古屋 康則

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 04:36
 
アバター
研究者氏名
古屋 康則
 
コヤ ヤスノリ
所属
岐阜大学
部署
教育学部 理科教育講座(生物)
職名
教授
学位
博士(水産学)(北海道大学)
その他の所属
教育学研究科連合農学研究科

プロフィール

魚類の生殖様式に関する生理生態学的研究/硬骨魚類に見られる多様な生殖様式がいかにして進化してきたかを生理学および生態学的な方法により考察する。特に、交尾行動や胎生現象の進化に重点を置いて研究している。/生物教材の開発に関する研究

研究分野

 

経歴

 
2012年
 - 
2014年
岐阜大学 教育学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 教育学部 理科教育(生物学) 教授
 
1993年4月
 - 
1995年3月
北海道区水産研究所
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1992年3月
北海道大学 水産学研究科 水産増殖学
 
1982年4月
 - 
1986年3月
北海道大学 水産学部 水産増殖学
 
1986年4月
 - 
1987年3月
北海道大学水産学部研究生  
 

委員歴

 
 
   
 
日本魚類学会  編集委員・評議委員
 

受賞

 
2002年3月
カダヤシの生殖行動の教材化
 
2013年10月
日本魚類学会 論文賞 Comparative studies of testicular structure and sperm morphology among copulatory and non-copulatory sculpins (Cottidae: Scorpaeniformes: Teleostei)
受賞者: 古屋康則(岐阜大教育),早川(ICU大院理研),Alexander Markevich(RAS),宗原弘幸(北海道大FSセンター)
 
2015年12月
日本水産学会北海道支部 最優秀講演賞 ホヤやカイメンに卵を預ける魚の産卵場所選択と産卵管の進化
受賞者: 安房田智司(新潟大理臨海)・佐々木晴香・後藤智仁(新潟大理生物)・古屋康則(岐阜大教育)・武島弘彦(地環研)・山崎彩(北大院環)・宗原弘幸(北大FSC)
 

論文

 
KOYA Yasunori, KOIKE Yukari, Onchi Rie, MUNEHARA Hiroyuki
Zoological Science   30(2) 76-82   2013年   [査読有り]
岐阜県産魚類目録の再検討
向井貴彦,古屋康則,千藤克彦,説田健一
岐阜県博物館調査研究報告   33 29-37   2012年
岐阜県産のドジョウ野生個体群の生殖年周期
木村敦子,古屋康則
魚類学雑誌   58 1-12   2011年   [査読有り]
岐阜県におけるスナヤツメ北方種と南方種の分布
向井貴彦,池谷幸樹,古屋康則,大仲知樹,高木雅紀,塚原幸治,寺町茂,吉村卓也
日本生物地理学会会報   66 203-209   2011年   [査読有り]
KOYA Yasunori, HAYAKAWA Youichi, MARKEVICH Alexander, MUNEHARA Hiroyuki
Ichthyological Research   58(2) 109-125   2011年   [査読有り]
メチルテストステロン投与がアユの雌から雄への性転換に与える影響ー生殖腺の組織学的観察ー
桑田知宣,劉雁輝,古屋康則
岐阜県河川環境研究所研究報告   55 39-44   2010年
TAHARA Daisuke, HATANO Ryou, IWATANI Hozi, KOYA Yasunori, HAYAKAWA YOUICHI
Ichthyological Research   57(1) 62-70   2010年   [査読有り]
OMOTO Naotaka, KOYA Yasunori, CHIN Byungsun, YAMASHITA Yoh, NAKAGAWA Masahiro, NODA Tsutomu
Ichthyological Research   57(2) 133-138   2010年   [査読有り]
絶滅危惧種ウシモツゴPseudorasbora pumila sbsp. sensu Nakamura (1963) の生殖周期
大仲知樹・前田時和・北野忠・古屋康則
魚類学雑誌   56 47-58   2009年
Kodama, I., Yamanaka, A., Endo, K. and Koya, Y.
Zoological Science   25(12) 1199-1204   2009年
劉雁輝・桑田知宣・古屋康則
魚類学雑誌   55(2) 95-104   2008年
揖斐川下流域のヨシ群落周辺干潟における魚類相
高崎文世・伊藤亮・向井貴彦・古屋康則
伊豆沼・内沼研究報告   (2) 35-50   2008年
古田健也・向井貴彦・古屋康則
魚類学雑誌   55(1) 9-16   2008年
岐阜県におけるホトケドジョウの生息地環境
細江達三・古屋康則
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   32 19-28   2008年
福井謙太郎・藤井亮吏・田原大輔・早川洋一・古屋康則
魚類学雑誌   54(2) 173-186   2007年
長良川支流,伊自良川水系における魚類の分布
古田健也・古屋康則
岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   30 9-19   2006年
SAWAGUCHI Sayumi, OHKUBO Nobuyuki, KOYA Yasunori, MATSUBARA Takahiro
Zoological Science   22(6) 701-710   2005年   [査読有り]
SAWAGUCHI Sayumi, KOYA Yasunori, YOSHIZAKI Norio, OHKUBO Nobuyuki, ANDOH Tadashi, HIRAMATSU Naoshi, SULLIVAN Craig V., HARA Akihiko, MATSUBARA Takahiro
Biology of Reproduction   72 1045-1060   2005年   [査読有り]
古屋康則・石川早苗・澤口小有美
魚類学雑誌   51(1) 43-50   2004年
KOYA Yasunori, IWASE Ayako
Ichthyological Research   51(2) 131-136   2004年   [査読有り]

