古屋 康則

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/01 16:18
 
アバター
研究者氏名
古屋 康則
 
コヤ ヤスノリ
所属
岐阜大学
部署
教育学部 理科教育講座(生物)
職名
教授
学位
博士(水産学)(北海道大学)
その他の所属
教育学研究科連合農学研究科

プロフィール

魚類の生殖様式に関する生理生態学的研究/硬骨魚類に見られる多様な生殖様式がいかにして進化してきたかを生理学および生態学的な方法により考察する。特に、交尾行動や胎生現象の進化に重点を置いて研究している。/生物教材の開発に関する研究

研究分野

 

経歴

 
2012年
 - 
2014年
岐阜大学 教育学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 教育学部 理科教育(生物学) 教授
 
1993年4月
 - 
1995年3月
北海道区水産研究所
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1992年3月
北海道大学 水産学研究科 水産増殖学
 
1982年4月
 - 
1986年3月
北海道大学 水産学部 水産増殖学
 
1986年4月
 - 
1987年3月
北海道大学水産学部研究生  
 

委員歴

 
 
   
 
日本魚類学会  編集委員・評議委員
 

受賞

 
2002年3月
カダヤシの生殖行動の教材化
 
2013年10月
日本魚類学会 論文賞 Comparative studies of testicular structure and sperm morphology among copulatory and non-copulatory sculpins (Cottidae: Scorpaeniformes: Teleostei)
受賞者: 古屋康則(岐阜大教育),早川(ICU大院理研),Alexander Markevich(RAS),宗原弘幸(北海道大FSセンター)
 
2015年12月
日本水産学会北海道支部 最優秀講演賞 ホヤやカイメンに卵を預ける魚の産卵場所選択と産卵管の進化
受賞者: 安房田智司(新潟大理臨海)・佐々木晴香・後藤智仁(新潟大理生物)・古屋康則(岐阜大教育)・武島弘彦(地環研)・山崎彩(北大院環)・宗原弘幸(北大FSC)
 

