KAWAGUCHI Kotaro

J-GLOBAL         Last updated: Jun 20, 2019 at 12:29
 
Avatar
Name
KAWAGUCHI Kotaro
Affiliation
Hyogo University of Health Sciences
Section
School of Rehabilitation
Job title
Professor

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1999
Graduate School, Division of Medical Sciences, Hiroshima University
 
 
 - 
1992
Faculty of Sociology, Bukkyo University
 

Published Papers

 
川口浩太郎, 坂口顕, 曽田幸一朗, 小山智士, 吉田奈美, 小林和典
理学療法(東京)   36(2) 175‐185   Feb 2019
上池浩一, 森孝久, 藤岡宏幸, 吉矢晋一, 川口浩太郎
日本臨床スポーツ医学会誌   26(3) 417‐422   Aug 2018
坂口顕, 川口浩太郎
理学療法(東京)   35(7) 631‐641   Jul 2018
熊川圭一, 塚越累, 坂口顕, 藤岡宏幸, 川口浩太郎
運動器リハビリテーション   29(1) 63‐70   May 2018
北風浩平, 塚越累, 坂口顕, 藤岡宏幸, 川口浩太郎
運動器リハビリテーション   29(1) 71‐75   May 2018
膝前十字靱帯再建術施行例における片脚立ち上がり能力と膝関節周囲筋の筋力の関連について
上池 浩一, 森 孝久, 藤岡 宏幸, 吉矢 晋一, 川口 浩太郎
日本臨床スポーツ医学会誌   26(1) 66-73   Jan 2018
膝前十字靱帯(ACL)再建例85例を対象に、片脚立ち上がり動作(SLS)と膝伸展・屈曲筋力、筋力以外の因子が及ぼす影響について検討した。等速性膝伸展・屈曲筋力を測定し、Hamstrings/Quadriceps比(HQ比)も算出した。筋力以外に下腿長、足関節背屈可動域、下腿前傾角も測定した。10・20・30cmの高さの台からSLSを行わせ、その成績により3群に分け各測定項目を比較し、またSLSの成績に影響を及ぼす因子も検討した。膝伸展筋力はSLSの成績による差はなく、より低い台からSLSが...
変形性股・膝関節症患者に対する体幹機能に着目した理学療法介入の検討 Lower-crossed syndromeの概念を用いて
小山 智士, 川口 浩太郎, 藤岡 宏幸, 西川 哲夫
兵庫医療大学紀要   5(2) 23-28   Dec 2017
変形性股関節症(以下、股OA)および変形性膝関節症(以下、膝OA)患者を対象として、Lower-crossed syndrome(以下、LCS)の概念に基づいた評価・治療を行い、その有効性について検証した。LCSとは、1987年にVladimir Jandaによって提唱された概念で、骨盤帯を中心とした対角線上の筋アンバランス、不良姿勢、誤った運動パターンなどの機能的問題が生じることからこのように呼ばれており、主に腰部疾患に適用される概念である。本研究では、股OA・膝OA患者6名を対象として...
中川 愛, 坂口 顕, 原田 佳奈, 川口 浩太郎, 藤岡 宏幸
理学療法学   44(4) 272-276   Aug 2017
【目的】月経痛をはじめとする不快症状に悩む女性も多く、なかには日常生活に支障をきたす例もある。対処法の服薬では、副作用が出現する可能性もあり、今回は副作用の少ない経皮的神経電気刺激(以下、TENS)が月経痛軽減に有効か明らかにすることを目的とした。【方法】健常成人女性22名の4回の月経周期を対象に、非介入期とTENSを施行する介入期における痛みの程度を測定した。月経開始から最初に痛みを感じたときを0分とし、60分までは10分毎に、それ以降240分まで60分毎に計10回測定した。介入期は、0...
