MOCHIDA Satoshi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 27, 2019 at 23:41
 
Avatar
Name
MOCHIDA Satoshi
E-mail
smochidasaitama-med.ac.jp
Affiliation
Saitama Medical University
Section
Faculty of Medicine
Research funding number
20219968

Published Papers

 
Suda G, Hasebe C, Abe M, Kurosaki M, Itakura J, Izumi N, Uchida Y, Mochida S, Haga H, Ueno Y, Abe K, Takahashi A, Ohira H, Tsukuda Y, Furuya K, Baba M, Yamamoto Y, Kobayashi T, Inoue J, Terasita K, Ohara M, Kawagishi N, Izumi T, Nakai M, Sho T, Natsuizaka M, Morikawa K, Ogawa K, Sakamoto N, NORTE Study Group.
Journal of gastroenterology   54(7) 641-649   Jul 2019   [Refereed]
Sarin SK, Choudhury A, Sharma MK, Maiwall R, Al Mahtab M, Rahman S, Saigal S, Saraf N, Soin AS, Devarbhavi H, Kim DJ, Dhiman RK, Duseja A, Taneja S, Eapen CE, Goel A, Ning Q, Chen T, Ma K, Duan Z, Yu C, Treeprasertsuk S, Hamid SS, Butt AS, Jafri W, Shukla A, Saraswat V, Tan SS, Sood A, Midha V, Goyal O, Ghazinyan H, Arora A, Hu J, Sahu M, Rao PN, Lee GH, Lim SG, Lesmana LA, Lesmana CR, Shah S, Prasad VGM, Payawal DA, Abbas Z, Dokmeci AK, Sollano JD, Carpio G, Shresta A, Lau GK, Fazal Karim M, Shiha G, Gani R, Kalista KF, Yuen MF, Alam S, Khanna R, Sood V, Lal BB, Pamecha V, Jindal A, Rajan V, Arora V, Yokosuka O, Niriella MA, Li H, Qi X, Tanaka A, Mochida S, Chaudhuri DR, Gane E, Win KM, Chen WT, Rela M, Kapoor D, Rastogi A, Kale P, Rastogi A, Sharma CB, Bajpai M, Singh V, Premkumar M, Maharashi S, Olithselvan A, Philips CA, Srivastava A, Yachha SK, Wani ZA, Thapa BR, Saraya A, Shalimar, Kumar A, Wadhawan M, Gupta S, Madan K, Sakhuja P, Vij V, Sharma BC, Garg H, Garg V, Kalal C, Anand L, Vyas T, Mathur RP, Kumar G, Jain P, Pasupuleti SSR, Chawla YK, Chowdhury A, Alam S, Song DS, Yang JM, Yoon EL, APASL ACLF Research Consortium (AARC) for APASL ACLF working Party.
Hepatology international      Jun 2019   [Refereed]
Uemura H, Uchida Y, Kouyama JI, Naiki K, Tsuji S, Sugawara K, Nakao M, Motoya D, Nakayama N, Imai Y, Tomiya T, Mochida S
Journal of gastroenterology   54(5) 459-470   May 2019   [Refereed]
Nakao M, Nakayama N, Uchida Y, Tomiya T, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H, Takikawa H, Mochida S
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      Apr 2019   [Refereed]
Uchida Y, Kouyama JI, Naiki K, Uemura H, Tsuji S, Sugawara K, Nakao M, Motoya D, Nakayama N, Imai Y, Tomiya T, Mochida S
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      Mar 2019   [Refereed]
Honda A, Tanaka A, Kaneko T, Komori A, Abe M, Inao M, Namisaki T, Hashimoto N, Kawata K, Takahashi A, Ninomiya M, Kang JH, Arakawa M, Yamagiwa S, Joshita S, Umemura T, Sato K, Kaneko A, Kikuchi K, Itakura J, Nomura T, Kakisaka K, Fujii H, Kawada N, Takikawa Y, Masaki T, Ohira H, Mochida S, Yoshiji H, Iimuro S, Matsuzaki Y, Takikawa H, Japan PBC Study Group.