論文

 
岐阜県の河川におけるブラウントラウトの分布拡大
向井貴彦・北西滋・伊藤玄・古屋康則
魚類学雑誌   62 157-159   2016年   [査読有り]
KOYA Yasunori, KOIKE Yukari, Onchi Rie, MUNEHARA Hiroyuki
Zoological Science   30(2) 76-82   2013年   [査読有り]
岐阜県産魚類目録の再検討
向井貴彦,古屋康則,千藤克彦,説田健一
岐阜県博物館調査研究報告   33 29-37   2012年
岐阜県産のドジョウ野生個体群の生殖年周期
木村敦子,古屋康則
魚類学雑誌   58 1-12   2011年   [査読有り]
岐阜県におけるスナヤツメ北方種と南方種の分布
向井貴彦,池谷幸樹,古屋康則,大仲知樹,高木雅紀,塚原幸治,寺町茂,吉村卓也
日本生物地理学会会報   66 203-209   2011年   [査読有り]
KOYA Yasunori, HAYAKAWA Youichi, MARKEVICH Alexander, MUNEHARA Hiroyuki
Ichthyological Research   58(2) 109-125   2011年   [査読有り]
メチルテストステロン投与がアユの雌から雄への性転換に与える影響ー生殖腺の組織学的観察ー
桑田知宣,劉雁輝,古屋康則
岐阜県河川環境研究所研究報告   55 39-44   2010年
TAHARA Daisuke, HATANO Ryou, IWATANI Hozi, KOYA Yasunori, HAYAKAWA YOUICHI
Ichthyological Research   57(1) 62-70   2010年   [査読有り]
OMOTO Naotaka, KOYA Yasunori, CHIN Byungsun, YAMASHITA Yoh, NAKAGAWA Masahiro, NODA Tsutomu
Ichthyological Research   57(2) 133-138   2010年   [査読有り]
絶滅危惧種ウシモツゴPseudorasbora pumila sbsp. sensu Nakamura (1963) の生殖周期
大仲知樹・前田時和・北野忠・古屋康則
魚類学雑誌   56 47-58   2009年
Kodama, I., Yamanaka, A., Endo, K. and Koya, Y.
Zoological Science   25(12) 1199-1204   2009年
劉雁輝・桑田知宣・古屋康則
魚類学雑誌   55(2) 95-104   2008年
揖斐川下流域のヨシ群落周辺干潟における魚類相
高崎文世・伊藤亮・向井貴彦・古屋康則
伊豆沼・内沼研究報告   (2) 35-50   2008年
古田健也・向井貴彦・古屋康則
魚類学雑誌   55(1) 9-16   2008年
岐阜県におけるホトケドジョウの生息地環境
細江達三・古屋康則
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   32 19-28   2008年
福井謙太郎・藤井亮吏・田原大輔・早川洋一・古屋康則
魚類学雑誌   54(2) 173-186   2007年
長良川支流,伊自良川水系における魚類の分布
古田健也・古屋康則
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   30 9-19   2006年
SAWAGUCHI Sayumi, OHKUBO Nobuyuki, KOYA Yasunori, MATSUBARA Takahiro
Zoological Science   22(6) 701-710   2005年   [査読有り]
SAWAGUCHI Sayumi, KOYA Yasunori, YOSHIZAKI Norio, OHKUBO Nobuyuki, ANDOH Tadashi, HIRAMATSU Naoshi, SULLIVAN Craig V., HARA Akihiko, MATSUBARA Takahiro
Biology of Reproduction   72 1045-1060   2005年   [査読有り]
古屋康則・石川早苗・澤口小有美
魚類学雑誌   51(1) 43-50   2004年
KOYA Yasunori, IWASE Ayako
Ichthyological Research   51(2) 131-136   2004年   [査読有り]
KOYA Yasunori, MORI Hisanari, NAKAGAWA Masahiro
Zoological Science   21(5) 565-573   2004年5月   [査読有り]
MORI Hisanari, NAKAGAWA Masahiro, KOYA Yasunori
Fisheries Sciecne   69(5) 910-923   2003年   [査読有り]
KOYA Yasunori, FUJITA Akira, NIKI Fumiko, IOSHIHARA Eriko, MIYAMA Hiroshi
Zoological Sciecne   20(10) 1231-1242   2003年   [査読有り]
