MURAKAMI Masamoto

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2018 at 21:53
 
Avatar
Name
MURAKAMI Masamoto
Affiliation
Ehime University
Job title
Associate professor of Dermatology

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2018
 - 
Today
Associate Professor, Department of Dermatology, Ehime University Graduate School of Medicine
 
Apr 2012
 - 
Sep 2018
Senior Assistant Professor, Department of Dermatology, Ehime University Graduate School of Medicine
 
2006
 - 
Today
Assistant Professor, Department of Dermatology, Asahikawa Medical College, Asahikawa, Japan
 
Apr 2011
 - 
Mar 2012
Senior Assistant Professor, Department of Dermatology, Asahikawa Medical University
 
Apr 2009
 - 
Mar 2011
Assistant Professor, Department of Dermatology, Asahikawa Medical University
 
Aug 2007
 - 
Mar 2009
Chief, Division of Dermatology, Furano Kyokai Hospital
 
Apr 2006
 - 
Jul 2007
Assistant Professor, Department of Dermatology, Asahikawa Medical University
 
Oct 2003
 - 
Mar 2006
senior resident, Department of Dermatology, Asahikawa Medical University Hospital
 
2003
 - 
2006
Senior Resident, Department of Dermatology, Asahikawa Medical College, Asahikawa, Japan
 
2001
 - 
2003
Post Doctoral Research Fellow, Division of Dermatology, University of California San Diego and VA San Diego Health Caresystem, CA, USA
 
Apr 1995
 - 
Mar 2001
Assistant Professor, Department of Pathology, Fujita Health University School of Medicine
 
Apr 1995
 - 
Mar 2001
Adjunct Assistant Professor, Department of Oral Pathology, Kanagawa Dental College
 
1995
 - 
2001
: Adjunct Assistant Professor, Oral-Pathology, Kanagawa Dental College, Kanagawa, Japan
 
1995
 - 
2001
: Assistant Professor, Department of Pathology, Fujita Health University, School of Medicine, Aichi, Japan
 
Apr 2001
 - 
Sep 2003
Postdoctoral Researcher, Department of Dermatology, University of California, San Diego
 

Education

 
 
 - 
1995
Pathology, Graduate School, Division of Medicine, Fujita Health University
 
