KODERA Yoshio

J-GLOBAL         Last updated: Feb 25, 2019 at 12:49
 
Avatar
Name
KODERA Yoshio
Affiliation
Kitasato University
Section
School of Science, Department of Physics, .
Job title
Professor
Other affiliation
Kitasato UniversityKitasato University
Research funding number
60265733

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1993
 - 
Mar 1994
日本学術振興会特別研究員, 理学部, 関西学院大学
 
Apr 1994
 - 
Mar 1996
助手, 理学部物理学科生体分子動力学研究室, 北里大学
 
Apr 1994
 - 
Mar 1997
客員研究員, 三菱化学生命科学研究所
 
Apr 1996
 - 
Mar 2008
専任講師, 理学部物理学科生物物理学研究室, 北里大学
 
Apr 2005
 - 
May 2009
部門長(兼務), 理学部附属疾患プロテオミクスセンタープロテオミクス基盤部門, 北里大学
 
May 2006
 - 
Mar 2015
客員准教授, 医学部附属病院疾患プロテオミクスセンター, 千葉大学
 
Apr 2008
 - 
Mar 2018
准教授, 理学部物理学科生物物理学研究室, 北里大学
 
Jun 2009
   
 
センター長(兼務), 理学部附属疾患プロテオミクスセンター, 北里大学
 
Apr 2018
   
 
教授, 理学部物理学科物性物理学講座, 北里大学
 

Education

 
 
 - 
1988
物理, Faculty of Science, Kwansei Gakuin University
 
 
 - 
1993
物理学, Graduate School, Division of Natural Science, Kwansei Gakuin University
 

Awards & Honors

 
2015
電気泳動を基盤とした体液疾患プロテオーム解析法の開発と応用, 日本電気泳動学会学会賞(児玉賞), 日本電気泳動学会
 
2007
独自のペプチド分析技術を用いた新規診断マーカー探索法の確立と応用, 森村豊明会奨励賞, 学校法人北里研究所
 
2003
The Excellent Poster Award, The Fifth International Workshop on Advanced Genome
Winner: Oh-Ishi M, Kodera Y, Ueno T, Dobashi K, Maeda T
 
1992
仁田賞
 

Published Papers

 
Assessment by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry of the Effects of Preanalytical Variables on Serum Peptidome Profiles Following Long-Term Sample Storage.
Tsuchida S, Satoh M, Umemura H, Sogawa K, Takiwaki M, Ishige T, Miyabayashi Y, Iwasawa Y, Kobayashi S, Beppu M, Nishimura M, Kodera Y, Matsushita K, Nomura F
Proteomics Clin Appl.   1-45   Jan 2018
Search for a Novel Allergen in Hen's Egg Allergy Using an IgE Immunoblotting Assay.
Sogawa K, Takahashi Y, Shibata Y, Satoh M, Kodera Y, Nomura F, Tanaka T, Sato H, Yamaide F, Nakano T, Iwahashi K, Sugita-Konishi Y, Shimada A, Shimojo N.
Int Arch Allergy Immunol.   176(3-4) 189-197   2018
Inhibitory Activity of Hydroxytyrosol against Streptolysin O-Induced Hemolysis
Sogawa K, Kobayashi M, Suzuki J, Sanda A, Kodera Y, Fukuyama M
Biocontrol Sci.   23(2) 77-80   2018
Retrospective Proteomic Analysis of a Novel, Cancer Metastasis-Promoting RGD-Containing Peptide.
Tsuru M, Sata M, Tanaka M, Umeyama H, Kodera Y, Shiwa M, Aoyagi N, Yasuda K, Matsuoka K, Fukuda T, Yamana H, Nagata K
Transl Oncol.   10(6) 998-1007   Oct 2017
Identification and quantification of plasma free salusin-β, an endogenous parasympathomimetic peptide.
Fujimoto K, Hayashi A, Kodera Y, Saito T, Toki T, Ogawa A, Kamata Y, Takano K, Katakami H, Shichiri M
Sci Rep.   7(8275) 1-9   Aug 2017

Books etc

 
別冊「医学のあゆみ」臨床プロテオミクス
小寺義男(分担執筆),近藤 格(企画) (Part:Joint Work)
医歯薬学出版株式会社   Nov 2015   
医学のあゆみ Vol.251 No.10 「臨床プロテオミクス」
小寺義男
医歯薬出版株式会社   Dec 2014   ISBN:0039-2359
プロテオミクス辞典
平野 久,戸田年総,石濱 泰,朝長 毅,小寺義男,山田哲司,山本 格(編集委員) (Part:Joint Work)
講談社   Sep 2013   ISBN:978-4-06-153893-1
最新プロテオミクス研究に必要な専門用語を分かり易く解説。
臨床プロテオミクス -バイオマーカー探索から個別化医療へ
小寺義男,朝長毅 (Part:Joint Work)
金原出版   May 2012   ISBN:978-4-307-00470-1
バイオマーカー獲得を目指した血清・血漿を対象としたプロテオームならびにペプチドーム解析について
実験医学別冊(創薬・タンパク質研究のためのプロテオミクス解析)
朝長毅,小寺義男 (Part:Joint Work)
羊土社   Jul 2010   ISBN:978-4-7581-0176-9
第Ⅱ部 実践編 〜創薬研究へのタンパク質・プロテオミクス解析の利用〜
2)血清・血漿バイオマーカー探索のための新しい前処理法の開発

