洲崎 悦子

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/24 20:25
 
アバター
研究者氏名
洲崎 悦子
 
スザキ エツコ
所属
就実大学
部署
薬学部 薬学科 人体構成学
職名
教授
学位
博士(薬学)(広島大学), 博士(医学)(広島大学)

プロフィール

S56年 広島大学医学部総合薬学科 卒業
S58~60年 オーストラリア国立大学生物科学研究所 技術員
S61~62年 高知医科大学生物学・生理学講座 技術補佐員
H5年 広島大学大学院医学系研究科博士課程後期終了 博士(薬学)取得(広島大学(甲)1188号)
題目:「ビデオ顕微分析法の開発と好中球刺激応答系解析への応用」
H6年 オーストラリア国立大学生物科学研究所 ポスドク
H12年 同上 博士(医学)取得(広島大学(乙)第3368号)
題目:ゴルジ装置の三次元構造解析:コンフォーカル顕微鏡を用いたブルンナー腺細胞の観察」
H7~19年 広島大学医学部医学科解剖学第二講座 助手~講師
H19年~ 就実大学薬学部薬学科人体構成学 教授

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
現在
就実大学  薬学部 教授
 
2000年
 - 
2007年
 広島大学 講師
 
1995年
 - 
2000年
 広島大学 助手
 
1994年
 - 
1995年
 オーストラリアリサーチカウンセル ポスドク
 
1993年
 - 
1994年
 日本学術振興会 特別研究員(ポスドク)
 
1990年
   
 
- 学校法人 山陽女学園 山陽看護専門学校 非常勤講師(解剖生理学)
 

学歴

 
 
 - 
1993年
広島大学 医学系研究科 分子薬学系
 
 
 - 
1981年
広島大学 医学部 総合薬
 

委員歴

 
2019年
 - 
現在
日本バイオイメージング学会  副会長
 
2013年
 - 
現在
日本バイオイメージング学会  理事
 
2006年
 - 
現在
日本解剖学会  評議員
 
2005年
 - 
現在
日本バイオイメージング学会  男女共同参画委員会委員長
 
2000年
 - 
現在
日本組織細胞化学会  評議員
 

受賞

 
2008年
日本バイオイメージング学会 ベストイメージ・アウォード(晝馬賞)
 
2000年
日本バイオイメージング学会 ベストイメージ・アウォード(晝馬賞)
 

論文

 
講演会:よみがえる山田家伝来の家伝薬ー成分分析の結果と処方の再現ー
佐々木寛朗、齋藤啓太、田中美穂、洲崎 悦子
就実大学薬学雑誌   5 41-46   2018年1月   [査読有り]
Glomerular hypertrophy and hyperfiltration in obesity-related diabetic (ob/ob) mouse
Analytical and Quantitative Cytopathology and Histopathology   39(4) 223-230   2017年   [査読有り]
SUZAKI E, KOBAYASHI H, KODAMA Y, MASUJIMA T, TERAKAWA S
Cell Motility and the Cytoskeleton   38(3) 215-228   1997年
Lectin cytochemistry in the gastrointestinal tract with special reference to glycosylation in the Golgi apparatus of Brunner's gland cells
Journal of Histochemistry and Cytochemistry   40(3) 379-385   1992年

Misc

 
Quantitative analysis of superoxide anion generation in living cells by using chemiluminescence video microscopy
Biochimica et Biophysica Acta   1201(2) 328-332   1994年
Monoclonal antibodies to isolate-, species-, and genus-specific components on the surface of zoospores and cysts of the fungus (Phytophthora)■.-. (cinnamomi)■.-..
Canadian Journal of Botany   64 311-321   1986年
The detection of monoclonal antibodies specific for surface components on zoospores and cysts of (Phytophthora)■.-. (cinnamomi)■.-..
Experimental Mycology   9 258-264   1985年
Encystment of the fungus, Phytophthora cinnamomi, is induced by specific lectins and monoclonal antibodies binding to the cell surface. (共著)
Protoplasma   133 165-173   1986年
TPP+選択性電極の潅流肝への応用と薬物作用の検討。
Cyto-protection & biology   4 29-36   1987年

書籍等出版物

 
カラーで学ぶ解剖生理学 第2版 (翻訳,共著)
洲崎 悦子 (担当:共著)
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2017年12月   
レクチン細胞組織化学 電子顕微鏡とコンフォーカルレーザー走査顕微鏡で細胞の分泌装置をとらえる(共著)
電子顕微鏡基礎技術と応用1997〜ナノ世界への道〜,学際企画   1997年   
カラーで学ぶ解剖生理学(翻訳,共著)
洲崎 悦子
医学書院MYW   1998年   

競争的資金等の研究課題

 
人体に関する知識基盤の向上を目指した実習の提案
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 洲崎 悦子
よく知っている臓器を顕微鏡で見てみよう!
日本学術振興会: ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI
研究期間: 2018年       代表者: 洲崎 悦子
γ-チューブリン様新規タンパク質の三次元局在・分子解析
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2003年