 
 - 
2000
Faculty of Medicine, St.Marianna University School of Medicine
 

Awards & Honors

 
2002
the National Rosacea Society's Research Grants awarded
 
2001
the Japan-North America Medical Exchange Foundation Fellowship
 

Published Papers

 
Masuda-Kuroki K, Murakami M, Tokunaga N, Kishibe M, Mori H, Utsunomiya R, Tsuda T, Shiraishi K, Tohyama M, Sayama K
Experimental dermatology   27(12) 1372-1377   Dec 2018   [Refereed]
Utsunomiya R, Dai X, Murakami M, Masuda K, Okazaki H, Tsuda T, Mori H, Shiraishi K, Tohyama M, Sayama K
Experimental dermatology   27(9) 981-988   Sep 2018   [Refereed]
Mori H, Murakami M, Tsuda T, Kameda K, Utsunomiya R, Masuda K, Shiraishi K, Dai X, Tohyama M, Nakaoka H, Sayama K
Journal of dermatological science   90(2) 154-165   May 2018   [Refereed]
Terui T, Kobayashi S, Okubo Y, Murakami M, Hirose K, Kubo H
JAMA dermatology   154(3) 309-316   Mar 2018   [Refereed]
Tohyama M, Shirakata Y, Hanakawa Y, Dai X, Shiraishi K, Murakami M, Miyawaki S, Mori H, Utsunomiya R, Masuda K, Hashimoto K, Sayama K
European journal of immunology   48(1) 168-179   Jan 2018   [Refereed]
Watanabe M, Natsuga K, Nishie W, Kobayashi Y, Donati G, Suzuki S, Fujimura Y, Tsukiyama T, Ujiie H, Shinkuma S, Nakamura H, Murakami M, Ozaki M, Nagayama M, Watt FM, Shimizu H
eLife   6    Jul 2017   [Refereed]
Dai X, Tohyama M, Murakami M, Sayama K
Experimental dermatology   26(10) 904-911   Mar 2017   [Refereed]
Murakami M, Kameda K, Tsumoto H, Tsuda T, Masuda K, Utsunomiya R, Mori H, Miura Y, Sayama K
The Journal of investigative dermatology   137(2) 322-331   Feb 2017   [Refereed]
Igawa S, Kishibe M, Minami-Hori M, Honma M, Tsujimura H, Ishikawa J, Fujimura T, Murakami M, Ishida-Yamamoto A
The Journal of investigative dermatology   137(2) 449-456   Feb 2017   [Refereed]
Namba C, Tohyama M, Hanakawa Y, Murakami M, Shirakata Y, Matsumoto T, Suemori K, Ishii N, Hashimoto T, Sayama K
The Journal of dermatology   43(4) 419-422   Apr 2016   [Refereed]
Masuda K, Murakami M, Ohnishi S, Kukida M, Hanakawa Y, Tohyama M, Sayama K
The Journal of dermatology   42(1) 111-112   Jan 2015   [Refereed]
Murakami M, Masuda K, Utsunomiya R, Oda F, Namba C, Sayama K
Dermatology (Basel, Switzerland)   231(4) 304-311   2015   [Refereed]
Namba C, Murakami M, Hanakawa Y, Tohyama M, Shirakata Y, Tauchi H, Sayama K
The Journal of dermatology   41(5) 403-406   May 2014   [Refereed]
Ishida-Yamamoto A, Furio L, Igawa S, Honma M, Tron E, Malan V, Murakami M, Hovnanian A
Experimental dermatology   23(1) 60-63   Jan 2014   [Refereed]
Murakami M, Kaneko T, Nakatsuji T, Kameda K, Okazaki H, Dai X, Hanakawa Y, Tohyama M, Ishida-Yamamoto A, Sayama K
PloS one   9(10) e110677   2014   [Refereed]
Igawa S, Kishibe M, Honma M, Murakami M, Mizuno Y, Suga Y, Seishima M, Ohguchi Y, Akiyama M, Hirose K, Ishida-Yamamoto A, Iizuka H
Journal of dermatological science   72(1) 54-60   Oct 2013   [Refereed]
Murakami M, Ishida-Yamamoto A, Morhenn VB, Sayama K
The Lancet. Infectious diseases   13(8) 655-656   Aug 2013   [Refereed]
Harder J, Tsuruta D, Murakami M, Kurokawa I
Experimental dermatology   22(6) 386-391   Jun 2013   [Refereed]
Dai X, Okazaki H, Hanakawa Y, Murakami M, Tohyama M, Shirakata Y, Sayama K
PloS one   8(7) e67666   2013   [Refereed]
Kaneko T, Murakami M, Kishibe M, Brattsand M, Morhenn VB, Ishida-Yamamoto A, Iizuka H
Journal of dermatological science   67(1) 73-76   Jul 2012   [Refereed]
Honma M, Komatsu S, Igawa S, Murakami M, Iizuka H
The Journal of dermatology   39(6) 574-576   Jun 2012   [Refereed]
Morizane S, Yamasaki K, Mühleisen B, Kotol PF, Murakami M, Aoyama Y, Iwatsuki K, Hata T, Gallo RL
The Journal of investigative dermatology   132(1) 135-143   Jan 2012   [Refereed]
Ishida-Yamamoto A, Kishibe M, Murakami M, Honma M, Takahashi H, Iizuka H
PloS one   7(2) e31641   2012   [Refereed]
Murakami M, Hagforsen E, Morhenn V, Ishida-Yamamoto A, Iizuka H
Experimental dermatology   20(10) 845-847   Oct 2011   [Refereed]
Igawa S, Kishibe M, Murakami M, Honma M, Takahashi H, Iizuka H, Ishida-Yamamoto A
Experimental dermatology   20(1) 53-57   Jan 2011   [Refereed]
Tsuji H, Wada T, Murakami M, Kashiwagi T, Ito Y, Ishida-Yamamoto A, Jimbo J, Shindo M, Sato K, Kohgo Y, Iizuka H
The Journal of dermatology   37(12) 1040-1045   Dec 2010   [Refereed]
[A case of calciphylaxis in chronic renal failure].
Watanabe M, Yamaguchi S, Osanai H, Murakami M
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   56(10) 597-600   Oct 2010   [Refereed]
Murakami M, Ohtake T, Horibe Y, Ishida-Yamamoto A, Morhenn VB, Gallo RL.
J Invest Dermatol   130(8) 2010-2016   Aug 2010   [Refereed]
Honma M, Murakami M, Iinuma S, Fujii M, Komatsu S, Sato K, Takahashi H, Ishida-Yamamoto A, Iizuka H
The Journal of dermatology   36(8) 471-473   Aug 2009   [Refereed]
Murakami M, Wada T, Kashiwagi T, Ishida-Yamamoto A, Iizuka H
The Journal of dermatology   34(12) 821-828   Dec 2007   [Refereed]
Yamasaki K, Di Nardo A, Bardan A, Murakami M, Ohtake T, Coda A, Dorschner RA, Bonnart C, Descargues P, Hovnanian A, Morhenn VB, Gallo RL.
Nature Medicine   13(8) 975-980   Aug 2007   [Refereed]
Lee PH, Ohtake T, Zaiou M, Murakami M, Rudisill JA, Lin KH, Gallo RL
Proc Natl Acad Sci USA   102(10) 3750-3755   Mar 2005   [Refereed]
Postsecretory processing generates multiple cathelicidins for enhanced topical antimicrobial defense.
Murakami M, Lopez-Garcia B, Braff M, Dorschner RA, Gallo RL
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   172(5) 3070-3077   Mar 2004   [Refereed]
Post-secretory processing generates multiple human cathelicidin peptides for enhanced topical antimicrobial defense
Murakami M, Lopez-Garcia B, Braff M, Dorschner RA, Gallo RL
J Immunol   175 3070-3077   2004
Morhenn VB, Murakami M, O’Grady T, Nordberg J, Gallo RL.
Exp Dermatol   13 505-511   2004
Hase K, Murakami M, Iimura M, Cole SP, Horibe Y, Ohtake T, Obonyo M, Gallo RL, Eckmann L, Kagnoff MF
Gastroenterology   125(6) 1613-1625   Dec 2003   [Refereed]
Dorschner RA, Lin HK, Murakami M, Gallo RL.
Pedeatrics Research   53(4) 566-572   Apr 2003   [Refereed]
Expression of LL-37/hCAP18 by human gastric epithelial cells as a potential host defense mechanism against Helicobactor Pylori
Hase K, Murakami M, Iimura I, Cole SP, Horibe Y, Ohtake T, Obonyo M, Gallo RL, Eckmann L, Kagnoff MF
Gastroenterology   125 1613-1625   2003
Murakami M, Ohtake T, Dorshner RA, Schittek B, Garbe C, Gallo RL
J Invest Dermatol   119(5) 1090-1095   Nov 2002   [Refereed]
Cathelicidin antimicrobial peptides are expressed in salivary glands and saliva
Murakami M, Ohtake T, Dorshner RA, Gallo RL.
J Dent Res   81 845-850   2002
Gallo RL, Murakami M, Ohtake T, Zaiou M
J Allergy Clin Immun   110(6) 823-831   Dec 2002   [Refereed]

