山本 元道

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/04 03:10
 
アバター
研究者氏名
山本 元道
 
ヤマモト モトミチ
eメール
motoyamahiroshima-u.ac.jp
所属
広島大学
学位
博士(工学)(広島大学), 修士(工学)(広島大学)
科研費研究者番号
30274111

プロフィール

溶接関連の研究者

経歴

 
1995年4月
 - 
2001年3月
広島大学 工学部 助手
 
2001年4月
 - 
2001年4月
広島大学 大学院工学研究科 助手
 
2008年4月
 - 
2008年4月
広島大学 大学院工学研究科 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
トロント大学 応用理工学部材料科学工学科 客員研究員
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1995年3月
広島大学 工学研究科 構造工学
 
1989年4月
 - 
1993年3月
広島大学 工学部 船舶工学
 

受賞

 
1993年
日本造船学会 日本造船学会奨励賞
 
2003年4月
溶接学会 平成14年度溶接学会研究発表賞 レーザ溶接部の3次元熱弾塑性ひずみ解析手法の検討ーNi基耐熱超合金レーザ溶接部の高温割れ発生評価法に関する研究(第1報)ー
 
2006年5月
溶接学会 溶接冶金研究委員会 平成17年度優秀研究賞 3次元高温ひずみ解析を用いたNi基耐熱超合金レーザ溶接部の液化割れ発生評価法に関する研究
 
2007年5月
IWJC-Korea 2007 Best Paper Award
 
2008年4月
溶接学会 溶接学会論文奨励賞 マグネシウム合金AZ91摩擦撹拌スポット溶接部における液膜侵入誘起割れ(LPI Cracking)
 

論文

 
Yamamoto, Motomichi; Gerlich, Adrian; North, Thomas H.; Shinozaki, Kenji
JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE   42(18) 7657-7666   2007年9月   [査読有り]
Liquid penetration induced (LPI) cracking is investigated during friction stir spot weld of AZ91, AZ31 and AM60 magnesium alloys. A combination of stir zone temperature measurement and detailed metallography has revealed differences in the crackin...
Gerlich, A.; Yamamoto, M.; North, T. H.
METALLURGICAL AND MATERIALS TRANSACTIONS A-PHYSICAL METALLURGY AND MATERIALS SCIENCE   38A(6) 1291-1302   2007年6月   [査読有り]
The stir zone temperature and microstructures are compared in friction stir spot welds produced in Al 5754 and Al 6061 alloys. Electron backscattered diffraction was used to determine the relationship between tool rotation speed during welding and...
Gerlich, A.; Yamamoto, M.; North, T. H.
SCIENCE AND TECHNOLOGY OF WELDING AND JOINING   12(6) 472-480   2007年11月   [査読有り]
Local melting of eutectic films and cracking is found in Al 2024 and Al 7075 alloy friction stir spot welds. Dissolution of melted films removes all evidence melted film formation in spot welds made using typical welding parameter settings. For th...
Yamamoto, M.; Gerlich, A.; North, T. H.; Shinozaki, K.
SCIENCE AND TECHNOLOGY OF WELDING AND JOINING   13(7) 583-592   2008年10月   [査読有り]
Cracking during dissimilar friction stir spot welding of thixomoulded AM60 and AZ91 sheet materials is investigated. Liquation cracking occurs in the thermomechanically affected zone (TMAZ) region during friction stir spot welding when AZ91 materi...
Yamamoto, M.; Gerlich, A.; North, T. H.; Shinozaki, K.
SCIENCE AND TECHNOLOGY OF WELDING AND JOINING   13(7) 583-592   2008年10月   [査読有り]
Cracking during dissimilar friction stir spot welding of thixomoulded AM60 and AZ91 sheet materials is investigated. Liquation cracking occurs in the thermomechanically affected zone (TMAZ) region during friction stir spot welding when AZ91 materi...

競争的資金等の研究課題

 
青色レーザを用いた樹脂金属三次元動的(ヘム機構連動)接合技術の開発
経済産業省: 戦略的基盤技術高度化支援事業
研究期間: 2015年9月 - 2016年2月    代表者: 山本 元道
文部科学省: 科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 山本 元道
大型船舶に使用される高張力鋼板を対象に,新しく開発したホットワイヤ・レーザ溶接法を用いて,大入熱エレクトロガス溶接の代替技術となる極厚鋼板立向き溶接技術の開発を行った.本研究では,リモートレーザシステムとマルチホットワイヤシステムとを組み合わせることで,極低入熱・極低希釈・高能率施工の目処を得ることが出来た.
文部科学省: 科学研究費助成事業(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 北村 充
本研究の遂行により得られた結果を以下にまとめる.
・船体構造解析ビデオ講座の構築
造船設計技術者育成のための構造解析学のビデオ講座を作成し,インターネット配信した.これは,実際の授業風景をデジタルビデオで撮影し,インターネット配信できるフォーマット(Windows Media Player)に変換し,ホームページに掲載したものである.これにより,造船設計技術者はインターネット上に公開されたビデオ講座を,「いつでも」,「どこでも」受講できるシステムを構築した.調査の結果,時間制約が多い社会人...
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(A))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 藤久保 昌彦
本研究は,船体が過大な荷重に遭遇した場合の逐次崩壊挙動を効率的に解析する手段として,理想化構造要素法(ISUM)と動的陽解法による準静的解法に注目し,前者については要素並びに解析システムの開発を,また後者については座屈・塑性崩壊挙動を求める上での解析手順の明確化を行うと共に,これらの解析さらには実験より,種々の荷重条件に対する船体の逐次崩壊挙動を明らかにすることを目的とする。本研究で得られた主要な成果は次の通りである。
(1)面内荷重下の矩形板の応答を表すISUM板要素を,水圧による横荷重...
文部科学省: 科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 山本 元道
本研究では,ミクロ的な側面からもマクロ的な側面からも工学的に扱いやすく,高品質溶接(レーザ,電子ビーム,TIGなど)部の温度変化や応力・歪み分布を精度よく推定することの出来る,新しい熱伝導応力解析手法の確立を目指している。本年度研究では,昨年度研究においてその基礎を検討・提案した新しい3次元熱伝導および熱弾塑性解析手法の詳細な検証と確立を試みた。さらに,本解析手法を用いて,これまで評価することが困難であった溶融部極近傍に発生する高温割れの新しい評価手法を提案し,溶接部の強度・信頼性向上とそ...