Hepatology (Baltimore, Md.)      Feb 2019   [Refereed]
Suda G, Kurosaki M, Itakura J, Izumi N, Uchida Y, Mochida S, Hasebe C, Abe M, Haga H, Ueno Y, Masakane I, Abe K, Takahashi A, Ohira H, Furuya K, Baba M, Yamamoto Y, Kobayashi T, Kawakami A, Kumagai K, Terasita K, Ohara M, Kawagishi N, Umemura M, Nakai M, Sho T, Natsuizaka M, Morikawa K, Ogawa K, Sakamoto N, NORTE Study Group.
Journal of gastroenterology   54(1) 78-86   Jan 2019   [Refereed]
Aiso M, Takikawa H, Tsuji K, Kagawa T, Watanabe M, Tanaka A, Sato K, Sakisaka S, Hiasa Y, Takei Y, Ohira H, Ayada M, Hashimoto E, Kaneko S, Ueno Y, Ohmoto K, Takaki A, Torimura T, Matsuzaki Y, Tajiri K, Yoneda M, Ito T, Kato N, Ikejima K, Mochida S, Yasuda H, Sakamoto N
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   49(1) 105-110   Jan 2019   [Refereed]
Matsumoto K, Imai Y, Takano M, Nakazawa M, Ando S, Sugawara K, Nakayama N, Tomiya T, Mochida S
Clinical journal of gastroenterology   11(5) 343-347   Oct 2018   [Refereed]
Kim JD, Cho EJ, Ahn C, Park SK, Choi JY, Lee HC, Kim DY, Choi MS, Wang HJ, Kim IH, Yeon JE, Seo YS, Tak WY, Kim MY, Lee HJ, Kim YS, Jun DW, Sohn JH, Kwon SY, Park SH, Heo J, Jeong SH, Lee JH, Nakayama N, Mochida S, Ido A, Tsubouchi H, Takikawa H, Shalimar, Acharya SK, Bernal W, O'Grady J, Kim YJ
Hepatology (Baltimore, Md.)      Sep 2018   [Refereed]
Izumi N, Takehara T, Chayama K, Yatsuhashi H, Takaguchi K, Ide T, Kurosaki M, Ueno Y, Toyoda H, Kakizaki S, Tanaka Y, Kawakami Y, Enomoto H, Ikeda F, Jiang D, De-Oertel S, McNabb BL, Camus G, Stamm LM, Brainard DM, McHutchison JG, Mochida S, Mizokami M
Hepatology international   12(4) 356-367   Jul 2018   [Refereed]
Nakao M, Nakayama N, Uchida Y, Tomiya T, Ido A, Sakaida I, Yokosuka O, Takikawa Y, Inoue K, Genda T, Shimizu M, Terai S, Tsubouchi H, Takikawa H, Mochida S
Journal of gastroenterology   53(6) 752-769   Jun 2018   [Refereed]
Uchida Y, Nakamura S, Kouyama JI, Naiki K, Motoya D, Sugawara K, Inao M, Imai Y, Nakayama N, Tomiya T, Hedskog C, Brainard D, Mo H, Mochida S
Scientific reports   8(1) 8818   Jun 2018   [Refereed]
Sawai H, Nishida N, Khor SS, Honda M, Sugiyama M, Baba N, Yamada K, Sawada N, Tsugane S, Koike K, Kondo Y, Yatsuhashi H, Nagaoka S, Taketomi A, Fukai M, Kurosaki M, Izumi N, Kang JH, Murata K, Hino K, Nishina S, Matsumoto A, Tanaka E, Sakamoto N, Ogawa K, Yamamoto K, Tamori A, Yokosuka O, Kanda T, Sakaida I, Itoh Y, Eguchi Y, Oeda S, Mochida S, Yuen MF, Seto WK, Poovorawan Y, Posuwan N, Mizokami M, Tokunaga K
