堀(山口) 緑

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
堀(山口) 緑
 
ホリ(ヤマグチ) ミドリ
所属
近畿大学
部署
教職教育部
職名
教授
学位
文学修士(同志社大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1984年
同志社大学大学院 文学研究科 英文学専攻
 
 
 - 
1982年
大阪外国語大学 外国語学部 イスパニア語
 

論文

 
近畿大学における「介護等体験」への取り組み―2007年~2010年を中心に―
堀 緑
近畿大学教育論叢   23(2) 1-14   2012年3月
「介護等体験」が小学校及び中学校の教員免許状取得希望者に義務付けられてから14年になるが、近畿大学における「介護等体験」への取り組みはその間どのように変化してきたのかを、導入期と比較しながら検証した。
翻訳を通じて英語の特質を学ぶ――翻訳入門講座の試み――
堀 緑
近畿大学教育論叢   18(1) 29-41   2006年8月
翻訳の授業を通して学生がいかに英語の特質に気づいていくかを考察した。
文学を使用した多角的授業の試み
堀 緑
近畿大学教育論叢   17(2) 15-24   2006年3月
英語講読の教材として文学作品を取り上げ、映画・朗読CDなどを利用して授業に変化を持たせる試みについて論じた。
英雄の変貌 ―Mercedes Lackey の作品を中心に―
近畿大学教育論叢   13(2), 29-40    2002年
文学を創る-ラテンアメリカ文学とアメリカのロマンス(1)-
近畿大学教育論叢   11(1) 247-258   1999年
翻訳を考える-翻訳をめぐる現状報告-
教育論叢   10(1) 55-67   1998年
文学をいかに使うか-新たな文学教材のありかたを考える-
教育論叢   8(2) 69   1997年
Hawthorneの"Rappaccini's Daughter"-Beatriceという女性像について-
教育論叢   7(2) 45   1996年
Melvilleの"Bartleby"における語り手の人物像について
教育論叢   6(1) 75   1994年
"The negro"と"El negro"-Melvilleの"Benito Cereno"をめぐって
比較文化研究   (22) 22   1993年
E.A.ポーとラテンアメリカ-近代ラテンアメリカ文学の成立をめぐって-
比較文化研究   (14) 45   1990年

Misc

 
女神の誓い(翻訳)
東京創元社      1995年
裁きの門(翻訳)
東京創元社      1996年
誓いのとき(翻訳)
東京創元社      1999年
運命の剣(翻訳)
東京創元社      2001年
宿命の囁き(翻訳)
東京創元社      2003年
「猫と話した少年」
堀 緑
不思議な猫たちⅡ(共訳)   130-155   1999年9月
失われし一族(上・下)
堀 緑
   2006年1月
翻訳紹介を続けているマーセデス・ラッキーのフェミニズム・ファンタジー小説。三部作の第二部。架空の世界を舞台に主人公の成長を描く。
伝説の森(上・下)
堀 緑
   2007年10月
アメリカのファンタジー作家、マーセデス・ラッキーが書き続けているヴァルデマール年代記の続編。〈ヴァルデマールの風〉第三部。
太陽神の司祭(上・下)
堀 緑
   2010年7月
アメリカの作家、マーセデス・ラッキーによるファンタジー小説。ヴァルデマール年代記の新たな三部作の一作目。外交使節に同行してきた年若い書記が成長していく姿を描く。

書籍等出版物

 
アメリカ文学とラテンアメリカ文学をつなぐもの-カルロス・フェンテスを中心に-
「フィクションの諸相-松山信直先生古希記念論文集-」英宝社   1999年   
ザ・ベルベッティーン・ラビット(共著)
創元社   1992年   
理工系のための実用英語入門(共編著)
講談社   1993年   
教員採用試験のための小論文    合格への E メール講座    第 7 回 「ことば」 について
堀 緑 (担当:共著)
大阪教育図書   2002年3月   
近畿大学教職教育部で行った E メールによる小論文指導をまとめて本としたもの。 「第 7 回 『ことば』 について」 の部分を担当。 (135 頁~152 頁) (共著)
教員採用試験のための論作文―面接にも役立つeラーニング 第8回「私の宝物」について
堀 緑 (担当:共著)
大阪教育図書   2007年12月   
近畿大学教職教育部で毎年実施している「教員採用試験論作文対策Eメール講座」の内容をまとめたもの。第8回「『私の宝物』について」(p.139~p.154)の執筆を担当した。

講演・口頭発表等

 
虚と実の間-Melvilleの"Benito Cereno"
日本比較文化学会関西支部月例会   1991年   

競争的資金等の研究課題

 
翻訳
アメリカ文学とファンタジー