依田 高典

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/27 21:15
 
アバター
研究者氏名
依田 高典
 
イダ タカノリ
URL
http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/~ida/
所属
京都大学
部署
大学院経済学研究科 経済学研究科 現代経済・経営分析専攻
職名
教授,教授
学位
修士(経済学), 博士(経済学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年8月
 - 
2012年7月
米国カリフォルニア大学バークレー校公共政策大学院 フルブライト客員研究員
 
2011年8月
 - 
2012年7月
米国ローレンス・バークレー国立研究所デマンド・レスポンス・リサーチ・センター フルブライト客員研究員
 
1995年
 - 
1998年
 甲南大学経済学部 講師
 
1997年
 - 
1998年
 米イリノイ大学経済学部 客員研究員
 
1998年
 - 
2000年
 甲南大学経済学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年
京都大学 経済学研究科 理論経済学
 
 
 - 
1989年
京都大学 経済学部 経済
 

受賞

 
2014年
建築設備技術者協会 JABMEE環境技術優秀賞
 
2011年
日米教育委員会 フルブライト奨学金研究員
 
2010年
日本学術振興会 第六回日本学術振興会賞
 
2007年
ドコモ・モバイル・サイエンス奨励賞
 
2007年
大川情報通信基金 大川出版賞
 

論文

 
Behavioral Study of Personalized Automated Demand Response in Workplaces
Ida, T., N. Motegi, and Y. Ushifusa
Energy Policy   132 1009-1016   2019年   [査読有り]
金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果:フィールド実験によるエビデンス
依田高典、石原卓典
行動経済学   11 132-142   2019年   [査読有り][招待有り]
Identifying the Effect of Mobile Operating Systems on the Mobile Services Market
Kuroda, T., T. Koguchi, and Ida, T.
Information Economics and Policy   46 86-95   2019年   [査読有り]
Moral Suasion and Economic Incentives: Field Experimental Evidence from Energy Demand
Ito, K., T. Ida, M. Tanaka
American Economic Journal: Economic Policy   10(1) 1-29   2018年   [査読有り]
Fukuzawa, N. and T. Ida
Scientometrics   106(2) 629-644   2016年   [査読有り]
Ida, T., K. Murakami, and M. Tanaka
Economics of Energy & Environmental Policy   5(1) 73-88   2016年   [査読有り]
依田高典、村上佳世
計測と制御   55(7) 598-603   2016年   [査読有り]
スマートコミュニティの社会実験から見た経済効果の評価
依田高典、村上佳世、田中誠
環境情報科学   44(3) 31-35   2015年   [査読有り]
米国ロスアラモスにおける変動型電力料金のフィールド実験
依田高典、王文杰
クリーンテクノロジー   25(3) 8-12   2015年   [査読有り][招待有り]
Ogawa, K. and T. Ida
Review of Social Economy   73(2) 176-195   2015年   [査読有り]
Pilar Baquero Forero, M.d., T. Kuroda, and T. Ida
Review of Development Economics   19(3) 710-723   2015年   [査読有り]
Murakami, K., T. Ida, M. Tanaka, and L. Friedman
Energy Economics   50 178-189   2015年   [査読有り]
Ida, T., K. Takemura, and M, Sato
Energy Economics   48 61-69   2014年   [査読有り]
Tanaka, T., T. Ida. K. Murakami, and L. Friedman
Transportation Research A   70 194-209   2014年   [査読有り]
Ida, T., K. Murakami, and M. Tanaka
Energy Research & Social Science   2 75-89   2014年   [査読有り]
Ida, T.
Health Economics Review   4(5) 1-11   2014年   [査読有り]
M. Tanaka; T. Ida
Energy Economics   39 296-304   2013年9月   [査読有り]
北九州スマートコミュニティ創造事業におけるダイナミックプライシング実証
大賀英治、依田高典、荒牧敬次、田中誠
建築整備士   4 12-17   2013年4月   [査読有り]
T. Ida; N. Fukuzawa
Scientometrics   94(3) 1253-1273   2013年3月   [査読有り]
電力価格のヘドニック法による分析
桑原鉄也;木下信;依田高典
社会経済研究   60 25-38   2012年6月   [査読有り]
Ida, T.
Applied Economics   44(26) 3357-3369   2012年   [査読有り]