Scientific reports   8(1) 7958   May 2018   [Refereed]
Uemura H, Uchida Y, Kouyama JI, Naiki K, Yamaba S, Fuchigami A, Saito Y, Shiokawa K, Fujii Y, Uchiya H, Nakazawa M, Ando S, Nakao M, Motoya D, Sugawara K, Inao M, Imai Y, Nakayama N, Tomiya T, Mochida S
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(4) 233-243   Mar 2018   [Refereed]
Nakayama N, Uemura H, Uchida Y, Tomiya T, Ido A, Inoue K, Genda T, Takikawa Y, Sakaida I, Terai S, Yokosuka O, Shimizu M, Takikawa H, Mochida S
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(4) 303-312   Mar 2018   [Refereed]
Mochida S, Nakayama N, Ido A, Inoue K, Genda T, Takikawa Y, Sakaida I, Terai S, Yokosuka O, Shimizu M, Takikawa H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(4) 219-224   Mar 2018   [Refereed]
Kumada H, Mochida S, Nakamuta M, Suzuki F, Yagi T, Takasaki R, Okai M, Kamiya N, Okada Y, Hirota S, Orihashi M, Ochi M, Chayama K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(2) 184-192   Feb 2018   [Refereed]
Kurata H, Uchida Y, Kouyama JI, Naiki K, Nakazawa M, Ando S, Nakao M, Motoya D, Sugawara K, Inao M, Imai Y, Nakayama N, Tomiya T, Mochida S
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(3) E372-E378   Feb 2018   [Refereed]
Mochida S
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   115(1) 36-43   2018   [Refereed]

Misc

 
【Post SVR時代のC型肝炎診療】 DAA治療の現況 DAA治療不成功例に出現する薬剤耐性変異の動態と再治療成績
内田 義人, 持田 智
肝・胆・膵   78(4) 529-535   Apr 2019
【Post SVR時代のC型肝炎診療】 Post SVR時代のC型肝炎診療
坂本 直哉, 上野 義之, 持田 智, 考藤 達哉
肝・胆・膵   78(4) 653-667   Apr 2019
【肝と免疫2019】 自己免疫性肝炎 自己免疫性肝不全の実態
持田 智
臨床消化器内科   34(5) 487-493   Apr 2019
<文献概要>自己免疫性肝炎は慢性肝疾患として経過して,ACLF(acute-on-chronic liver failure)ないしchronic decompensationとして肝不全に陥る場合がある.しかし,このタイプの肝不全は,慢性肝疾患の成因を正確に診断し,副腎皮質ステロイドを導入することで予防可能である.臨床的に問題となるのは急性発症型の自己免疫性肝炎である.また,厚生労働省の全国調査では,自己免疫性の急性肝不全と遅発性肝不全(LOHF)が増加傾向にあり,昏睡型の症例はとくに予...
【この薬,一生続けるんですか?】消化器系薬剤 ウルソデオキシコール酸
菅原 通子, 持田 智
内科   123(3) 435-438   Mar 2019
<文献概要>▼ウルソデオキシコール酸(UDCA)とは,胆汁酸のなかで最も高い細胞保護作用を有する胆汁酸を製剤化したものである.▼UDCAは利胆作用(胆汁分泌促進)や置換効果(胆汁中のUDCA量の増加)により肝障害を改善する.▼胆石に対する治療では,UDCA治療後も胆石の再発や新規胆石の出現を予防する目的でUDCAを継続投与することが望ましい.▼C型慢性肝炎では,根治療法(インターフェロン治療,インターフェロンフリー(DAAs)治療)によりC型肝炎ウイルス(HCV)を排除できれば,UDCAは...