【痛みへのアプローチ】 スポーツ現場における物理療法
坂口 顕, 川口 浩太郎
Sportsmedicine   29(2) 6-12   Mar 2017
【痛みへのアプローチ】 スポーツ現場における「痛み」の捉え方
川口 浩太郎, 坂口 顕
Sportsmedicine   29(2) 2-5   Mar 2017
人工橈骨頭置換術後の理学療法経験
北風 浩平, 荻野 智之, 和田 智弘, 坂口 顕, 川口 浩太郎, 内山 侑紀, 道免 和久
理学療法兵庫   (22) 37-40   Dec 2016
今回我々は、過去に報告が少ない人工橈骨頭置換術(Radial head arthroplasty:RHA)後の一症例を経験した。RHA後の肘関節の関節可動域(Range of motion:ROM)制限に注意して理学療法を行い、良好な経過を示したので考察を加えて報告する。症例は80歳代の女性で、転倒により左橈骨頭骨折を受傷し、左RHA施行となった。術翌日から左肘関節のROM制限の原因を自動運動・他動運動・抵抗を加えた等尺性運動・触診を用いて評価し、アイシング・微弱電流刺激・交代浴・干渉波・...
片脚立ち上がりテストにおける膝屈曲筋力の重要性について
上池 浩一, 森 孝久, 藤岡 宏幸, 吉矢 晋一, 川口 浩太郎
日本臨床スポーツ医学会誌   24(3) 415-420   Aug 2016
片脚立ち上がりテスト(SLST)の成績に膝伸展・屈曲筋力が与える影響について検討した。対象は下肢関節症状を認めない56肢で、等速性膝伸展・屈曲筋力を測定し、その値からHamstrings/Quadriceps比(HQ比)を求めた。次に30cmの高さの台からSLSTを行い、クリアできれば20cm、10cmとより低い台で実施した。SLSTの成績により3群に分け、膝伸展・屈曲筋力、HQ比を比較した。各群で膝屈曲筋力、HQ比は低い台から立ち上がりができた群ほど高値を示したが、膝伸展筋力ではその傾向...
物理療法は神経障害性疼痛発症を予防できるか? ラット神経障害性疼痛モデルに寒冷療法を用いて
川口 浩太郎, 猪俣 陽一, 藤岡 宏幸, 坂口 顕, 山本 悟史, 小暮 洋子, 王 勝蘭, 戴 毅
兵庫医療大学紀要   4(1) 9-14   Jun 2016
はじめに:神経障害性疼痛患者では、痛覚過敏やアロディニアなどの症状を呈するため発痛部分に直接触れることは困難な場合が多く、理学療法(リハビリテーション)実施に難渋する。神経障害性疼痛の治療では「神経障害性疼痛を発症しないことが最大の治療である」とさえ考えられている。理学療法場面で炎症や疼痛に対して物理療法(寒冷療法)を用い、特に寒冷療法は炎症に対する治療の第一選択として用いられる。寒冷療法は抗炎症作用が期待できるため、神経障害性疼痛発症の可能性がある場合に、予防的に用いることはできないかと...
川口 浩太郎, 坂口 顕
整形・災害外科   59(6) 633-641   May 2016
第17回アジア競技大会(2014/仁川大会)におけるホッケー男子日本代表フィジオ帯同報告
坂口 顕, 川口 浩太郎, 藤岡 宏幸
兵庫医療大学紀要   3(2) 43-47   Dec 2015
アジア競技大会はアジアオリンピック評議会が主催する大会であり、45の国と地域が参加する、アジア地域ではオリンピックに次ぐ規模のスポーツ大会である。2014年9月から10月に、第17回アジア競技大会が韓国・仁川で開催された。今回、ホッケー男子日本代表のフィジオとして、日本オリンピック委員会の委嘱を受け本大会に帯同した。個々の競技団体での遠征とは異なり、日本代表選手団の一員として、選手村での3週間の生活、マルチサポートハウスの活用、結果ならびに選手へのサポート活動について紹介する。(著者抄録)
小松 みゆき, 永井 宏達, 日高 正巳, 川口 浩太郎, 玉木 彰
理学療法学   42(7) 547-553   Dec 2015
【目的】本研究の目的は、異なる呼気負荷を併用したOKC運動時の体幹筋活動を明らかにすることである。【方法】健常女性25名を対象に、OKC課題を呼気負荷なしと呼気負荷(10% PEmax、20% PEmax、30% PEmax)を併用した場合における腹横筋筋厚と体幹表層筋筋活動量(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋)を測定した。【結果】腹横筋筋厚は、呼気負荷なしに比べ10% PEmax、20% PEmax、30% PEmaxで有意に高値であった。また20% PEmaxは30% PEmaxに比べ有意に...