Conference Activities & Talks

 
血液一滴の可能性を拓く -様々なプロテオーム解析技術を用いた血中疾患関連タンパク質・ペプチドの探索-
小寺義男
第3回新潟大学COI-S 生体液バイオマーカーセンター・セミナー   8 Mar 2016   
血中疾患関連タンパク質・ペプチド探索を目指した様々なアプローチ
小寺義男
東レリサーチ分析講座   19 Jan 2016   東レリサーチセンター
電気泳動法を用いた血中タンパク質・ペプチドの試料調製法の開発
小寺義男
第66回日本電気泳動学会総会   5 Sep 2015   日本電気泳動学会
電気泳動を基盤とした体液疾患プロテオーム解析法の開発と応用
小寺義男
第66回日本電気泳動学会総会   4 Sep 2015   日本電気泳動学会
SIMCAを用いたストレス関連障害モデルマウスの脳ならびに血漿のプロテオーム変動の解析
小寺義男
Infocom Science Seminar 2015   25 Aug 2015   
血液一滴の可能性を拓きたい! - 質量分析計と前処理技術を組み合わせた血清・血漿のプロテオミクス・ペプチドミクス-
小寺義男
プロテオミクス教育セミナー   19 Jun 2015   宮崎大学農学部応用生物科学科
疾患プロテオミクスの基礎と 血中バイオマーカー探索に向けた様々なアプローチ
小寺義男
北里大学 がんプロフェッショナル要請基盤推進プランセミナー   21 Mar 2015   文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 北里大学大学院医療系研究科
血液一滴の可能性を拓く -血清プロテオミクスの医学応用に向けた様々なアプローチ-
小寺義男
第28回新潟プロテオミクス・フォーラム 特別企画「プロテオミクス教育セミナーシリーズ 11」   12 Dec 2014   新潟大学医学部腎研究施設構造病理学分野
血液一滴の可能性を拓く -血清プロテオミクスの医学応用に向けた様々なアプローチ-
小寺義男
43rd Marianna Research Council   6 Nov 2014   
プロテオーム解析による香蘇散の抗うつ様作用に関連する脳内及び血清タンパク質の探索
小寺義男,永井隆之,川島祐介,小寺貴人,大石正道,伊藤直樹,及川哲郎,小田口浩,若杉安希乃,関根麻理子,花輪壽彦,山田陽城
日本生薬学会第61回年会   13 Sep 2014   日本生薬学会
血液一滴の可能性を拓く -質量分析計と前処理技術を組み合わせた 血清・血漿のプロテオミクス・ペプチドミクス解析-
小寺義男
第62回質量分析総合討論会   14 May 2014   日本質量分析学会
疾患プロテオーム解析の現状と、香蘇散の抗うつ様作用に関連する脳内及び血清タンパク質探索への応用
小寺義男
第34回富山大学和漢医薬学総合研究所 特別セミナー   25 Oct 2013   富山大学和漢医薬学総合研究所
血中診断マーカーペプチド獲得を目指したペプチドーム解析法の包括的な開発
小寺義男
第19回日本遺伝子診療学会   28 Jul 2012   日本遺伝子診療学会
血中診断マーカーペプチド獲得を目指した ペプチドーム解析法の包括的な開発
小寺義男,川島祐介,斎藤達也,佐藤守,曽川一幸,前田忠計,朝長毅,野村文夫
日本プロテオーム学会2012大会   27 Jul 2012   
血中診断マーカーペプチド獲得を目指した様々なアプローチ
小寺義男
質量分析計ユーザーズフォーラム   5 Jul 2012   サーモフィッシャーサイエンティフィック
血中診断マーカーペプチド獲得を目指した様々なアプローチ
小寺義男
質量分析計ユーザーズフォーラム   3 Jul 2012   サーモフィッシャーサイエンティフィック
血中疾患マーカーペプチド獲得を目指した包括的なアプローチ
小寺義男
最先端学術セミナー   15 Jun 2012   東北大学医学系研究科
血中診断マーカーペプチド確立を目指した包括的なアプローチ
小寺義男
RCAI Seminar Series 2012   28 May 2012   理化学研究所
血中バイオマーカーの開発を目指して
小寺義男
第5回LC-MS ユーザーによる薬物代謝セミナー   1 Mar 2012   サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
共同利用における LC-MS 解析
小寺義男
84回日本生化学会大会 フォーラム企画   24 Sep 2011   日本生化学会
血中診断マーカー獲得を目指した定量的プロテオミクス
小寺義男,野村文夫
日本プロテオーム学会2011年会   29 Jul 2011   日本プロテオーム学会
血中診断マーカー獲得を目指した包括的なアプローチ
小寺義男
質量分析計ユーザーズフォーラム   8 Jul 2011   
血中診断マーカー獲得を目指した包括的なアプローチ
小寺義男
質量分析計ユーザーズフォーラム   5 Jul 2011   
質量分析計による血中診断マーカーペプチド獲得を目指した包括的なアプローチ
小寺義男
サーモサイエンティフィック質量分析クリニカルセミナー「臨床現場への挑戦」   20 May 2011   サーモフィッシャーサイエンティフィック
血中診断マーカーペプチド獲得を目指した包括的なアプローチ
小寺義男
平成23年度神奈川県受託事業「ライフサイエンス分野振興事業」 第2回バイオビジネス・スタートアップ -バイオマーカー研究と診断への応用-   11 Mar 2011   神奈川県産業振興課
診断マーカーペプチド獲得を目指した様々なアプローチ
第7回千葉疾患プロテオミクス研究会   13 Nov 2010   千葉大学医学部附属病院疾患プロテオミクスセンター
血清中の診断マーカータンパク質・ペプチドの探索と評価
小寺義男,野村文夫
