IWATA Fumiaki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 11, 2019 at 13:05
 
Avatar
Name
IWATA Fumiaki
E-mail
iwatacc.osaka-kyoiku.ac.jp
URL
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~iwata/iwata1.htm
Affiliation
Osaka Kyoiku University
Section
Faculty of Education Course for School Teacher Course for School Teachers Social Studies Education
Job title
Professor
Degree
Ph.D(Kyoto University), Master of Arts(Kyoto University)
Research funding number
00263351

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1990
Graduate School, Division of Letters, Kyoto University
 
 
 - 
1982
Faculty of Literature, Kyoto University
 

Published Papers

 
The mother image in the Ajase complex and its Buddhist backgrounds
IWATA Fumiaki
JAPANESE CONTRIBUTIONS TO PSYCHOANALYSIS   5 142-154   Dec 2016   [Refereed][Invited]
IWATA Fumiaki
Journal of religious studies   85(2) 375-399   Sep 2011
The "Basic Act on Education" (amended in December 2006) and the "Course of Study" posted in academic year 2008 encouraged religious education in Japanese primary and secondary education to step into a new stage. This article analyzes religious edu...
岩田 文昭, 大澤 広嗣
大阪教育大学紀要 第Ⅰ部門 人文科学   60(1) 75-91   Sep 2011
昭和初期に活躍した作家の嘉村礒多は、真宗大谷派僧侶の近角常観に師事していた。そのため礒多の作品には、常観の思想の影響が認められる。礒多がもっとも念仏に傾倒していた時期に、常観に宛てた書簡二通が、常観が布教の拠点としていた東京本郷の求道会館から、近年新たに発見された。二通の書簡は、礒多の信仰観を示したものであり、その文学の背景を理解する上で貴重な資料である。Kamura Isota, a well-known Japanese novelist of the 1920s and 30s, w...
岩田 文昭
Studies in the philosophy of religion   (28) 44-50   2011
岩田 文昭, 碧海 寿広
Memoirs of Osaka Kyoiku University 1 Humanities   59(1) 121-140   Sep 2010
宮沢賢治一族と真宗大谷派の僧、近角常観との間には密接な関係があった。近角の布教の本拠地であった求道会館から発見された、宮沢一族からの二十通の書簡は、その具体的な関係をよく示している。その書状の中で、とくに賢治の妹トシ発の二通の書簡が注目に値する。真宗の信仰を獲ることができないという悩みを、彼女が告白しているからである。賢治が真宗の信者から法華経の行者になったとき、トシはいち早く賢治にしたがった。この書状の存在から、今後は、賢治からトシへの一方的感化があっただけではなく、トシの中に存在してい...
岩田 文昭
Japanese journal of clinical psychiatry   38(7) 915-919   Jul 2009
Les deux sources dans l'histoire des religions
kose ed.Bulletin of Death and Life Studies   (4) 23-35   2008
Tanida Noritoshi, Becker Carl, Hayashi Takahiro, Yamamoto Kayoko, Iwata Fumiaki, Tokumaru Sadako
Palliat Care Res   1(1) 109-113   2006
We surveyed the involvement of hospice and palliative care staff in spiritual and life-and-death education at school. We sent a questionnaire to a total of 138 hospice and palliative care institutions, receiving 67 responses (response rate 49%). A...
Iwata Fumiaki
Memoirs of Osaka Kyoiku University. IV, Education, pshychology, special education and physical culture   51(1) 37-49   Sep 2002
デス・エデュケーションの日本版の一つと位置づけられる「いのち教育」は, それがよって立つ理論的基盤をいまだ明確にしているとはいえない。本稿では「いのち教育」の根拠を明らかにするとともに, その適応範囲を限定することを試みてみたい。「いのち教育」は, ホスピスケアと同様に, スピリチュアリティの次元に関わる。しかし, その関わりは, 医療よりも限定されたものとならざるをえない。日本における教育と医療との違いを踏まえて, 教育の場では, 「自己の死」ではなく「他者の死」を主題にすえることを私は...
IWATA Fumiaki
Journal of religious studies   75(2) 297-318   2002
Iwata Fumiaki
Memoirs of Osaka Kyoiku University. I, Humanities   46(1) 39-53   Aug 1997
ブロンデルの思想は,メーヌ・ド・ビランに端を発するフランス・スピリチュアリスムの宗教哲学の一つの頂点を形成している。本稿では,行為の自己反省ともいうべき彼の哲学的方法を明確にすることによって,その宗教哲学的意義を解明するための第一歩を踏み出したい。まず第一章で,ブロンデルが『行為』(1893)で「行為」を主題として選んだことの意義を考察する。そしてブロンデルが区別した「実践の知」と「実践の学」の関係を解明する。ついで第二章で,『行為』第三部第二段階の記述を検討し,「反省」の人間学的基盤につ...
Iwata Fumiaki
Memoirs of Osaka Kyoiku University. I, Humanities   45(1) 19-34   Sep 1996
論者は, フランス・スピリチュアリスムを宗教哲学の観点から系統的に考察することを目指している。本稿は, この研究を進めるにあたり, フランス・スピリチュアリスムという名称の意味内容を明確にしようとするものである。そのためにまず第一章で, P. ジャネの論文にもとづきフランス・スピリチュアリスムの成立状況を解明する。ついで第二章で, グイエ, コタン, ナベール, 増永らの先行研究を参照しながら, スピリチュアリスムに一定の定義を与えることを試みる。そしてその試みを通して, スピリチュアリス...
Iwata Fumiaki
Memoirs of Osaka Kyoiku University. I, Humanities   44(1) 33-45   Sep 1995
本稿は論者の研究テーマであるフランス・スピリチュアリスム研究の一部をなすものである。すなわちフラソス・スピリチュアリスムの流れの中でのベルクソンの思索の意義を解明するための基盤となるものである。ベルクソンの『物質と記憶』は出版以来多くの議論をうんできた。出版されるや否や「新たなスビリチュアリスム」に基づいた著作だと否定的なニュアンスを込めて評され, またラッセル, サルトル, メルロ・ポンティーといった20世紀を代表するような哲学者によって批判的に考察された。ところが『物質と記憶』に深い意...
Paul Ricoeur et la Philosophie Reflexive
Etudes Phenomenologiques   (20) 101-117   1994
Iwata Fumiaki
The Seizan gakuho   38 41-61   Mar 1990