Measuring the Inequality Aversion Rate, the Social Discount Rate, and the Time Discount Rate Using a Hypothetical Dictator Game," International Journal of Social Economics vol.39.5: 314-329.
Ida, T. and K. Ogawa
International Journal of Social Economics   39(5) 314-329   2012年   [査読有り]
日本の禁煙強化政策に対する喫煙者の反応
依田高典;高橋裕子;後藤励
厚生の指標   58(5) 7-13   2011年5月   [査読有り]
T. Ida; R. Goto; Y. Takahashi; S. Nishimura
Journal of Socio-Economics   43(3) 285-295   2011年5月   [査読有り]
Goto, R., Y. Takahashi, and T. Id
Value in Health   14(5) 785-791   2011年   [査読有り]
N. Watanabe; R. Nakajima; T. Ida
Review of Industrial Organization   36(4) 391-412   2010年6月   [査読有り]
T. Ida
Journal of Bioeconomics   12(2) 101-117   2010年   [査読有り]
T. Ida
Journal of Socio-Economics   39(2) 194-203   2010年   [査読有り]
T. Ida; R. Goto
International Economic Review   50(4) 1169-1182   2009年11月   [査読有り]
T. Ida; R. Goto
Journal of Economic Psychology   30(4) 608-621   2009年8月   [査読有り]
R. Goto; Y. Takahashi; S. Nishimura; T. Ida
Addiction   104(6) 1018-1024   2009年6月   [査読有り]
携帯電話市場におけるプラットフォーム機能の役割
依田高典
公益事業研究   61(1) 25-35   2009年   [査読有り]
T. Ida; T. Kuroda
Empirical Economics   36(1) 65-80   2009年   [査読有り]
クロスアディクションと時間/危険選好
依田高典、後藤励、西村周三
経済論叢   182(1) 1-26   2008年7月
禁煙意思と時間・危険選好率
後藤励、依田高典、西村周三
経済論叢   182(1) 56-70   2008年7月
高速インターネット接続サービスの需要代替性--成熟期に向かうブロードバンドの計量経済分析 (「電力自由化」特集)
依田 高典;坂平 海
社会経済研究   56 71-79   2008年2月   [査読有り]
T. Ida; M. Anbashi
Journal of Economics/ Zeitschrift fur Nationalokonomie   93(1) 1-29   2008年2月   [査読有り]
NGN利用意向の計量経済分析
依田高典
InfoCom review   45 69-79   2008年   [査読有り]
情報通信サービスの融合と相互依存性:固定ブロードバンドと携帯電話
依田高典、坂平海
公益事業研究   59(4) 1-15   2008年   [査読有り]
ブロードバンド・サービスの需要分析と情報通信政策
依田高典
社会科学研究(東京大学社会科学研究所)   60(3) 33-50   2008年
T. Ida; S. Kinoshita; M. Sato
Applied Economics   40(10) 1279-1287   2008年   [査読有り]
R. Goto; S. Nishimura; T. Ida
Tobacco Control   16(5) 336-343   2007年10月   [査読有り]
禁煙意思に関するコンジョイント分析
後藤励;西村周三;依田高典
厚生の指標   54(10) 38-43   2007年9月   [査読有り]
時間選好,危険選好ならびに喫煙習慣
依田高典、後藤励
応用経済学研究   1 1-14   2007年   [査読有り]
系統電力と自家発の需要代替性分析
依田高典、木下信
公益事業研究   59(2) 43-53   2007年   [査読有り]
依田高典
計測と制御   46(4) 255-260   2007年   [査読有り]
T. Ida; E. Ito; S. Kinoshita
Applied Economics Letters   14(13) 975-979   2007年   [査読有り]
T. Ida; T. Kuroda
Journal of Regulatory Economics   29(1) 5-22   2006年1月   [査読有り]
家庭用エネルギー需要のコンジョイント分析
中島みき、依田高典、木下信
公益事業研究   58(2) 23-33   2006年   [査読有り]
ブロードバンド・マイグレーションとロックイン効果--日本の高速インターネット・サービスのミックスド・ロジット・モデル分析
依田 高典;坂平 海
公益事業研究   58(2) 67-81   2006年   [査読有り]
FTTHを活用した公共サービスの消費者便益の計測:ミックスド・ロジット・モデルを用いた地方と都市部の比較分析
依田高典、堀口裕記
InfoCom Review   40 3-22   2006年   [査読有り]
Conjoint Analysis of Consumer Preferences for Broadband Services in Japan
Ida, T. and M. Sato
The Kyoto Economic Review   75(2) 115-127   2006年
T. Ida; S. Asai