Misc

 
皮膚の抗菌ペプチド
村上 正基
日本皮膚科学会雑誌   127(2) 173-174   Feb 2017
【皮膚疾患ペディア】 水疱症・膿疱症 掌蹠膿疱症
村上 正基
日本医師会雑誌   145(特別2) S243-S244   Oct 2016
垣生 美奈子, 藤山 幹子, 村上 正基, 佐山 浩二
西日本皮膚科   78(5) 475-478   Oct 2016
3歳,女児。9ヵ月前に背部に1〜2cmの紅斑が出現し,1ヵ月後には四肢や体幹に拡大した。初診時,全身に淡紅斑,淡赤褐色斑が散在しており,斑内には点状出血が混在していた。病理組織所見と合わせ,Schamberge病と診断した。成人のSchamberg病と異なり,乳幼児の症例では皮疹の分布が下肢のみでなく,上肢や体幹など広範囲にわたる例がしばしばみられる。乳幼児の報告例は極めて少ないが,皮疹の非特異的な分布と,年齢的に生検が行い難いことから,診断がついていない症例が潜在している可能性がある。乳...
掌蹠膿疱症の病態解析における最新の話題
村上 正基
日本皮膚科学会雑誌   126(7) 1299-1299   Jun 2016
掌蹠膿疱症 なぜ手掌と足底に皮疹がでるのだろう?教科書にはあまり書かれていないお話
村上 正基
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 727-727   May 2016
Eccrin spiradenocarcinomaの1例
森 秀樹, 戸澤 麻美, 中岡 啓喜, 村上 正基
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   32回 131-131   May 2016
幼児のSchamberg病の1例
海藤 美奈子, 村上 正基, 藤山 幹子, 佐山 浩二
西日本皮膚科   78(2) 188-188   Apr 2016
【筋膜・皮下組織の疾患】 臨床例 冷膿瘍・軟部腫瘍と鑑別を要した胆石の経皮排泄の症例
小田 富美子, 村上 正基, 藤山 幹子, 藤山 泰二, 佐山 浩二
皮膚病診療   38(1) 57-60   Jan 2016
<症例のポイント>腹腔鏡下胆嚢摘出術後の落下胆石の経皮排泄のまれな1例を経験した。軟部腫瘍、冷膿瘍、放線菌症などと鑑別を要した。腹腔鏡下胆嚢摘出術での落下胆石は7〜30%といわれている。その合併症としては腹腔内膿瘍が最多であり、とくにポート部腹壁と肝臓周囲後腹膜に多く認められる。平均5ヵ月での発症例が多いが、20年たってから発症した例も認められ、時間的、解剖学的に乖離があるため、胆石による膿瘍を疑って診察をしなければ診断はむずかしい。自験例では腹腔鏡下胆嚢摘出術は4年前に施行されており、発...
溶連菌感染後に骨関節炎を伴う掌蹠膿疱症および急性糸球体腎炎を発症した1例
増田 香奈, 花川 靖, 村上 正基, 藤山 幹子, 大西 佐知子, 莖田 昌敬, 佐山 浩二
西日本皮膚科   77(6) 600-600   Dec 2015
中等度蛋白尿を合併する尋常性乾癬患者に発症した壊死性紅斑の1例
杉山 沙織, 宮脇 さおり, 花川 靖, 村上 正基, 藤山 幹子, 長谷川 均, 佐山 浩二
西日本皮膚科   77(6) 601-601   Dec 2015
Bannayan-Zonana症候群の合併を疑った重症アトピー性皮膚炎の1例
海藤 美奈子, 増永 泰枝, 小田 富美子, 村上 正基, 藤山 幹子, 佐山 浩二
Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   9(5) 477-477   Nov 2015
溶連菌感染後に骨関節炎を伴う掌蹠膿疱症及び急性糸球体腎炎を発症した1例
増田 佳奈, 花川 靖, 村上 正基, 藤山 幹子, 大西 佐知子, 莖田 昌敬, 佐山 浩二
西日本皮膚科   77(4) 411-411   Aug 2015
【汗とアレルギー】 汗と湿疹
村上 正基
アレルギー・免疫   22(3) 417-422   Feb 2015
エクリン汗に関与する湿疹・皮膚炎という定義は広義にとらえるか狭義にとらえるかということでかなり異なってくるため、本稿では、"臨床的に表皮内小水疱を呈する湿疹・皮膚炎(Vesicular palmoplantar eczema)が、エクリン汗により病態が惹起されている可能性が高い"という考え方を採用し、現在の病態仮説及び治療オプションについての可能性を概説する。(著者抄録)
冷膿瘍・軟部腫瘍と鑑別を要した胆石の経皮排泄の一例
小田 富美子, 村上 正基, 藤山 幹子, 佐山 浩二, 藤山 泰二
皮膚の科学   14(1) 44-45   Feb 2015
村上 正基, 佐山 浩二
西日本皮膚科   76(5) 482-486   Oct 2014
頸部筋群を主標的とした皮膚筋炎の1例
小松 成綱, 岸部 麻里, 林 圭, 堀 仁子, 本間 大, 飯塚 一, 松尾 梨沙, 辻 ひとみ, 村上 正基, 坂井 博之, 小村 景司
日本皮膚科学会雑誌   124(10) 1937-1937   Sep 2014
Cefcapene Pivoxil Hydrochlorideが有効であった掌蹠膿疱症性骨関節症の3例
村上 正基, 増田 香奈, 宇都宮 亮, 小田 富美子, 難波 千佳, 佐山 浩二
日本皮膚科学会雑誌   124(10) 1945-1945   Sep 2014
【知っておきたい汗の必須知識】 汗と掌蹠膿疱症
村上 正基
Derma.   (220) 79-83   Jul 2014
掌蹠膿疱症の手掌足底に生じる小水疱がエクリン汗腺に由来するかどうかについては長年の疑問であったが、2010年に水疱内容にエクリン汗由来の抗菌ペプチドが2種類同定されたことにより、表皮内汗管が病変の主座であるとの見解が提唱された。汗に含有される微量な蛋白成分が病態に関わる可能性があることから、掌蹠膿疱症が皮膚の防御機能の破綻により生じている可能性がクローズアップされてきた。(著者抄録)
愛媛大学における天疱瘡治療の統計学的検討
宇都宮 亮, 白方 裕司, 増田 香奈, 難波 千佳, 小田 富美子, 岡崎 秀規, 宮脇 さおり, 花川 靖, 村上 正基, 藤山 幹子, 橋本 公二, 佐山 浩二
西日本皮膚科   76(3) 275-276   Jun 2014
堀 仁子, 菅野 恭子, 本間 大, 村上 正基, 生田 克哉, 飯塚 一
臨床皮膚科   68(2) 118-121   Feb 2014
80歳,男性.38℃台の発熱,多関節痛および圧痛を伴う体幹の浸潤性紅斑を主訴に当科を初診した.血液検査所見で好中球を主体とした白血球11,230/μlおよびCRP 17.29mg/dlと上昇があり,病理組織学的に真皮上層から深層にかけて血管周囲に好中球の浸潤をみたことからSweet症候群と診断した.明らかな悪性腫瘍や血液疾患の合併はみなかったものの,骨髄検査で20細胞中5個のトリソミー8を認めた.内服プレドニゾロン(PSL)を増量すると症状は改善するものの10mg/日以下にすると再燃を繰り...