Misc

 
岩田 文昭
現代と親鸞   (35) 257-259   Jun 2017
IWATA Fumiaki
Journal of religious studies   86(3) 651-655   Dec 2012
岩田 文昭
tits   13(153) 52-54   2008
The Principles and Prospects of the "Death Education" in Japan
Memoirs of Osaka Kyoiku University   51(1) 37-49   2002
Les deux types de la philosophie de la religion -Bergson et Blondel-
Studies in the philosophy of Religion   (16) 41-55   1999
Le probleme de la r(]E85EE[)flexion dans L'Action de Blondel
Memoirs of Osaka Kyoiku University   46(1) 39-53   1998
Le Spiritualisme francais face a la phenomenologie -L'origine et le devenir de I'hermeneutique ricoeurienne
Axnual Pesr'ew of the Phenomenological Association of Japan   (14) 75-87   1998
Etude sur la denomination du spiritualisme francais
Memoirs of Osaka Kyoiku University   45(1) 19-34   1996
Le probleme de I'effort dans Matiere et memoire de Bergson
Memoirs of Osaka Kyoiku University, Ser.1 Humanities   44(1) 33-45   1995
Philosophie reflexive et hermeneutique
The journal of Philosophical studies   (561) 59-93   1995
Le Moi chez Maine de Biran
Studies in the philosophy of Religion   (7) 66-84   1990
La Natue Mえdiatisant la Liberte chez Ricoeur
Journal of Religions Studies   64(285) 1-26   1990

Books etc

 
Re-Enchanting Education and Spiritual Wellbeing: Fostering belonging and meaning-making for global citizens
IWATA Fumiaki (Part:Contributor, The Possibility of Life-Education in the context of Religious Education in National, Prefectural and other Public Schools in Japan)
Routledge   2017   ISBN:978-1-138-09568-7
Harding Christopher, 岩田 文昭, 吉永 進一 (Part:Joint Editor)
Routledge   2015   ISBN:1138775169

Conference Activities & Talks

 
Les deux sources dans l'histoire des religions
IWATA Fumiaki
Oct 2007   

Research Grants & Projects

 
Spiritualisme fran(]E89FB[)ais
Death Aducation
religion of intellects Intellektuellen
Project Year: 2006