佐野 明人

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 03:15
 
アバター
研究者氏名
佐野 明人
 
サノ アキヒト
eメール
sanonitech.ac.jp
URL
http://drei.mech.nitech.ac.jp/~sano/index.html
所属
名古屋工業大学
部署
大学院 つくり領域
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋大学), 工学修士(岐阜大学)
科研費研究者番号
80196295

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本ロボット学会  理事
 
2012年1月
 - 
2013年12月
計測自動制御学会  システムインテグレーション部門触覚部会主査
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本バーチャルリアリティ学会  Asia Haptics運営委員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本機械学会  2013年度(第91期)代表会員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本機械学会  東海学生会顧問
 

受賞

 
1992年4月
日本機械学会 日本機械学会賞研究奨励賞
 
1996年4月
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門賞(業積賞)
受賞者: 古荘純次,佐野明人
 
1999年4月
精密工学会 精密工学会秋季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞
受賞者: -
 
2000年4月
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会優秀講演
受賞者: -
 
2000年4月
精密工学会 精密工学会秋季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞
受賞者: -
 

論文

 
Dynamic Control of Walking Robot with Kick-Action
-
Proc. of '85 International Conference on Advanced  Robotics   405-412   1985年4月   [査読有り]
擬似角運動量に基づく動的4足歩行の解析
佐野明人,古荘純次
計測自動制御学会論文集   24(12) 1299-1305   1988年4月   [査読有り]
支持脚切換現象を考慮した四足歩行ロボットの動的制御
佐野明人,古荘純次,岡島羊佑
日本機械学会論文集C編   54(508) 3022-3030   1988年4月   [査読有り]
最適レギュレータを用いた二足歩行ロボットの動的制御
佐野明人,古荘純次
日本機械学会論文集C編   54(504) 1804-1811   1988年4月   [査読有り]
3D Steady Walking Using Active Control of Body Sway Motion and Foot Pressure
-
Proc. of the USA-JAPAN Symposium on Flexible Automation   2 665-672   1988年4月   [査読有り]

Misc

 
自己言及性と双方向性の組み込み
田中由浩,佐野明人
日本ロボット学会誌   30(5) 472-474   2012年5月
受動歩行の現象,原理,そして応用
池俣吉人,佐野明人
日本ロボット学会誌   30(4) 350-355   2012年5月
学会誌の課題と新しい役割
小俣透,佐野明人
日本ロボット学会誌   30(10) 962-964   2012年12月
触知覚メカニズムと指・皮膚構造
田中由浩,佐野明人
バイオメカニズム学会誌   38(1) 47-52   2014年2月
術者の触知覚スキルを活用する腹腔鏡下手術用触診システム
田中由浩,藤原道隆, 佐野明人
映像インダストリアル   (5) 66-70   2015年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Robotics Handbook
-
Corona Publishing Co., Ltd.   1990年4月   
ロボット工学ハンドブック
-
コロナ社   1990年4月   
Adaptability of Human Gait (Implications for The Control of Locomotion)
-
North-Holland (Elsevier Science Publishers B. V.)   1991年4月   
触覚認識メカニズムと応用技術-触覚センサ・触覚ディスプレイ-
下条誠,前野隆司,篠田裕之,佐野明人 (担当:共編者)
サイエンス&テクノロジー   2010年9月   ISBN:978-4-86428-001-3
触覚認識メカニズムと応用技術-触覚センサ・触覚ディスプレイ-
宮岡徹,佐野明人ほか (担当:共著, 範囲:第2章第2節 触の錯覚:応用編)
サイエンス&テクノロジー   2010年9月   ISBN:978-4-86428-001-3

講演・口頭発表等

 
触覚研究のパラダイムシフト
-
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会   2007年4月1日   
ヒトに近い歩行ロボットとその衝突現象
佐野明人
科学技術交流財団第3回「人体損傷に基づく衝撃力測定・評価システムの開発に関する研究会」   2007年4月1日   
地域連携に関する話題提供
-
多次元共同脳科学推進センターキックオフシンポジウム生理研研究会「脳科学研究および教育の現状と将来に関する検討会」   2008年4月1日   
知られざる触覚の世界と工学的応用
-
名古屋工業大学第10回知財活用公開フォーラム   2008年4月1日   
触覚テクノロジーの産業応用
-
岐阜県情報技術研究所成果発表会基調講演   2009年4月1日   

Works

 
NDP×Tech of NIT
芸術活動   2010年10月
受動歩行ロボットと触覚コンタクトレンズ
シンポジウム「TECHTILEという考え方:触感を表現する・触感で表現する」
芸術活動   2011年8月
触覚コンタクトレンズ,TouchLens絵本 「とうめいリンゴ」,歩くアンドロイド
ロボットってなんだろう?
その他   2017年7月 - 2017年9月
受動歩行ロボットとACSIVE・aLQ
さわってビックリ!見てフシギ?
その他   2017年9月 - 2017年9月
触覚コンタクトレンズほか
世界を感じる S&C(生命)
その他   2017年10月 - 2018年9月
触覚コンタクトレンズ

競争的資金等の研究課題

 
H∞制御理・/SUB>の機械システムへの応用に関する研究 Study on Application of H_∞ Control Theory for Mechanical Systems
研究期間: 1994年4月   
H∞制御理論の枠組みの中でバイラテラル制御系設計を検討し,高い安定性,制御性能,操作性を実現した.具体的には,数百msの往復通信遅れをシステムへの摂動と見なし,オンラインで観測される通信遅れに対応した時変のH∞補償器を設計した.実証実験では,インターネットを介した力帰還型遠隔操作に成功した.
人間機械系
研究期間: 1999年4月   
人間を中心に据えたロボティクスに注力し,人間の知の力学的理解を含め人間支援システムの研究を行った.まず,位置決め動作を例に,難易度に対する人間の意図を反映したインピーダンス調整に基づく新しい操作支援法を考案した.また,技能の計測ならびに伝達を可能とする能動的な機械メディアシステムを開発するとともに,力介在型のトレーニング手法を提唱した.さらに,医療応用を念頭に置いた遠隔微細作業システムの開発を目的とし,医学部や獣医学科とも連携して,直観的操作が可能な新しい操作環境を構築した.現在,すべりの...
歩行および走行の力学
科学研究費補助金
受動歩行の安定化原理(歩ける原理)および脚の振り運動に関わる力学的メカニズム(転ばない原理)において主要な研究成果を挙げている.これらの研究成果をさらに発展させることで,受動歩行に関わる他の力学的原理・メカニズムの解明,また原理原則に則した高速・高効率な平地歩行ロボットの開発する.また,バウンシング・ロッド・ダイナミクスに基づいた2脚受動走行ロボットの解析および開発を行う.
触覚技術・触感技術
共同研究
触覚・触感の研究が,今注目されている.これまでに,ソフトに感じるプラスチックを開発し,高級スポーツカーの内装に採用された.また,特殊なステアリングを用いて,左右の手で操作が大きく異なることを発見した.本研究では,卓越した触感の追求,医療やものづくりを変える触覚センサ・ディスプレイの開発,さらにウエアラブルな触覚可変デバイスの改良を精力的に進める.