太田 能

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/08 02:57
 
アバター
研究者氏名
太田 能
 
オオタ チカラ
所属
神戸大学
部署
大学院科学技術イノベーション研究科 科学技術イノベーション専攻
職名
教授
学位
学士(工学)(大阪大学), 修士(工学)(大阪大学), 博士(工学)(大阪大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
大阪大学 大学院工学研究科通信工学専攻博士後期課程修了  
 

受賞

 
2008年4月
財団法人 電気・電子学術振興財団 第10回LSI IPデザイン・アワード 研究助成賞 長波帯標準電波を用いた低電力センサノードの垂直統合設計
受賞者: 大竹 優, 一圓 真澄, 竹内 隆, 祗園 昭宏, 三上 真司, 藤原 英弘, 川口 博, 太田 能, 吉本 雅彦
 
2007年12月
IEEE SENSORCOMM 2007 ENOPT 2008 Workshop Best Paper Award Cross-Layer Design for Low-Power Wireless Sensor Node Using Long-Wave Standard Time Code
受賞者: OTAKE Yu, ICHIEN Masumi, TAKEUCHI Takashi, GION Akihiro, MIKAMI Shinji, FUJIWARA Hidehiro, KAWAGUCHI Hiroshi, OHTA Chikara, YOSHIMOTO Masahiko
 

論文

 
Side Trip Multipath Routing Protocol for Spatial Node Failure in Data-Gathering WSNs
FUJITA Keisuke, TAKAKI Yumi, OHTA Chikara, TAMAKI Hisashi
International Journal of Distributed Sensor Networks   2016 1-10   2016年2月   [査読有り]
A Study on Penetration Strategy of On-board Unit Taking Account of the Type of Vehicles in V2V Communications
MINAMI Hiroaki, TAKAKI Yumi, OHTA Chikara, TAMAKI Hisashi
Proceedings of the 30th International Conference on Information Networking (ICOIN 2016)   35-39   2016年1月   [査読有り]
Control of Transmission Power and Carrier Sense Threshold to Enhance Throughput and Fairness for Dense WLANs
ROSLAN Irda, KAWASAKI Takahiro, NISHIUE TOSHIKI, TAKAKI Yumi, OHTA Chikara, TAMAKI Hisashi
Proceedings of the 30th International Conference on Information Networking (ICOIN 2016)   51-56   2016年1月   [査読有り]
車車間通信における車種と遮蔽を考慮した車載機普及方針の一検討
高木 由美, 南 浩明, 太田 能, 玉置 久
日本シミュレーション学会論文誌   7(4) 125-133   2015年12月   [査読有り]
Utility-Based Distributed Association Control Scheme with User Guidance for IEEE802.11 Wireless LANs
IWAMI Takahiro, ROSLAN Irda, TAKAKI Yumi, YAMORI Kyoko, OHTA Chikara, TAMAKI Hisashi
IEICE Transaction on Communications   E98-B(8) 1700-1714   2015年8月   [査読有り]

Misc

 
A 58-uW Sensor Node LSI with Synchronous MAC Protocol
S. Izumi, T. Takeuchi, T. Matsuda, H. Lee, T. Konishi, K. Tsuruda, Y. Sakai, C. Ohta, H. Kawaguchi, M. Yoshimoto
Proceedings of Asia-aPacific Radio Science Conference (AP-RASC)      2010年9月   [査読有り]
Rescue System Based on Location Aware Information Exchange in Mobile AdHoc Network
NIKOLOV Andrey, OHTA Chikara, UEHARA Kuniaki
電子情報通信学会情報ネットワーク研究会   NS2003-79,61-66    2003年

書籍等出版物

 
電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン
TAKAKI Yumi, OHTA Chikara, KANEDA Shigeru, TAKAI Mineo (担当:共著)
電子情報通信学会通信ソサイエティ   2009年6月   

講演・口頭発表等

 
マルチユーザMIMOにおけるフィードバック情報の経時劣化を考慮したユーザ選択手法
河北 雄飛, 高木 由美, 鎌田 十三郎, 太田 能
電子情報通信学会ネットワークシステム研究会   2017年3月   電子情報通信学会
無線 LAN における多端末・AP 環境下での最低スループット改善に関する研究
河崎 鷹大, 高木 由美, 鎌田 十三郎, 太田 能
電子情報通信学会ネットワークシステム研究会   2017年3月   電子情報通信学会
車車間通信を利用した歩行者検出性能向上手法の検討
小林 亮介, 榎並 直子, 高木 由美, 鎌田 十三郎, 太田 能
電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会   2017年2月   電子情報通信学会
無線メッシュネットワークにおけるリンク間干渉を考慮したMax-Min Fairフロー割当
矢野 渚, 高木 由美, 鎌田 十三郎, 太田 能
電子情報通信学会情報ネットワーク研究会   2016年12月   電子情報通信学会
高密度 IEEE802.11 WLAN 環境下における最低スループット改善に関する研究
河崎 鷹大, 高木 由美, 鎌田 十三郎, 太田 能
電子情報通信学会コミュニケーションクォリティ研究会ワークショップ   2016年10月   電子情報通信学会

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 高木 由美
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 増本 康平
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 大川 剛直
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 太田 能
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 太田 能

特許

 
特許5019362 : センサネットワークにおける無線トランシーバー用電圧増幅器
吉本 雅彦, 太田 能, 川口 博, 三上 真司
特許4919204 : センサネットワークシステム及びメディアアクセス制御方法
吉本 雅彦, 太田 能, 川口 博, 一圓 真澄
特許4863069 : データ送信スケジューリング方法およびそれを用いたセンサネットワークシステム
吉本 雅彦, 川口 博, 太田 能, 三上 真司
特許4756592 : 基地局、端末装置、情報源装置及び通信方法
太田 能, 樋口 雄飛