【肝性脳症治療の変遷】 肝性脳症の最新知見 肝性脳症患者の動向 過去と未来の疫学的知見
中山 伸朗, 持田 智
肝・胆・膵   78(3) 349-354   Mar 2019
【肝障害と凝固線溶系】 肝類洞の特殊性と肝不全の病態
持田 智
Thrombosis Medicine   8(4) 237-241   Dec 2018
肝の微小循環系である類洞は構造と機能が特殊である。類洞内皮細胞は篩板構造を呈しており、基底膜が存在しないため、類洞の血漿成分は自由に肝細胞へ移行できる。一方、血液凝固的にはtissue factor pathway inhibitor(TFPI)、トロンボモジュリンなどの抗凝固因子の発現が軽微であるが、Kupffer細胞はエンドトキシンなどの刺激された際も組織因子発現が軽度であるため、類洞の凝固平衡が保たれている。しかし、肝線維化が生じると、類洞内皮細胞は毛細血管化し、篩板構造が消失すると...
【肝障害と凝固線溶系】 Acute-on-chronic liver failureと重症型アルコール性肝炎
内田 義人, 持田 智
Thrombosis Medicine   8(4) 256-261   Dec 2018
厚生労働省「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班は、わが国におけるacute-on-chronic liver failure(ACLF)として「Child-Pughスコアが5〜9点の代償性ないし非代償性肝硬変の症例に、アルコール多飲、細菌感染症、消化管出血、原疾患増悪などの増悪要因が加わって、28日以内に高度の肝機能異常に基づいて、プロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)が1.5以上ないし同活性が40%以下で、総ビリルビン濃度が5.0mg/dL以上を示す肝障害」と定義した。また、...
【Acute-on-chronic liver failure】 わが国におけるACLFの概念、診断基準
持田 智
消化器・肝臓内科   4(6) 506-512   Dec 2018
【徹底ガイド DICのすべて 2019-20】 (VIII章)基礎病態と治療 急性肝不全
持田 智
救急・集中治療   30(臨増) 289-295   Nov 2018
<point>▼急性肝不全における合併症の頻度は、非昏睡型は10%程度であるが、昏睡型はいずれの病型も50%前後と高率である。▼急性肝不全におけるDICは、感染症などを契機に合併症として発症する場合と、類洞内凝固として成立して微小循環障害から広汎肝壊死の原因になる場合がある。▼類洞内凝固の成立には、活性化Kupffer細胞、肝マクロファージによる類洞内皮細胞障害が重要で、主としてA、B型肝炎ウイルス感染に起因する急性肝不全で生じると考えられている。▼急性肝不全におけるDICの診断には、末梢...
【急性肝炎の最近の動向】 急性肝不全の定義と最新治療
中山 伸朗, 持田 智
消化器・肝臓内科   4(2) 172-178   Aug 2018
【新しい抗ウイルス剤の長所とその期待】 B型肝炎の抗ウイルス療法 TAFの登場による変化
持田 智
臨床とウイルス   46(3) 153-161   Jul 2018
【Acute on chronic-慢性病態の急性増悪-】 Acute-on-chronic liver failureの疾患概念
持田 智
肝・胆・膵   76(6) 987-993   Jun 2018
【免疫再構築症候群とは】 免疫抑制療法中のB型肝炎ウイルス再活性化と劇症化
持田 智
分子リウマチ治療   11(2) 61-65   Apr 2018
B型肝炎ウイルス(HBV)は、それ自体に肝細胞障害性がない。HBVを排除しようとする免疫反応が、ウイルス関連抗原を表出する肝細胞を攻撃することによって、肝炎は発症する。したがって、HBs抗原陽性キャリアに免疫抑制療法を実施しても、肝炎を発症することはない。しかし、薬物の減量、中止ないしその効果減退などによって、免疫反応が賦活化すると肝炎を発症する。一方、HBs抗原陰性、HBcないしHBs抗体陽性の既往感染例では、免疫反応によってHBVの増殖は正常化されており、肝炎は鎮静化している。しかし、...