KOYA Yasunori, WATANABE Hiroki, SOYANO Kiyoshi, OHTA Kengo, ARITAKI Masato, MATSUBARA Takahiro
Fisheries Science   69(4) 792-798   2003年8月   [査読有り]
KOYA Yasunori, SOYANO Kiyoshi, YAMAMOTO Kazuhisa, OBANA Hiroyuki, MATSUBARA Takahiro
Fisheries Science   69(1) 137-145   2003年2月   [査読有り]
イトメTylorrhynchus heterochaetus(環形動物:多毛類)の人工受精法および発生過程の観察
古屋康則,恩地理恵,古田陽子,山内克典
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   27 85-94   2003年
カダヤシの生殖行動の教材化
児玉伊智郎,古屋康則,掘学
平成13年度東レ理科教育賞受賞作品集   第33回 22-25   2002年   [査読有り]
KOYA Yasunori, SOYANO Kiyoshi, YAMAMOTO Kazuhisa, OBANA Hiroyuki, MATSUBARA Takahiro
Fisheries Science   68(5) 1099-1105   2002年10月   [査読有り]
MUNOZ Marta, KOYA Yasunori, CASADEVALL Margarida
Jounal of Experimental Zoology   292 156-164   2002年2月   [査読有り]
Sperm stprage and motilify in the ovary of the marine sculpin Alcichtys alcicornis(Taleostei:Scorpaemformes),with internal gametic association
KOYA Yasunori, MUNEHARA Hiroyuki, TAKANO Kazunori
Jounal of Experimental Zoology   292 145-155   2002年2月   [査読有り]
メダカの交接・産卵行動の観察法
古屋康則,恩地理恵
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   26 19-22   2002年
道東太平洋海域におけるキチジ┣DBSebastolobus macrochir(/)-┫DB雄の精巣発達過程
古屋康則,濱津友紀,松原孝博
北海道区水産研究所研究報告   (58) 1   1994年
古屋康則,宗原弘幸,高野和則
魚類学雑誌   41(1) 39   1994年   [査読有り]
古屋康則,宗原弘幸,高野和則
魚類学雑誌   40(2) 199-208   1993年   [査読有り]
胎生硬骨魚ナガガジ┣DBZoarces elongatus(/)-┫DB雄の精巣発達と精子の形態
古屋康則,尾原佐知子,池内俊貴,足立伸次,松原孝博,山内皓平
北海道区水産研究所研究報告   (57) 21   1993年
胎生硬骨魚ナガガジ┣DBZoarces elongatus(/)-┫DB雌の生殖周期
古屋康則,尾原佐知子,池内俊貴,足立伸次,松原孝博,山内皓平
北海道区水産研究所研究報告   (57) 9   1993年
海産カジカ科魚類に見られる体内配偶子会合型の繁殖様式に関する生理学的、微細構造学的研究
Fish Physiology and Biochemistry   28 349-350   2003年7月
基礎教養講座 教師のためのやさしい“魚類学” Ⅰ魚類の進化
古屋 康則(教育学部)
理科の教育   52 766-769   2004年11月
基礎教養講座 教師のためのやさしい“魚類学” Ⅱ 硬骨魚類の生殖様式 -一風変わった魚の繁殖方法-
古屋 康則(教育学部)
理科の教育   52(12) 44-47   2004年12月
天然アユの遡上は減ったのか?
古屋 康則(教育学部)
自然保護   (487) 11-14   2005年9月
Koya Yasunori(教育学部)
Ichtnyological Research   54 221-230   2007年8月
小学校理科においてメダカを教材として利用する際の利点と留意点
古屋康則・仲澤和馬・三宅崇
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   35 95-102   2011年
グッピーを用いた遺伝の規則性を見いだすための教材開発
野村俊太・川上紳一・古屋康則・船戸智
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   35 93-95   2011年
熱さ・冷たさを感じるわけ—小中学校理科指導の視点ー
永明日香・岩田陽助・古屋康則・住浜水季・土田慎治・仲澤和馬
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   35 27-31   2011年