第35回日本医用マススペクトル学会年会   10 Sep 2010   
SRM法を用いた血清中の診断マーカー候補ペプチドの定量分析 -MSの診断応用を目指して-
サーモフィッシャーサイエンティフィック・質量分析計ユーザーズフォーラム   16 Jul 2010   サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
SRM法を用いた血清中の診断マーカー候補ペプチドの定量分析 -MSの診断応用を目指して-
サーモフィッシャーサイエンティフィック・質量分析計ユーザーズフォーラム   13 Jul 2010   サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
血中ペプチドを対象とした各種がんの診断法開発を目指して
「がん」に立ち向かう神奈川のバイオベンチャーたち研究会   24 Jun 2010   神奈川県産業振興課
独自の基盤技術の開発から診断マーカー獲得を目指して
小寺義男
第17回医療創薬研究会   5 Mar 2010   
ペプチド折り紙:光機能性分子の新規な分子設計
石田 斉,高杉祐也,小寺義男,伊藤道彦,大石茂郎
第19回日本MRS学術シンポジウム   Dec 2009   要旨集 C-08 要旨集 C-08
血清中の膀胱癌マーカー候補ペプチドの探索
斎藤達也,川島祐介,関根 優,相野谷 学,丸橋正弘,南田 諭,大草 洋,松本和将,馬場志郎,佐藤雄一,前田忠計,小寺義男
24 Dec 2009   生化学 81:p.412 2009.10 生化学 81:p.412 2009.10
膀胱癌の抗癌剤耐性細胞株のプロテオーム解析
大橋和也,丸橋正弘,伊東一郎,佐藤絵里奈,大草 洋,松本和将,馬場志郎,前田忠計,小寺義男
第82回日本生化学会大会   23 Dec 2009   生化学 81:p.113 2009.10 生化学 81:p.113 2009.10
SRM法を用いた血清中の診断マーカー候補タンパク質・ペプチドの定量分析
小寺義男
第6回千葉疾患プロテオミクス研究会   6 Dec 2009   
Three-Stepプロテオーム解析による新規飲酒マーカーの探索と検証
曽川一幸,佐藤 守,糸賀 栄,小寺義男,朝長 毅,丸山勝也,野村文夫
第29回アルコール医学生物学研究会学術集会   Nov 2009   第29回アルコール医学生物学研究会学術集会要旨集 p.62 第29回アルコール医学生物学研究会学術集会要旨集 p.62
問題飲酒者マーカー5.9 kDaペプチドの発現誘導における血液凝固系の関与
久家貴寿,曽川一幸,野田健太,梅村啓史,佐藤 守,小寺義男,松下一之,朝長 毅,野村文夫
第29回アルコール医学生物学研究会学術集会   Nov 2009   第29回アルコール医学生物学研究会学術集会要旨集 p.64 第29回アルコール医学生物学研究会学術集会要旨集 p.64
質量分析装置を用いた問題飲酒者診断法の確立を目指して
曽川一幸,小寺義男,野田健太,梅村啓史,松下一之,小島 良,朝長 毅,野村文夫
日本臨床検査自動化学会第41回大会   Oct 2009   日本臨床検査自動化学会会誌 34(4):p.796 2009.9 日本臨床検査自動化学会会誌 34(4):p.796 2009.9
MALDI-TOF MSを用いたプロテオーム解析による多発性硬化症における疾患活動性マーカーの探索
澤井 摂,梅村啓史,佐藤 守,西村 基,松下一之,小寺義男,朝長 毅,野村文夫
日本臨床検査自動化学会第41回大会   Oct 2009   日本臨床検査自動化学会会誌 34(4):p.795 2009.9 日本臨床検査自動化学会会誌 34(4):p.795 2009.9
胆管癌の新たなバイオマーカー探索への血清プロテオーム解析(Serum proteome analysis for discovery of novel biomarkers of cholangiocarcinoma)
吉川真太郎,曽川一幸,梅村啓史,佐藤 守,松下一之,小寺義男,朝長 毅,横須賀收,野村文夫
第68回日本癌学会学術総会   Oct 2009   第68回日本癌学会学術総会要旨集 p.452 2009.8 第68回日本癌学会学術総会要旨集 p.452 2009.8
Plectin-1は癌細胞の遊走・浸潤を促進し、頭頸部癌の新しい予後因子マーカーとなる(Plectin-1 promotes migration and invasion of cancer cells and is a novel prognostic marker of head and neck cancer)
堅田浩司,朝長 毅,松下一之,佐藤 守,花澤豊行,小寺義男,岡本美孝,野村文夫
第68回日本癌学会学術総会   Oct 2009   第68回日本癌学会学術総会要旨集 p.450 2009.8 第68回日本癌学会学術総会要旨集 p.450 2009.8
Three step血清プロテオーム解析を用いた早期膵癌血清マーカーの同定(Identification of new biomarker for early pancreatic cancer by three step serum proteome analysis)
アブリーズ・マイヌル,朝長 毅,曽川一幸,佐藤 守,ウブリ・ジュレト,松下一之,小寺義男,野村文夫
第68回日本癌学会学術総会   Oct 2009   第68回日本癌学会学術総会要旨集 p.449 2009.8 第68回日本癌学会学術総会要旨集 p.449 2009.8
プロテオーム解析をもっと身近に
佐藤 守,川島祐介,曽川一幸,小寺義男,野村文夫
シンポジウム4S3p「プロテオミクス秘伝の奥義一挙公開」第82回日本生化学会大会   24 Oct 2009   生化学 81:p.113 2009.10 生化学 81:p.113 2009.10
小規模研究室でもできるプロテオーム解析のコツ
小寺義男
