MORI Kazuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Jul 15, 2019 at 17:00
 
Avatar
Name
MORI Kazuhiko
Affiliation
Kyoto Prefectural University of Medicine
Section
Graduate School of Medical Science
Degree
Doctor of Medicine

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1993
Graduate School, Division of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine
 
 
 - 
1988
Faculty of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine
 

Published Papers

 
Kitazawa K, Kayukawa K, Wakimasu K, Inatomi T, Hieda O, Mori K, Sotozono C, Kinoshita S
Japanese journal of ophthalmology   62(6) 615-620   Nov 2018   [Refereed]
Asaoka R, Murata H, Hirasawa K, Fujino Y, Matsuura M, Miki A, Kanamoto T, Ikeda Y, Mori K, Iwase A, Shoji N, Inoue K, Yamagami J, Araie M
American journal of ophthalmology      Oct 2018   [Refereed]
Okumura N, Kusakabe A, Koizumi N, Wakimasu K, Kayukawa K, Kondo M, Mori K, Sotozono C, Kinoshita S
Japanese journal of ophthalmology      May 2018   [Refereed]
Okumura N, Matsumoto D, Okazaki Y, Koizumi N, Sotozono C, Kinoshita S, Mori K
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie   256(4) 751-757   Apr 2018   [Refereed]
Murata H, Zangwill LM, Fujino Y, Matsuura M, Miki A, Hirasawa K, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Shoji N, Asaoka R
Investigative ophthalmology & visual science   59(5) 1897-1904   Apr 2018   [Refereed]
Aoki S, Murata H, Fujino Y, Matsuura M, Miki A, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Hirasawa K, Shoji N, Asaoka R
The British journal of ophthalmology   101(12) 1658-1665   Dec 2017   [Refereed]
Maruyama Y, Ikeda Y, Yokoi N, Mori K, Kato H, Ueno M, Kinoshita S, Sotozono C
Cornea   36(12) 1567-1569   Dec 2017   [Refereed]
Kitazawa K, Kayukawa K, Wakimasu K, Yokota I, Inatomi T, Hieda O, Mori K, Sotozono C, Kinoshita S
Ophthalmology   124(12) e86-e87   Dec 2017   [Refereed]
Asaoka R, Murata H, Fujino Y, Hirasawa K, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Miki A, Shoji N, Japanese Archive of Multicentral Databases in Glaucoma (JAMDIG) construction group.
The British journal of ophthalmology   101(8) 1071-1075   Aug 2017   [Refereed]
Kitazawa K, Kayukawa K, Wakimasu K, Yokota I, Inatomi T, Hieda O, Mori K, Sotozono C, Kinoshita S
Scientific reports   7(1) 7412   Aug 2017   [Refereed]
トラベクロトミー術後長期成績の要因別検討
出口 英人, 森 和彦, 池田 陽子, 上野 盛夫, 吉川 晴菜, 山本 雄士, 木下 茂, 外園 千恵
眼科手術   30(3) 527-531   Jul 2017
目的:京都府立医科大学病院眼科(以下、当科)における過去20年のトラベクロトミー(TLO)術後成績を検討した。方法:1995〜2014年に当科にてTLOを施行された全症例264例322眼を対象とし、緑内障病型、白内障手術併施の有無、術前術後眼圧、手術時年齢、術前術後投薬を後ろ向きに検討した。投薬は内服を2点、そのほかの緑内障点眼薬を1点とスコア化した。眼圧が3回連続して20mmHgを超えた時点、あるいは追加手術を行った時点を死亡と定義してKaplan-Meier生存分析を行い、病型別、術式...
Aung T, Ozaki M, Lee MC, Schlötzer-Schrehardt U, Thorleifsson G, Mizoguchi T, Igo RP Jr, Haripriya A, Williams SE, Astakhov YS, Orr AC, Burdon KP, Nakano S, Mori K, Abu-Amero K, Hauser M, Li Z, Prakadeeswari G, Bailey JNC, Cherecheanu AP, Kang JH, Nelson S, Hayashi K, Manabe SI, Kazama S, Zarnowski T, Inoue K, Irkec M, Coca-Prados M, Sugiyama K, Järvelä I, Schlottmann P, Lerner SF, Lamari H, Nilgün Y, Bikbov M, Park KH, Cha SC, Yamashiro K, Zenteno JC, Jonas JB, Kumar RS, Perera SA, Chan ASY, Kobakhidze N, George R, Vijaya L, Do T, Edward DP, de Juan Marcos L, Pakravan M, Moghimi S, Ideta R, Bach-Holm D, Kappelgaard P, Wirostko B, Thomas S, Gaston D, Bedard K, Greer WL, Yang Z, Chen X, Huang L, Sang J, Jia H, Jia L, Qiao C, Zhang H, Liu X, Zhao B, Wang YX, Xu L, Leruez S, Reynier P, Chichua G, Tabagari S, Uebe S, Zenkel M, Berner D, Mossböck G, Weisschuh N, Hoja U, Welge-Luessen UC, Mardin C, Founti P, Chatzikyriakidou A, Pappas T, Anastasopoulos E, Lambropoulos A, Ghosh A, Shetty R, Porporato N, Saravanan V, Venkatesh R, Shivkumar C, Kalpana N, Sarangapani S, Kanavi MR, Beni AN, Yazdani S, Lashay A, Naderifar H, Khatibi N, Fea A, Lavia C, Dallorto L, Rolle T, Frezzotti P, Paoli D, Salvi E, Manunta P, Mori Y, Miyata K, Higashide T, Chihara E, Ishiko S, Yoshida A, Yanagi M, Kiuchi Y, Ohashi T, Sakurai T, Sugimoto T, Chuman H, Aihara M, Inatani M, Miyake M, Gotoh N, Matsuda F, Yoshimura N, Ikeda Y, Ueno M, Sotozono C, Jeoung JW, Sagong M, Park KH, Ahn J, Cruz-Aguilar M, Ezzouhairi SM, Rafei A, Chong YF, Ng XY, Goh SR, Chen Y, Yong VHK, Khan MI, Olawoye OO, Ashaye AO, Ugbede I, Onakoya A, Kizor-Akaraiwe N, Teekhasaenee C, Suwan Y, Supakontanasan W, Okeke S, Uche NJ, Asimadu I, Ayub H, Akhtar F, Kosior-Jarecka E, Lukasik U, Lischinsky I, Castro V, Grossmann RP, Sunaric Megevand G, Roy S, Dervan E, Silke E, Rao A, Sahay P, Fornero P, Cuello O, Sivori D, Zompa T, Mills RA, Souzeau E, Mitchell P, Wang JJ, Hewitt AW, Coote M, Crowston JG, Astakhov SY, Akopov EL, Emelyanov A, Vysochinskaya V, Kazakbaeva G, Fayzrakhmanov R, Al-Obeidan SA, Owaidhah O, Aljasim