金属が電気を通すわけ—小中学校理科指導の視点ー
福永明日香・岩田陽助・古屋康則・住浜水季・土田慎治・仲澤和馬
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   35 17-25   2011年
ソニー科学教育研究会報告—手回し発電機を利用した小学校理科実践研究(電気・蓄電・仕事の関係の理解へ)—
松浦康孝・高橋奈美・古屋康則・三宅崇・仲澤和馬・吉松三博
岐阜大学教育学部研究報告 教育実践研究   14(2) 31-36   2012年
掲示物接着用シールを用いたメダカ卵の観察法
古屋康則・加藤理恵
理科教育学研究   53(1) 163-168   2012年
理科指導教員の育成を目指したコアサイエンスティーチャー(CST)事業ーレアメタルを用いた化学反応
吉松三博・仲澤和馬・古屋康則・佐藤節子
化学と教育   61(1) 38-41   2013年
アメリカザリガニの解剖教材としての利用と麻酔法の検討
古屋康則・松野綾野・三宅崇・須山知香・斎藤和範
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   37(1) 7-11   2013年
ドジョウの野生個体にみられた雌雄同体現象
古屋康則・木村敦子
魚類学雑誌   60(1) 73-76   2013年
ミナミメダカにおける卵と精子の受精能保持時間
小池友香理・古屋康則
魚類学雑誌   61(1) 4-25   2014年   [査読有り]
植物地理分類学的文献からみた岐阜県における理科教育の展望
青木佑佳, 古屋康則, 三宅崇, 須山知香
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   38 55-60   2014年
静電気学習教材の開発 : 身の回りの静電気
澁谷翔, 梅原香織, 古屋康則, 仲澤和馬,中村琢
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   38 15-22   2014年
日本とウガンダの中学校理科教育方法の比較ー特に生物分野の実技試験に着目してー
セマンダハケム・横井 大輔・三宅 恵子・古屋康則・三宅崇
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   38 43-48   2014年
小学校理科におけるミナミメダカOryzias latipesの餌生物の調査方法―摂餌日周期とストマックポンプ法で採取される餌生物の偏りについて
今井 萌美・須山 知香・三宅 崇・古屋 康則
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   38 31-36   2014年
カジカ科スイVellitor centropomusにおける雌雄の生殖腺組織と体内配偶子会合の確認
古屋康則・三橋直哉・安房田智司・伊藤 岳・宗原弘幸
魚類学雑誌   62(2) 121-132   2015年
Yasunori Koya,Ryoji Fujii, Hidenobu Yambe, Daisuke Tahara
Ichthyological Research   63(1) 59-67   2016年
光の作られ方 ―波動現象にとどまらない小中学校理科指導の視点―
畑口紗絵香・神田竜也・杉村健史・古屋康則・吉松三博・仲澤和馬
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   36 11-17   2012年
空気中を音が伝わるわけ ―具体的イメージをともなう小中学校理科指導の視点―
杉村健史・神田竜也・畑口紗絵香・古屋康則・吉松三博・仲澤和馬
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   36 19-24   2012年
岐阜県内の教育機関における水生生物の放流活動の実態
古屋 康則・三宅 崇
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   36 25-30   2012年
小学校第5学年理科「水中の小さな生物」の授業に対応した,「魚の食べもの調べ」の方法について
古屋康則・吉松三博・三宅崇
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   36 31-35   2012年
砂鉄とグリセリンを用いた立体的な磁界観察のための理科教材
畑口 紗絵香・古屋 康則・仲澤 和馬
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   36 37-40   2012年
高等学校理科「波」の分野における探求活動授業の改善-簡易ウェーブマシンの作製-
杉村 健史・古屋 康則・仲澤 和馬
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   36 41-44   2012年
高校生物教科書にみられる簡易DNA抽出法に市販中性洗剤と塩が与える影響
本田 薫・三宅 崇・吉松三博・古屋 康則
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   36 45-48   2012年