シンポジウム4S3p「プロテオミクス秘伝の奥義一挙公開」第82回日本生化学会大会   24 Oct 2009   生化学 81:p.113 2009.10 生化学 81:p.113 2009.10
Peptide Origami:Artificial Proteins Bearing a Ruthenium Complex as the Core
Ishida H,Takasugi Y,Kodera Y,Ito M,Oishi S
2nd Switzerland-Japan Biomolecular Chemistry Symposium(SJBCS2009)   Sep 2009   Abstracts p.72 Abstracts p.72
Simultaneous Detection of Posttranslational Modifications of Proteins with Quantum Dot Technology
Oh-Ishi M,Isobe T,Kodera Y,Maeda T
Human Proteome Organisation(HUPO) 8th Annual World Congress (第8回国際ヒトプロテオーム機構(HUPO)世界大会)   29 Sep 2009   HUPO-2009-Program Book p.81 2009.9 HUPO-2009-Program Book p.81 2009.9
高分子量蛋白質を対象とした疾患診断用マーカー探索
大石正道,小寺義男,前田忠計,朝長 毅,西森孝典,清宮正徳,松下一之,野村文夫
特別企画「臨床検査領域におけるプロテオミクスの現状と未来像」第60回日本電気泳動学会総会   20 Sep 2009   生物物理化学 53:p.63 2009.9 生物物理化学 53:p.63 2009.9
Deep proteomeの検出を目的としたThree-Stepプロテオーム解析による新規飲酒マーカーの探索と検証
曽川一幸,飯田史枝,佐藤 守,糸賀 栄,小寺義男,丸山勝也,野村文夫
第56回日本臨床検査医学会学術集会   Aug 2009   臨床病理57巻補冊 p.259 2009.7 臨床病理57巻補冊 p.259 2009.7
Molecular Mechanisms of the rdw/rdw Rats with Hereditary Dwarfism and Hypothyroidism
Oh-Ishi M,Kodera Y,Furudate S,Satoh M,Maeda T
2009 Korea Association of Laboratory Animal Science(KALAS) Annual Meeting   28 Aug 2009   韓国実験動物学会 2009 KALAS Annual Meeting Program p.85 2009.8
Peptide Origami:Synthesis,Structure and Photo-Functions of Artificial Proteins Bearing a Ruthenium Complex as the Core
Ishida H,Takasugi Y,Kodera Y,Ito M,Oishi S
14th International Conference on Biological Inorganic Chemistry(ICBIC14)   Jul 2009   Abstracts S47 Abstracts S47
Peptide Origami:Synthesis,Structure and Photo-Functions of Artificial Proteins Bearing a Ruthenium Complex as the Core
Ishida H,Takasugi Y,Kodera Y,Ito M,Oishi S
18th International Symposium on the Photochemistry and Photophisics of Coodination Compounds(ISPPCC)   Jul 2009   Abstracts p.258 Abstracts p.258
質量分析装置を用いた問題飲酒者の診断方法確立の基礎的検討
野田健太,小寺義男,曽川一幸,石塚祐介,朝長 毅,野村文夫
第36回BMSコンファレンス(BMS2009)   Jul 2009   
質量分析計による多項目同時臨床検査を目指して
小寺義男
第8回国際バイオEXPO   Jul 2009   
MALDI-TOF MS peptide profilingによる血清胃癌マーカーの探索
梅村啓史,外川 明,曽川一幸,西村 基,松下一之,小寺義男,野村文夫
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.190 2009 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.190 2009
血清中の膀胱癌マーカー候補ペプチドの探索
斎藤達也,川島祐介,相野谷 学,丸橋正弘,南田 諭,大草 洋,松本和将,馬場志郎,佐藤雄一,前田忠計,小寺義男
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.189 2009 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.189 2009
C型肝炎ウイルス由来の原発性肝細胞癌の高感度バイオマーカー探索
久我佳菜子,曽川一幸,佐藤 守,川島祐介,松下一之,小寺義男,朝長 毅,前田忠計,野村文夫
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.185 2009 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.185 2009