LA, Chowbay B, Foo JN, Soh RQ, Sim KS, Xie Z, Cheong AWO, Mok SQ, Soo HM, Chen XY, Peh SQ, Heng KK, Husain R, Ho SL, Hillmer AM, Cheng CY, Escudero-Domínguez FA, González-Sarmiento R, Martinon-Torres F, Salas A, Pathanapitoon K, Hansapinyo L, Wanichwecharugruang B, Kitnarong N, Sakuntabhai A, Nguyn HX, Nguyn GTT, Nguyn TV, Zenz W, Binder A, Klobassa DS, Hibberd ML, Davila S, Herms S, Nöthen MM, Moebus S, Rautenbach RM, Ziskind A, Carmichael TR, Ramsay M, Álvarez L, García M, González-Iglesias H, Rodríguez-Calvo PP, Fernández-Vega Cueto L, Oguz Ç, Tamcelik N, Atalay E, Batu B, Aktas D, Kasım B, Wilson MR, Coleman AL, Liu Y, Challa P, Herndon L, Kuchtey RW, Kuchtey J, Curtin K, Chaya CJ, Crandall A, Zangwill LM, Wong TY, Nakano M, Kinoshita S, den Hollander AI, Vesti E, Fingert JH, Lee RK, Sit AJ, Shingleton BJ, Wang N, Cusi D, Qamar R, Kraft P, Pericak-Vance MA, Raychaudhuri S, Heegaard S, Kivelä T, Reis A, Kruse FE, Weinreb RN, Pasquale LR, Haines JL, Thorsteinsdottir U, Jonasson F, Allingham RR, Milea D, Ritch R, Kubota T, Tashiro K, Vithana EN, Micheal S, Topouzis F, Craig JE, Dubina M, Sundaresan P, Stefansson K, Wiggs JL, Pasutto F, Khor CC
Nature genetics   49(7) 993-1004   Jul 2017   [Refereed]
Kitazawa K, Kayukawa K, Wakimasu K, Yokota I, Inatomi T, Hieda O, Mori K, Sotozono C, Kinoshita S
Ophthalmology   124(4) 572-573   Apr 2017   [Refereed]
Yoshikawa H, Sotozono C, Ikeda Y, Mori K, Ueno M, Kinoshita S
Cornea   36(4) 448-451   Apr 2017   [Refereed]
Maruyama K, Maruyama Y, Sugita S, Mori K, Yokoyama Y, Sanuki-Kunimatsu S, Nakagawa H, Kinoshita S, Mochizuki M, Nakazawa T
BMC ophthalmology   17(1) 45   Apr 2017   [Refereed]
Kusakabe A, Okumura N, Wakimasu K, Kayukawa K, Kondo M, Koizumi N, Sotozono C, Kinoshita S, Mori K
Cornea   36(3) 317-321   Mar 2017   [Refereed]
Omi N, Tokuda Y, Ikeda Y, Ueno M, Mori K, Sotozono C, Kinoshita S, Nakano M, Tashiro K
Scientific reports   7 43833   Mar 2017   [Refereed]
Mori K, Nakano M, Tokuda Y, Ikeda Y, Ueno M, Sotozono C, Kinoshita S, Tashiro K
Investigative ophthalmology & visual science   57(14) 6416-6417   Nov 2016   [Refereed]
Khor CC, Do T, Jia H, Nakano M, George R, Abu-Amero K, Duvesh R, Chen LJ, Li Z, Nongpiur ME, Perera SA, Qiao C, Wong HT, Sakai H, Barbosa de Melo M, Lee MC, Chan AS, Azhany Y, Dao TL, Ikeda Y, Perez-Grossmann RA, Zarnowski T, Day AC, Jonas JB, Tam PO, Tran TA, Ayub H, Akhtar F, Micheal S, Chew PT, Aljasim LA, Dada T, Luu TT, Awadalla MS, Kitnarong N, Wanichwecharungruang B, Aung YY, Mohamed-Noor J, Vijayan S, Sarangapani S, Husain R, Jap A, Baskaran M, Goh D, Su DH, Wang H, Yong VK, Yip LW, Trinh TB, Makornwattana M, Nguyen TT, Leuenberger EU, Park KH, Wiyogo WA, Kumar RS, Tello C, Kurimoto Y, Thapa SS, Pathanapitoon K, Salmon JF, Sohn YH, Fea A, Ozaki M, Lai JS, Tantisevi V, Khaing CC, Mizoguchi T, Nakano S, Kim CY, Tang G, Fan S, Wu R, Meng H, Nguyen TT, Tran TD, Ueno M, Martinez JM, Ramli N, Aung YM, Reyes RD, Vernon SA, Fang SK, Xie Z, Chen XY, Foo JN, Sim KS, Wong TT, Quek DT, Venkatesh R, Kavitha S, Krishnadas SR, Soumittra N, Shantha B, Lim BA, Ogle J, de Vasconcellos JP, Costa VP, Abe RY, de Souza BB, Sng CC, Aquino MC, Kosior-Jarecka E, Fong GB, Tamanaja VC, Fujita R, Jiang Y, Waseem N, Low S, Pham HN, Al-Shahwan S, Craven ER, Khan MI, Dada R, Mohanty K, Faiq MA, Hewitt AW, Burdon KP, Gan EH, Prutthipongsit A, Patthanathamrongkasem T, Catacutan MA, Felarca IR, Liao CS, Rusmayani E, Istiantoro VW, Consolandi G, Pignata G, Lavia C, Rojanapongpun P, Mangkornkanokpong L, Chansangpetch S, Chan JC, Choy BN, Shum JW, Than HM, Oo KT, Han AT, Yong VH, Ng XY, Goh SR, Chong YF, Hibberd ML, Seielstad M, Png E, Dunstan SJ, Chau NV, Bei J, Zeng YX, Karkey A, Basnyat B, Pasutto F, Paoli D, Frezzotti P, Wang JJ, Mitchell P, Fingert JH, Allingham RR, Hauser MA, Lim ST, Chew SH, Ebstein RP, Sakuntabhai A, Park KH, Ahn J, Boland G, Snippe H, Stead R, Quino R, Zaw SN, Lukasik U, Shetty R, Zahari M, Bae HW, Oo NL, Kubota T, Manassakorn A, Ho WL, Dallorto L, Hwang YH, Kiire CA, Kuroda M, Djamal ZE, Peregrino JI, Ghosh A, Jeoung JW, Hoan TS, Srisamran N, Sandragasu T, Set SH, Doan VH, Bhattacharya SS, Ho CL, Tan DT, Sihota R, Loon SC, Mori K, Kinoshita S, Hollander AI, Qamar R, Wang YX, Teo YY, Tai ES, Hartleben-Matkin C, Lozano-Giral D, Saw SM, Cheng CY, Zenteno JC, Pang CP, Bui HT, Hee O, Craig JE, Edward DP, Yonahara M, Neto JM, Guevara-Fujita ML, Xu L, Ritch R, Liza-Sharmini AT, Wong TY, Al-Obeidan S, Do NH, Sundaresan P, Tham CC, Foster PJ, Vijaya L, Tashiro K, Vithana EN, Wang N, Aung T
Nature genetics   48(5) 556-562   May 2016   [Refereed]
Fujino Y, Asaoka R, Murata H, Miki A, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Shoji N, Japanese Archive of Multicentral Databases in Glaucoma (JAMDIG) Construction Group.