我が国におけるAcute-On-Chronic Liver Failure(ACLF)の診断基準(案)
持田 智, 中山 伸朗, 井戸 章雄, 井上 和明, 玄田 拓哉, 滝川 康裕, 坂井田 功, 寺井 崇二, 横須賀 収, 清水 雅仁, 滝川 一
肝臓   59(3) 155-161   Mar 2018
厚生労働省「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班の劇症肝炎分科会は、acute-on-chronic liver failure(ACLF)の診断基準を確立する目的で予備調査を実施し、わが国の症例にはアジア太平洋肝臓学会(APASL)の診断基準が適合しているが、その重症度分類にはヨーロッパ肝臓学会の慢性肝不全(EASL-Clif)コンソーシアムの基準が有用であることを明らかにした。そこで、わが国の診断基準はAPASL基準に準拠して、「Child-Pughスコアが5〜9点の代償性ないし非...
【肝癌撲滅に向けたわが国の取り組み-厚労省、地方自治体、拠点病院の連携】 埼玉県の取り組み コンビニエンスストアの活用
持田 智
消化器・肝臓内科   3(3) 317-323   Mar 2018
【C型肝炎の新たな壁を越える次世代DAA治療】 DAA耐性変異と再治療 DAA治療不成功例に対するソホスブビル+レジパスビル治療成績
内田 義人, 持田 智
肝・胆・膵   76(2) 223-228   Feb 2018
【C型肝炎の新たな壁を越える次世代DAA治療】 C型肝炎の新たな壁を越える次世代DAA治療
坂本 直哉, 上野 義之, 持田 智, 加藤 直也
肝・胆・膵   76(2) 309-322   Feb 2018
今月のテーマ B型肝炎診療up-to-date わが国におけるHBV再活性化の実態とその対策
持田 智
日本消化器病学会雑誌   115(1) 36-43   Jan 2018
HBVが肝細胞に感染すると、核内にcccDNAが形成され、これが肝炎治癒後も残存する。このためHBs抗原陽性キャリアのみならず、HBs抗原陰性、HBc抗体ないしHBs抗体陽性の既往感染例でも、免疫抑制・化学療法後には血清HBV-DNA量が高値となり、肝炎を発症する場合がある。日本肝臓学会のガイドラインでは、免疫抑制・化学療法を実施する際には、HBs抗原陽性キャリアでは核酸アナログを予防投与し、既往感染例ではHBV-DNA測定によるモニタリングを行い、血清HBV-DNA量が20IU/mL以上...
【肝胆膵とアルコール-serendipityを目指して-】 アルコール性肝障害の病型と病態 重症アルコール性肝炎と肝不全
内田 義人, 持田 智
肝・胆・膵   76(1) 71-75   Jan 2018
【先制医療-予防医療の最前線-】 先制医療・予防医療の実際 肝がん
持田 智
診断と治療   106(1) 57-63   Jan 2018
1 わが国の肝がんは、日本肝臓学会、行政、企業の連携による活動で、減少している。2 わが国の肝炎、肝がんの対策は肝炎対策基本法によって体系化されている。3 B型慢性肝疾患はペグIFNと核酸アナログで、HBV-DNA量を低下させると肝発がんを抑制できる。4 C型慢性肝疾患はDAAでウイルスを抑制することで肝発がんを抑制できる。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
生体肝移植を施行した遅発型カルバミルリン酸合成酵素1(CPS1)欠損症に合併した多発筋炎の一例
横田 和浩, 大竹 明, 和田 琢, 菅原 通子, 持田 智, 村山 圭, 長谷川 潔, 三村 俊英
日本内科学会雑誌   Feb 2019   
B型肝炎ウイルス再活性化による急性肝不全の動向
中尾 将光, 中山 伸朗, 滝川 一, 持田 智
日本内科学会雑誌   Feb 2019   
ウイルス肝炎の基礎と臨床 どこまで解明されたか リツキシマブを含む化学療法が誘因のB型肝炎ウイルス再活性化による急性肝不全 厚労省研究班全国集計からみた最近の動向