Misc

 
Yasunori Koya, Takako Itazu, Mutsumi Inoue
Ichthyological Research   43(3) 241-248
To clarify the annual reproductive cycle of wild female mosquitofish, Gambusia affinis, in Mie Prefecture, central Japan, changes in ovarian histology were investigated. Female mosquitofish kept in aquaria under constant temperature (25°C) and pho...
Yasunori Koya, Marta Muñoz
Ichthyological Research   54 221-230   2007年8月
The reproductive modes of the Scorpaenidae are extremely varied: oviparity, viviparity, and even spawning of internally fertilized eggs or embryos (zygoparity or embryoparity), as in Helicolenus, are known. The ovarian structure of this family is ...
H. Munehara, Y. Koya, K. Takano
Journal of Fish Biology   45 1105-1111
Takahiro Matsubara, Yasunori Koya, Yasunori Koya
Journal of Experimental Zoology   278 189-200
Proteolytic degradation of three classes of vitellogenin-derived yolk proteins (lipovitellin, phosvitin, and β-component) was quantitatively examined during oocyte maturation in barfin flounder, Verasper moseri, a marine teleost which spawns pelag...
Say Sawaguchi, Y. Koya, T. Matsubara
Fish Physiology and Biochemistry   28 363-364
Three distinct forms of vitellogenin (Vg), 600 kDa VgA and VgB and 400 kDa Vg, were discovered biochemically in estrogen treated female plasma. By sequencing of the three Vg DNAs, the VgA and VgB were recognized as complete Vgs having all yolk pro...
Yasunori Koya, Mutsumi Inoue, Terumasa Naruse, Sayumi Sawaguchi
Fisheries Science   66 63-70
The present study investigates the dynamics of oocyte and embryonic development between two successive parturitions (about 22-day interval) under 16 Light:8 Dark photoperiod at 25°C, in order to develop criteria for the ovarian cycle in the vivipa...
Yasunori Koya, Hiroyuki Munehara, Kazunori Takano, Hiroya Takahashi
Comparative Biochemistry and Physiology -- Part A: Physiology   106 25-29   1993年1月
1. 1. The motility of spermatozoa in several marine sculpins, which exhibit a special reproductive manner of the internal gametic association, was measured in various artificial solutions, ovarian fluid and seminal plasma. 2. 2. In the elkhorn scu...
Yasunori Koya, Sanae Ishikawa, Sayumi Sawaguchi
Japanese Journal of Ichthyology   51 43-50
Mosquitofish, Gambusia affinis, repeat parturition at constant intervals under constant temperature and photoperiod. Although the intervals change with rearing condition, it is unclear whether or not environmental factors affect the process from v...
Y. Koya, S. Sawaguchi, K. Shimizu, A. Shimizu
Fish Physiology and Biochemistry   28 349-350
We examined short-term changes in neuroendocrine function during the onset of vitellogenesis by introducing female mosquitofish into a warm environment. Activation of FSH cells occurred prior to vitellogenesis, which was characterized by the produ...
Fish Physiology and Biochemistry   28, 349-350    2004年
Yasunori Koya, Eriko Kamiya
Journal of Experimental Zoology   286 204-211
To clarify the environmental factors regulating the annual reproductive cycle of the female mosquitofish, Gambusia affinis, a viviparous teleost, histological changes of the ovary in natural population, and laboratory experiments were examined. Th...
Hiroyuki Munehara, Yasunori Koya, Youichi Hayakawa, Kazunori Takano
Journal of Experimental Marine Biology and Ecology   211 279-289
Conditions for the initiation of fertilization and the initial fertilization process were investigated using histological observations of eggs of Hemitripterus villosus (Pallas), an oviparous fish that undergoes internal insemination. Eggs obtaine...
Tomomi Saito, Yasunori Koya
Zoological Science   18(4) 567-576
Development of the gonads and embryo in the deep-sea sponge-associated shrimp, Spongicola japonica Kubo, was observed based on field samples collected from July 1993 to June 2000. Histological observation of gonads revealed that the gonadal maturi...
Marta Muñoz, Yasunori Koya, Margarida Casadevall
Journal of Experimental Zoology   292 156-164
The bluemouth rockfish, Helicolenus dactylopterus dactylopterus (De la Roche, 1809), is a zygoparous species with internal fertilization. The male urogenital papilla acts as the copulating organ, and the females retain the spermatozoa in their ova...
Yasunori Koya, Ryoji Fujii, Hidenobu Yambe, Daisuke Tahara
Ichthyological Research   
© 2015 The Ichthyological Society of Japan Although renal hypertrophy during the reproductive period has been reported previously in species of Cottus, the function of the kidney in reproduction remains unknown. In order to clarify the role of the...
Yasunori Koya, Ryoji Fujii, Hidenobu Yambe, Daisuke Tahara
Ichthyological Research   63 59-67   2016年1月
© 2015, The Ichthyological Society of Japan. We found that male small-egged Kajika, Cottuspollux SE sensu Yokoyama and Goto (2005), retained a large volume of urine (approximately, 1 % body weight) in their urinary bladder while nesting under spaw...
Yasunori Koya, Hiroyuki Munehara, Kazunori Takano
Journal of Morphology   233(2) 153-163
The morphology of female sperm storage during the spawning period and the morphology of sperm degradation after the spawning period were investigated by electron microscopy in a copulating teleost, Alcichthys alcicornis. The spermatozoa were maint...
Yasunori Koya, Hiroyuki Munehara, Kazunori Takano
Journal of Experimental Zoology   292 145-155
Elkhorn sculpin, Alcichthys alcicornis, is a marine teleost with a unique reproductive mode called "internal gametic association," in which sperm introduced into the ovary by copulation enter the micropylar canal of ovulated eggs in the ovarian ca...
Hiroyuki Munehara, Kazunori Takano, Yasunori Koya
Japanese Journal of Ichthyology   37 391-394
In the copulating cottid species, Blepsias cirrhosus, the point at which fertilization occurred was determined experimentally. Ovulated eggs were obtained directly from the ovary of impregnated females. Eggs maintained in ovarian fluid did not sho...
堰下流における底生動物の変化
長良川河口堰が自然環境に与えた影響      1999年
河口堰下流部の底泥の性状、規模および堆積時期
長良川河口堰が自然環境に与えた影響      1999年
岐阜県長良川支流伊自良川の魚類相
岐阜大学教育学部研究報告 自然科学   22(1) 7-12   1997年
交尾をする魚,海産カジカ(交尾をして産卵する不思議な生態)(共著)
どうぶつと動物園   46(7) 12   1994年
長良川におけるアユ仔魚の流下状況
長良川河口堰が自然環境に与えた影響      1999年
長良川河口堰湛水域におけるヨシ原の変化
長良川河口堰が自然環境に与えた影響      1999年
天然アユの遡上は減ったのか?
古屋康則
自然保護   (487) 11-13   2005年

