滝澤 美佐子

J-GLOBALへ         更新日: 08/12/05 00:00
 
アバター
研究者氏名
滝澤 美佐子
 
タキザワ ミサコ
URL
http://www.obirin.ac.jp
所属
桜美林大学
職名
准教授
学位
行政学修士(国際基督教大学), 博士(学術)(国際基督教大学), 国際法ディプロマ(ロンドン大学(英国))

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1994年
 日本学術振興会 特別研究員
 

委員歴

 
2001年
 - 
2003年
国際人権法学会  企画委員
 

受賞

 
2001年
第二回NIRA大来政策研究賞
 

Misc

 
国連行政裁判所における世界人権宣言の適用
社会科学ジャーナル   (31(1)) 89-109   1992年
旧ユーゴスラヴィアにおける国連の活動
外交時報   (1306) 60-75   1994年
国連における国際人権基準設定および監視活動の研究-国連機関の手続と実践の法的分析を中心として
国際基督教大学大学院行政学研究科提出博士論文      1995年
国連における国際人権基準の設定-基準の概念と設定のプロセス
国際研究(国際地域研究所)   (13) 105   1997年
刑事司法分野における国家の協調
外交時報   (1349) 21-39   1998年

書籍等出版物

 
国連再生のシナリオ(共訳、第1章担当)
国際書院   1991年   
国際機構入門(共著、第3章担当)
国際書院   1999年   
新版国際機構論(共著)
国際書院   2000年   
国連による平和と安全の維持-解説と資料 第1巻(共訳解説)
国際書院   2000年   
憎悪から和解へ―地域紛争を考える(共著)
京都大学学術出版会   2000年   

講演・口頭発表等

 
The UN and the Global Protection of Human Rights: Accessment of the Human Rights Council
8th Korea-Japan Seminar on UN System: Global Issues and the United Nations   2008年   
国連と人権保障ー人権専門家たる個人の役割を中心に
国際法学会2008年度秋季大会第三分科会「個人・集団・運動」   2008年   
Global Peace through Human Rights
UNU/jfUNU Symposium on Global Peace   2006年   

Works

 
地域紛争を考える
1996年 - 1998年
外務省委嘱研究・平和維持・構築活動における国連と地域機構の連携
2008年

競争的資金等の研究課題

 
国連の国際人権基準設定および監視活動の研究
研究期間: 1989年 - 2003年
国連人権関連機関の機構改革(人権理事会の制度構築)
研究期間: 2004年 - 2010年
国連における人間の安全保障の展開
研究期間: 2000年 - 2009年
平和維持・構築活動における国連と地域機構の連携
委託研究
研究期間: 2007年 - 2008年