澤田 好史

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/20 16:23
 
アバター
研究者氏名
澤田 好史
 
サワダ ヨシフミ
URL
http://ccpc01.cc.kindai.ac.jp/nara/01-sougo/04-k/kenkyu/suisan.html
所属
近畿大学
部署
水産研究所
職名
教授
学位
博士(農学)(京都大学), 修士(農学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
近畿大学 水産研究所 教授
 
2016年
 - 
現在
近畿大学 大学院農学研究科 教授
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本水産学会増殖懇話会  委員
 

論文

 
Optimal period for the effective promotion of initial swimbladder inflation in yellowfin tuna, Thunnus albacares(Temminck and Schlegel), larvae
   2017年   [査読有り]
Effects of photoperiod and night-time aeration rate on swim bladder inflation and survival in Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis (Temminck & Schlegel), larvae
48 4486-4502   2017年   [査読有り]
Identification of growth-related nucleotide polymorphism in cultured Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis.
Aquaculture Research   48 3320-3328   2016年   [査読有り]
Effect of taurine enrichment in rotifer (Brachionus sp.) on growth of larvae of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis (Temminck & Schlegel) and yellowfin tuna T. albacares (Temminck & Schlegel)
Aquaculture Research      2016年   [査読有り]
Early growth and development of the Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis
熊井 英水, 澤田 好史, 宮下 盛, 瀬岡 学, 服部 亘宏, 村田 修
European Aquaculture Society Special Publication   2005(36) 464-465   2005年

Misc

 
水温・塩分の勾配がカイアシ類Oithona davisaeの鉛直分布に及ぼす影響-室内実験-
日本プランクトン学会報   39 87-96   1993年
内湾性カイアシ類Oithonadavisaeの沿直分布に及ぼす水温勾配の効果-室内実験-
京都大学農学部附属水産実験所報告   2 41-45   1993年
澤田 好史, 藤原 建紀, 坂本 亘
海の研究   3(3) 169-180   1994年
Fisheries Science, 60, 261-265,1994.   60(3) 261-265   1994年
大阪湾東部上層水の交換時間と流動特性-内湾奥部にみられる高気圧性渦-
沿岸海洋研究ノート   31(2) 227-238   1994年

書籍等出版物

 
魚類学
倉田 道雄・澤田 好史 (担当:分担執筆, 範囲:7(7-4)章)
恒星社厚生閣   2017年9月   
魚の形は飼育環境で変わるー形態異常はなぜ起こるのか?
澤田 好史 (担当:分担執筆, 範囲:11章)
恒星社厚生閣   2017年6月   
日本水産学会監修 水産学シリーズ174
澤田 好史 (担当:共著, 範囲:トラフグ雄の優占生産)
恒星社厚生閣   2012年9月   
Full-life cycled aquaculture of the Pacific bluefin tuna
澤田 好史 (担当:分担執筆, 範囲:Biotechnology)
Agriculture and forestry statistics publishing inc.   2012年3月   
日本水産学会監修 水産学シリーズ168 クロマグロ養殖業-技術開発と事業展開-
澤田 好史 (担当:分担執筆, 範囲:現状と今後の動向)
恒星社厚生閣   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
クロマグロ仔稚魚の発育に伴う核酸比とタンパク質の変化
熊井 英水, 澤田 好史, 田中庸介, 田中克
2002年4月   
体節形成期における酸素不足はマダイの推体欠損を引き起こす
熊井 英水, 澤田 好史, 宮下 盛, 村田 修, 倉田 道雄
2003年10月   
マダイの脊椎骨欠損発生率に対する低酸素処理濃度と時間の影響
熊井 英水, 澤田 好史, 村田 修, 宮下 盛, 岡田 貴彦 倉田 道雄
2004年4月   
養殖マダイの脊椎欠損症
熊井 英水, 澤田 好史, 山本 眞司, 宮下 盛, 村田 修, 岡田 貴彦 倉田 道雄, 都木 請彰
2004年4月   
クロマグロの初期飼育に及ぼす水温および塩分の影響
熊井 英水, 宮下 盛, 澤田 好史, 村田 修, 向井 良夫, 八木 洋樹 , 那須 敏朗
2004年4月   

Works

 
キハダの資源管理と養殖研究
澤田 好史   その他   2011年10月 - 現在
クロマグロの種苗生産に関する研究
1994年 - 現在
クロマグロの免疫系の発達
2002年
海洋大深度水を利用したエゾアワビの養殖技術開発
2002年
文部科学省21世紀COEプログラム「クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点」
2003年

競争的資金等の研究課題

 
資源の持続的利用に向けたマグロ類2種の産卵生態と初期生活史に関する基礎研究
国立研究開発法人 科学技術振興機構・独立行政法人 海外協力機構: 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム
研究期間: 2010年10月 - 2016年3月    代表者: 澤田 好史
クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点
日本学術振興会: グローバルCOEプログラム
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月    代表者: 熊井 英水
養殖トラフグの雄性化技術の開発と応用
国立研究開発法人 科学技術振興機構: シーズ発掘試験研究
研究期間: 2009年10月 - 2010年3月    代表者: 澤田 好史
沿岸海洋汚染により発生する貧酸素,高二酸化炭素環境の魚類 での奇形発生影響評価
日本生命財団: 環境問題研究個別研究助成
研究期間: 2008年10月 - 2009年9月    代表者: 澤田 好史
クロマグロの養殖技術確立の基盤となる免疫機能の基礎的解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 稲川 裕之