【滲出性紅斑とその周辺】 <臨床例>診断に苦慮した好中球性皮膚症
小田 富美子, 花川 靖, 村上 信司, 村上 正基, 佐山 浩二
皮膚病診療   36(2) 139-142   Feb 2014
<症例のポイント>自験例では、繰り返す手の浸潤性紅斑、全身の膿疱、掌蹠膿疱症(pustulosis palmoplantaris、以下、PPP)様皮疹がみられ、治癒後には網状の瘢痕を残し、多彩な皮疹を呈した。病理組織像では表皮および真皮に好中球浸潤が認められた。自験例はSweet病と壊疽性膿皮症、PPPのいずれの特徴も併存するため、好中球性皮膚症の診断に留めておかざるを得ないと考えられた。好中球性皮膚症に含まれる疾患はそれぞれ独立した疾患と認識されているが、複数の合併例や移行例が存在するこ...
【日常診療で役立つ糖尿病足病変とフットケアの知識】 (Part2.)case report こうならないように気をつけよう(case9) カルシフィラキシス
村上 正基, 渡邊 成樹, 山口 聡, 小山内 裕昭
Visual Dermatology   12(11) 1172-1174   Oct 2013
【真菌症】 類天疱瘡治療中の患者に生じた原発性皮膚クリプトコッカス症の1例
松尾 梨沙, 林 圭, 辻 ひとみ, 村上 正基, 小松 成綱, 堀 仁子, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一, 伊藤 文彦
皮膚科の臨床   55(8) 977-981   Aug 2013
74歳男性。下垂体腺腫術後、ヒドロコルチゾン20mg/日内服中であった。しかし、約1ヵ月前から左上肢にびらん、潰瘍が生じていた。患者はこれまで老人性皮膚萎縮を基盤として皮慮潰瘍に対しラップ療法が以前から施行されており、自宅にて同処置を継続していたが、今回、潰瘍が急速に増悪した。全身検索では他臓器病変は認められなかったが、病理組織学的を行なったところ、真皮〜皮下組織に好酸性類円形構造物が多数認められ、真菌培養にてCryptococcus neoformansが証明された。以上より、本症例は原...
遊走性結節性紅斑と考えた1例
岡崎 秀規, 渡部 笑麗, 宮脇 さおり, 村上 正基, 村上 信司, 佐山 浩二
西日本皮膚科   75(2) 181-181   Apr 2013
掌蹠膿疱症研究におけるupdate 2013
村上 正基
日本皮膚科学会雑誌   123(5) 879-879   Apr 2013
角層下膿疱症様の皮疹で発症し経過から小児膿疱性乾癬と考えた1例
難波 千佳, 小田 富美子, 花川 靖, 村上 正基, 藤山 幹子, 白方 裕司, 佐山 浩二
日本皮膚科学会雑誌   123(5) 960-960   Apr 2013
掌蹠膿疱症 病態解明への新しいアプローチ
村上 正基, 佐山 浩二
愛媛医学   32(1) 1-5   Mar 2013
粘着テープ剥離角層サンプルを用いた接着異常のある角層細胞のイメージング
井川 哲子, 村上 正基, 岸 麻里, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(10) 2505-2505   Sep 2012
原発性皮膚クリプトコッカス症の1例
松尾 梨沙, 林 圭, 辻 ひとみ, 村上 正基, 小松 成綱, 堀 仁子, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一, 伊藤 文彦
日本皮膚科学会雑誌   122(10) 2505-2505   Sep 2012
【掌蹠膿疱症の治療-あの手この手】 (Part3)病因と病態 (総説08) 汗管と掌蹠膿疱症の関係 汗管内水疱の発達
村上 正基
Visual Dermatology   11(10) 1056-1058   Sep 2012
【掌蹠膿疱症の治療-あの手この手】 (Part3)病因と病態 (総説09) 掌蹠膿疱症とニコチン性アセチルコリン受容体、kallikrein related peptidase(KLK)と鱗屑について
村上 正基
Visual Dermatology   11(10) 1059-1063   Sep 2012
汗と皮膚アレルギー 掌蹠膿疱症と汗(エクリン汗関連物質)
村上 正基
Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   6(3) 207-207   Jul 2012
高齢者に発症したLangerhans細胞組織球症の1例
岩崎 剛志, 高橋 一朗, 高橋 千晶, 村上 正基, 井川 哲子, 辻 ひとみ, 小松 成綱, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一, 永嶋 貴博
西日本皮膚科   74(3) 353-353   Jun 2012
掌蹠膿疱症研究における最近の知見
村上 正基
皮膚病診療   34(5) 426-431   May 2012
掌蹠膿疱症患者における血清中及び病変部組織内IL-17関連サイトカインの発現様式
村上 正基, 林 圭, 小松 成綱, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(6) 1598-1598   May 2012
免疫グロブリン療法後血小板減少をきたした尋常性天疱瘡の1例
小松 成綱, 林 圭, 井川 哲子, 村上 正基, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一, 松尾 忍
日本皮膚科学会雑誌   122(6) 1604-1604   May 2012
V.A.C.システムを併用した皮膚潰瘍に対するスタンプ植皮の有用性
本間 大, 大石 泰史, 井川 哲子, 村上 正基, 辻 ひとみ, 小松 成綱, 日野岡 蘭子, 飯塚 一
皮膚科の臨床   54(4) 564-566   Apr 2012
症例1:81歳男。進行性核上性麻痺で在宅治療中であったが、ほぼ寝たきり状態となり、右大転子部および仙骨部に褥瘡を生じた。デブリードマンおよび外用療法で大部分の壊死組織を除去した後、V.A.C.システムを用いた持続陰圧吸引療法(VAC療法)を開始した。肉芽形成が得られた後に右大転子の褥瘡周囲から採皮してスタンプ植皮を行い、継続してVAC療法を行ったところ、4日後には50%程度の植皮片の生着を認めた。更に外用療法を継続し、植皮後3ヵ月時点で植皮部の皮膚潰瘍は上皮化が進み著明縮小した。症例2:4...
水疱性類天疱瘡患者に生じた原発性皮膚クリプトコッカス症の1例
松尾 梨沙, 林 圭, 辻 ひとみ, 村上 正基, 小松 成綱, 堀 仁子, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一, 伊藤 文彦
日本皮膚科学会雑誌   122(4) 1243-1243   Apr 2012
掌蹠膿疱症患者におけるIL-17関連サイトカインの発現様式
村上 正基, 山本 明美, 飯塚 一
西日本皮膚科   74(2) 207-207   Apr 2012