鵜崎 智史, 坂口 顕, 川口 浩太郎, 塚越 累, 日高 正巳, 藤岡 宏幸
理学療法科学   30(6) 945-949   Dec 2015
[目的]筋損傷後の筋収縮力回復に対する微弱電流刺激(MES)の効果を明らかにするため、筋損傷モデルラットを用いた介入実験をおこなった。[対象]対象は10週齢Wistar系雌ラットとした。[方法]すべてのラットの左腓腹筋に筋挫傷を作成したのち、非介入群とMESを実施する群に分けた。MESは受傷翌日より毎日30分間実施した。評価項目を左足関節底屈の筋収縮力とし、受傷4日目より毎日測定し、非介入群とMES群で比較した。[結果]受傷6日目のMES群の筋収縮力が非介入群より有意に高くなった。[結語]...
The Differences of Subjective findings in Pattern Recognition among Experts, Novices and Students: a Quasi-Delphi Technique
Kazuhisa Matsui, Kotaro Kawaguchi
Education in Medicine Journal   7(1) e22-e29   2015   [Refereed]
小山智士, 藤岡宏幸, 川口浩太郎, 西川哲夫
日本臨床スポーツ医学会誌   22(3) 456-462   Aug 2014
坂口顕, 川口浩太郎
臨床スポーツ医学   31 6-12   May 2014
川口浩太郎, 小山智士
臨床スポーツ医学   31 36-39   May 2014
坂口顕, 川口浩太郎
理学療法兵庫   (19) 13-20   Jan 2014
The Development of Pattern Recognition via Clinical Experience: A Preliminary Study
Kazuhisa Matsui, Kotaro Kawaguchi
Education in Medicine Journal   6(4) e57-e65   2014   [Refereed]
KITAKAZE KOHEI, YAMADA TETSU, HIDAKA MASAMI, KAWAGUCHI KOTARO
兵庫医療大学紀要   1(2) 35-42   Nov 2013
Journal of the Japanese Society of Physio Therapeutics   17 6-10   2010
TAITO SHUNSUKE, SEKIKAWA KIYOKAZU, KAWAGUCHI KOTARO, INAMIZU TSUTOMU, MORITA NAOKI
広島大学保健学ジャーナル   8(1/2) 27-33   Dec 2009
TOKUOUMARU KAORI, TAKAHASHI MAKOTO, SEKIKAWA KIYOKAZU, KAWAGUCHI KOTARO, INAMIZU TSUTOMU
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   58(3) 387-394   Jun 2009
Objective: This study aimed to clarify changes in planter pressure at the 1, 2, 5 metatarsal head, and muscle activities resulting from exercise of the peroneus longus (PL) or tibialis posterior (TP) muscles. Method: Nine subjects (3 male, 6 femal...