Papers in Regional Science   84(2) 183-199   2005年6月   [査読有り]
コンジョイント分析によるIP電話需要の計測
木下信、依田高典、佐藤真行
公益事業研究   57(2) 65-74   2005年   [査読有り]
拡張Shyモデルによる日本のブロードバンド市場のスイッチング費用の計測
安橋正人、依田高典
InfoCom Review   35 37-9   2005年   [査読有り]
T. Ida
Managerial and Decision Economics   26(8) 527-534   2005年   [査読有り]
アドバース・セレクション下の規制主体の垂直分割に関する分析(2)
安橋正人、依田高典
経済論叢   174(3) 185-197   2004年9月
アドバース・セレクション下の規制主体の垂直分割に関する分析(1)
安橋正人、依田高典
経済論叢   174(2) 96-117   2004年8月
民営化後のJR6社の密度・範囲の経済性ならびに地域間費用格差
須田昌弥;依田高典
季刊運輸政策研究   7(1) 34-42   2004年   [査読有り]
日本の電力自由化が技術的効率性に与えた効果の実証分析
伊藤英一、依田高典、木下信
公益事業研究   56(3) 53-59   2004年   [査読有り]
離散的選択モデルを用いた日本のブロードバンド市場の需要分析
黒田敏史、依田高典
Infocom review   35 25-36   2004年   [査読有り]
標準化の経済効果
依田高典、木下信、京極政弘
研究・技術計画学会講演要旨集   594-597   2004年
Regulatory Reform of Japan's Electric Power Industry: Economies of Scale-and-Scope and Yardstick Competition
Ida, T. and T. Kuwahara
Asian Economic Journal   18(4) 423-438   2004年   [査読有り]
The Cost Structure of the Japanese Railway Industry: The Economies of Scale and Scope and the Regional Gap of the Japan Railway after the Privatization
Ida, T. and M. Suda
International Journal of Transport Economics   31(1) 23-37   2004年   [査読有り]
Bottleneck Monopolies and Network Externalities in Network Industries
Ida, T.
Evolutionary and Institutional Economics Review   1(1) 85-105   2004年   [査読有り]
製品の品質と消費者の選好の共進化
依田高典
経済論叢   171(4) 355-372   2003年4月
Price Discrimination and Universal Service
Ida, T
The Kyoto University Economic Review   71(1) 43-64   2002年12月
地域電気通信サービスの費用格差
浅井澄子、依田高典
公益事業研究   54(3) 1-6   2002年   [査読有り]
インターネットの経済学: 接続と料金
依田高典
会計検査研究   25 175-193   2002年
ネットワーク・エコノミクス: 新しい産業経済学への招待
依田高典
シミュレーション&ゲーミング 2002年報      2002年
IT時代のテレコム改革
依田高典
季刊エコノミックス(東洋経済新報社)   4 100-111   2001年
日本電力産業のパネルデータ分析: トランスログ費用関数と費用補正係数
桑原鉄也、依田高典
公益事業研究   52(2) 71-82   2000年   [査読有り]
ボトルネック独占の経済理論 : 自然独占規制から垂直統合水平競争ヘ
依田高典
甲南経済学論集   39(4) 357-388   1999年3月
不確実性下の意思決定理論の批判的展望: シャックル理論と期待効用理論の批判的検討を通じて
依田高典
甲南経済学論集   37(4) 475-495   1997年
ネットワークの外部性のジレンマ,価格差別化,ならびにユニバーサル・サービス
依田高典
甲南経済学論集   37(1) 31-81   1996年6月
ローカル・ループのアクセス・チャージに関する経済分析
依田高典
公益事業研究   48(2) 1-14   1996年   [査読有り]
医療資源配分の効率化と健康価値の指標化の試み: 費用QALY分析の枠組みと問題点
依田高典、土屋有紀
日本保健医療行動科学会年報   11 200-213   1996年   [査読有り]
時間選好の意志決定理論 : 時間選好率と時間非整合性に関する経済学的考察
依田 高典
甲南経済学論集   36(3) 81-127   1995年12月
健康の意志決定理論 : 健康をどう定義し,評価し,分析するかに関する経済学的考察
依田高典
甲南経済学論集   36(2) 57-110   1995年9月
コンテスタビリティ命題再考: ゲーム論的アプローチに基づくコンテスタビリティ市場の失敗に関する公共経済学的考察
依田高典
公益事業研究第   46(3) 135-165   1995年   [査読有り]
ネットワーク外部性とシステム互換性
依田高典、広瀬弘毅、江頭進
經濟論叢   156(5) 17-37   1995年
マネタリズムと合理的期待形成学派--その理論的概説
依田 高典
経済評論   41(8) 114-123   1992年8月
取引費用経済学と産業政策論
取引費用経済学と産業政策論
産業の発展と産業政策に関する調査研究 財団法人産業研究所   74-82   1992年
情報と不確実性の経済学
依田高典
経済評論   11 88-99   1992年
時間選好に関する基礎的な考察
依田高典
經濟論叢   148(4) 122-139   1991年