モデルマウス血漿を対象としたプロテオーム解析によるErythropoietin遺伝子ドーピング検出バイオマーカー候補の探索と検討
堀江正樹,川島祐介,中 彩乃,小寺義男,飯田薫子
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.191 2009 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.191 2009
血中診断マーカー確立に向けた包括的なアプローチ シンポジウム「プロテオミクスの医学への応用(その2)マーカー探索(血液・尿)」
小寺義男
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   28 Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.95 2009 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.95 2009
LC-MSによる血中診断マーカー開発に向けての様々なアプローチ
小寺義男
サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社・ランチョンセミナー 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   28 Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.206 2009 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.206 2009
膀胱癌薬剤耐性株のプロテオーム解析
大橋和也,丸橋正弘,大谷真理,大石正道,伊藤一郎,佐藤絵里奈,大草 洋,松本和将,馬場志郎,前田忠計,小寺義男
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   28 Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.139  2009.7 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.139  2009.7
C型肝炎ウイルス由来の原発性肝細胞癌の高感度バイオマーカー探索
久我佳菜子,曽川一幸,佐藤 守,川島祐介,松下一之,小寺義男,朝長 毅,前田忠計,野村文夫
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   28 Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.185 2009.7 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.185 2009.7
モデルマウス血漿を対象としたプロテオーム解析による遺伝子ドーピング検出バイオマーカー候補の探索と検討
堀江正樹,川島祐介,中 彩乃,小寺義男,飯田薫子
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   28 Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.191 2009.7 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.191 2009.7
MALDI-TOF MS peptide profilingによる血清胃癌マーカーの探索
梅村啓史,外川 明,曽川一幸,西村 基,松下一之,小寺義男,野村文夫
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   27 Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.190 2009.7 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.190 2009.7
糖尿病診断における、有用なバイオマーカー探索を目的とした血清プロテオーム解析
高田哲秀,松原まどか,大石正道,小寺義男,前田忠計,守屋達美
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   27 Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.152 2009.7 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.152 2009.7
糖尿病ラットにおけるタンパク質翻訳後修飾の同時多重プロテオーム解析
磯辺拓海,大石正道,小寺義男,前田忠計
日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会   27 Jul 2009   日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.170 2009.7 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第7回大会プログラム・予稿集 p.170 2009.7
北里大学理学部附属疾患プロテオミクスセンターの現状と今後の展望
小寺義男
第7回北里疾患プロテオーム研究会   26 Jul 2009   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室 第7回北里疾患プロテオーム研究会講演要旨集 p.7 2009
プロテオーム解析による多発性硬化症、視神経脊髄炎(NMO)の血清再発マーカー探索
