda, Masato Ikeda, Yukio Kitade, Yukio Kitade, Yukio Kitade
Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids   35 64-75   2016年1月
© 2016 Taylor & Francis Group, LLC. We developed a practical and reliable method for synthesizing an abasic deoxyribonucleoside, 1,2-dideoxy-D-ribofuranose (dRH) via elimination of nucleobase from thymidine. To synthesize oligonucleotides bearing ...
Masato Ikeda, Masato Ikeda, Masato Ikeda, Keito Horio, Tomoya Tsuzuki, Ryo Torii, Aya Shibata, Aya Shibata, Yoshiaki Kitamura, Yoshiaki Kitamura, Hiroshi Katagiri, Yukio Kitade, Yukio Kitade, Yukio Kitade
Tetrahedron Letters      2015年8月
© 2015 Elsevier Ltd. Herein, we describe a new methodology for the solid phase submonomer synthesis (SPSS) of arylopeptoids using a reductive amination reaction as the key step instead of a nucleophilic substitution reaction, which is generally us...
Satoshi Endo, Misato Noda, Akira Ikari, Kenjiro Tatematsu, Ossama El-Kabbani, Akira Hara, Yukio Kitade, Toshiyuki Matsunaga
Journal of Biochemistry   158 425-434   2015年2月
© The Authors 2015. Published by Oxford University Press on behalf of the Japanese Biochemical Society. All rights reserved. The cDNAs for morphine 6-dehydrogenase (AKR1C34) and its homologous aldo-keto reductase (AKR1C35) were cloned from golden ...
Satoshi Endo, Toshiyuki Matsunaga, Akira Ikari, Ossama El-Kabbani, Akira Hara, Yukio Kitade
Archives of Biochemistry and Biophysics   569 19-25   2015年3月
© 2015 Elsevier Inc. In rabbit tissues, hydroxysteroid dehydrogenase belonging to the aldo-keto reductase (AKR) superfamily exists in six isoforms (AKRs: 1C5 and 1C29-1C33), sharing >73% amino acid sequence identity. AKR1C33 is strictly NADPH-spec...

書籍等出版物

 
Facile Preparation of Sequence-Specific 2', 5'-Oligonucleotides
Nucleic Acid Chemistry, Improved and New Synthetic Procedure, Methods and Techniques, Part4, John Wiley & Sons, Inc.   1991年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 北出 幸夫
本年度は、①塩基部欠損型リボース (RH) を導入した種々のRH修飾siRNA, miRNAの性質評価と②当研究室で開発されたウレア連結型ダングリングエンドとPAZとの結合親和性の評価、の2点で良好な結果が得られたため、以下詳細を記載する。①siRNAにおいて塩基部の必要性の有無を検証するために、塩基部欠損型リボース (RH) の簡便合成法の開発に成功した。RHをsiRNA末端や内部に置換した場合、末端置換では天然型dTdT (Thymidine dimer)よりも優れたヌクレアーゼ耐性、...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 北出 幸夫
「RNA創薬」においてマイクロRNAは最も有力な候補の一つに挙げられているが,天然型ヌクレオチドからなるマイクロRNAでは限界があると指摘されている。このような背景の下,抗がん性マイクロRNAの開発を目的に細胞膜透過性,ヌクレアーゼ耐性,タンパク質との結合能などを改善した人工核酸による高機能性マイクロRNA(miRNA)の創製を検討した。本年度の研究結果を下記に示す。1)昨年度には,ベンゼン誘導体又はピリジン誘導体を3'-末端に有する修飾オリゴヌクレオチドからなるマイクロRNA(大腸癌に係...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 北出 幸夫
マラリア酵素と特異的阻害剤2FMNAとの間で、アデニン塩基2位のフッ素原子がCys59の近傍に存在することを実際に証明するため、マラリア酵素と2FNAMとの結晶化を検討した。その結果、阻害剤との結晶化に成功し、2位フッ素原子がCys59の近傍に存在することを明らかにした。前年度に得たX線構造解析のデータを基盤に、基質アデノシンまたはアデノシルホモシステインの糖部近傍の構造解析を詳細に行った。その結果、基質糖部4'-位付近にホモシステイン残基が入りうる空間を見出した。そこで、その空間に位置す...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 北出 幸夫
抗ウイルス活性(ノックダウン機能)を有するアンチセンス分子の創製を目指し、2-5Aが結合した新規キメラ型アンチセンスオリゴヌクレオチドの合成に着手した。その結果、実用的な2-5Aアンチセンス核酸分子の創製に関わる下記の成果を得た。1.2-5Aおよび2-5Aアンチセンスオリゴヌクレオチドの5'-末端に各種ヒドロキシアルキル基を導入した誘導体を合成しその機能を調べたところ、ヌクレアーゼ耐性の向上を確認した。また、ヒドロキシアルキル基の導入によるRNase Lの活性化の減少をアデノシン8位へのメ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 北出 幸夫
本年度の研究成果に以下まとめた。1.本研究におけるリード化合物として選定したnoraristeromycin(NAM)の化学修飾を検討し、塩基部2位へのフッ素原子を導入した誘導体を合成した。また、塩基部6位アミノ基を化学修飾した誘導体の合成も行った。2.NAMの糖部化学修飾体として、3',4'-位にエポキシ基を有する誘導体の合成も行った。本化合物は、ヒト酵素^2およびマラリア原虫酵素に対して顕著な拮抗阻害活性を認めなかったが、ヒト酵素に対してアフイニティーラベル化能を示した。3.塩基部2位...