ヒト表皮角層におけるタイトジャンクション構造の残存 コルネオデスモゾームの選択的分解における意義
山本 明美, 井川 哲子, 岸部 麻里, 村上 正基, 飯塚 一
西日本皮膚科   74(2) 207-207   Apr 2012
扁桃摘出術後約14年で再発した掌蹠膿疱症+掌蹠膿疱症性骨関節炎(PPP+PAO)の1例
村上 正基, 井川 哲子, 小松 成綱, 山本 明美, 飯塚 一
西日本皮膚科   74(2) 215-216   Apr 2012
岩崎 剛志, 高橋 一朗, 高橋 千晶, 村上 正基, 井川 哲子, 辻 ひとみ, 小松 成綱, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(3) 625-625   Mar 2012
ステロイドミオパチーをきたした強皮症の1例
小松 成綱, 高橋 千晶, 井川 哲子, 村上 正基, 辻 ひとみ, 本間 大, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(3) 627-627   Mar 2012
掌蹠膿疱症患者におけるIL-17関連サイトカインの発現様式
村上 正基, 林 圭, 松尾 梨紗, 小松 成綱, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(3) 628-628   Mar 2012
腋窩嚢腫状リンパ管腫の男児例
大石 泰史, 上原 治朗, 村上 正基, 山本 明美, 飯塚 一, 伊藤 康裕
日本皮膚科学会雑誌   122(3) 629-629   Mar 2012
抗TNF-α製剤投与中に間質性肺炎の併発または増悪した乾癬の3例
辻 ひとみ, 松尾 梨紗, 村上 正基, 小松 成綱, 本間 大, 高橋 英俊, 飯塚 一, 小笠 壽之
日本皮膚科学会雑誌   122(3) 631-631   Mar 2012
臀部皮膚潰瘍から診断に至った抗リン脂質抗体症候群の1例
松尾 梨沙, 堀 仁子, 辻 ひとみ, 小松 成綱, 村上 正基, 山本 明美, 飯塚 一, 佐藤 惠美
日本皮膚科学会雑誌   122(3) 632-632   Mar 2012
急速に増大した右頬部の紅色腫瘤の1例
藤井 瑞恵, 村上 正基, 井川 哲子, 上原 治朗, 本間 大, 伊藤 康裕, 高橋 英俊, 山本 明美, 坂井 博之, 飯塚 一
日本皮膚病理組織学会会誌   27(2) 61-61   Mar 2012
掌蹠膿疱症では表皮内汗管の障害により水疱・膿疱形成が生じる
村上 正基, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(2) 379-379   Feb 2012
若年者の臀部に生じたBCCの1例
大石 泰史, 村上 正基, 上原 治朗, 伊藤 康裕, 山本 明美, 飯塚 一, 渋谷 貴史, 高橋 美有生
日本皮膚科学会雑誌   122(2) 380-380   Feb 2012
脈管肉腫の4例
上原 治朗, 伊藤 康裕, 大石 泰史, 村上 正基, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(2) 382-382   Feb 2012
急速に増大した右頬部の悪性黒色腫の1例
藤井 瑞恵, 村上 正基, 井川 哲子, 上原 治朗, 伊藤 康裕, 高橋 英俊, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(2) 383-383   Feb 2012
維持透析患者に生じたcalciphylaxisの1例
村上 正基, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一, 渡辺 成樹, 山口 聡, 小山内 裕昭
日本皮膚科学会雑誌   122(1) 56-56   Jan 2012
皮膚γδ型T細胞リンパ腫の1例
藤井 瑞恵, 村上 正基, 井川 哲子, 上原 治朗, 本間 大, 伊藤 康裕, 高橋 英俊, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   122(1) 62-62   Jan 2012
123I-IMPシンチグラフィが転移の診断に有用であった悪性黒色腫の1例
伊藤 康裕, 澁谷 貴史, 村上 正基, 井川 哲子, 上原 治朗, 山本 明美, 飯塚 一, 土井 春樹, 辻 ひとみ
日本皮膚科学会雑誌   122(1) 63-63   Jan 2012
膿疱症の診療に役立つ知識 掌蹠膿疱症研究における最近の話題
村上 正基
日本皮膚科学会雑誌   121(13) 2674-2675   Dec 2011
藤井 瑞恵, 村上 正基, 井川 哲子, 大石 康史, 上原 治朗, 本間 大, 伊藤 康裕, 高橋 英俊, 山本 明美, 坂井 博之, 飯塚 一
臨床皮膚科   65(12) 932-935   Nov 2011
55歳,男性.10年ほど前に右頬部の黒色斑を自覚した.2009年5月頃同部位が急速に結節状に隆起してきた.腫瘤は大部分が淡紅色で一部青褐色斑を伴い,ダーモスコピーではやや灰青色調のatypical pseudo-pigment networkを認め,一部ではregression structureと考えられる無色素性病変を呈していた.組織学的に腫瘍細胞は大型で好酸性の強い細胞質と偏在性の大型の核および明瞭な核小体を有していた.核分裂像も多数みられた.免疫染色ではHMB-45,デスミン,α-...
免疫グロブリンの増加を伴った皮膚形質細胞増多症の1例
本間 大, 辻 ひとみ, 村上 正基, 山本 明美, 豊田 典明, 飯塚 一
皮膚科の臨床   53(7) 1084-1085   Jul 2011
33歳女。5年前頃から体幹を中心に無症候性の褐色色素斑が出現し、次第に増数した。体幹に直径2cm大までの境界不明瞭な淡褐色色素斑が散在し、表在リンパ節は触知しなかった。病理組織所見では真皮上層から中層の血管周囲に、形質細胞、リンパ球を中心とした稠密な細胞浸潤を認めた。血液検査で末梢血血液像、肝・腎機能に異常はなく、抗核抗体160倍で、免疫グロブリンはIgG、IgA、IgMが上昇し、IgGサブクラスではIgG1分画に増加を認めた。蛋白電気泳動ではポリクローナルな免疫グロブリン増加を示し、血清...
若年者の臀部に生じた基底細胞癌の1例
大石 泰史, 渋谷 貴史, 村上 正基, 上原 治朗, 伊藤 康裕, 山本 明美, 飯塚 一, 高橋 美有生
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   27回 159-159   Jun 2011
掌蹠膿疱症研究に関するup date
村上 正基
日本皮膚科学会雑誌   121(6) 1100-1100   May 2011
【わかりやすい!How to皮膚病理】 好中球浸潤を特徴とする皮膚疾患
村上 正基, 山本 明美
Derma.   (177) 160-165   Apr 2011