Investigative ophthalmology & visual science   57(4) 2012-2020   Apr 2016   [Refereed]
Mori K, Ikeda Y, Maruyama Y, Naruse S, Ueno M, Kinoshita S
International medical case reports journal   9 9-14   2016   [Refereed]
Ikeda Y, Mori K, Tada K, Ueno M, Kinoshita S, Sotozono C
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   10 1633-1637   2016   [Refereed]
Takakuwa K, Hamanaka T, Mori K, Chin S, Shinmei Y, Funaki T, Ebihara N, Ono K, Murakami A, Matsuda A
Journal of glaucoma   24(9) 662-668   Dec 2015   [Refereed]
Li Z, Allingham RR, Nakano M, Jia L, Chen Y, Ikeda Y, Mani B, Chen LJ, Kee C, Garway-Heath DF, Sripriya S, Fuse N, Abu-Amero KK, Huang C, Namburi P, Burdon K, Perera SA, Gharahkhani P, Lin Y, Ueno M, Ozaki M, Mizoguchi T, Krishnadas SR, Osman EA, Lee MC, Chan AS, Tajudin LS, Do T, Goncalves A, Reynier P, Zhang H, Bourne R, Goh D, Broadway D, Husain R, Negi AK, Su DH, Ho CL, Blanco AA, Leung CK, Wong TT, Yakub A, Liu Y, Nongpiur ME, Han JC, Hon DN, Shantha B, Zhao B, Sang J, Zhang N, Sato R, Yoshii K, Panda-Jonas S, Ashley Koch AE, Herndon LW, Moroi SE, Challa P, Foo JN, Bei JX, Zeng YX, Simmons CP, Bich Chau TN, Sharmila PF, Chew M, Lim B, Tam PO, Chua E, Ng XY, Yong VH, Chong YF, Meah WY, Vijayan S, Seongsoo S, Xu W, Teo YY, Cooke Bailey JN, Kang JH, Haines JL, Cheng CY, Saw SM, Tai ES, ICAARE-Glaucoma Consortium., NEIGHBORHOOD Consortium., Richards JE, Ritch R, Gaasterland DE, Pasquale LR, Liu J, Jonas JB, Milea D, George R, Al-Obeidan SA, Mori K, Macgregor S, Hewitt AW, Girkin CA, Zhang M, Sundaresan P, Vijaya L, Mackey DA, Wong TY, Craig JE, Sun X, Kinoshita S, Wiggs JL, Khor CC, Yang Z, Pang CP, Wang N, Hauser MA, Tashiro K, Aung T, Vithana EN
Human molecular genetics   24(13) 3880-3892   Jul 2015   [Refereed]
Aung T, Ozaki M, Mizoguchi T, Allingham RR, Li Z, Haripriya A, Nakano S, Uebe S, Harder JM, Chan AS, Lee MC, Burdon KP, Astakhov YS, Abu-Amero KK, Zenteno JC, Nilgün Y, Zarnowski T, Pakravan M, Safieh LA, Jia L, Wang YX, Williams S, Paoli D, Schlottmann PG, Huang L, Sim KS, Foo JN, Nakano M, Ikeda Y, Kumar RS, Ueno M, Manabe S, Hayashi K, Kazama S, Ideta R, Mori Y, Miyata K, Sugiyama K, Higashide T, Chihara E, Inoue K, Ishiko S, Yoshida A, Yanagi M, Kiuchi Y, Aihara M, Ohashi T, Sakurai T, Sugimoto T, Chuman H, Matsuda F, Yamashiro K, Gotoh N, Miyake M, Astakhov SY, Osman EA, Al-Obeidan SA, Owaidhah O, Al-Jasim L, Shahwan SA, Fogarty RA, Leo P, Yetkin Y, Oğuz Ç, Kanavi MR, Beni AN, Yazdani S, Akopov EL, Toh KY, Howell GR, Orr AC, Goh Y, Meah WY, Peh SQ, Kosior-Jarecka E, Lukasik U, Krumbiegel M, Vithana EN, Wong TY, Liu Y, Koch AE, Challa P, Rautenbach RM, Mackey DA, Hewitt AW, Mitchell P, Wang JJ, Ziskind A, Carmichael T, Ramakrishnan R, Narendran K, Venkatesh R, Vijayan S, Zhao P, Chen X, Guadarrama-Vallejo D, Cheng CY, Perera SA, Husain R, Ho SL, Welge-Luessen UC, Mardin C, Schloetzer-Schrehardt U, Hillmer AM, Herms S, Moebus S, Nöthen MM, Weisschuh N, Shetty R, Ghosh A, Teo YY, Brown MA, Lischinsky I, Blue Mountains Eye Study GWAS Team., Wellcome Trust Case Control Consortium 2., Crowston JG, Coote M, Zhao B, Sang J, Zhang N, You Q, Vysochinskaya V, Founti P, Chatzikyriakidou A, Lambropoulos A, Anastasopoulos E, Coleman AL, Wilson MR, Rhee DJ, Kang JH, May-Bolchakova I, Heegaard S, Mori K, Alward WL, Jonas JB, Xu L, Liebmann JM, Chowbay B, Schaeffeler E, Schwab M, Lerner F, Wang N, Yang Z, Frezzotti P, Kinoshita S, Fingert JH, Inatani M, Tashiro K, Reis A, Edward DP, Pasquale LR, Kubota T, Wiggs JL, Pasutto F, Topouzis F, Dubina M, Craig JE, Yoshimura N, Sundaresan P, John SW, Ritch R, Hauser MA, Khor CC
Nature genetics   47(6) 689   Jun 2015   [Refereed]
Aung T, Ozaki M, Mizoguchi T, Allingham RR, Li Z, Haripriya A, Nakano S, Uebe S, Harder JM, Chan AS, Lee MC, Burdon KP, Astakhov YS, Abu-Amero KK, Zenteno JC, Nilgün Y, Zarnowski T, Pakravan M, Safieh LA, Jia L, Wang YX, Williams S, Paoli D, Schlottmann PG, Huang L, Sim KS, Foo JN, Nakano M, Ikeda Y, Kumar RS, Ueno M, Manabe S, Hayashi K, Kazama S, Ideta R, Mori Y, Miyata K, Sugiyama K, Higashide T, Chihara E, Inoue K, Ishiko S, Yoshida A, Yanagi M, Kiuchi Y, Aihara M, Ohashi T, Sakurai T, Sugimoto T, Chuman H, Matsuda F, Yamashiro K, Gotoh N, Miyake M, Astakhov SY, Osman EA, Al-Obeidan SA, Owaidhah O, Al-Jasim L, Al Shahwan S, Fogarty RA, Leo P, Yetkin Y, Oğuz Ç, Kanavi MR, Beni AN, Yazdani S, Akopov EL, Toh KY, Howell GR, Orr AC, Goh Y, Meah WY, Peh SQ, Kosior-Jarecka E, Lukasik U, Krumbiegel M, Vithana EN, Wong TY, Liu Y, Koch AE, Challa P, Rautenbach RM, Mackey DA, Hewitt AW, Mitchell P, Wang JJ, Ziskind A, Carmichael T, Ramakrishnan R, Narendran K, Venkatesh R, Vijayan S, Zhao P, Chen X, Guadarrama-Vallejo D, Cheng CY, Perera SA, Husain R, Ho SL, Welge-Luessen UC, Mardin C, Schloetzer-Schrehardt U, Hillmer AM, Herms S, Moebus S, Nöthen MM, Weisschuh N, Shetty R, Ghosh A, Teo YY, Brown MA, Lischinsky I, Blue Mountains Eye Study GWAS Team., Wellcome Trust Case Control Consortium 2., Crowston JG, Coote M, Zhao B, Sang J, Zhang N, You Q, Vysochinskaya V, Founti P, Chatzikyriakidou A, Lambropoulos A, Anastasopoulos E, Coleman AL, Wilson MR, Rhee DJ, Kang JH, May-Bolchakova I, Heegaard S, Mori K, Alward WL, Jonas JB, Xu L, Liebmann JM, Chowbay B, Schaeffeler E, Schwab M, Lerner F, Wang N, Yang Z, Frezzotti P, Kinoshita S, Fingert JH, Inatani M, Tashiro K, Reis A, Edward DP, Pasquale LR, Kubota T, Wiggs JL, Pasutto F, Topouzis F, Dubina M, Craig JE, Yoshimura N, Sundaresan P, John SW, Ritch R, Hauser MA, Khor CC
Nature genetics   47(4) 387-392   Apr 2015   [Refereed]
[Ultrasound biomicroscopy in infants with congenital corneal opacity and its correlations with clinical diagnosis and intraocular pressure].
Yoshikawa H, Ikeda Y, Sotozono C, Mori K, Ueno M, Kinoshita S
Nippon Ganka Gakkai zasshi   119(1) 16-21   Jan 2015   [Refereed]
Maruyama Y, Ikeda Y, Mori K, Ueno M, Yoshikawa H, Kinoshita S
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   9 1429-1436   2015   [Refereed]
Maruyama Y, Mori K, Ikeda Y, Ueno M, Kinoshita S
Journal of ocular pharmacology and therapeutics : the official journal of the Association for Ocular Pharmacology and Therapeutics   30(5) 440-444   Jun 2014   [Refereed]
Nakano M, Ikeda Y, Tokuda Y, Fuwa M, Ueno M, Imai K, Sato R, Omi N, Adachi H, Kageyama M, Mori K, Kinoshita S, Tashiro K
Scientific reports   4 5340   Jun 2014   [Refereed]
Maruyama Y, Mori K, Ikeda Y, Ueno M, Kinoshita S
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   8 113-118   2014   [Refereed]
Yamamoto T, Kuwayama Y, Nomura E, Tanihara H, Mori K, Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-related Infection.
Acta ophthalmologica   91(6) e420-6   Sep 2013   [Refereed]
Imai K, Ueta M, Mori K, Ueno M, Ikeda Y, Oga T, Yokoi N, Shinomiya K, Narumiya S, Kinoshita S
The British journal of ophthalmology   96(8) 1148-1149   Aug 2012   [Refereed]
Hori K, Matsuda A, Ebihara N, Imai K, Mori K, Funaki T, Watanabe Y, Nakatani S, Okada K, Matsuo O, Murakami A
Investigative ophthalmology & visual science   53(4) 1846-1851   Apr 2012   [Refereed]
Tokuda Y, Yagi T, Yoshii K, Ikeda Y, Fuwa M, Ueno M, Nakano M, Omi N, Tanaka M, Mori K, Kageyama M, Nagasaki I, Yagi K, Kinoshita S, Tashiro K
SpringerPlus   1 41   2012   [Refereed]
Nakano M, Ikeda Y, Tokuda Y, Fuwa M, Omi N, Ueno M, Imai K, Adachi H, Kageyama M, Mori K, Kinoshita S, Tashiro K
PloS one   7(3) e33389   2012   [Refereed]
Nakano M, Ikeda Y, Taniguchi T, Yagi T, Fuwa M, Omi N, Tokuda Y, Tanaka M, Yoshii K, Kageyama M, Naruse S, Matsuda A, Mori K, Kinoshita S, Tashiro K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(31) 12838-12842   Aug 2009   [Refereed]
LOXL1 genetic polymorphisms are associated with exfoliation glaucoma in the Japanese population.