Junko Odagawa, Kiyokazu Sekikawa, Kotaro Kawaguchi, Makoto Takahashi, Naoki Morita, Tsutomu Inamizu
Journal of Physical Therapy Science   21(4) 301-305   2009   [Refereed]
SEKIKAWA Kiyokazu,TABIRA Kazuyuki,SEKIKAWA Noriko,KAWAGUCHI Kotarou,TAKAHASHI Makoto,KURAOKA Toshihiko,INAMIZU Tsutomu,ONARI Kiyoshi
J Phys Ther Sci   21(3) 231-238   2009
ODAGAWA Junko,SEKIKAWA Kiyokazu,KAWAGUCHI Kotaro,TAKAHASHI Makoto,MORITA Naoki,INAMIZU Tsutomu
J Phys Ther Sci   21(4) 301-305   2009
川口浩太郎, 坂口顕
理学療法ジャーナル   42(4) 307-314   Apr 2008
SAWADA MARIKO, INAMIZU TSUTOMU, TAITO SHUNSUKE, SEKIKAWA KIYOKAZU, KAWAGUCHI KOTARO
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   57(2) 241-248   Apr 2008
This study investigated variabilities of salivary secretory immunoglobulin A (SIgA) among elderly in long-term care facilities. The effects of upper respiratory tract infection (URTI), health-related quality of life (HRQOL) and daily life on saliv...
TAKAHASHI Makoto,MATSUKAWA Kanji,NAKAMOTO Tomoko,TSUCHIMOCHI Hirotsugu,SAKAGUCHI Akihiro,KAWAGUCHI Kotaro,ONARI Kiyoshi
J Appl Physiol   103(5) 1669-1677   Nov 2007   [Refereed]
木村達志, 渡具知武之, 関川清一, 川口浩太郎, 稲水惇
日本ヘモレオロジー学会誌   10(1) 31-36   Apr 2007
徳王丸香織, 稲水惇, 関川清一, 髻谷満, 曽田幸一朗, 川口浩太郎
広島大学保健学ジャーナル   6(1) 58-64   Dec 2006
木村達志, 川崎和代, 関川清一, 川口浩太郎, 稲水惇, 大成浄志
日本ヘモレオロジー学会誌   9(2) 15-21   Nov 2006
川口浩太郎
運動療法と物理療法   17(3) 260-264   Oct 2006
川口浩太郎
理療   36(2) 64-69   Aug 2006
関川清一, 倉敷明枝, 川口浩太郎, 稲水惇, 木村浩彰, 越智光夫
運動療法と物理療法   17(1) 39-45   May 2006
Kawaguchi K, Hayashi Y, Sekikawa K, Tabusadani M, Inamizu T, Onari K, Bhambhani Y
Applied physiology, nutrition, and metabolism = Physiologie appliquee, nutrition et metabolisme   31(1) 48-55   Feb 2006   [Refereed]
川口浩太郎, 曽田幸一朗, 三戸憲一郎, 堤恵理子
理学療法(東京)   23(1) 94-98   Jan 2006
井升聖滋, 山崎重人, 政信博之, 石元貴子, 高田淑未, 荒尾富士雄, 月坂和宏, 川口浩太郎
中国ブロック理学療法士学会学会誌   18th 65-66   Oct 2005
川口浩太郎, 平岡正和, 関川清一, 稲水惇, 大成浄志
日本臨床スポーツ医学会誌   13(3) 409-415   Aug 2005
Takahashi M, Sakaguchi A, Matsukawa K, Komine H, Kawaguchi K, Onari K
Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)   97(6) 2077-2082   Dec 2004   [Refereed]
加藤茂幸, 浦辺幸夫, 川口浩太郎, 大成浄志
吉備国際大学保健科学部研究紀要   (9) 113-118   Mar 2004
本宮幸治, 井出善広, 金屋智子, 岡本健, 川口浩太郎
中国ブロック理学療法士学会学会誌   17th 51-52   Mar 2004
Kaneko F, Murakami T, Onari K, Kurumadani H, Kawaguchi K
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   114(12) 2397-2403   Dec 2003   [Refereed]
SEKIKAWA KIYOKAZU, TABUSADANI MITSURU, TABIRA KAZUYUKI, SEKIKAWA NORIKO, IWASHIRO MOTOKI, KAWAGUCHI KOTARO, ONARI KIYOSHI
J Phys Ther Sci   15(1) 19-23   Jun 2003
細川恵子, 坂口暁洋, 川口浩太郎, 大成浄志, 甲斐健児, 平松和嗣久, 豊田章宏
広島理学療法学   (12) 94-99   Mar 2003
大成浄志, 林由紀子, 川口浩太郎
臨床スポーツ医学   19(8) 865-871   Aug 2002
HAYASHI Yukiko, KAWAGUCHI Kotaro, ONARI Kiyoshi
Advances in exercise and sports physiology   8(2) 31-38   Jun 2002
In the present study, circulatory response during prolonged exercise, especially blood volumes in the skin and exercising muscles, were evaluated to clarify the etiology of stroke volume (SV) decline. 9 healthy male volunteers pedaled the cycle er...