Misc

 
経済分析のツールとしての機械学習
依田 高典
経済セミナー2019.12-2020.1      2019年11月
行動経済学の難題:「デフォルト・バイアス」の壁
依田 高典
週刊東洋経済2019.7.27   114-115   2019年7月
資本主義と闘った男 佐々木実著 異彩放つ戦後経済学の巨人
依田 高典
日本経済新聞書評2019.6.29      2019年6月
電力全面自由化3年 革新的サービス競え
依田 高典
日本経済新聞「経済教室」2019.4.8      2019年
行動経済学の特効薬「ナッジ」の効き目
依田 高典
週刊東洋経済2019.4.6   78-79   2019年
暮らしに活かす行動経済学④ ナッジを通して見る行動経済学の未来
依田 高典
金融広報中央委員会 くらし塾きんゆう塾   48 12-14   2019年
行動経済学を読む⑥ リバタリアン・パターナリズムが世界を変える
依田 高典
書斎の窓 2019.1月号(No.661)      2019年
暮らしに活かす行動経済学③ 節電を行動経済学から見ると
依田 高典
金融広報中央委員会 くらし塾きんゆう塾   47 12-14   2019年
東日本大震災後の節電行動のフィールド実験
依田 高典
科研費NEWS 2018 VOL.2: 6.      2018年
暮らしに活かす行動経済学② 依存症を行動経済学から見ると
依田 高典
金融広報中央委員会 くらし塾きんゆう塾 (Vol.46): 12-14.      2018年
暮らしに活かす行動経済学① 行動経済学とはどういう学問か
依田 高典
金融広報中央委員会 くらし塾きんゆう塾 (Vol.45): 12-14.      2018年
行動経済学を読む⑤ 人生を決めるのは氏か育ちか
依田 高典
書斎の窓 2018.11月号(No.660).      2018年
行動経済学を読む④ 人間の嘘と不道徳を解き明かす
依田 高典
書斎の窓 2018.09月号(No.659).      2018年
行動経済学を読む③ 無料という甘い罠
依田 高典
書斎の窓 2018.07月号(No.658).      2018年
プラットフォームと両面市場(全8回)
日本経済新聞「やさしい経済学」2018.5.9-5.18.      2018年
行動経済学の光と影
依田高典
学士會会報 No.930: 30-34.      2018年
行動経済学を読む2 経済学で進むフィールド実験革命
依田高典
有斐閣書斎の窓 2018.05月号(No.657).      2018年
行動経済学を読む1 行動経済学の蒼い時代
依田高典
有斐閣書斎の窓 2018.03月号(No.656).      2018年
京大教授が“切る”現代経済vol.12 行動経済学が描く新しいココロの世界
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/180207_tp0018.html      2018年
京大教授が“切る”現代経済vol.11 消費者に優しい行動経済学のすすめ
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/180110_tp0018.html      2018年
かくて行動経済学は生まれり マイケル・ルイス著 合理性否定した2人の友情
依田 高典
日本経済新聞書評2017.9.2      2017年9月
Information Frictions, Inertia, and Selection on Elasticity: A Field Experiment on Electricity Tariff Choice
依田 高典
presented at the NBER Japan Project Meeting, Tokyo, Japan, July 31, 2017.      2017年8月
Behavioral Study of Personalized Automated Demand Response in Workplaces
依田 高典
presented at the 23rd Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists, Athens, Greece, June 28 – July 1, 2017.      2017年7月
Information Frictions, Inertia, and Selection on Elasticity: A Field Experiment on Electricity Tariff Choice
依田 高典
presented at the Honoring Dan McFadden’s 80th birthday Conference, Los Angeles, Califonia, USA, July 28, 2017.      2017年7月
Behavioral Study of Personalized Automated Demand Response in Workplaces
依田 高典
presented at the JST-NSF-RCN Workshop on Distributed Energy Management Systems, Tokyo, Japan, June12, 2017.      2017年6月
Identifying the Effect of Mobile Operating Systems on the Mobile Services Market
依田 高典
presented at the 14th International Telecommunications Society (ITS) Asia-Pacific Conference, Kyoto, Japan, June 24-27.      2017年6月
Information Frictions, Inertia, and Selection on Elasticity: A Field Experiment on Electricity Tariff Choice
Ito, K., T. Ida, and M. Tanaka
presented at the Midwest Economics Associations, Cincinnati, Ohio, USA, March 30, 2017      2017年3月