中尾 将光, 中山 伸朗, 持田 智
肝臓   Nov 2018   
肝不全の病態と治療予後は改善されているか? わが国の急性肝不全症例における治療と予後の実態
中尾 将光, 中山 伸朗, 持田 智
肝臓   Nov 2018   
わが国のAcute-on-Chronic Liver Failureの病態と治療の現状
植村 隼人, 中山 伸朗, 持田 智
肝臓   Nov 2018   
次世代シークエンサを用いたウイルスゲノム・マイクロバイオーム・エクソゾーム解析による肝疾患研究 ナノポアシークエンサーを用いたHCV NS5A-P32del株の解析
内田 義人, 神山 淳一, 持田 智
肝臓   Nov 2018   
門亢症 今後の展開 難治性食道静脈瘤に対するPSEの有用性
打矢 紘, 今井 幸紀, 持田 智
肝臓   Nov 2018   
肝癌治療の現状と今後の展開 進行肝細胞癌に対するレンバチニブの短期治療成績
渕上 彰, 今井 幸紀, 持田 智
肝臓   Nov 2018   
B型、C型ウイルス肝炎治療をまとめる 実臨床におけるGLE/PIB療法 NS5A-P32del変異の対策
植村 隼人, 内田 義人, 持田 智
肝臓   Nov 2018   
門脈大循環短絡を有する肝硬変におけるQOL向上を目指したB-RTOの有用性
中澤 学, 今井 幸紀, 持田 智
肝臓   Sep 2018   
ジェノタイプ1b C型肝炎患者に対するオムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル配合錠の5年間追跡の特定使用成績調査 中間報告
島上 哲朗, 中島 龍, 岡田 由紀子, 杉本 義幸, 持田 智, 熊田 博光
肝臓   Sep 2018   
肝癌に対するミリプラチンを用いたTACE反復の有用性と安全性 長期経過からの検討
塩川 慶典, 今井 幸紀, 鈴木 隆信, 浅見 真衣子, 齊藤 陽一, 藤井 庸平, 打矢 紘, 中澤 学, 安藤 さつき, 菅原 通子, 中山 伸朗, 冨谷 智明, 持田 智
肝臓   Sep 2018   
ETV長期投与中B型慢性肝疾患症例におけるPeg-IFN add-on療法の検討
内田 義人, 中山 伸朗, 中尾 将光, 持田 智
肝臓   Sep 2018   
HBV再活性化による急性肝不全症例の動向 厚労省研究班の全国集計を基にした検討
中尾 将光, 中山 伸朗, 内田 義人, 植村 隼人, 富谷 智明, 滝川 一, 持田 智
肝臓   Sep 2018   
薬物性肝障害の現状と対策 わが国における薬物性急性肝不全とLOHFの現状と対策 2010-16年発症例の検討
中山 伸朗, 中尾 将光, 持田 智
肝臓   Sep 2018   
HCV感染の根絶をめざすC型肝炎診療の現状と展望 GLE/PIBによるDAA再治療の検討 NS5A-P32del変異の対策
内田 義人, 中山 伸明, 持田 智
肝臓   Sep 2018   
門脈大循環短絡路が発達した肝硬変に対する肝機能改善を目的としたB-RTOの有用性
中澤 学, 今井 幸紀, 持田 智
日本門脈圧亢進症学会雑誌   Aug 2018   
門脈血栓症の治療 門脈血栓症におけるB-RTOないしエドキサバン投与による後療法の意義
本谷 大介, 今井 幸紀, 稲生 実枝, 齊藤 陽一, 中澤 学, 安藤 さつき, 打矢 紘, 菅原 通子, 中山 伸朗, 富谷 智明, 持田 智
日本門脈圧亢進症学会雑誌   Aug 2018   
IVRの進歩がどのように門脈圧亢進症の治療を変えたのか? B-RTO施行困難例におけるマイクロバルーンカテーテルの有用性
今井 幸紀, 齋藤 陽一, 藤井 庸平, 打矢 紘, 中澤 学, 安藤 さつき, 菅原 通子, 中山 伸朗, 富谷 智明, 持田 智
日本門脈圧亢進症学会雑誌   Aug 2018   
肝類洞の線維化と微小循環障害 門亢症の源流を探る 肝類洞における血液凝固平衡の特殊性と微小循環障害
持田 智
日本門脈圧亢進症学会雑誌   Aug 2018