Misc

 
Yasunori Koya, Takako Itazu, Mutsumi Inoue
Ichthyological Research   43(3) 241-248
To clarify the annual reproductive cycle of wild female mosquitofish, Gambusia affinis, in Mie Prefecture, central Japan, changes in ovarian histology were investigated. Female mosquitofish kept in aquaria under constant temperature (25°C) and pho...
Yasunori Koya, Marta Muñoz
Ichthyological Research   54 221-230   2007年8月
The reproductive modes of the Scorpaenidae are extremely varied: oviparity, viviparity, and even spawning of internally fertilized eggs or embryos (zygoparity or embryoparity), as in Helicolenus, are known. The ovarian structure of this family is ...
H. Munehara, Y. Koya, K. Takano
Journal of Fish Biology   45 1105-1111
Takahiro Matsubara, Yasunori Koya, Yasunori Koya
Journal of Experimental Zoology   278 189-200
Proteolytic degradation of three classes of vitellogenin-derived yolk proteins (lipovitellin, phosvitin, and β-component) was quantitatively examined during oocyte maturation in barfin flounder, Verasper moseri, a marine teleost which spawns pelag...

書籍等出版物

 
岐阜から生物多様性を考える
古屋 康則 (担当:分担執筆, 範囲:河川生態系の保全を考えるー汽水域生態系が消失した長良川下流を例にー)
岐阜新聞社   2012年2月   
カジカ類の多様性 適応と進化
古屋 康則 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 カジカ科魚類の雄の生殖関連形質の多様性ー交尾型への適応ー)
東海大学出版会   2011年12月   
メダカに見られる2種類のスニーキング行動 in 今、絶滅の恐れがある水辺の生き物たち
山と渓谷社   2007年   ISBN:978-4-635-06260-2
Reproductive Physiology on Viviparous Teleosts in “Fish Reproduction”
Science Publishers   2008年   ISBN:978-1-57808-331-2
Reproductive physiology in viviparous teleosts
古屋康則(教育学部) (担当:共著, 範囲:245-275)
Science Publishers   2007年6月   

講演・口頭発表等

 
Deduced primary structures of three types of vitellogenin in mosquitofish (Gambusia affinis), a viviparousfish
7th International Symposium ofReproductive Physiology of Fish   2003年5月   
Endocrine changes during the onset of vitellogenesis in spring in the mosquitofish
7th International Symposium on Reproductive Physiology of Fishes   2003年5月   
カダヤシ(Gambusia affinis)の雄の交尾行動に及ぼす雌の斑紋の影響
児玉 伊智郎(山口大院理工),山中 明(山口大院理工),遠藤克彦(山口大院理工),古屋 康則(岐阜大学教育学部)
日本魚類学会   2008年9月   
カダヤシGambusia affinisの雌の泌尿生殖口周辺にある黄斑の雄の交尾行動対する役割
児玉 伊智郎(山口大院理工),山中 明(山口大院理工),遠藤 克彦(山口大院理工),古屋 康則(岐阜大学教育学部)
日本動物学会   2008年9月   
カダヤシにおける妊娠中の胚の成長
古屋 康則(教育学部)
平成18年度日本水産学会大会   2006年3月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 古屋 康則
カジカ科魚類における卵保護から卵隠蔽への進化に伴う生殖関連形質の進化とその意義
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 古屋 康則
カジカ科魚類における卵保護から卵隠蔽への進化に伴う生殖関連形質の進化とその意義
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 古屋康則
カジカ科魚類における卵保護から卵隠蔽への進化に伴う生殖関連形質の進化とその意義
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 古屋康則
岐阜県およびその周辺の魚類相

社会貢献活動

 
編集委員会
【】  日本魚類学会  日本魚類学会  2003年7月1日
委員
魚のはなし-進化と生態について-
【】  木曽川学セミナー  木曽川学セミナー  2004年7月10日
講師
岐阜県博物館協議会委員
【】  岐阜県博物館  岐阜県博物館  2006年10月23日 - 2006年10月23日
追跡2008 長良川河口堰 下
【】  毎日新聞社/毎日新聞 愛知県版  毎日新聞社/毎日新聞 愛知県版  2008年2月10日
自然科学(生物学)
【】  岐阜県立衛生専門学校  岐阜県立衛生専門学校  2008年4月 - 2008年6月
講師

その他

 
2006年   学外講師
岐阜県養老町立高田中学校においてイトメの受精の観察の授業において簡単な講義と観察法の説明を行ない、観察の指導を行なった。
2006年   非常勤講師
科目:自然科学(生物)非常勤講師
2006年   非常勤講師
科目:岐阜の自然非常勤講師