澤井 摂,梅村啓史,森 雅裕,佐藤 守,小寺義男,朝長 毅,野村文夫,桑原 聡
第50回日本神経学会総会   May 2009   臨床神経学 49(12):p.1131 2009.12 臨床神経学 49(12):p.1131 2009.12
Gluconobacter oxydans NBRC 3287のgroESL, dnaKJの構造と性質および酢酸発酵への関与
峯岸千明,貝沼(岡本)章子,石川森夫,原田佳子,大石正道,小寺義男,前田忠計,加賀孝之,小泉幸道
日本農芸化学会2009年度大会   28 Mar 2009   日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集 p.106 2009.3 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集 p.106 2009.3
質量分析計を用いた診断を目指して
小寺義男
第11回次世代医療システム産業化フォーラム200   19 Feb 2009   
血清中のペプチドを対象とした診断法の確立を目指して
小寺義男
第217回液体クロマトグラフィー研究懇談会   21 Nov 2008   日本分析化学会
尿中の診断マーカータンパク質探索に向けて
関根 優,小寺義男,川島祐介,大草 洋,松本和将,馬場志郎,前田忠計
第59回日本電気泳動学会総会   16 Nov 2008   生物物理化学 52(3):81 2008.11 生物物理化学 52(3):81 2008.11
シスプラチン耐性獲得機序解明に向けた膀胱癌細胞株T24のプロテオーム解析
大橋和也,小寺義男,丸橋正弘,伊東一郎,大草 洋,松本和将,馬場志郎,前田忠計
第59回日本電気泳動学会総会   16 Nov 2008   生物物理化学 52(3):78 2008.11 生物物理化学 52(3):78 2008.11
消化器癌の血清微量マーカータンパク質・ペプチド探索とその実用化
朝長 毅,小寺義男,曽川一幸,佐藤 守,前田忠計
第67回日本癌学会学術総会   29 Oct 2008   第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.259 2008.10 第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.259 2008.10
癌治療に有力な標的蛋白質-食道癌にて顕著に発現低下する細胞接着蛋白質periplakin
外池百合恵,松下一之,朝長 毅,小寺義男,曽川一幸,佐藤 守,堅田浩司,西森孝典,岡本美孝,野村文夫
第67回日本癌学会学術総会   29 Oct 2008   第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.343 2008.10 第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.343 2008.10
原発性肝細胞癌の新たな免疫組織化学マーカー:CHCおよびFTCD
清宮正徳,朝長 毅,松下一之,大石正道,小寺義男,前田忠計,高野重紹,吉冨秀幸,大塚将之,山本雅一,宮崎 勝,野村文夫
第67回日本癌学会学術総会   29 Oct 2008   第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.345 2008.10 第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.345 2008.10
アガロース二次元電気泳動法により発見された新規膀胱癌腫瘍マーカー
大草 洋,松本和将,小寺義男,土田繭美,南田 諭,大石正道,前田忠計,馬場志郎
第67回日本癌学会学術総会   29 Oct 2008   第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.341 2008.10 第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.341 2008.10
原発性肝細胞癌の新たなマーカー探索へのthree-step血清プロテオーム解析の応用
木村明佐子,曽川一幸,佐藤 守,小寺義男,朝長 毅,横須賀 収,野村文夫
第67回日本癌学会学術総会   29 Oct 2008   第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.333 2008.10 第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.333 2008.10
アガロース2D-DIGEを用いた下咽頭癌のプロテオーム解析
堅田浩司,朝長 毅,佐藤 守,花澤豊行,小寺義男,岡本美孝,野村文夫
第67回日本癌学会学術総会   29 Oct 2008   第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.340 2008.10 第67回日本癌学会学術総会講演要旨集 p.340 2008.10
プロテオーム解析による新規飲酒マーカーの探索・同定
曽川一幸,佐藤 守,小寺義男,朝長 毅,野村文夫
日本臨床検査自動化学会第40回大会   10 Oct 2008   日本臨床検査自動化学会第40回大会総会講演要旨集 p.737 2008.9 日本臨床検査自動化学会第40回大会総会講演要旨集 p.737 2008.9
疾患プロテオミクス From bench to bedside
野村文夫,梅村啓史,曽川一幸,朝長 毅,小寺義男
第33回日本医用マススペクトル学会年会   25 Sep 2008   第33回日本医用マススペクトル学会年会学術総会講演要旨集 p.21 2008.8 第33回日本医用マススペクトル学会年会学術総会講演要旨集 p.21 2008.8