Information Frictions, Inertia, and Selection on Elasticity: A Field Experiment on Electricity Tariff Choice
Ito, K., T. Ida, and M. Tanaka
presented at the Allied Social Science Associations / American Economic Association, Chicago, Illinois, USA, January 7, 2017.      2017年1月
ノーベル経済学賞セイラー教授の説く「心の会計」
依田高典
旬刊経理情報2017.12.10.      2017年
行動経済学の歴史:正統と異端のはざまで:経済学の勢力図塗り替えた行動経済学の下克上物語
依田高典
週刊エコノミスト2017.12.12: 25-26.      2017年
人間の行動はそう簡単には変わらない:効かないナッジがある理由
依田 高典
週刊東洋経済2017.11.20: 48-49      2017年
京大教授が“切る”現代経済vol.9 夢の自動運転で人間の責任はどう変わるのか
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/171101_tp0018.html      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.10 分かっていても止められない経済心理学
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/171206_tp0018.html      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.1 Amazon Dash Buttonに透ける未来(前)京大教授が“切る”現代経済 vol.1 Amazon Dash Buttonに透ける未来(前)
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/170301_tp0018.html      2017年
電力全面自由化1年 訴求力あるセット料金カギ
依田 高典
日本経済新聞「経済教室」2017.3.20      2017年
経済学にみる「ココロ」の大切さ
依田 高典
企業会計 69.5: 1      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.2 Amazon Dash Buttonに透ける未来(後)
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/170405_tp0018.html      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.3 ICカードに透ける関東・関西気質
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/170510_tp0018.html      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.4 LINE Payカードに透けるポイント経済の行く末
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/170607_tp0018.html      2017年
巻頭随想:節電にみる「ココロ」の経済学
依田 高典
『調査月報』日本政策金融公庫総合研究所2017.7      2017年
経済学の新しい息吹を伝えたい:『スマートグリッド・エコノミクス:フィールド実験・行動経済学・ビッグデータが拓くエビデンス政策』を発刊して
依田 高典
『書斎の窓』 有斐閣2017.9      2017年
ビッグデータ、IoT、AIの三位一体活用でエネルギーのスマート化へ
依田 高典
関西電力株式会社『躍』2017.9.      2017年
ビッグデータ時代の競争政策
依田 高典
経済セミナー2017.10-11: 44-48      2017年
ノーベル経済学賞 「行動経済学」のセイラー教授に
依田 高典
週刊エコノミスト2017.10.24: 16-17      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.5 paymoに透ける割り勘文化のその先
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/170705_tp0018.html      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.6 ダイナミック・プライシングは消費者の味方か
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/170802_tp0018.html      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.8 寄付の力で夢を叶える方策
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/171004_tp0018.html      2017年
京大教授が“切る”現代経済 vol.7 ナッジを活かしてスマートに節電しよう
依田 高典
http://www.business-plus.net/business/columnist/Idatakanori/series/170906_tp0018.html      2017年
Information Frictions, Inertia, and Selection on Elasticity: A Field Experiment on Electricity Tariff Choice
Ito, K., T. Ida, and M. Tanaka
presented at Advances with Field Experiments 2016, Chicago, Illinois, USA, September 15, 2016.      2016年9月