川口浩太郎
マニピュレーション   17(2) 8-17   May 2002
Kaneko F, Onari K, Kawaguchi K, Tsukisaka K, Roy SH
The Journal of orthopaedic and sports physical therapy   32(4) 158-165   Apr 2002   [Refereed]
浦辺幸夫, 金村朋直, 川口浩太郎, 大成浄志, 岩本久生
臨床スポーツ医学   19(3) 323-329   Mar 2002
WANG G, ONARI KIYOSHI, KAWAGUCHI KOTARO, KANEKO FUMINARI, ZHAO J
広島大学医学雑誌   50(1) 45-52   Feb 2002
井出善広, 本宮幸治, 倉地洋輔, 桝本愛, 川口浩太郎, 川波賢一
広島理学療法学   (10) 53-58   Dec 2001
越智祥子, 坂口暁洋, 高橋真, 川口浩太郎, 大成浄志, 甲斐健児, 平松和嗣久, 豊田章宏
中国ブロック理学療法士学会学会誌   15th 84-85   Dec 2001
坂口暁洋, 越智祥子, 高橋真, 川口浩太郎, 大成浄志
中国ブロック理学療法士学会学会誌   15th 96-97   Dec 2001
TABUSADANI MITSURU, HAYASHI YUKIKO, SEKIKAWA KIYOKAZU, KAWAGUCHI KOTARO, ONARI KIYOSHI, KOBAYASHI KAZUNORI
体力科学   50(2) 185-191   Apr 2001
正岡静枝, 原美紀, 川口浩太郎, 大成浄志
中国ブロック理学療法士学会学会誌   14th 50-53   Apr 2001
European Journal of Applied Physiology   84 84 158-161-161   2001
Discrimination of athletic charactaristics based on exercise physiology and serum biochemistry.
Kotaro Kawaguchi, Fuminari Kaneko, Yusuke Hanafusa, Yukio Urabe, Kiyoshi Onari, Tsuneji Murakami
Journal of Health Sciences Hiroshima University   1(1) 78-84   2001
Journal of health sciences, Hiroshima University   1(1) 78-84   2001
川口浩太郎, 大成浄志, 佐々木久登
理学療法(東京)   17(4) 367-373   Apr 2000
HAYASHI YUKIKO, KAWAGUCHI KOTARO, ONARI KIYOSHI
総合保健科学   16 5-11   Mar 2000
KANEKO FUMINARI, KAWAGUCHI KOTARO, ONARI KIYOSHI, TSUKISAKA KAZUHIRO
理学療法学   27(1) 9-16   Jan 2000
青木はる奈, 下村知子, 福原千史, 金沢浩, 白川一夫, 浦辺幸夫, 川口浩太郎, 大成浄志
中国ブロック理学療法士学会学会誌   13th 55-56   Dec 1999
SASAKI HIDEO, ONARI KIYOSHI, MURAKAMI TSUNEJI, KATO NAGAFUMI, YOSHIZAKI EIICHIRO, KAWAGUCHI KOTARO
臨床スポーツ医学   16(4) 471-476   Apr 1999
HARA MIKI, OKIMASA HIROAKI, HIROTA TSUKASA, KAWAGUCHI KOTARO
広島理学療法学   (8) 26-30   Mar 1999
MATSUDA TAKAKO, HAYASHI YUKIKO, SUGITANI KEIKO, ONARI KIYOSHI, KAWAGUCHI KOTARO, NARA ISAO
中国ブロック理学療法士学会学会誌   12th 38-40   Mar 1999
YANAGIMARU KEIKO, KATO SHIGEYUKI, KANEKO FUMINARI, URABE YUKIO, KAWAGUCHI KOTARO, ONARI KIYOSHI
中国ブロック理学療法士学会学会誌   12th 88-90   Mar 1999
HAYASHI YUKIKO, MATSUDA TAKAKO, ONARI KIYOSHI, KAWAGUCHI KOTARO
中国ブロック理学療法士学会学会誌   12th 56-57   Mar 1999
KAWAGUCHI KOTARO, MATSUDA TAKAKO, ONARI KIYOSHI, NARA ISAO
理学療法ジャーナル   33(1) 11-18   Jan 1999
MIURA MASASHI, KANEKO FUMINARI, SUGIYA KEIKO, ONARI KIYOSHI, URABE YUKIO, KAWAGUCHI KOTARO
運動療法と物理療法   9(2) 115-120   Apr 1998
SUGIYA KEIKO, MATSUDA TAKAKO, ONARI KIYOSHI, URABE YUKIO, KAWAGUCHI KOTARO
総合保健科学   14 41-47   Mar 1998
HANAFUSA YUSUKE, ONARI KIYOSHI, URABE YUKIO, KAWAGUCHI KOTARO, KANBE MASAYUKI, KIMURA TOSHIKI, SUGIMOTO YOSHIMI, MATSUBARA AKEMI