好中球は感染・炎症部位に遊走し、微生物を貪食し殺菌するが、組織の損傷も起こす。非常に多くの疾患で皮膚組織への好中球の浸潤を伴う。原因からみると感染性と非感染性に分けられるが、病理組織標本上で原因病原体が見つかるとは限らないため、診断に当たっては好中球の主たる浸潤部位によって分けて考えるとよい。表皮内の好中球浸潤を主体とする場合には急性汎発性発疹性膿疱症、角層下膿疱症、膿疱性乾癬、掌蹠膿疱症、伝染性膿痂疹、皮膚糸状菌症、皮膚カンジダ症などがある。真皮乳頭層に好中球浸潤がみられる代表的な疾患は...
恥骨部の紅色結節
岸部 麻里, 村上 正基, 山本 明美, 岩崎 剛志
日本皮膚病理組織学会会誌   26(2) 46-46   Mar 2011
膿疱症の診療に役立つ知識 掌蹠膿疱症研究における最近の話題
村上 正基
日本皮膚科学会雑誌   121(3) 397-397   Mar 2011
高齢者に発症したLangerhans細胞組織球症の1例
岩崎 剛志, 高橋 一朗, 高橋 千晶, 村上 正基, 井川 哲子, 辻 ひとみ, 小松 成綱, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   121(3) 611-611   Mar 2011
肺病変を合併したSweet病の1例
井川 哲子, 藤井 瑞恵, 村上 正基, 辻 ひとみ, 小松 成綱, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一, 高橋 一朗
日本皮膚科学会雑誌   121(4) 735-735   Mar 2011
急速に増大した右頬部の悪性黒色腫の1例
藤井 瑞恵, 村上 正基, 井川 哲子, 上原 治朗, 伊藤 康裕, 高橋 英俊, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   121(4) 742-742   Mar 2011
掌蹠膿疱症発症メカニズムの解明(及び治療法の開発)
村上 正基
旭川医科大学研究フォーラム   11 67-68   Feb 2011
【薬疹・薬物障害】 インフリキシマブ投与後に生じたびまん性脱毛を伴う乾癬様病変 シクロスポリン奏効例
本間 大, 村上 正基, 高橋 英俊, 飯塚 一
皮膚科の臨床   53(1) 47-49   Jan 2011
28歳女性。患者はCrohn病に対してインフリキシマブによる抗TNF療法を施行していたところ、頭部にびまん性脱毛を伴う難治性乾癬様病変と腹部のストーマ周囲に紅斑性局面が生じた。抗TNF療法に伴うparadoxical reactionが疑われ、ステロイドと活性ビタミンD3外用療法を行なったところ、ストーマ周囲の乾癬様皮疹は改善したが、頭部の脱毛を伴う皮疹は持続した。そこでインフリキシマブを中止したものの、6ヵ月後においても皮疹が改善せず脱毛も進行したため、シクロスポリン3mg/kg/日の投...
慢性腎不全患者に発症したCalciphylaxisの1例
渡邊 成樹, 山口 聡, 小山内 裕昭, 村上 正基
泌尿器科紀要   56(10) 597-600   Oct 2010
症例は76歳男性で、慢性腎不全で、血液透析導入、腹膜透析に移行したが、腹膜炎で血液透析へ移行した。続発性副甲状腺機能亢進症で副甲状腺摘出術および組織自家移植を施行した。大腿部の有痛性紫斑を認め、皮膚科を受診したが徐々に疼痛が増強し加療と疼痛コントロールのため入院した。MPO-ANCA陰性、PR3-ANCA因子と中等度の炎症所見以外は異常を認めなかった。右大腿部単純X線で大腿動脈の石灰化と皮下細小血管と思われる網状石灰化を認めた。入院後、抗生剤投与・洗浄を続けたが紫斑は拡大傾向を呈し、多数の...
岩崎 剛志, 金田 和宏, 村上 正基, 小松 成綱, 本間 大, 佐藤 恵美, 山本 明美, 飯塚 一
臨床皮膚科   64(7) 481-484   Jun 2010
80歳,男性.初診の5年ほど前から顔面に黄色調皮疹が出現し,次第に増大した.顔面の黄褐色調結節では,病理組織学的に真皮全層にわたり好酸性無構造物質がびまん性に沈着し,各種アミロイド染色(Congo red染色,direct fast scarlet染色,チオフラビンT染色)に陽性であった.全身精査で異常なく,皮膚限局性結節性アミロイドーシスと診断した.その後,来院が途絶えていたが,顔面,頸部に黄褐色の局面,結節が多発し,2年ぶりに当科を受診した.外科的切除,CO2レーザーによる焼灼が有効で...
下腹部に生じたWell differentiated endocrine carcinomaの一例
藤井 瑞恵, 村上 正基, 井川 哲子, 上原 治朗, 本間 大, 伊藤 康裕, 高橋 英俊, 山本 明美, 豊田 典明, 飯塚 一
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   26回 146-146   Jun 2010
複数の領域にsentinel nodeを認めた悪性黒色腫の2例
伊藤 康裕, 村上 正基, 辻 ひとみ, 飯塚 一, 柏木 孝之
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 56-56   Jan 2009
Myxofibrosarcomaの1例
佐藤 恵美, 金田 和宏, 村上 正基, 小松 成綱, 堀 仁子, 山本 明美, 飯塚 一, 徳差 良彦, 三代川 斉之, 丹代 晋
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 57-57   Jan 2009
Churg-Strauss syndromeの1例
土井 春樹, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 58-58   Jan 2009
Nodular Amyloidosisの1例
岩崎 剛志, 金田 和宏, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 60-60   Jan 2009
水疱性類天疱瘡を合併した尋常性乾癬の1例
辻 ひとみ, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 山本 明美, 高橋 英俊, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 63-63   Jan 2009
深部静脈血栓症を発症した血管型ベーチェット病の1例
小松 成綱, 金田 和宏, 土井 春樹, 村上 正基, 佐藤 恵美, 飯塚 一, 伊部 昌樹
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 69-69   Jan 2009
糖尿病に合併した非クロストリジウム性ガス壊疽の1例
岩崎 剛志, 金田 和宏, 野村 和加奈, 村上 正基, 小松 成綱, 本間 大, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 72-73   Jan 2009
全身性強皮症に生じた頭部硬化性萎縮性苔癬