ルテニウム錯体をコアとする発光性人工蛋白質の立体構造解析と細胞内導入
高杉祐也,伊藤道彦,小寺義男,前田忠計,大石茂郎,石田 斉
第58回錯体化学討論会   19 Sep 2008   要旨集 p.50 要旨集 p.50
ルテニウム錯体をコアとするペプチド折り紙:異性体構造、光物性と細胞内導入挙動
石田 斉,高杉祐也,伊藤道彦,小寺義男,前田忠計,大石茂郎
第3回バイオ関連化学合同シンポジウム2008   18 Sep 2008   要旨集 p.44 要旨集 p.44
プロテオーム解析による新規飲酒マーカーの探索
曽川一幸,佐藤 守,小寺義男,朝長 毅,丸山勝也,野村文夫
第28回アルコール医学生物学研究会学術集会   15 Sep 2008   第28回アルコール医学生物学研究会学術集会講演要旨集 p.450-451 2008.8 第28回アルコール医学生物学研究会学術集会講演要旨集 p.450-451 2008.8
ペプチド折り紙:ルテニウム錯体をコアとするりん光発光性タンパク質の合成、構造と細胞内導入挙動
石田 斉,高杉祐也,伊藤道彦,小寺義男,前田忠計,大石茂郎
光化学討論会   11 Sep 2008   要旨集 p.50 要旨集 p.50
北里大学理学部附属疾患プロテオミクスセンターの現状と展望3.臨床応用可能なプロダクトの創出を目指して
小寺義男
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
尿プロテオーム解析によるⅠ型糖尿病における早期腎症の新規バイオマーカー検索
若林清仁,曽川一幸,佐藤 守,西村 基,小寺義男,朝長 毅,野村文夫
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
Evaluation of Preanalytical Factors for Automated Serum Peptidome Analysis by MALDI-TOF MS
Umemura H,Kodera Y,Togawa A,Nezu M,Satoh M,Kimura A,Tomonaga T,Nomura F
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
血清を対象とした疾患プロテオミクス
高橋広樹,小寺義男,川島祐介,福野智之,佐藤 守,松井 祟,小松博義,清宮正徳,朝長 毅,野村文夫,前田忠計
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
プロテオーム解析による新規飲酒マーカーの探索
曽川一幸,佐藤 守,小寺義男,朝長 毅,野村文夫
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
尿中の診断マーカータンパク質探索に向けて
関根 優,小寺義男,川島裕介,大草 洋,松本和将,馬場志郎,前田忠計
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
多発性硬化症の再発診断マーカーの検討
澤井 摂,梅村啓史,森 雅裕,佐藤 守,桑原 聡,小寺義男,朝長 毅,野村文夫
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究
血清を対象とした低分子量タンパク質分析法の確立と薬物性肝障害モデルラットへの応用
斎藤達也,小寺 義男,川島祐介,高橋広樹,小松博義,清宮正徳,朝長 毅,野村文夫,前田忠計
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
プロテオミクスの手法による膀胱癌新規腫瘍マーカーの探索
大草 洋,松本和将,小寺義男,土田繭美,南田 諭,大石正道,前田忠計,馬場志郎
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
量子ドットを用いたタンパク質翻訳後修飾の同時多重染色法の開発
大石正道,小寺義男,前田忠計
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
膀胱癌細胞株T24 を用いたシスプラチン耐性獲得機序解明に向けて
大橋和也,小寺義男,丸橋正弘,伊東一郎,大草 洋,松本和将,馬場志郎,前田忠計
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
重粒子線治療非小細胞肺癌症例における治療前後の血清ペプチドーム解析
中嶋美緒,梅村啓史,馬場雅行,須金紀雄,山本直敬,鎌田 正,溝江純悦,辻井博彦,小寺義男,朝長 毅,野村文夫
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
腎細胞癌患者血清のプロテオーム解析
丸橋正弘,小寺義男,川島祐介,福野智之,大草 洋,藤田哲夫,岩村正嗣,馬場志郎,前田忠計
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
肝細胞癌の早期発見を目的とした血清中の新規バイオマーカー候補の探索
久我佳菜子,曽川一幸,川島祐介,小寺義男,朝長 毅,前田忠計,野村文夫
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
プロテオーム解析による下咽頭癌関連タンパク質の探索
堅田浩司,朝長 毅,佐藤 守,花澤豊行,小寺義男,岡本美孝,野村文夫
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室
プロテオミクスの新たな手法を用いた早期乳癌関連血清蛋白の解明と臨床応用への検討
門脇正美,三階貴史,伏見航也,曽川一幸,佐藤 守,高野重紹,小寺義男,朝長 毅,野村文夫,宮崎 勝
第6回北里疾患プロテオーム研究会   31 Aug 2008   北里大学理学部物理学科生体分子動力学研究室