Mori K, Imai K, Matsuda A, Ikeda Y, Naruse S, Hitora-Takeshita H, Nakano M, Taniguchi T, Omi N, Tashiro K, Kinoshita S
Molecular vision   14 1037-1040   Jun 2008   [Refereed]
Yamamura K, Mori K, Hieda O, Kinoshita S
Japanese journal of ophthalmology   52(3) 231-232   May 2008   [Refereed]
Ikeda Y, Mori K, Ishibashi T, Naruse S, Nakajima N, Kinoshita S
Journal of ocular pharmacology and therapeutics : the official journal of the Association for Ocular Pharmacology and Therapeutics   24(2) 230-234   Apr 2008   [Refereed]
Yoneda K, Nakano M, Mori K, Kinoshita S, Tashiro K
Growth factors (Chur, Switzerland)   25(3) 160-167   Jun 2007   [Refereed]
Mori K, Ikushima T, Ikeda Y, Kinoshita S
American journal of ophthalmology   143(1) 154-155   Jan 2007   [Refereed]
[Blurred vision after instillation of topical carbonic anhydrase inhibitor].
Ishibashi T, Mori K
Nippon Ganka Gakkai zasshi   110(9) 689-692   Sep 2006   [Refereed]
[Relationship between compliance and background factors of glaucoma patients].
Ikushima T, Mori K, Ishibashi T, Ikeda Y, Naruse S, Hozono Y, Kinoshita S
Nippon Ganka Gakkai zasshi   110(7) 497-503   Jul 2006   [Refereed]
[A case of severe glaucoma with pseudopemphigoid successfully treated by filtration surgery using amniotic membrane].
Hino K, Mori K, Sotozono C, Ikeda Y, Naruse S, Ishibashi T, Nanjo Y, Kinoshita S
Nippon Ganka Gakkai zasshi   110(4) 312-317   Apr 2006   [Refereed]
Ikeda Y, Mori K, Ishibashi T, Naruse S, Nakajima N, Kinoshita S
Japanese journal of ophthalmology   50(2) 153-157   Mar 2006   [Refereed]
Naruse S, Mori K, Kinoshita S
Ophthalmic & physiological optics : the journal of the British College of Ophthalmic Opticians (Optometrists)   25(5) 421-428   Sep 2005   [Refereed]
Naruse S, Yamada J, Hamuro J, Kobayashi T, Mori K, Kinoshita S
Experimental eye research   79(2) 223-230   Aug 2004   [Refereed]
Naruse S, Mori K, Kojo M, Hieda O, Kinoshita S
Journal of cataract and refractive surgery   30(2) 390-397   Feb 2004   [Refereed]
Naruse S, Mori K, Kinoshita S
Acta ophthalmologica Scandinavica   81(2) 151-154   Apr 2003   [Refereed]
cDNA microarray analysis of gene expression changes induced by dexamethasone in cultured human trabecular meshwork cells.
Ishibashi T, Takagi Y, Mori K, Naruse S, Nishino H, Yue BY, Kinoshita S
Investigative ophthalmology & visual science   43(12) 3691-3697   Dec 2002   [Refereed]
ラタノプロストのNon-responderの検討
池田 陽子, 森 和彦, 石橋 健, 足立 和加子, 小林 ルミ, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 木下 茂
緑内障   12(1) 81-83   Sep 2002
ラタノプロスト無効例の割合・臨床危険因子について検討した.対象はラタノプロスト単剤を新規に処方し3ヵ月以上単剤で経過観察できた原発開放隅角緑内障14眼,高眼圧症5眼,正常眼圧緑内障15眼,嚢性緑内障3眼,続発緑内障9眼の計46例46眼とした.これらの症例の点眼開始1,3,6,12ヵ月後のoutflow pressure下降率を計算し,この値が0または負のものを無効例と定義した.その結果,無効例の割合は,1ヵ月で8.6%,3ヵ月で18.2%,6ヵ月で22.7%,12ヵ月で26.3%となった....
Ishibashi T, Yokoi N, Ohtsuki M, Mori K, Komuro A, Kinoshita S
Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde   216(5) 351-354   Sep 2002   [Refereed]
ラタノプロストのNon-responderの検討
池田 陽子, 森 和彦, 石橋 健, 足立 和加子, 小林 ルミ, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 木下 茂
あたらしい眼科   19(6) 779-781   Jun 2002
ラタノプロスト無効例について,割合・臨床的危険因子を中心に検討した.対象は,緑内障患者46例46眼とした.我が国におけるラタノプロスト無効例の比率は欧米に比べて高く,投与前眼圧が低い症例(15mmHg以下)にはラタノプロストが効きにくかった
ラタノプロスト点眼液の角膜上皮バリアー機能への影響
石橋 健, 森 和彦, 足立 和加子, 成瀬 繁太, 樋野 泰一, 小室 青, 横井 則彦, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   105(5) 333-337   May 2001
正常者10例10眼及び緑内障患者9例9眼に対してラタノプロスト点眼液(キサラタン)の角膜上皮バリアー機能への影響をフルオロフォトメトリー法を用いて検討した.その結果,角膜中央部でのフルオレセインの取り込み濃度は,正常者ではラタノプロスト(キサラタン)投与前22.2±16.0(平均値±標準偏差)ng/ml,投与1ヵ月後26.4±15.1ng/ml,緑内障患者では投与前55.0±25.0ng/ml,投与1ヵ月後57.8±37.0ng/mlであり,両群共に投与前後でフルオレセイン取り込み濃度に有...
β遮断剤の点眼が眼表面に及ぼす影響
大槻 勝紀, 横井 則彦, 森 和彦, 松本 康宏, 足立 和加子, 石橋 健, 佐藤 昌昭, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   105(3) 149-154   Mar 2001
β遮断剤の点眼が涙液および眼表面上皮に及ぼす影響について検討した.対象は緑内障患者でβ遮断剤の単剤を3ヵ月以上点眼している23例23眼および健常ボランティア32例32眼とした.両群の左眼に対して,1)涙液メニスカスの曲率半径測定,2)涙液の油層のgrade分類,3)涙液のnon-invasive breakup time(N-BUT)の測定,4)綿糸法,5)フルオレセイン染色スコアの評価,6)フルオレセインbreakup time(F-BUT)測定,7)ローズベンガル染色スコアの評価,8)...
手背部経穴鍼刺激による網脈絡膜微小循環動態変化
成瀬 繁太, 森 和彦, 栗原 麻奈, 中島 伸子, 松本 康宏, 木下 茂, 大山 良樹, 中村 辰三
日本眼科学会雑誌   104(10) 717-723   Oct 2000
若年正常者12例を鍼刺激の経験の有無により2群に分け,片側手背部第1,第2中手骨間の「合谷穴」に鍼刺激を行い,刺激前,中,後の網脈絡膜血流をHeidelberg retina flowmeterを用いて測定した.その結果,経験の有無に拘わらず両群とも鍼刺激中の網脈絡膜血流は有意に増加したが,その効果は経験者群の方が持続する傾向であった.すなわち馴化現象はなかった.また,対側・同側それぞれの手背部鍼刺激で同様の結果を得た.さらに,鍼刺激とともに有意な脈拍数減少を認めた.鍼刺激が,自律神経系を...