村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 山本 明美, 飯塚 一, 土井 春樹
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 73-73   Jan 2009
高Ca血症をきたしたサルコイドーシスの1例
岩崎 剛志, 野村 和加奈, 村上 正基, 小松 成綱, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 83-83   Jan 2009
フルニエ壊疽をきたした高IgE症候群の1例
野村 和加奈, 岩崎 剛志, 小松 成綱, 堀 仁子, 飯塚 一, 村上 正基
日本皮膚科学会雑誌   119(1) 86-86   Jan 2009
小児感染症 皮膚の抗菌ペプチド
村上 正基
日本小児皮膚科学会雑誌   27(2) 62-67   Nov 2008
Nodular Amyloidosisの1例
岩崎 剛志, 金田 和宏, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   118(10) 2005-2006   Sep 2008
伊藤 康裕, 村上 正基, 辻 ひとみ, 柏木 孝之, 飯塚 一
Skin Cancer   22(1) 72-76   Jun 2007
症例1は64歳、男性。初診の約2年前から右足底の黒色斑に気付いたが、徐々に増大してきたため当科を受診した。右足底外側に2×3cm大の辺縁不整の茶褐色から黒褐色の色素班を認めた。手術前日にテクネシウムフチン酸を用い、リンパシンチグラフィーを施行し右鼠径、右膝窩に集積像を認めた。術中2.5%パテントブルーとガンマープローブを併用し、右鼠径、右膝窩に1個ずつ青染したリンパ節を摘出した。症例2は74歳、女性。初診の約4年前から右手掌の黒色斑に気付いたが、徐々に増大してきたため当科を受診した。右3,...
血漿交換療法を施行した水疱性類天疱瘡の1例
金田 和宏, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 山本 明美, 飯塚 一
西日本皮膚科   69(3) 331-331   Jun 2007
Churg-Strauss Syndromeの1例
土井 春樹, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   117(4) 646-646   Mar 2007
臍帯血移植を施行した菌状息肉症の1例
辻 ひとみ, 村上 正基, 伊藤 康裕, 山本 明美, 飯塚 一, 進藤 基博, 佐藤 一也, 高後 裕
日本皮膚科学会雑誌   117(4) 696-696   Mar 2007
血漿交換療法を施行した水疱性類天疱瘡の1例
金田 和宏, 土井 春樹, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   117(1) 69-69   Jan 2007
KL-6の上昇を伴った卵管癌合併皮膚筋炎の1例
小松 成綱, 村上 正基, 西 薫, 菅野 恭子, 佐藤 恵美, 伊部 昌樹, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   116(4) 472-472   Apr 2006
後部大腿皮弁で再建した坐骨部褥瘡の2例
和田 隆, 村上 正基, 辻 ひとみ, 柏木 孝之, 高橋 英俊, 山本 明美, 橋本 喜夫
日本皮膚科学会雑誌   116(4) 473-473   Apr 2006
間質性肺炎が急速に進行した皮膚筋炎
菅野 恭子, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 伊部 昌樹, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   116(4) 476-476   Apr 2006
晩発性皮膚ポルフィリン症の1例
村上 正基, 小松 成綱, 菅野 恭子, 佐藤 恵美, 伊部 昌樹, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   116(4) 476-476   Apr 2006
Eosinophilic fasciitisの1例
小松 成綱, 村上 正基, 菅野 恭子, 佐藤 恵美, 伊部 昌樹, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   116(4) 483-484   Apr 2006
ラテックスフルーツ症候群の1例
金田 和宏, 村上 正基, 小松 成綱, 佐藤 恵美, 伊部 昌樹, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   116(4) 484-484   Apr 2006
術後10年の経過にて死亡した悪性黒色腫の1例
村上 正基, 土井 春樹, 辻 ひとみ, 佐藤 恵美, 柏木 孝之, 伊藤 康裕, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   116(4) 486-486   Apr 2006
臍帯血移植を施行した菌状息肉症の1例
辻 ひとみ, 村上 正基, 柏木 孝之, 伊藤 康裕, 山本 明美, 飯塚 一, 進藤 基博, 佐藤 一也, 和田 隆
日本皮膚科学会雑誌   116(4) 486-486   Apr 2006
後頭部に生じた結節型悪性黒色腫の1例
村上 正基, 柏木 孝之, 和田 隆, 中村 哲史, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   115(6) 909-910   May 2005
P-ANCA陽性を示した全身性強皮症の1例
小松 成綱, 村上 正基, 伊部 昌樹, 山本 明美, 飯塚 一, 加藤 直樹
日本皮膚科学会雑誌   115(6) 914-914   May 2005
DermaLiveR注入後生じた異物肉芽腫
村上 正基, 上原 治朗, 柏木 孝之, 和田 隆, 山本 明美, 飯塚 一
日本皮膚科学会雑誌   114(11) 1814-1814   Oct 2004
悪性胸膜中皮腫の腫瘍マーカー及び免疫組織化学的検討
今枝 義博, 堀部 良宗, 今津 守隆, 堀口 高彦, 立川 壮一, 村上 正基, 笠原 正男
日本胸部臨床   60(4) 383-387   Apr 2001
中胚葉由来の腫瘍で,多彩な形態や性質を有している悪性胸膜中皮腫の確定診断を,胸腔鏡肺生検にて得た7例について,その血清および胸水中の腫瘍マーカーを測定した.またさらに剖検肺を用いて免疫組織化学的検討も行った.その結果,腫瘍マーカーは胸水ヒアルロン酸やTPAが全例で高値を示しており,補助的診断に有用であると考えられた.免疫組織化学的検討においてはkeratin,calretinin,thrombomodulinが全例陽性で,二相型ではp53とki-67が強陽性を示し,予後は不良であった