総合保健科学   14 33-39   Mar 1998
ONARI KIYOSHI, KAWAGUCHI KOTARO, MURAKAMI KOJI, SUGIYA KEIKO
広島医学   51(2) 238-241   Feb 1998
KIMURA TATSUSHI, ONARI KIYOSHI, KAWAGUCHI KOTARO, INAMIZU TSUTOMU, KAN AKIRA, YASUDA NORIE
体力科学   46(5) 453-460   Oct 1997
KAWAGUCHI KOTARO, TERAMOTO YUJI, KOBAYASHI KAZUNORI
日本体育協会スポーツ科学研究報告集   1996(Vol.1) 350-354   Mar 1997
KAWAGUCHI KOTARO, KAJIMURA MASAJI, MONDEN MASAHISA, KANEKO FUMINARI, SASAKI MAKOTO, YUGE RUI, URABE YUKIO, SASAKI HISATO, TOGASHI SEIJI
理学療法学   23(5) 291-298   Jul 1996
YOSHIMURA OSAMU, TAKAYANAGI KIYOMI, KAWAGUCHI KOTARO, MUNESHIGE HIROSHI, KIMURA HIROAKI, HASHIMOTO MASAHIRO, KAWAKAMI CHIZUKO
J Clin Rehabil   5(4) 410-414   Apr 1996
YOSHIMURA OSAMU, TAKAYANAGI KIYOMI, KAWAGUCHI KOTARO, HASHIMOTO TAKASHI
日本パラプレジア医学会雑誌   9(1) 324-325   Apr 1996
KAWAGUCHI KOTARO
広島理学療法学   (5) 52-55   Mar 1996
KAWAGUCHI KOTARO, ONARI KIYOSHI, URABE YUKIO, KAN AKIRA, MURATA DAIDEN, YAMADA NORIE, INAMIZU TSUTOMU, KIMURA TATSUSHI
総合保健科学   12 9-15-15   Mar 1996
KAWAGUCHI KOTARO, URABE YUKIO, ONARI KIYOSHI, KOBAYASHI KAZUNORI, MATSUDA TAKAYUKI, UMEMOTO MINORU
理学療法ジャーナル   30(3) 169-176   Mar 1996
Spinal Cord Injuries in Children Observed Over Many Years
Hiroshima J. Med. Sci   45(1) 37-41   1996
URABE YUKIO, KAWAGUCHI KOTARO
理学療法ジャーナル   29(3) 168-174   Mar 1995

Misc

 
Relationship between heart rate variability during exercise and ventilatory threshold-Assessment by MemCalc system-(First report)
50 185-192   2001
The main factor causing prolonged reaction time on force producing process following anterior cruciate ligament reconstruction
Hiroshima J. of Medical Sciences   49(4) 145-151   2000
Power frequency shift electromyogram and twitch contractile properties of human quadriceps femoris muscle following disuse
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   378   1999
Effect of oxygen uptake capacity on blood ammonia consentration during exercise
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   79   1999
Electromyographic analysis of the trunk and lower extremity in throwing - A case report using a hip flexion limited model
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   114   1999
Analysis of lower leg malalignment associated with sports injuries
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   570   1999
Relationship between body composition and gas exchenge indexes in patients with COPD
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   314   1999
Copmarison of musclar activity between a low back pain patient and non-pain subjects during walking in water