レーザー虹彩切開術後の水疱性角膜症に対する検討
金井 尚代, 小室 青, 荒木 美治, 佐野 洋一郎, 稲富 勉, 森 和彦, 西田 幸二, 外園 千恵, 横井 則彦, 木下 茂
眼科臨床医報   94(8) 1072-1072   Aug 2000
マイトマイシンC併用線維柱帯切除術後に長期間低眼圧をきたした1例
山村 陽, 森 和彦, 薗村 有紀子, 小林 史郎, 河嶋 昭彦, 松本 康宏, 木下 茂
眼科手術   13(2) 287-290   Apr 2000
症例は69歳男性で,両眼霧視を自覚し,近医にて原発開放隅角緑内障と診断されていた.両眼に著明な視野欠損と中等度白内障を認め,マイトマイシンC(MMC)レクトミーに白内障手術を併用するトリプル手術を施行した.MMC 0.4mg/mlを5分間静置し生理食塩水300mlで洗浄した.左眼は術翌日から平坦な濾過胞を示し,5mmHg以下の低眼圧が約60日間続いた.経過中,脈絡膜剥離が約3週間持続したが,低眼圧黄斑症は発症しなかった.一方,右眼の経過は良好であった.臨床経過から毛様体機能不全およびぶどう...
ロケット花火による眼外傷の2例
渡辺 彰英, 池田 恒彦, 小泉 閑, 安原 徹, 外園 千恵, 森 和彦
眼科手術   12(4) 543-546   Oct 1999
症例1は19歳男.ロッケット花火が左眼を直撃し,眼瞼浮腫,前房出血,硝子体出血をきたし,眼底は透見不能であった.硝子体出血の自然消退が認められないため,受傷4週間後に硝子体手術を施行した.術中所見で広範な網膜下出血と脈絡膜破裂を認めた.術後,眼底の視認性は改善したが,網脈絡膜瘢痕のため矯正視力は0.06に留まった.症例2は14歳男.ロケット花火が左眼を直撃し,全房出血,硝子体出血をきたした.出血は自然消退したが,外傷性緑内障をきたしたため,受傷5ヵ月後に線維柱帯切開術を施行した.術後,眼圧...
マイトマイシンC併用トラベクレクトミー術後早期の濾過胞形状と眼圧変動
森 和彦, 大原 真紀, 松本 康宏, 木下 茂
眼科手術   12(1) 113-116   Jan 1999
著者等はマイトマイシンC併用トラベクレクトミー(MMCレクトミー)症例の濾過胞形状と眼圧変動を検討し,予期せぬ眼圧変動を生じる要因を考察した.対象はMMCレクトミー症例のうち同一術者による50例50眼であり,MMCは0.4mg/mlを5分間静置し生理食塩水300mlで洗浄した.早期に処置を必要としなかった29例29眼では,術後6〜9日目に2〜4mmHgの有意な眼圧低下を認め,その後数日持続した.これらの症例では眼圧変動の間に濾過胞形状や前房内炎症に明らかな変化を認めなかった.また外科的処置...
小森 秀樹, 森 和彦, 池田 恒彦, 澤 浩, 小泉 閑, 安原 徹, 木下 茂
臨床眼科   53(1) 49-53   Jan 1999
ハイデルベルク網膜断層計Heidelberg Retina tomographを用いて,糖尿病性牽引性網膜剥離23眼を検索した.増殖膜に牽引された剥離網膜の形状が明瞭に観察され,特に網膜面の傾斜の状態から,網膜と硝子体の癒着部位の同定がある程度可能であった.本装置は,糖尿病性牽引性網膜剥離の硝子体手術の術前の指針を得る装置として有用であった
森 和彦, 河嶋 昭彦, 片桐 ルミ
臨床眼科   51(6) 1037-1040   Jun 1997
対象は若年健常者9名18眼で,視神経乳頭近傍20×5°の範囲についてHeidelberg Retina Flowmetry(HRF)により血流動態解析を行った.鍼刺激は両手背第一/二中手骨骨底間陥凹で第二中手骨「合谷」穴に15分間行い,刺激開始前,刺激中5,10,15分経過後及び抜鍼後に測定を行った.網膜血流は鍼刺激開始後経時的に有意な増加を示したが,抜鍼と共に刺激前値へと低下した.鍼刺激が眼底血流増加作用を有することをはじめて確認した
ガラクトース血症による先天性白内障(第3報)
堤 元信, 松本 康宏, 森 和彦
日本眼科学会雑誌   96(1) 22-27   Jan 1992
ガラクトース血症妊娠ラットから生まれる仔ラットの水晶体は白内障になることが知られているが,この白内障の形成が妊娠のどの時期に最も影響が大きいかを知る目的で,妊娠の3分の1期間(前期,中期,後期)のみにガラクトース食餌を与え,それらのラットから生れた仔ラットの水晶体における組織学的変化を経時的に観察し,また水晶体内のガラクチトール量を測定し,その推移を検討した.生直後では中期群に軽度,後期群は比較的強い白内障が観察された.これらは生後,経時的に改善していった.ガラクチトール量は後期群の生直後...
ラット糖尿病白内障の磁気共鳴画像(MRI)による解析
森 和彦, 西川 弘恭, 赤木 好男
日本眼科紀要   42(4) 619-623   Apr 1991
ストレプトゾトシン静注によるラット糖尿病白内障に対してin vivo MRIを用い,これまでのin vitroにおける結果をもとに,その白内障描出能を組織学的検索と比較検討した.生きた状態のラットにおいて水晶体皮質の液化変性に対応する所見が描出可能であり,パルス系列としてSpin Echo法を用いる場合には,Proton密度強調画像,ならびにT2強調画像が白内障描出に有用であった
ラットガラクトース白内障Diet-Reversalの核磁気共鳴法による解析
森 和彦, 松本 康宏, 池部 均
日本眼科紀要   41(8) 1603-1609   Aug 1990
本研究の目的はDiet-Reversal現象を1H-NMRにて捕らえることにより,将来の磁気共鳴画像(MRI)によるARI(アルドース還元酵素阻害剤)治療効果判定の基礎的データを得ることにある.実験には体重50 gのSD系ラットを4群に分け25%ガラクトースを1, 2週間投与後,正常食に置換し経時的に水晶体を摘出した.摘出水晶体は既報に従い高速フーリエ変換スピンエコー装置を用いInversion Recovery, Carr Purcell Meiboom Gill法にて縦緩和時間T1,横...