Books etc

 
In situ hybridization for RNA : Non-radioactive probe : Oligo-DNA probe : T-T dimer
T.KOJI eds. Molecular Histochemical Techniques, Springer Lab Manual, Springer-Verlag TOKYO   2000   

Conference Activities & Talks

 
The character of TLN-58,newly discovered hCAP18 processing form found in the lesion vesicle of palmoplantar pustulosis in the skin
MURAKAMI Masamoto
46th Annual ESDR Meeting   7 Sep 2016   
TLN-58, newly discovered hCAP18 processing form found in the lesion vesicle of palmoplantar pustulosis.
MURAKAMI Masamoto
40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   11 Dec 2015   
Vesicular LL-37 contributes to inflammation of the lesional skin of palmoplantar pustulosis.
MURAKAMI Masamoto
44th Annual ESDR Meeting   10 Sep 2014   
The Possible Treatment with Cefcapene Pivoxil Hydrochloride for Palmoplantar Pustulosis with Pustuloarthro-osteitis
MURAKAMI Masamoto
11th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology   11 Jun 2014   
The cathelicidin (hCAP-18/LL-37) expression in the granules of leukocytes in the pustules and perhipheral blood with palmoplantar pustulosis
MURAKAMI Masamoto
37th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   7 Dec 2012   
Multiple over-expression of kallikrein related peptidases contributes to the inflammatory hyperkeratotic change with abnormal desquamation in lesions of palmoplantar pustulosis
MURAKAMI Masamoto
75th Annual Meeting of The Society for Investigative Dermatology   9 May 2012   
Different expression pattern of IL-17 related cytokines between lesional skin tissue and serum in the patients with palmoplantar pustulosis
MURAKAMI Masamoto
36th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology   9 Dec 2011   
Acrosyringium is a target of vesicle/pustule formation in palmoplantar pustulosis (pustulosis Palmaris et plantaris)
MURAKAMI Masamoto
40th Annual ESDR Meeting   8 Sep 2010   
Palmoplantar pustulosis shows the disorganization of sweating
MURAKAMI Masamoto
34th Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology   12 Nov 2009   
Disorganization of sweat innate immunity system causes Pustulosis Palmaris et Plantaris (Localized palmoplantar pustular psoriasis)
MURAKAMI Masamoto
69th Annual Meeting of The Society for Investigative Dermatology   6 May 2009   
Exocrine antimicrobial peptides for human epithelial protection.
MURAKAMI Masamoto
The16th International microscopy congress   9 Sep 2006   
A 35-year-old man with a black nodule on his rt. Temporal area.
MURAKAMI Masamoto
8th China-Japan Joint Meeting of Dermatology   12 Nov 2005   
Secretion and processing of cathelicidin antimicrobials as a paradigm for innate immune defense
MURAKAMI Masamoto
65th Annual Meeting of The Society for Investigative Dermatology   12 Nov 2004   
Cathelicidin in human sweat protects against invasive bacterial infection of skin [Invited]
MURAKAMI Masamoto
16th Naito Conference   28 Oct 2003   
Sweat: An innate defense barrier that contain natural antibiotic peptides
MURAKAMI Masamoto
63rd Annual Meeting of The Society for Investigative Dermatology   15 May 2002   
Detection of mRNAs for Keratinocyte growth factor and its receptor in human burned skin
MURAKAMI Masamoto
40th congress of Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry,   6 Dec 1999   

Research Grants & Projects

 
applications of antimicrobial peptide for skin desease treatment
Cooperative Research
Project Year: 2001   
pathophysiological study on palmoplantar pustulosis
Project Year: 2006   

Patents

 
Human cathelicidin antimicrobial peptides
20070065908