Works

 
疾患プロテオーム解析を通して見えてきたもの
小寺義男   Oct 2008 - Oct 2008

Research Grants & Projects

 
臨床質量分析共用プラットフォーム(MS共用PF)
Project Year: 2016 - 2020
超高感度血漿分析技術とin silico 探索法による新規ペプチドホルモンの探索
Project Year: 2017 - 2019    Investigator(s): 小寺 義男
血液一滴による脳の機能状態モニタリング
Project Year: 2017 - 2019    Investigator(s): 小寺 義男
血清・血漿試料の品質評価マーカーの開発と測定法の確立
(国研)日本医療研究開発機構(AMED): 
Project Year: 2016 - 2016
血液一滴の可能性を拓く -血漿プロテオミクスで脳のストレス関連障害を語る-
Project Year: 2014 - 2016    Investigator(s): 小寺 義男
多戦略的翻訳後修飾モディフィコミクスによる肝胆膵早期がんの血中自己抗体の探索
Project Year: 2013 - 2014    Investigator(s): 野村文夫
物理学に基盤を置く疾病治療への新規アプローチ技術の開発
Project Year: 2012 - 2014    Investigator(s): 吉國裕三
ストレス関連障害の発症機序の解明と、ヒトでの新規診断法や治療法に用いる新規標的物質の開発
北里大学・AKPS共同研究資金: 特定領域プロジェクト研究
Project Year: 2012 - 2014    Investigator(s): 高橋正身
血清中の疾患特異的なタンパク質変異の探索法開発とその可能性の実証
Project Year: 2011 - 2012    Investigator(s): 小寺義男
腫瘍随伴性腎細胞癌のプロテオーム解析
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 岩村正嗣
新規腫瘍マーカー:クラスリン重鎖の、各種がん組織診断および血清診断への応用
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 清宮正徳
概年性の転写因子による哺乳動物の冬眠の発現制御機構の解明
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 高松信彦
血清中のアルブミンに結合した疾患関連タンパク質・ペプチド分析法の確立と応用
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 小寺義男
細胞培養上清のセクレトーム解析による膵癌の血中診断マーカー探索と診断法の確立
Project Year: 2010 - 2011    Investigator(s): 佐藤守
泌尿器系がんの診断用プローブ(オーファン診断薬・治療薬)の開発と臨床応用
北里大学・AKPS共同研究資金: 特定領域プロジェクト研究
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): 佐藤雄一
自己抗体を活用した効率的な特定のがんの総合診断システムの開発
経済産業省・関東経産局: 
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): 藤代欣也
質量分析計(MS)による多項目同時臨床検査技術の包括的開発に関する調査研究
科学技術振興機構(JST): 
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): 小寺義男
スピンプローブを用いたESR生体計測技術
科学技術振興機構: 
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): 山中千博
プロテオーム解析により発見された膀胱癌新規腫瘍マーカーの臨床的有用性の検討
日本学術振興会: 
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): 馬場志郎
血中ペプチドを対象とした膀胱癌と腎細胞癌の診断法確立
神奈川県商工労働部産業活性課: 
Project Year: 2009 - 2009    Investigator(s): 小寺義男
腎移植におけるプロテオーム解析による急性・慢性拒絶反応の低侵襲性診断技術の確立
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): 吉田一成
ランダム免疫法による効率的な血清腫瘍マーカーの開発
経済産業省: 
Project Year: 2008 - 2008    Investigator(s): 藤代欣也
プロテオーム解析を用いた癌特異的マーカー蛋白質・抗体の網羅的探索と検出系の開発
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 朝長毅
臨床検査への実用化を目指した消化器癌の低分子量ペプチド腫瘍マーカーの開発
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 朝長 毅
トップダウン・スクリーニング法による膀胱癌診断用プローブの獲得と診断法の開発
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 前田忠計
プロテオミクスの手法を用いた腎細胞癌新規腫瘍マーカー蛋白の探索
Project Year: 2006 - 2008    Investigator(s): 岩村正嗣
未知修飾蛋白質をも認識可能な癌診断用抗体の迅速・体系的獲得
経済産業省: 
Project Year: 2007 - 2007    Investigator(s): 前田忠計
独自のペプチド解析技術を用いた消化器癌の新規腫瘍マーカーの開発
Project Year: 2006 - 2007    Investigator(s): 朝長毅
立体構造、修飾、部分分解たんぱく質等をも認識可能な癌特異的抗体の新規高効率作製法の検証
科学技術振興機構: 
Project Year: 2006 - 2007    Investigator(s): 前田忠計
独自のペプチド分析技術を用いた血清中の新規腫瘍マーカー探索法の確立と応用
Project Year: 2006 - 2007    Investigator(s): 小寺義男
抗体を基盤とした疾患プロテオミクスの展開と疾患診断・治療に最適化した抗体群と抗原群の作出
北里大学・AKPS共同研究資金: 
Project Year: 2004 - 2005    Investigator(s): 前田忠計
疾病特異的な酸化傷害タンパク質検出法の開発と応用
Project Year: 2003 - 2004    Investigator(s): 小寺義男
プロテオーム解析による前立腺癌のアンドロゲン非依存性獲得メカニズムの解明
Project Year: 2002 - 2004    Investigator(s): 頴川 晋
HIV-2 ヌクレオキャプシド・タンパク質のRNA認識機構の解明
Project Year: 1999 - 2001    Investigator(s): 小寺義男
HIVヌクレオキャプシドタンパク質の立体構造・活性相関の解明と機能制御
Project Year: 1999 - 1999    Investigator(s): 前田忠計
タンパク質構造機能相関解明を目的としたタンパク質室温燐光寿命の定量的解析
資生堂理工学研究ファンド: 
Project Year: 1998 - 1998    Investigator(s): 小寺義男
高分解能NMRを用いたタンパク質室温燐光寿命の定量的解析
Project Year: 1997 - 1998
HIV-2 ヌクレオキャプシド・タンパク質の立体構造と機能の解析
Project Year: 1997 - 1998    Investigator(s): 前田忠計
HIV-2 NCp8の構造活性相関の解明
神奈川県科学技術アカデミー: 
Project Year: 1996 - 1996
高分解能 NMR による HIV-2 のヌクレオキャプシドタンパク質の構造活性相関の解明
Project Year: 1996 - 1996
パルスENDORによる光合成水分解系の局所構造と機能の研究
Project Year: 1994 - 1995    Investigator(s): 河盛阿佐子