Information Frictions, Inertia, and Selection on Elasticity: A Field Experiment on Electricity Tariff Choice
Ito, K., T. Ida, and M. Tanaka
presented at the 39th Annual National Bureau of Economic Research Summer Institute, Environmental & Energy Economics, Cambridge, Massachusetts, USA, July 26, 2016.      2016年7月
The Demand Response in the 4 Japanese Smart Communities and their Results
IDA Takanori
presented at Experimenting Smart Communities in Europe and Japan: From Eco-District to Smart Cities: Which Role for Mobility?, Lyon, France, September 16-17, 2015.      2015年9月
ピーク時電力どう削減、消費者へ働き掛け鍵に
依田 高典
日本経済新聞 経済教室 2015/98      2015年
こんなに面白い!最先端経済学 もはや「机上の空論」ではない
依田 高典
週刊東洋経済 2015/01/30      2015年
2014年ノーベル経済学賞 ジャン・ティロール:現実へのビジョンに支えられた理論家
依田 高典
経済セミナー2015.2-3   80-83   2015年
対談 フィールド実験のすすめ
依田高典、澤田康幸
経済セミナー2015.6-7   10-27   2015年
A Field Experiment on Dynamic Electricity Pricing in Los Alamos: Opt-in Versus Opt-out
Ida, T. and W. Wang
Association of Environmental and Resource Economists (AERE) 4th Annual Summer Conference, San Diego, California, June 3-5, 2015      2015年
Using Dynamic Electricity Pricing to Address Energy Crises: Evidence from Randomized Field Experiments
Ito, K., T. Ida, and M. Tanaka
the Allied Social Science Associations, Boston, Massachusetts, January 5, 2015      2015年
第1章 歴史をひもとく(全10回)
依田 高典
日本経済新聞 やさしいこころと経済学 2014/09/23      2014年
Field Experiment on Dynamic Electricity Pricing in Los Alamos
Ida, T. and W. Wang
the 6th International Conference on Integration of Renewable and Distributed Energy Resources (IRED), Kyoto, Japan, November 21, 2014      2014年
Conservation Request, Dynamic Pricing and Energy Saving Behavior: Social experiment of Kyoto
Ida, T., K. Ito, and M. Tanaka
   2014年
電力改革と暮らし(全10回)
依田 高典
日本経済新聞 身近な疑問を読み解くやさしい経済学 2013/03/31      2013年
行動経済学 合理的とは言えない生身の人間行動を解明
依田 高典
週刊エコノミスト 臨時増刊 2013/12/23      2013年
ノーベル経済学賞に米の3氏、資産価格分析、異なる見解
依田 高典
日本経済新聞 経済教室 2013/10/18      2013年
政府の役割(全11回)
依田 高典
日本経済新聞 ニュースを読み解くやさしい経済学 2013      2013年
電気料金変動、節電に効果
依田 高典
日本経済新聞 経済教室 2013/01/25      2013年
Demand Response Field Experiments in Economics
IDA Takanori
the U.S.-Japan Collaborative Smart Grid Project Collective Research Workshop 2013, Santa Ana Pueblo, New Mexico, December 4, 2013      2013年
Using Dynamic Electricity Pricing to Address Energy Crises: Evidence from Randomized Field Experiments,
Ito, K., T. Ida, and M. Tanaka
the 36th Annual National Bureau of Economic Research Summer Institute, Environmental & Energy Economics, Cambridge, Massachusetts, July 22, 2013.      2013年
How Do Consumers Respond to Dynamic Pricing? Experimental Evidence of Variable Critical Peak Electricity Pricing in Japan
Ida, T., K. Ito, and M. Tanaka
the 18th Annual POWER Conference on Energy Research and Policy, Berkeley, California, March 22, 2013.      2013年
温経知世ダニエル・カーネマン