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   297   1999
Comparison of responses between arm and leg exercise tests in hemiplegic patients
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   373   1999
Variability of leg muscle activity at selected stair-climing speed in healthy women
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   432   1999
Relationship between heart rate and oxygen uptake in prolonged exercise
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   377   1999
Effects of incremental exercise on serum lipid peroxide
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   591   1999
An indirect method of estimating VO2 from work load in adult hemiplegic patients
Proceedong of 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   364   1999
Inportance of latent myofascial trigger points in the paravertebral muscles in chronic pain states
Proceeding of 9th World Congress on Pain   48   1999
An indirect method of estimating VO2 from work load using arm-cranking in adult hemiplegic patients
Hiroshima J. of Medical   48(4) 111-116   1999
An indirect method of estimating V02 from work load using arm-cranking in adult hemiplegic patients.(共著)
Hiroshima J.of Medical Sciences   48(4) 111-116   1999
Reliability of measurements of isokinetic test of muscle strength-compare with concentric contraction and ecceutric contraction-
J. Physical Medicine   9(2) 115-120   1998
A study on the physical fitness of the hemiplegic patients who had a stroke
Bulletin of General Health Rescarch   14 41-47   1998
A study how serum components change during an incremental exercise test
Bulletin of Genaral Health Research   13 17-24   1997
Suiside in stroke patients
Journal of Clinical Rehabilitation   5(4) 410-414   1996
Evidence for standerdizing exercise according to level of competitiveness after anterior cruciate ligament reconstruction
Proceedong of 12th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   1170   1996
Evidence for relationship between turn direction and skiing speed in producing anterior cruciate ligament injury in alpine skiers
Proceedong of 12th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy   1168   1996
Physical Therapy Services in the Villlage Medical Center of the 12th Asian Games Hiroshima 1994
Journal of the Japanese Physical Therapy Association   23(5) 291-298   1996
Spinal Cord Injures in Children Observed Over Many Years
Hiroshima J. Med. Sci.   45(1) 37-41   1996
A study on the female college student's recognition of reducing weight.