試作瞳孔面積測定装置(その1) 市販散瞳薬点眼後の瞳孔面積の変化
松本 康宏, 森 和彦, 伴 由利子
日本眼科紀要   41(4) 673-680   Apr 1990
森 和彦, 松本 康宏, 池部 均
臨床眼科   44(4) 443-446   Apr 1990
SD系rat (bw 50 g) 7群に2種の濃度のARIを含むガラクトース含有食を与え,経時的に水晶体を摘出し縦緩和時間T1,横緩和時間T2を測定した.その結果,緩和時間の経時的変化は組織における水晶体線維の液化膨化と対応し,FR74366の濃度依存性の白内障抑制・治療効果を1H-NMR緩和時間により確認し定量的にあらわすことができた
新しいアルドース還元酵素阻害剤(ARI;FR74366)のラットガラクトース白内障に対する効果
辻 俊明, 松本 康宏, 森 和彦
日本眼科学会雑誌   94(2) 120-127   Feb 1990
新しいARIであるFR74366(藤沢)のラットガラクトース白内障に対する濃度別(0.025%,0.075%)抑制効果,およびいったん発症した白内障に対する治癒効果を組織学的・生化学的に解析し,以下の結論を得た.FR74366は白内障発症抑制効果・治癒効果を有する.両効果は薬剤濃度に依存し,低濃度FR74366 (0.025%)は作用が弱く効果にばらつきがみられたが,高濃度FR74366 (0.075%)は強力な効果を有した
ラットガラクトース白内障水晶体内水のNMR緩和時間による解析
森 和彦, 照林 宏文, 赤木 好男
日本眼科紀要   40(13) 2890-2895   Dec 1989
ラットガラクトース白内障の水晶体およびアルドース還元酵素阻害剤(ARI.)同時投与水晶体を,形態学的ならびにプロトン核磁気共鳴法(1H-NMR)緩和時間を用いて検討した.1)正常対照群とガラクトース白内障群摘出水晶体を水分の易動性の違いとして明確に区別できた.2)非常に軽度の水晶体線維膨化所見をNMRにてとらえることができた.3) ARIの白内障抑制効果判定にもNMRは有用であった

Misc

 
【他疾患合併眼での緑内障手術戦略】 角結膜疾患関連緑内障
森 和彦
眼科手術   31(3) 349-356   Jul 2018
角結膜疾患(眼表面疾患)に合併した続発緑内障の治療においては、常に眼表面に注意を払いつつ緑内障の治療を構築してゆく必要がある。その眼圧上昇機転は多岐にわたっており、角結膜原疾患や炎症の関与、移植の有無によっても異なるため、病態に応じて緑内障術式を考慮する必要がある。さらに、手術によって惹起された炎症が角結膜に対しても影響を及ぼすため、十分な管理上の注意が必要である。(著者抄録)
関西緑内障道場 緑内障なやみの相談室 内灘編
森 和彦
眼科臨床紀要   11(5) 410-410   May 2018
NDBオープンデータを用いた外来での緑内障点眼薬処方の実態調査
加藤 浩晃, 森 和彦, 外園 千恵, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   122(臨増) 214-214   Mar 2018
ROCK阻害剤による角膜内皮形状変化
池田 陽子, 森 和彦, 吉井 健悟, 上野 盛夫, 今井 浩二郎, 山本 雄士, 丸山 悠子, 吉川 晴菜, 外園 千恵, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   122(臨増) 274-274   Mar 2018
最重度聴覚障害者に対する唯一眼の局麻下緑内障チューブシャント手術
森 和彦, 上野 盛夫, 池田 陽子, 稲富 勉, 外園 千恵
眼科   59(9) 955-955   Sep 2017
森 和彦, 井上 昌幸, 丸山 勝彦
臨床眼科   71(5) 660-667   May 2017
小児眼疾患の早期発見 乳幼児期の疾患の早期発見 前眼部疾患・緑内障
池田 陽子, 森 和彦, 外園 千恵
眼科臨床紀要   10(5) 394-398   May 2017
明らかな角膜混濁がある場合や、片眼性の左右差の際立った牛眼は比較的早く緑内障が発見されるが、軽微な角膜混濁や眼球拡大のはっきりしない緑内障は発見が遅れやすい。京都府立医科大学附属病院の角膜外来および緑内障外来を受診した小児の前眼部疾患および緑内障疾患のカルテをレビューしたところ、角膜混濁、牛眼のみが疾患のサインではなく、様々な理由によって眼科を受診して前眼部疾患および緑内障が診断されていたことが判明した。受診理由を把握するとともに正常乳幼児の角膜径、眼圧、視神経乳頭陥凹の所見を理解すること...
白内障同時手術と濾過胞形状の関連性 濾過胞感染多施設共同研究データの検証
山本 雄士, 森 和彦, 横田 勲, 吉井 健悟, 池田 陽子, 上野 盛夫, 今井 浩二郎, 手良向 聡, 木下 茂, 外園 千恵
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 243-243   Mar 2017
リパスジル塩酸塩水和物点眼薬の眼圧下降効果と安全性の検討
池田 陽子, 吉川 晴菜, 森 和彦, 吉井 健悟, 上野 盛夫, 今井 浩二郎, 丸山 悠子, 山本 雄士, 木下 茂, 外園 千恵
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 282-282   Mar 2017
広義原発開放隅角緑内障におけるCDKN2B-AS1のリスクアレルとフェノタイプの解析
池田 陽子, 森 和彦, 上野 盛夫, 山本 雄士, 丸山 悠子, 吉井 健悟, 今井 浩二郎, 佐藤 隆一, 佐藤 史子, 中野 正和, 田代 啓, 木下 茂, 外園 千恵
日本眼科学会雑誌   120(臨増) 267-267   Mar 2016
濾過胞形状と術後抗緑内障薬点眼薬の関連性 濾過胞感染多施設共同研究データの検証
山本 雄士, 森 和彦, 横田 勲, 池田 陽子, 上野 盛夫, 今井 浩二郎, 吉川 晴菜, 手良向 聡, 木下 茂, 外園 千恵
日本眼科学会雑誌   120(臨増) 270-270   Mar 2016
姉妹で同時期に硝子体混濁を発症したアミロイドーシスの2例
加藤 雄人, 永田 健児, 小森 秀樹, 稲葉 純子, 森 和彦, 上野 盛夫, 木下 茂, 外園 千恵, 畑中 宏樹
京都府立医科大学附属北部医療センター誌   2(1) 35-41   Mar 2016
目的:姉妹で同時期に硝子体混濁を発症しアミロイドーシスの診断に至った症例を経験したので報告する。症例:38歳と41歳の姉妹。出身地は京都北部。姉妹で同時期に右眼の視力低下を自覚し、同様のglass wool状の硝子体混濁を認めた。この2症例に対し、アミロイドーシスを疑い硝子体生検を施行した。生検した硝子体はCongo red染色陽性で、精査の結果トランスサイレチン遺伝子異常を認め、家族性アミロイドポリニューロパチーと診断した。妹は術後にSpectral Domain Optical Coh...
薬剤性偽眼類天疱瘡に対し眼表面再建術と緑内障手術を施行した1例
関山 有紀, 森 和彦, 稲富 勉, 中村 隆宏, 畑中 宏樹, 木下 茂
眼科臨床医報   97(4) 320-320   Apr 2003
【緑内障治療における究極の選択Q&A】 薬剤性角膜上皮障害と抗緑内障点眼薬 抗緑内障薬によって薬剤性角膜上皮障害が発症したときの対処法は?
森 和彦
あたらしい眼科   19(11) 1427-1431   Nov 2002
【緑内障の治療】 緑内障の薬物治療 治療薬の合併症
森 和彦
眼科   44(11) 1489-1494   Oct 2002
【緑内障の治療】 病型別緑内障に対する治療指針 続発緑内障 眼表面異常を伴う緑内障
足立 和加子, 森 和彦
眼科   44(11) 1679-1683   Oct 2002
緑内障(検査)のUP DATE 経過観察における画像診断の有用性
森 和彦
緑内障   12(臨増) 66-66   Aug 2002
線維柱帯細胞初代培養に対するマイトマイシンCの影響
石橋 健, 森 和彦, 池田 陽子, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 木下 茂
緑内障   12(臨増) 110-110   Aug 2002
抗緑内障点眼薬による角膜上皮障害と角膜知覚低下の検討
南條 由佳子, 横井 則彦, 森 和彦, 石橋 健, 成瀬 繁太, 池田 陽子, 小林 ルミ, 木下 茂
緑内障   12(臨増) 164-164   Aug 2002
正常眼圧緑内障患者におけるβブロッカー・ノンレスポンダーの比較検討
池田 陽子, 森 和彦, 石橋 健, 成瀬 繁太, 小林 ルミ, 南條 由佳子, 水野 秀信, 木下 茂, 中島 信子
緑内障   12(臨増) 165-165   Aug 2002
緑内障治療薬による薬剤性角膜上皮障害
森 和彦
Frontiers in Glaucoma   3(3) 202-202   Aug 2002