依田 高典
週間エコノミスト 2012/11/27      2012年
フィールド実験で測るスマートグリッドの経済効果
依田高典 (2012)
経済セミナー 2012.12-2013.1: 48-53      2012年
Keys to Smart Home Diffusion: A Stated Preference Analysis of Smart Meters, Photovoltaic Generation, and Electric/Hybrid Vehicles
Ida, T., K. Murakami, and M. Tanaka
the 19th Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists, Prague, Czech Republic, June 30, 2012      2012年
Optimum Pricing Strategy for Fixed-line Internet and Mobile Phone Services: A Two-sided Market Approach
Ida, T. and T. Kuroda
Empirical Economics Letters   10(8)    2011年   [査読有り]
次世代電力網の課題 国際標準づくり参加を
依田 高典
日本経済新聞 経済教室 2011/11/04      2011年
携帯ガラパゴス化の反省と日本がやるべきこと
依田 高典
週間エコノミスト 2011/07/19      2011年
電力不足対策に市場機能活用とスマートコミュニティの構築を(田中誠と共著)
依田 高典
週刊ダイヤモンド 2011/05/21      2011年
たばこ増税で喫煙者を禁煙に向かわせる
依田 高典
週間エコノミスト 2011/03/22      2011年
電力料金に関する行動分析:消費者小幅上げでも節電
依田 高典
日本経済新聞 経済教室 2011/04/29      2011年
世界大学ランキング:20代、30代の若手研究者に傾斜配分を行うべき
依田高典
週刊朝日進学MOOK大学ランキング   76-79   2011年
Forecasting the Diffusion of Smart Meters, Photovoltaic Generation, and Electric Vehicles in Japan: A Stated Preference Approach
IDA Takanori
the 33rd Annual APPAM Research Conference, Washington D.C., November 3, 2011.      2011年
Estimating Interdependencies between Japan's Broadband and Mobile Phone Subscriptions
Ida, T. and K. Sakahira
Empirical Economics Letters   9(10) 1009-1016   2010年   [査読有り]
大学ランク下落・突破型若手に投資しよう
依田 高典
朝日新聞 私の視点 2010/11/24      2010年
科学研究、定量的な評価を:専門家の審査と両輪
依田 高典
日本経済新聞 経済教室 2010/06/02      2010年
行動経済学は経済学を変えるか
依田高典
世界 2010.10   189-198   2010年
Considering Fixed-Mobile Convergence Service as a Two-Sided Market
Ida, T. and T. Kuroda
Proceedings at the 18th Biennial Conference of the International Telecommunications.      2010年
人間の健康と経済心理(全8回)
依田 高典
日本経済新聞 やさしい経済学 2009/05/      2009年
時間割引率
依田 高典
プレジデント2009.10.15   88-89   2009年
行動健康経済学(11):行動健康経済学から医療経済学へ
依田高典、西村周三、後藤励
経済セミナー 2009.2: 90-95.      2009年
行動健康経済学(10):臨床の行動健康経済学
後藤励、西村周三、依田高典
経済セミナー 2009.1: 93-99.      2009年
行動健康経済学(6):クロスアディクションの経済心理学
依田 高典
経済セミナー 2008.9   79-84   2008年
行動健康経済学(9):行動健康経済学とニューロエコノミクス
後藤励、西村周三、依田高典
経済セミナー 2008.12: 82-88      2008年
行動健康経済学(8):アディクションにおけるアノマリーと衝動性の架け橋
依田高典、西村周三、後藤励
経済セミナー 2008.11: 84-91      2008年
行動健康経済学(7):禁煙の成功と失敗の経済心理学
依田高典、後藤励、西村周三
経済セミナー 2008.10: 87-95      2008年
行動健康経済学(5):喫煙の経済心理学
依田高典、西村周三、後藤励
経済セミナー 2008.8: 78-84      2008年
行動健康経済学(4):ニコチン依存と禁煙意思
後藤励、西村周三、依田高典
経済セミナー 2008.7: 90-97      2008年
行動健康経済学(3):行動経済学から行動健康経済学へ
西村周三、依田高典、後藤励
経済セミナー 2008.6: 104-111      2008年
行動健康経済学(2):嗜癖と依存症の経済学
後藤励、西村周三、依田高典
経済セミナー 2008.5: 76-83      2008年
行動健康経済学(1):行動経済学の現在
依田高典、西村周三、後藤励
経済セミナー 2008.4: 106-113      2008年
たばこ1箱1000円で税収は本当に増えるのか?
依田高典
imidas解体新書: 52-53      2008年
携帯電話市場におけるプラットフォーム機能の役割
依田高典
総務省『平成19年度電気通信事業分野の競争評価:参考論文』: 385-410      2008年
行動経済学:進化と応用
依田 高典
日本経済新聞 経済教室 2007/12/27      2007年