書籍等出版物

 
魚類学の百科事典
古屋 康則 (担当:分担執筆, 範囲:真骨類の生殖器官・胎生魚・実験動物しての魚類・受精)
丸善出版   2018年10月   
岐阜県の魚類
古屋康則・向井貴彦 (担当:分担執筆, 範囲:I.岐阜県の河川と環境 (pp. 12-17))
岐阜新聞社   2017年   
新編 新しい科学1–3
古屋 康則 (担当:共著)
東京書籍   2015年   
岐阜から生物多様性を考える
古屋 康則 (担当:分担執筆, 範囲:河川生態系の保全を考えるー汽水域生態系が消失した長良川下流を例にー)
岐阜新聞社   2012年2月   
カジカ類の多様性 適応と進化
古屋 康則 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 カジカ科魚類の雄の生殖関連形質の多様性ー交尾型への適応ー)
東海大学出版会   2011年12月   
今、絶滅の恐れがある水辺の生き物たち
古屋康則 (担当:分担執筆, 範囲:メダカに見られる2種類のスニーキング行動)
山と渓谷社   2007年   ISBN:978-4-635-06260-2
Fish Reproduction
Yasunori Koya (担当:分担執筆, 範囲:Reproductive Physiology on Viviparous Teleosts)
Science Publishers   2008年   ISBN:978-1-57808-331-2