Pressure Phosphene TonometerによるLASIK術前後の眼圧評価
古城 美奈, 成瀬 繁太, 森 和彦, 稗田 牧, 足立 和加子, 石橋 健, 高橋 順子, 金井 尚代, 山田 知之, 中島 伸子
眼科臨床医報   96(7) 804-804   Jul 2002
線維柱帯切除術におけるcompression sutureの有用性
平井 南海子, 森 和彦, 足立 和加子, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 池田 陽子, 石橋 健
眼科臨床医報   96(7) 804-804   Jul 2002
隅角癒着解離術の手術成績
樋野 景子, 足立 和加子, 森 和彦, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 池田 陽子, 石橋 健, 木下 茂
眼科臨床医報   96(7) 804-805   Jul 2002
線維柱帯切除術におけるcompression sutureの有用性
平井 南海子, 森 和彦, 足立 和加子, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 池田 陽子, 石橋 健, 木下 茂
眼科臨床医報   96(4) 459-459   Apr 2002
隅角癒着解離術の手術成績
樋野 景子, 足立 和加子, 森 和彦, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 池田 陽子, 石橋 健, 木下 茂
眼科臨床医報   96(4) 459-459   Apr 2002
チモロール点眼薬の眼表面への影響 防腐剤の有無による比較検討
石橋 健, 横井 則彦, 森 和彦, 池田 陽子, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 小林 ルミ, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   106(臨増) 117-117   Apr 2002
Pressure Phosphene TonometerによるLASIK術前後の眼圧評価
古城 美奈, 成瀬 繁太, 森 和彦, 稗田 牧, 木下 茂, 中島 伸子
日本眼科学会雑誌   106(臨増) 114-114   Apr 2002
ラタノプロスト・ノンレスポンダーの定義
池田 陽子, 森 和彦, 石橋 健, 足立 和加子, 成瀬 繁太, 小林 ルミ, 南條 由佳子, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   106(臨増) 116-116   Apr 2002
デキサメサゾン投与による培養ヒト線維柱帯細胞の遺伝子発現化
成瀬 繁太, 石橋 健, 高木 泰孝, 森 和彦, Yue Beatrice, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   106(臨増) 262-262   Apr 2002
【プライマリケアでおさえておきたい高齢化社会における眼のケア】 視力低下を訴える患者さんの診察のポイント
森 和彦
治療   84(3) 415-419   Mar 2002
日常診療における視力低下の訴えは非常に多いが,その程度,病因,治療法,更に予後は千差万別である.プライマリケアでは,時期を失することなく加療を要する患者を眼科専門医に紹介する必要がある.視力低下を訴える患者の診察のポイントを病歴聴取時と診察時とに分けてまとめると共に,眼科専門医への照会のタイミングと救急時に必要な処置について記載した
線維柱帯切除術後の眼圧管理
小谷 真穂子, 森 和彦, 水野 秀信, 高木 泰孝, 成瀬 繁太, 足立 和加子, 石橋 健, 樋野 泰一, 生島 徹
眼科臨床医報   95(10) 1089-1089   Oct 2001
京都府立医科大学眼科における血管新生緑内障の治療成績
水野 秀信, 森 和彦, 小谷 真穂子, 高木 泰孝, 成瀬 繁太, 足立 和加子, 石橋 健, 樋野 泰一, 生島 徹
眼科臨床医報   95(10) 1088-1089   Oct 2001
ラタノプロストのNon-responderの検討
池田 陽子, 森 和彦, 石橋 健, 足立 和加子, 成瀬 繁太, 南條 由佳子, 木下 茂
緑内障   11(臨増) 162-162   Aug 2001
Pressure Phosphene Tonometerと従来型眼圧計の比較検討
成瀬 繁太, 森 和彦, 石橋 健, 足立 和加子, 池田 陽子, 南條 由佳子, 木下 茂
緑内障   11(臨増) 152-152   Aug 2001
続発緑内障への対処法 角結膜疾患による緑内障
森 和彦
緑内障   11(臨増) 77-77   Aug 2001
京都府立医科大学眼科における難治緑内障の治療成績
足立 和加子, 森 和彦, 成瀬 繁太, 樋野 泰一, 生島 徹, 石橋 健, 木下 茂
眼科臨床医報   95(8) 838-838   Aug 2001
羊膜移植術後の緑内障に対する手術療法の検討
森 和彦, 佐野 洋一郎, 足立 和加子, 石橋 健, 成瀬 繁太, 小泉 範子, 樋野 秦一, 生島 徹, 木下 茂
眼科臨床医報   95(8) 839-839   Aug 2001
Optical Coherence Tomographyによる羊膜パッチ併用線維柱帯切除術後瀘過胞断面の検討
森 和彦, 足立 和加子, 石橋 健, 成瀬 繁太, 小林 ルミ, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   105(臨増) 213-213   Mar 2001
ステロイド投与による培養ヒト線維柱帯細胞の遺伝子発現変化
石橋 健, 高木 泰孝, 成瀬 繁太, 森 和彦, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   105(臨増) 220-220   Mar 2001
MEN社製MICROMAXの使用経験(第2報)
石橋 健, 高木 泰孝, 森 和彦, 成瀬 繁太, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   105(臨増) 354-354   Mar 2001
原発開放隅角緑内障患者の点眼薬多剤併用による眼圧コントロール
成瀬 繁太, 森 和彦, 石橋 健, 小林 ルミ, 足立 和加子, 池田 陽子, 樋野 泰一, 生島 徹, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   105(臨増) 210-210   Mar 2001
【緑内障治療薬の選択基準と治療指針】 選択基準と治療指針 副作用の観点から
森 和彦
眼科   43(2) 149-154   Feb 2001
京都府立医大におけるマイトマイシンC併用線維柱帯切除術後の眼圧管理
小谷 真穂子, 森 和彦, 高木 泰孝, 水野 秀信, 足立 和加子, 樋野 泰一, 生島 徹, 成瀬 繁太, 石橋 健, 木下 茂
眼科手術   14(臨増) 270-270   Jan 2001
京都府立医科大学眼科における血管新生緑内障の治療成績
水野 秀信, 森 和彦, 高木 泰孝, 小谷 真穂子, 樋野 泰一, 生島 徹, 成瀬 繁太, 足立 和加子, 石橋 健, 木下 茂
眼科手術   14(臨増) 270-270   Jan 2001
レーザ虹彩切開術後の水疱性角膜症
森 和彦
Frontiers in Glaucoma   1(2) 116-117   Nov 2000
標記角膜症の典型例を提示し,その原因や予後等について考察した.症例は69歳女で,右眼の緑内障発作に対してアルゴンレーザ虹彩切開術を受け(総照射エネルギ20J以上),その6年後に水疱性角膜症(A)を発症した.全層角膜移植術+隈角癒着解離術+水晶体超音波乳化吸引術+眼内レンズ挿入術によりいったん眼圧は正常化したが,その後再上昇したためマイトマイシンC併用線維柱帯切除術+隈角癒着解離術を施行し良好な経過が得られた.本例ではレーザ照射部位から遠く離れた角膜下方で晩発的に浮腫が出現していることから,...
眼表面形成術後の緑内障
森 和彦
Frontiers in Glaucoma   1(2) 114-115   Nov 2000
化学外傷による難治性瘢痕性角結膜疾患に対して眼表面再建を目的に自己輪部上皮移植術を行ったが再発したため,羊膜移植術を施行したとことろ,続発緑内障をきたした27歳男性の症例を報告した.続発緑内障の発症原因として,化学外傷に伴う直接的房水流出路障害に加え,激しい炎症の抑制目的に行った大量ステロイド投与,複数回の手術による線維柱帯細胞の機能不全・隈角癒着等が考えられた.更に羊膜移植術が関与した緑内障の発症原因として,羊膜と強膜との癒着形成,濾過胞としての羊膜の強度の問題,角膜上皮が羊膜ごとに剥離...
