竹島 あゆみ

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/10 03:12
 
アバター
研究者氏名
竹島 あゆみ
 
タケシマ アユミ
URL
https://sites.google.com/site/okadaisophia/
所属
岡山大学
部署
社会文化科学研究科
職名
教授
学位
博士(文学)(京都大学), 修士(文学)(京都大学)
その他の所属
岡山大学

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2016年
 岡山大学社会文化科学研究科 准教授
 
2017年
   
 
- 岡山大学社会文化科学研究科 教授
 
2008年
   
 
- 岡山大学 社会文化科学研究科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
京都大学 文学研究科 西洋近世哲学史
 
 
 - 
1986年
東北大学 経済学部 経済学
 

委員歴

 
2009年
 - 
2010年
日本ヘーゲル学会  理事
 
2015年
 - 
2017年
日本哲学会  評議員
 
2007年
   
 
岡山哲学研究会  オーガナイザー
 

Misc

 
無化としての労働
竹島あゆみ
Bulletin of Osaka College of Physical Education   (24) 71-88   1993年
Anerkennung und Versöhnung. Die Anerkennungslehre des jungen Hegel
*Ayumi Takeshima
Journal ob the Faculty of Letters Okayama University      1999年
ヘーゲル法哲学のアクチュアリテート――『法の哲学要綱』(1820)と第一回法哲学講義録(1817/18)――
*竹島あゆみ
ヘーゲル哲学研究(ヘーゲル研究会編)      2002年
復古の下での立憲主義――ヘーゲル法哲学講義(ベルリン1819/1820年)の二つの講義録
*竹島あゆみ
近世哲学研究      2003年
自己意識はなぜ不幸でなければならないのか――『精神の現象学』自己意識論にとっての和解の意味――
*竹島あゆみ
岡山大学文学部紀要      2003年

書籍等出版物

 
承認・自由・和解――ヘーゲルの社会哲学――
岡山大学文学部   2016年   
ルードヴィヒ・ジープ『ジープ応用倫理学』
丸善株式会社   2007年   
ヘーゲルによる意識の弁証法――精神現象学評価のために――
ヘーゲル論理学研究会   2007年   
道徳論講義
晢書房   2014年   ISBN:4915922340
ヘーゲル講義録研究
法政大学出版局   2015年   ISBN:9784588150746

講演・口頭発表等

 
Leiden an Unbestimmtheit. Eine Reaktualisierung der Hegelschen Rechtsphilosophie bei Axel Honneth?
Kolloquium fuer Muensteraner Vorlesungen   2001年   
Gutes und gelingendes Leben. Honneths Idee einer anerkennungstheoretischen Sittlichkeit
Muensteraner Vorlesungen zur Philosophie 2001   2001年   
帰国報告―ドイツにおける哲学と大学の現状―
近世西洋哲学史懇話会   2001年   
Anerkennung und Staat. Zur Reaktualisierung der Hegelschen Rechtsphilosophie.
ヘーゲル研究会第48回大会   2002年   
歴史と学のあいだ―第一回法哲学講義録(1817/18)―
岡山大学哲学倫理学会   2008年