講演・口頭発表等

 
Deduced primary structures of three types of vitellogenin in mosquitofish (Gambusia affinis), a viviparousfish
7th International Symposium ofReproductive Physiology of Fish   2003年5月   
Endocrine changes during the onset of vitellogenesis in spring in the mosquitofish
7th International Symposium on Reproductive Physiology of Fishes   2003年5月   
カダヤシ(Gambusia affinis)の雄の交尾行動に及ぼす雌の斑紋の影響
児玉 伊智郎(山口大院理工),山中 明(山口大院理工),遠藤克彦(山口大院理工),古屋 康則(岐阜大学教育学部)
日本魚類学会   2008年9月   
カダヤシGambusia affinisの雌の泌尿生殖口周辺にある黄斑の雄の交尾行動対する役割
児玉 伊智郎(山口大院理工),山中 明(山口大院理工),遠藤 克彦(山口大院理工),古屋 康則(岐阜大学教育学部)
日本動物学会   2008年9月   
カダヤシにおける妊娠中の胚の成長
古屋 康則(教育学部)
平成18年度日本水産学会大会   2006年3月   
カマキリ異型精子における17,20b-ジヒドロキシ-4-プレグネン-3-オン合成
古屋 康則(教育学部)
2006年度日本魚類学会年会   2006年10月   
クロソイにおける生殖腺の性分化と初期発達
2003年度日本魚類学会年会   2003年10月   
クロソイにおける生殖腺の性分化過程と飼育水温が性比に及ぼす影響
尾本 直隆(北電総研),古屋 康則(岐阜大学教育学部),陳 炳善(京大フィールド研セ),山下 洋(京大フィールド研セ),中川 雅弘(水研セ五島),野田 勉(水研セ宮古)
日本水産学会   2007年10月1日   
クロソイの妊娠期中における排卵後濾胞のステロイド産生能
古屋 康則(教育学部)
日本水産学会中部支部大会   2002年12月   
メダカにおけるスニーカーの繁殖成功率と放精数の関係
古屋 康則(岐阜大学教育学部),小池 友香理(岐阜大学大学院教育学研究科),宗原 弘幸(北大フィールドセ)
日本動物学会   2008年9月   
メダカにおける複数の雄が関わる生殖行動と雄の繁殖成功
古屋 康則(教育学部)
日本動物学会中部支部大会   2002年8月   
メダカのスニーカーの繁殖成功率はなぜ高いのか?
古屋 康則(教育学部)
2004年度日本魚類学会年会   2004年9月   
メダカのスニーカーはいつもスニーキングするのか?
古屋 康則(岐阜大学教育学部),竹内 彩乃(岐阜大学教育学部),小池 友香理(岐阜大学大学院教育学研究科)
日本魚類学会   2008年9月   
メダカの産卵観察法とその実践
古屋 康則(教育学部)
日本理科教育学会49回東海支部大会   2002年12月   
小卵型カジカ雄の営巣・産卵による膀胱内尿量と輸精管内精子の変化
古屋 康則(岐阜大学教育学部),藤井 亮吏(岐阜河環研),早川 洋一(ICU理学科生物),山家 秀信(東農大生物産業),田原 大輔(福井県立大)
日本水産学会   2008年3月   
胎生硬骨魚カダヤシの雌の初回成熟過程
2003年度日本水産学会大会   2003年4月   
胎生硬骨魚カダヤシ雄の生殖年周期と精子形成
日本動物学会第74回大会   2003年9月   
淡水カジカ類に見られる異型精子の機能は何か
古屋 康則(教育学部)
平成17年度第1回日本水産学会中部支部大会   2005年7月   
長良川河口堰による魚類相への影響
古屋 康則(教育学部)
第13回信州魚類研究会   2006年7月   
長良川河口堰上流湛水域の魚類相-揖斐川汽水域との比較-
古屋 康則(教育学部)
平成18年度第2回日本水産学会中部支部大会   2006年12月   
天然海域で営巣しているカマキリ雄の異型精子の動態
橋本 有加(福井県立大),荒木 晶(水大校),鬼倉 徳雄(九大院農),竹下 直彦(水大校),古屋 康則(岐阜大学教育学部),藤井 亮吏(岐阜河環研),田原 大輔(福井県立大)
日本水産学会   2008年3月   
妊娠中のクロソイにおける排卵後濾胞での17,20b-ジヒドロキシ-4-プレグネン-3-オン産生と血中量の推移
2004年度日本水産学会大会   2004年4月   
本州中部沿岸のアマモ場におけるヒメイカの生殖周期
日本動物学会第74回大会   2003年9月   
揖斐川及び長良川下流域における降河仔アユの生態
古屋 康則(教育学部)
日本水産学会中部支部大会   2002年12月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 古屋 康則
カジカ科魚類における卵保護から卵隠蔽への進化に伴う生殖関連形質の進化とその意義
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 古屋 康則
カジカ科魚類における卵保護から卵隠蔽への進化に伴う生殖関連形質の進化とその意義
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 古屋康則
カジカ科魚類における卵保護から卵隠蔽への進化に伴う生殖関連形質の進化とその意義
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 古屋康則
岐阜県およびその周辺の魚類相

社会貢献活動

 
編集委員会
【】  日本魚類学会  日本魚類学会  2003年7月1日
委員
魚のはなし-進化と生態について-
【】  木曽川学セミナー  木曽川学セミナー  2004年7月10日
講師
岐阜県博物館協議会委員
【】  岐阜県博物館  岐阜県博物館  2006年10月23日 - 2006年10月23日
追跡2008 長良川河口堰 下
【】  毎日新聞社/毎日新聞 愛知県版  毎日新聞社/毎日新聞 愛知県版  2008年2月10日
自然科学(生物学)
【】  岐阜県立衛生専門学校  岐阜県立衛生専門学校  2008年4月 - 2008年6月
講師

その他

 
2006年   学外講師
岐阜県養老町立高田中学校においてイトメの受精の観察の授業において簡単な講義と観察法の説明を行ない、観察の指導を行なった。
2006年   非常勤講師
科目:自然科学(生物)非常勤講師
2006年   非常勤講師
科目:岐阜の自然非常勤講師