濾過手術を契機に発症した網脈絡膜剥離の1例
山崎 俊秀, 小泉 閑, 安原 徹, 森 和彦, 木下 茂
眼科臨床医報   94(10) 1282-1282   Oct 2000
ラタノプロスト長期点眼による角膜上皮バリアー機能への影響(第2報)
石橋 健, 森 和彦, 足立 和加子, 成瀬 繁太, 樋野 泰一, 生島 徹, 小室 青, 横井 則彦, 木下 茂
緑内障   10(臨増) 121-121   Aug 2000
羊膜移植術後に緑内障を発症し手術療法を必要とした3症例
森 和彦, 足立 和加子, 小泉 範子, 佐野 洋一郎, 石橋 健, 成瀬 繁太, 樋野 秦一, 生島 徹, 西田 幸二, 木下 茂
緑内障   10(臨増) 166-166   Aug 2000
京都府立医科大学眼科における緑内障手術の術後成績
梶原 小有里, 森 和彦, 吉川 直子, 足立 和加子, 石橋 健, 成瀬 繁太, 木下 茂, 樋野 秦一
緑内障   10(臨増) 187-187   Aug 2000
アルゴンレーザー虹彩切開術後の水疱性角膜症についての検討
金井 尚代, 小室 青, 荒木 美治, 佐野 洋一郎, 稲富 勉, 森 和彦, 西田 幸二, 外園 千恵, 横井 則彦, 木下 茂
眼科臨床医報   94(5) 690-690   May 2000
交感神経遮断薬の調節に及ぼす影響
星 最智, 中島 伸子, 山村 陽, 成瀬 繁太, 小林 ルミ, 森 和彦, 木下 茂, 中村 芳子
眼科臨床医報   94(5) 692-692   May 2000
教室における緑内障手術の術後成績について
梶原 小有里, 森 和彦, 吉川 直子, 足立 和加子, 石橋 健, 成瀬 繁太, 樋野 秦一
眼科臨床医報   94(5) 691-691   May 2000
過去18年間の全緑内障手術症例の検討
吉川 直子, 森 和彦, 梶原 小有里, 足立 和加子, 成瀬 繁太, 樋野 泰一
眼科臨床医報   94(5) 691-691   May 2000
ラタノプロスト点眼による角膜上皮バリアー機能への影響
石橋 健, 森 和彦, 足立 和加子, 成瀬 繁太, 桶野 泰一, 小室 青, 横井 則彦, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   104(臨増) 174-174   Mar 2000
手背部経穴鍼刺激による眼圧及び房水流出率の変化
成瀬 繁太, 森 和彦, 樋野 泰一, 木下 茂, 大山 良樹, 中村 辰三
日本眼科学会雑誌   104(臨増) 188-188   Mar 2000
緑内障治療薬の調節に及ぼす影響
星 最智, 中島 伸子, 山村 陽, 成瀬 繁太, 小林 ルミ, 森 和彦, 木下 茂, 中村 芳子
日本眼科学会雑誌   104(臨増) 255-255   Mar 2000
ニプラジロールとチモロール点眼後早期の網膜循環動態への影響
森 和彦, 成瀬 繁太, 星 最智, 小林 ルミ, 石橋 健, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   104(臨増) 176-176   Mar 2000
各種緑内障手術の術後早期の眼圧変動
森 和彦, 成瀬 繁太, 足立 和加子, 石橋 健, 木下 茂
眼科臨床医報   94(2) 241-241   Feb 2000
マイトマイシンC併用線維柱帯切除術後の低眼圧における臨床因子の統計的検討
藤田 敦子, 森 和彦, 小泉 閑, 松本 康宏, 木下 茂
眼科臨床医報   93(9) 1436-1436   Sep 1999
乳頭前方へ発育した増殖膜を有する増殖糖尿病網膜症の4例
栗原 麻奈, 池田 恒彦, 森 和彦, 澤 浩, 安原 徹, 小泉 閑
眼科臨床医報   93(8) 1160-1163   Aug 1999
増殖膜が視神経乳頭より眼球の前方に向かって著明に発育し,後部硝子体皮質前ポケットと一見無関係な形態を呈した.4症例の共通点として,全例男性であったこと,硝子体液化が極めて少なく増殖膜周囲の後部硝子体は全象限で未剥離であったこと,術前から高度な虹彩ルベオーシスが存在し血管新生緑内障を併発していたこと,短期間で著明な増殖膜の成長が見られたこと,硝子体手術を施行するも再増殖,血管新生緑内障を併発し予後不良であったこと,などが挙げられる
ロケット花火による眼外傷の1例
渡辺 彰英, 小泉 閑, 森 和彦, 山崎 俊秀, 安原 徹, 池田 恒彦
眼科臨床医報   93(5) 810-810   May 1999
乳頭上血管腫の1例
生島 徹, 池田 恒彦, 小泉 閑, 安原 徹, 森 和彦, 土井 麻里, 山崎 俊秀
眼科臨床医報   93(5) 810-811   May 1999
MMCレクトミー術後低眼圧における臨床因子の統計的検討
藤田 敦子, 森 和彦, 小泉 閑, 松本 康宏, 木下 茂
眼科臨床医報   93(5) 809-809   May 1999
MMCレクトミー術後長期間毛様体機能不全が疑われた1症例
山村 陽, 薗村 有紀子, 小林 史郎, 河嶋 昭彦, 森 和彦
眼科臨床医報   93(5) 808-809   May 1999
Optical Coherence Tomography(OCT)による隅角計測
川崎 諭, 森 和彦, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   103(臨増) 86-86   Mar 1999
経穴(ツボ)刺激と非経穴刺激に対する網脈絡膜微小循環動態変化の比較検討
成瀬 繁太, 森 和彦, 栗原 麻奈, 中島 伸子, 松本 康宏, 木下 茂, 大山 良樹, 中村 辰三
日本眼科学会雑誌   103(臨増) 103-103   Mar 1999
抗緑内障点眼薬が眼表面に及ぼす影響
大槻 勝紀, 横井 則彦, 森 和彦, 松本 康宏, 石橋 健, 足立 和加子, 朱 昌昭, 木下 茂
日本眼科学会雑誌   103(臨増) 102-102   Mar 1999
新しい共焦点ビデオ生体顕微鏡ConfoScanTMによるヒト角膜の三次元再構成画像解析
森 和彦
日本眼科学会雑誌   101(臨増) 154-154   Apr 1997
新しいコンフォーカルビデオマイクロスコープによるヒト角膜の無侵襲生体観察
森 和彦
日本眼科学会雑誌   100(臨増) 173-173   Apr 1996
ラット糖白内障モデル水晶体の核磁気共鳴法による解析
森 和彦
日本眼科学会雑誌   97(10) 1157-1164   Oct 1993
ヒト糖尿病白内障のモデルであるラットガラクトース白内障に対してin vivo核磁気共鳴画像を用い,その白内障描出能を組織学的検索と比較した。また,併わせて緩和時間と水分含有率との間の関係に関しても考察を加えた。in situ,in vivoのラットにおいて,初期の緩和時間延長に対応した皮質領域の高信号域の拡大,および進行した白内障における水晶体線維の液化変性に対応する所見が描出可能であり,さらには抗白内障薬の効果判定にも使用し得ることが示された
Magnetic Resonance Imaging Study on Rat Sugar Cataract
Journal of Japanese Ophthalmological Society   97(10) 1157-1164   1993
ラット糖尿病性白内障のin vivo磁気共鳴画像による解析
森 和彦, 照林 宏文, 赤木 好男
医学のあゆみ   157(2) 153-154   Apr 1991
糖尿病性白内障発症メカニズムの解明 NMRによる解析
森 和彦, 赤木 好男, 糸井 素一
病態生理   9(12) 1000-1002   Dec 1990
糖白内障水晶体内の水構造変化を水の1H-NMR緩和時間とin vivo MRIによって解析し,これまでに得られた組織所見との対応を総合的に検討した.SD系ラットに25%ガラクトース含有食で5週飼育(Gal群)して経時的にMRI測定,組織検索を行った.組織学的にはGal群で1週後に赤道から前赤道部皮質に膨化液化がみられ,2週後に膨化部位は前・後皮質に向って拡大し,5週になると全周の皮質が液化し核が浮遊した状態を示した.NMRによる解析では白内障の進行にともない水晶体内の自由水が増加し,蛋白質...
気体注入法による網膜剥離手術法の検討(3) 黄斑部剥離例の視力予後について
森 和彦
眼科臨床医報   84(6) 1373-1373   Jun 1990
ラット糖尿病性白内障の核磁気生理学的解析
森 和彦
日本眼科学会雑誌   94(臨増) 208-208   Apr 1990
核磁気共鳴による白内障定量化をめざして(その1) ラットガラクトース白内障発症時の変化
森 和彦
眼科臨床医報   84(2) 410-410   Feb 1990
IOL power決定上における問題点
森 和彦
眼科臨床医報   83(6) 1434-1434   Jun 1989
Analytical Research on rat galactosemic cataract based on the relaxation time of nuclear magnetic resonance
Folia Ophthalmologica Japonica   40(13) 2890-2895   1989
Quantitative study of rat diabetic cataract, by the relaxation times of nuclear magnetic resonance
Journal of Japanese Ophthalmological Society   95(4) 336-342   1991
Quantitative study of diet reversal in rat galactosemic cataract via nuclear magnetic resonance relaxation times
Folia Ophthalmologica Japonica   41(8) 1603-1609   1990
Magnetic Resonance imaging of the Galactosemic Dog Eye Using Magnetization Trasfer Contrast
Current Eye Research   14 1035-1040   1995
Quantitation of Galactosemic Cataracts in Dogs Using Magnetization Transfer Contrast-Enhanced Magnetic Resonance Imaging(jointly worked)
Investigative Ophthalmology Visual Science   37(11) 2219-2227   1996

Books etc

 
Evaluation of ARI effectiveness to the Rat Galactosemic Cataract by1H-NMR Relaxation Times
Proceedings of the Japon-US Aldose Reductase Workshop   1990   

Research Grants & Projects

 
Image Analysing for Ophthalmology
Application of acupuncture in ophthalmological field
Patho physiological Study for Glaucoma