Bulletin of General Health Research   12 17-26   1996
Effect of Position in Aquatic Exercise -Analysis of Static and Dynamic Pulmonary Function-
Bulletin of General Health Research   12 9-15   1996
29(3) 168-174   1995

Books etc

 
セルジュ ティクサ (Part:Joint Translation)
医学書院   Apr 2007   ISBN:4260004107
セルジュ ティクサ (Part:Joint Translation)
医学書院   Apr 2007   ISBN:4260004093
文光堂   Nov 2002   ISBN:4830643080
セルジュ ティクサ (Part:Joint Translation)
医学書院   Apr 2002   ISBN:426024406X

Conference Activities & Talks

 
川口浩太郎, 織田岬希, 渡邉ひかり, 塚越累, 坂口顕, 藤岡宏幸
運動器リハビリテーション   23 May 2018   
上池浩一, 森孝久, 藤岡宏幸, 吉矢晋一, 川口浩太郎
日本臨床スポーツ医学会誌   1 Oct 2017   
熊川圭一, 塚越累, 坂口顕, 藤岡宏幸, 川口浩太郎
運動器リハビリテーション   1 Jun 2017   
久保多喜子, 藤岡宏幸, 坂口顕, 塚越累, 山田哲, 川口浩太郎
運動器リハビリテーション   1 Jun 2017   
北風浩平, 塚越累, 坂口顕, 藤岡宏幸, 川口浩太郎
運動器リハビリテーション   1 Jun 2017   
二相性微弱電流刺激における創傷治癒促進効果と増殖因子の関係性
長谷川 大祐, 坂口 顕, 山本 英幸, 塚越 累, 川口 浩太郎, 藤岡 宏幸
日本物理療法学会学術大会抄録集   5 Nov 2016   
膝前十字靱帯再建術施行例における片脚立ち上がり能力と膝関節周囲筋の筋力の関連について
上池 浩一, 森 孝久, 藤岡 宏幸, 吉矢 晋一, 川口 浩太郎
日本臨床スポーツ医学会誌   5 Nov 2016   
ACL損傷予防トレーニングが着地動作時の三次元解析とLanding Error Scoring Systemでの評価に与える影響
諸岡 孝俊, 中山 寛, 柏 薫里, 神原 俊一郎, 井石 智也, 塚越 塁, 坂口 顕, 川口 浩太郎, 藤岡 宏幸, 名倉 武雄, 吉矢 晋一
日本整形外科学会雑誌   Mar 2016   
ACL損傷予防トレーニングが着地動作時の三次元解析とLanding Error Scoring Systemでの評価に与える影響
諸岡 孝俊, 中山 寛, 井石 智也, 神原 俊一朗, 奥野 真起子, 柏 薫里, 塚越 塁, 坂口 顕, 川口 浩太郎, 藤岡 宏幸, 名倉 武雄, 吉矢 晋一
日本整形外科学会雑誌   Sep 2015   
川口浩太郎, 吉田奈美, 藤岡宏幸
運動器リハビリテーション   5 Jun 2014   
瀬戸川啓, 上谷清隆, 水野貴文, 梶原和久, 本田陽亮, 眞淵敏, 児玉典彦, 道免和久, 吉矢晋一, 今村史明, 奥野真起子, 中山寛, 諸岡孝俊, 辻翔太郎, 藤岡宏幸, 川口浩太郎
運動器リハビリテーション   5 Jun 2014   
藤岡宏幸, 西川哲夫, 小山智士, 常深健二郎, 高木陽平, 大井雄紀, 川口浩太郎, 田中寿一, 吉矢晋一
JOSKAS   1 Jun 2013   
小山智士, 藤岡宏幸, 川口浩太郎, 西川哲夫
日本臨床スポーツ医学会誌   1 Oct 2012   
坂口顕, 鵜崎智史, 斎藤淳, 久須美雄矢, 村田美代子, 堤恵利, 坂本有香, 綿貫純一, 新谷和也, 森本鉄也, 稲森康彰, 日高正巳, 川口浩太郎
理学療法学   2012   
北風浩平, 川口浩太郎, 川口浩太郎, 山田哲, 山田哲, 日高正巳, 日高正巳, 和田智弘, 島田憲二, 福田能啓, 道免和久
理学療法学   2012   
小山智士, 小山智士, 藤岡宏幸, 川口浩太郎, 西川哲夫
理学療法学   2012   
長谷川大祐, 坂口顕, 山田哲, 日高正巳, 川口浩太郎
理学療法学   2012   
KANEKO Fuminari, KAWAGUCHI Kotaro, ONARI Kiyoshi, TOMOMURA Natsuko
Advances in exercise and sports physiology   1999   

Research Grants & Projects

 
peripheral muscle oxygenation