書籍等出版物

 
行動経済学の現在と未来
依田高典、岡田克彦(編) (担当:編者)
日本評論社   2019年9月   
現代経済学(第2期)
依田 高典
放送大学教育振興会   2019年3月   
スマートグリッド・エコノミクス:フィールド実験・行動経済学・ビッグデータが拓くエビデンス政策
依田 高典 (担当:共著)
有斐閣   2017年5月   
「ココロ」の経済学:行動経済学から読み解く人間のふしぎ
依田 高典
ちくま新書   2016年12月   
太陽光発電のある家庭のデマンドレスポンス
田中誠・依田高典・村上佳世 (担当:分担執筆)
『原発事故後のエネルギー供給からみる日本経済』ミネルヴァ書房   2016年   
行動経済学とエネルギー消費
依田高典、牛房義明 (担当:分担執筆)
日本応用経済学会(監修)『応用経済学シリーズ第1巻:ベーシック応用経済学』(勁草書房):75-89   2015年   
経済学とこころはどう付き合ってきたか
依田 高典 (担当:分担執筆)
日本応用経済学会(監修)『応用経済学シリーズ第1巻:ベーシック応用経済学』(勁草書房):75-89.   2015年   
電力改革で暮らしはどうなる?
依田高典 (担当:分担執筆)
日本経済新聞社(編) 『身近な疑問が解ける経済学』:179-198.   2014年   
現代経済学
依田高典
放送大学教育振興会   2013年3月   
橋や道路をつくれば、不況は打開できるのでしょうか−政府の話−
依田 高典 (担当:分担執筆)
日本経済新聞社(編) 『経済学者に聞いたら、ニュースの本当のところが見えてきた』:218-239.   2013年   
次世代インターネットの経済学
依田 高典
岩波新書   2011年5月   
行動経済学から社会病理を考える:肥満・喫煙・多重債務
大竹文雄、池田新介、村井俊哉
阿部顕三、大垣昌夫、小川一夫、田淵隆俊(編) 『現代経済学の潮流2011』: 197-239   2011年   
行動経済学: 感情に揺れる経済心理
依田 高典
中公新書   2010年2月   
情報通信の政策分析
依田高典、根岸哲、林敏彦(編著)
NTT出版社    2009年9月   
行動健康経済学
依田高典、後藤励、西村周三
日本評論社   2009年3月   
Broadband Economics: Lessons from Japan
Ida, T.
Routledge (Taylor & Francis Group)   2009年1月   
情報通信の経済理論と実証分析:問題の所在と改題
依田高典 (担当:分担執筆)
依田高典、根岸哲、林敏彦(編) 『情報通信の政策分析』NTT出版社: 5-19   2009年   
ブロードバンド・エコノミクス
依田 高典
日本経済新聞出版社   2007年3月   
Broadband, Information Society, and National System in Japan,
Ida, T
M. Fransman (ed.), Global Broadband Battles, Stanford University Press: 65-86   2006年   
The Broadband Market in Japan
Ida, T.
R. Taplin and M. Wakui (eds.), Japanese Telecommunications Market and Policy in Transition, Routledge: 37-64.   2006年   
標準化の利益を阻むもの:第三世代携帯電話の事例
椙山泰生、依田高典、長内厚
経済産業省標準化経済性研究会編『国際競争とグローバル・スタンダード』(日本規格協会): 155-192.   2006年   
市場画定
林秀弥、依田高典
柳川隆編『競争の戦略と政策』(有斐閣): 79-101   2006年   
ネットワーク外部性と技術標準
依田高典、和久井理子
柳川隆編『競争の戦略と政策』(有斐閣): 271-301.   2006年   
The Interconnection and Pricing of the Internet
Ida, T. and M. Ueda
M. Kagami, M. Tsuji, and E. Giovannetti (eds.),Information Technology Policy and the Digital Divide, Edwards Elgar: 282-302 (Reprint ).   2004年   
規制改革の課題: ネットワーク・アクセス
依田高典
公益事業学会編『日本の公益事業』(白桃書房): 187-202   2004年   
ネットワーク産業の生態学
依田高典
林敏彦編『日本の産業システム第5巻: コミュニケーション・ネットワーク』(NTT出版社): 74-110   2003年   
ネットワーク・エコノミクス
依田 高典
日本評論社   2001年5月   ISBN:4535552487
21世紀のエコノミスト
依田高典(編著)
朝日新聞社 203pp    2001年2月   
ジャン・ジャック・ラフォン&ジャン・チロル
依田高典
依田高典編『21世紀のエコノミスト』: 167-186   2001年   
ブライアン・アーサー
依田高典
依田高典編『21世紀のエコノミスト』: 73-85   2001年   
不確実性と意志決定の経済学:限定合理性の理論と現実
依田 高典
日本評論社   1997年10月   
ジョージ・シャックル
依田高典
根井雅弘編『20世紀のエコノミスト: 生涯と学説』(日本評論社): 97-116.   1994年   
ミルトン・フリードマン
依田高典
根井雅弘編『20世紀のエコノミスト: 生涯と学説』(日本評論社): 177-194.   1994年   

競争的資金等の研究課題

 
ネットワーク産業(情報通信・電力など)の理論・実証研究